FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【雑記】*売られた喧嘩は高価買取、返品不可*
2011年06月03日 (金) | 編集 |
■お役所仕事。

お役所仕事、という言葉があります。

今日も仕事で請求した書類について問い合わせが来たのですが、
明らかに私より年上と思しき職員さんだと思いますが、電話応対がからっきしなってねえぜと思った。

「上から目線バリバリで、感じ悪っ!」と思って、こっちも対応が感じ悪くなったのはまた別の話。

いかにも「お前の不備だ」という言われようなんだけどw
確かに詳しく書かなかった私も悪いけど!

同じ件で別の役所から問い合わせがあったけど、そこは丁寧だったぞ!
同じお役所仕事でも「全然違うんだなあ」と思った出来事でした。

ちなみに昔いた警備会社ではオーナーの息子の電話応対が酷いを通り越して「…お前の常識、それで大丈夫か」だったことを思い出した。

うちでは回し切れない仕事をよそに振る際に、「人余ってますよね。うちの仕事受けてもらいたいんですけど」とほぼ原文で言われた時はどうしようかと思った。

そういう時はせめてへりくだれ!
実際その通りで、そう思ってても表現くらい婉曲にしろ!

オーナーの息子だから言えなかったけど、
あれが自分の後輩だったら教育出来ないよと思った。

ゆとりとかではなく、おそらく性格とか資質の話なんだろうなあ…

そんな懐かしいことを思い出したけど、今日はもう帰るわ(え)

■帰りの地下鉄にて。

真向かいに昔いた会社の社員さんがw

向こうはわかんないと思うけど一方的に超気まずいw

そして隣に座ったおじさんが、何かと動作する度に指パッチンと関節バキバキ鳴らすコンボをかますのですが、私はどうしたらいいんですか←え。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック