FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【雑記】*交わした約束忘れないよ、目を閉じ確かめる*
2011年06月02日 (木) | 編集 |
■まどか☆マギカ3巻。

「私だって絶望する必要ない!」

アニメで結末は知ってたけど、コミックで読むとまた違う感動があふれた。

今みたいに心がよれよれになってる時に読むと、途中の鬱展開がちょっと辛いけど、
こういう前向きな言葉を目にすると目からいっぱい汗が出る。

自らの魂を賭けて叶えた希望の祈りが絶望に変わり、魔女になってしまう魔法少女の末路。
それをぶち破るまどかの言葉に本当に感動した。

希望が絶望に変わる。
強い希望は大きな絶望になって身を蝕む、浸食して心をどんどん黒くしていく。

魔女に変わっていく魔法少女を見て、本当に思った。
こういう構図って現実にもあるんだ思った。

好きだという強い気持ちは失った瞬間に大きな絶望と悲しみに変わる。
好きだという想いが強ければ強い程、大きく渦巻く絶望と悲しみになる。

今、本当に辛いと思ってる。
心底辛いのに日常はこなさないといけないし、笑ってないといけない。

正直もう泣くのもしんどくて、
部屋とか事務所に一人でいる時は表情も死んでる。

無理して笑うよりは楽だけど、明るく振る舞うのだってエネルギーがいる。
そういうことを自覚する瞬間、いつになったらこの悲しみが綺麗に昇華されるんだろうって思う。

でも、こんな辛い思いするなら好きになりすぎないようにしないといけない、なんてこの先も思いたくない。

私が積み上げてきたこの7年を否定したくない。
心の底から湧き上がる私を突き動かすエネルギーや
「ファン」でいるという大きな楽しさを貰ってきた。

友達だって沢山出来たし、いろんな出会いがあった。

だからこうして最初の「終わり」が来てみても「楽しかった」って笑えるように、
今、ちゃんと落ち込まないとダメなんだって思う。

なので、まどか☆マギカのOPの曲をダウンロードしてみた。
何度か聞いてみたし、今日は作業用のBGMにしてる。

人の気配のない無音の環境にいると、
なんだか本当に落ち込むので無理矢理音を出してるという感じ。

今日の午前中はボスがいないんでやりたい放題でした(笑)
でも脳みその動きが遅いから仕事しないと追いつけない…!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック