FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【ゲーム】*リアルな世界は複雑すぎて疲れちゃう*
2011年06月24日 (金) | 編集 |
■キミはギミック搭載ニャンコ@MHP3。

私がしつこく勧誘したのが実ったのか、うくちゃんがモンハンP3に復帰しましたw
もしかすると私がサクサク進んでいくのが羨ましかったのかもしれません(ないから)
しかしうくちゃんのデータは累計プレイ時間5時間の時点で止まってましたw
飽きるの早いw

でも今回はもうちょっとの間だけでいいから飽きないでね☆
私の緊急クエであるギギネブラ、一緒に狩りに行こうYO!
まあ、平たく言うと「ぼくを手伝ってギギネブラを狩ってよ」@キュウべえですねわかりません。

寧ろ私が彼女を手伝ってHRを上げねばならんのでしょうか。

うくちゃんはハンマー使いなのですが、何故その武器に落ち着いたのか未だにわかりません。
双子揃ってゴツイ武器が好きなようです(私は大剣使い)

どう見てもうくちゃんの外見的には片手剣とかの女の子ちっくな武器が似合いそうなのですが、何故だかハンマーが好きだそうです。
しかし、そのギャップがイイ!(えー)
当の本人はと言うと、「…ドスバギィに苦戦した、あの頃の私より腕が落ちた」と二軍落ちしたドアラのような顔をして言っていたのですが、大丈夫かと思います。

ブランクなんてなんでもないさー!@大西ライオン。

で、私のクエスト消化状況レポをば。

ナルガクルガ討伐、初参戦の巻。

自慢にもならない告白をすると2Gで村上位に上がったものの、そのほんの入口で止まった為に(えー)ナルガクルガには遭遇したことがない。

で、今回それに行ってきた。
夜の孤島だったか水没林だったか、とにかくどっちか忘れてしまったが、ナルガクルガに会いに行った。

ナルガさんは見た目完全にニャンコでしたw
「黒猫のタンゴ」…とかだと古いですか(真顔)

暗いところだと超保護色なんですが、どこにいるかよく見失ったよ!
怒ると目が光るよ!怒ると目が赤く光るよ!
まるで超合金ロボットみたいだね!目が光るよ!(しつこい)
動きに合わせてその赤い残像のようなのが入るのもかっけー。


サイリウム振ってるみたいw(暢気)


つーか動き速過ぎwいつ殴ればいいの、ついていけないw(トロい私)
で、30分を過ぎた頃に「振り向きに頭に抜刀すればいいんじゃないの」と気づいた。

…気づくの遅いよ!

で、最初から尻尾切ろうと尻尾に張り付く→尻尾ビターン→そんなに飛びかかっちゃ嫌!→モタモタ→→そんなに飛び(ry以下モタモタと繰り返し→やっと傷が入る→あれ、いつの間にか先っぽがないよw→モタモタと前のエリアに戻る→あ、こんなところに落ちてるw→つかいつ切れてたの-?という超絶下手くそフローチャートがここに作成された。

ナルにゃんは尻尾が切れても全然尻尾ブンブンの範囲が狭まってない気がするよ。
被弾が多過ぎてマジ泣きそうだったw

しかもナルにゃんは寝てる間の不意打ちが出来ないようになってるらしく、「それは寝顔の可愛さ故ですか」とちょっとだけ思ったのは内緒だ。

もう追いかけ回すことにだんだん疲れてきたので(この時点で40分オーバー←遅すぎる)さっさと捕獲した。

寝ているナルにゃんは可愛いけど、起きてる間は飛びかかられ過ぎて怖いよw

個人的な主観として、ナルにゃんの方がジンオウガより苦手…!だった。
しかも回復薬がぶ飲みコースで倒したのでハチミツ不足になりそうだよ!
もうちょっと立ち回りを練習しないと大変なことになるw

なんとか倒したものの、ホントね、大変だったよ…!

ナルにゃんは弱点属性が雷らしいのでジンオウガさんと戯れてくる。
ジンオウガも苦労したけどここのひと山を乗り越えるよ!

…ちきしょう、こうなったらジンオウガ大剣作ってやる!(俄然リベンジに燃えるsia)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック