FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【ボイメン】*クレヴァニ、愛のトンネル*
2015年07月30日 (木) | 編集 |
■クレヴァニ、愛のトンネル。

予定が合わず映画館に見に行けなかったのでDVDを買いました。
Amazonさんありがとう!!!

届いたので早速視聴。
予告編だけで「切なすぎるやろーーー!」ってなってたので正直期待は大きかったです。

※ネタバレのないあらすじ。
20年前、新任教師だった圭と女子高生一葉は恋に落ちる。
禁断の恋には様々な障害はあったが、二人はドライブに出掛ける。
ドライブ先で圭の過失により一葉は昏睡し続けることとなり、圭は街から姿を消す。
20年その悲しみや後悔、自責を背負って生きてきた圭はウクライナにある奇跡のトンネルへと旅に出る。
そこで一葉と再会する。


大まかに言うとこんな感じ。

映像はとても綺麗で、
8ミリフィルムというアイテムの味とかそういう演出がとても綺麗でした。
ただ、私がとてもすれているというか、色々と深読みしたいマン過ぎて色々とツッコミが…

圭が一葉との恋のキッカケが「一目惚れだった」と言うのを聞いて、
「新任教師が女子高生に一目惚れとかどんなロリコンだよ」とか
「卒業まで待てばよかった」云々には「全くだ」とか
しかも事故ってまさかのおにぎり食っててよそ見したからじゃないの?というエスパーとか(その前にドライブの車内でおにぎりを食べるシーンがあったので)
部屋に突然来た一葉ちゃんが帰るねって言った時に「圭、追いかけろよ!」とか、
まあ、色々ありました。

一葉ちゃんが親御さんと確執があったことも、
お父さんが圭を怒鳴りつけるところとか圭の部屋に突然来たりする時くらいしか描かれてなくて、反抗期の娘にあるある的なことを思ってしまったりとか。
自傷行為をしているというのも彼女が何に悩んだ末の自傷なのかもよくわからなかった。
家族関係に疲れてとかそういうことなんだろうけど、
思春期に時々見られる私に構わないで!的なファッションリスカにも見えてしまって、
イマイチ事の重大さが伝わらないというか。

ということ(=ツッコミ)を延々と書くと怒られそうなので
真面目に書きます(ここまでも大真面目だけど)

まさるちゃんが若き日の圭を演じているんだけど、
水野勝なんだけどちゃんと圭であって、
しゃべり方とか時々水野勝なんだけど、
圭なんだって凄くよく伝わってきました。

最初の辺りのシーンでおにぎりを手渡すシーンの圭の笑顔はもうきっと一葉に一目惚れをした後で、凄く幸せそうで。
教壇で二人でウクライナのトンネルの写真見てる時の笑顔とか、
すごく若者らしさというか、恋やら喜びやらに溢れてて、
等身大の圭を演じてるんだなって思いました。

個人的に好きなシーンは「石以外でお願いしますw」のシーンかな。
あのシーンの圭はとびきり可愛かったし、
ああ、恋をしてる男なんだなって。
後でその石を大事に持ってることが発覚するから余計に。
でもなんで石だったんだろう。

どこにでも落ちてるもの。
ありきたりなもの。
そういうありきたりな二人でいたいという象徴というのは考えすぎ?
生徒と教師っていう禁断という言葉が付かない関係の象徴、というか。

二人は周囲に気付かれてはいると思うけど、
それでも止められない吸引力のある恋をしている。
そう思いました。

生きている圭っていうんでしょうか。
一葉といる圭はちゃんと生きてるんです。

一葉を失った後の圭はどこか虚ろで、
多分今とか未来じゃなく、一葉といた過去しか見えてなくて。
肉体は生きてるのに感情が死んでるんですよね。

一葉に会いたい、もう一度会いたいって言う執着に似た気持ちだけが彼を生かしていて、
過去のフィルムを見たり、写真を見たり、石を見たりする時だけが彼の現在の生だったんだと思います。

若かりし頃の圭の感情のまま生きている感じ、
何一つ前に進んでない感じ。
一葉を失った後の圭の生きているのに死んでる感じ、
一人で過去と生、そして死を描いているようにも思えました。

自分の所為で一葉を酷い目に遭わせて、
確かに贖罪の想いで生きていなかったら親御さんだってブチギレるだろうし、
そうやって娘の前から姿を消したとしてもあいつのせいでって思うだろうし、
そういうことを全て受け止めた上での死んだように生きている感じなのかなと思いました。

一葉とずっと一緒にいたい。
それが彼の支えであり生きる意味だった(と思う)
その一葉という支えを失って、
わらにも縋る思いで来たのがウクライナの愛のトンネル。

トンネルで一葉が生まれた時の子鹿ぶりはすごかったし、
そこから直ぐに記憶も戻ったけど、
永遠にここにはいられない、
二人でここを出ることは出来ない。
ちゃんと生きて行かなきゃいけない、
悲しみや後悔に縛られるのではなく、償いながらでも生きていく、
生きてこその人生だという方向の解釈をしたいのです。

ただ、私にはどうしても圭の人生の最後に見えた幻に見えてしまい、
目が覚めた一葉と、トンネルの向こうに歩き出した圭はもう二度と会えない気がして。
正直どういう解釈が正しいのかがわからないです。

圭が凄く唐突に二人でここを出ることを言った時は、
何言ってんだこの人と思う程度には唐突でしたし、
一緒にいたいという気持ちが「ここを出て二人でまた一緒にいたい」に変わったのであれば頷けるかな、と。

この映画は自分で考えて察することが求められる気がして、
説明がなさ過ぎて何が正解かは分からないけど私はこう思った、が感想になることをお許しください。

劇中で「私も苦しいよ」っていう台詞が一番ぐっと来て、
自分が居れば恋人が死を迷うことなく選びそうであること、
そして自分の存在が恋人を苦しめること、
生きて幸せになって欲しいと恐らく一葉は思っていると思うし、
その幸せを自分が作りたかった。

二人はただ一緒にいたいだけだったのに、
何が間違っていたのかということを考え始めると、
禁断の恋という障害があるわけで。

あの年頃の少女としては禁断の恋っていうのは燃え上がるものだし、
圭も言ってたように何の障害もない卒業後に付き合ってたら、とか。
そういうタラレバ(=現実味)を持って来るのはきっとこの映画には野暮で、
でも私はこういう現実味を僅かながら求めてしまう程度に思い入れを持てなかったというか。

正直に言うと、圭にも一葉にも感情移入できなくて、
(教え子に手を出すとかちょっとクズだなとか思ったので)
だから感想がふわふわしてるのかなって。
辛うじて一葉の気持ちはわかるつもりだけど、
圭がなんかこう、そこで追いかけろよ!っていうツッコミ待ちだったので感情移入できず。

圭がウクライナに行く程度にはアグレッシブなくせに、
目の前の傷ついている一葉にはアグレッシブじゃない(追いかけないとか)ところがちょっと「なんだこの人」って思いました。

雰囲気で察する映画であることはわかってるし、
野暮なこと書いてるなあとも思うのですが。

一度見た感じでは、
どこに感情を置いて見ればいいのかなっていう気持ちが実はあります。

二度三度と見ればもうちょっと変わってくるかもだけど、
ネットとかで見る限り結構絶賛されてて、
「あれ…私こんなに絶賛出来なかった」という気持ちで申し訳ないんだけども。

映像は綺麗だし、演出は綺麗だし、
役者さんの演技もすごく透明感と同時にドロドロした死の匂いがして、
すごく心に迫った。

面白くないとかじゃなく、
多分圭と自分が相容れないというか、
大切な人を失ったことがあったとしても、
私の中で圭の気持ちがかみ砕けなくて途惑ってるって感じが一番近い言葉かも知れない。

悲しいとか後悔とか自責とかもわかるし、
だけどちょっとずるいなって。
圭に対してそう思いました。

嫌いじゃないし、好きなタイプの映画なんだけど、
腑に落ちないところが多い、そんな感じです。

感想は以上です。
スポンサーサイト



【ヲタ】*艦これ始めました*
2015年07月24日 (金) | 編集 |
■艦隊これくしょん。

刀剣乱舞でうっかり三日月宗近が出してしまい、
あとは「明石?知らないな」ってなってて、
大阪城地下100階到達の記念品()があれでほんのり萎えているので、
今は艦これやってます。

佐伯鯖にいます。
まだ新米だよーーー!(提督レベル20)

あずき提督のアドバイスに従って色々やってますが、
島風ちゃんはまだいません。

雪風ちゃんが結構前に来たにも関わらず、
レア駆逐艦だと全く知らなくて放置してたら
「育てた方がいい」とのアドバイスもらって育てたら強かった件。

私の初期艦は電ちゃん、
なのです!とか可愛すぎるだろうよ…

だけど私の嫁艦は天龍ちゃんです。

夏の白ビキニがまぶしくてむっちりしてる天龍ちゃん…
可愛すぎて私が大破しそうです。
これ、いつまで楽しめるのおおおお!?
夏の台詞も可愛いいいいい!
「高さは駆逐艦に合わせてやれ」とかいい姉御肌過ぎて!

ビーチバレーかな、
揺れる乳、弾ける笑顔、最高にプライスレス。

足柄さんの脳筋ぶりと大破イラストのギャップ、
陸奥ちゃんのナイスバディ、
神通ちゃんの気弱感あたりが私の心を鷲掴みなので辛いいいいい!

そんでもって遠征を回しながらレベリングしていますが、
「天龍ちゃん、改装まーだー!?」とか言ってたら
レベル20まで上がったので早速改にしてみた。

知ってたけど!
やっぱり絵が変わらないいいいいいいいいいいい!(知ってた)

川内三姉妹を揃えたので次は妙高四姉妹を揃えるよー!
羽黒さん、ここだよ!

川内ちゃんは初期値と戦艦レシピ回してたら来ました…
川内ちゃんだけ中々来なくて(苦節2週間)
那珂ちゃんと神通ちゃんはいっぱい来てて、
「川内ちゃんここだよ!」してましたが、やっと来たああああああああああああ!

現在2-1を終えて2-2を突破するためにレベリング中です。
旗艦は対空がすごいという摩耶ちゃんを据えてレベリング、
陸奥さん、天龍ちゃん、神通ちゃん、雪風ちゃんを中心に(ここは平均レベル22程度)
残り1枠と修理中要員として伊勢さん、足柄さん、熊野ちゃん、千歳ちゃん、五十鈴ちゃんを適宜入れ替えて戦ってます(入れ替え要員多いな)

川内姉妹が揃ったので第三艦隊も解放されて遠征で資材を集めつつ、
戦艦レシピ(もしくは空母レシピ)と初期値を回す毎日です。

次は妙高四姉妹か…!
羽黒ちゃんだけがまだだよ!あとは三人いるよ!

第二・第三は駆逐艦と軽巡のレベリングを兼ねてるので
駆逐4・軽巡2辺りの比率で編成してます。
そこそこ育った子達は1-5でレベリングしています。

戦艦は一人しかいないし、あと一人くらいいると楽になるのかな…!
そんなことを思ってたら空母レシピを回したところ、
3時間が来たので「まさかのー!空母が!クルー!?」とか叫んでいたところ、
飛鷹ちゃんがやってきました。

で、戦艦レシピで伊勢ちゃんも来たので随分戦力が揃って参りました。

イベントに参加するにはひたすらレベリングしかないので、
なんとか!最初のマップだけでも生還できるレベルに持っていきたいです。

姉妹艦の括りについて考えると可愛いし、
どの姉妹艦も可愛いなって思います。
やっぱり天龍型が一番可愛いよーーー!!!

まだそんなにキャラはわかってないけど、提督楽しいいいいい!

刀剣と同じくデイリー任務があるんだけど、
全部で4回建造しなきゃいけなくて、
4回建造したら那珂ちゃんが3人出ました。

那珂ちゃんのファン辞めます(真顔)

編成に頭を悩ませ、
レベリングの場所で悩み、
装備を考え、どの子を育成するか悩み、
考えることが山程あって面白いです。

目下は北上様をレベリングすること、
川内ちゃんを改まで持っていくこと、
改まできた子達の近代化改修を進めること、
以上になるかと思います。

やることが多いと捗らないけど、のんびり遊ぼうと思うし、
イベントマップもちょっとだけかじれるといいな。

大きな目標としては金剛姉妹を揃えること、
高速戦艦が欲しいとか、正規空母欲しいとか、
資材の需要と供給のバランスを考えながら頑張ろうと思います。
【ボイメン】*夏フェス2015*
2015年07月09日 (木) | 編集 |
■いってきました。

物販は戦い、
そして、ライブも戦いだったと言わざるを得ない
(おい)

悲しいことがあったということをライブが終わった後で知ったので
手放しで楽しかった!と書いていいか悩ましいところです。

ただ物販が戦争になることは分かっていたのですが、
真面目に戦争だったね…!

欲しい物が売り切れてることを想定し、
これがなかったらこれを買って補填、
これがなかったらこっち、と綿密な計画を立てておいた為にスムーズでした。
(こういう時リボンみたいな500円で数がいっぱいある商品は助かる)

だけど物販の売り子さん、少なくね?
せめて10人はいるでしょ…とか思いながらも買えて良かったです。

そして「私の番だー」って思っていこうとしたら
売り子していたスタッフさんが携帯電話を取り出してその場を離れて通話を始めました…

客をそっちのけにする位、さぞ大事な用事なんでしょうね、知ってる。
せめて「少しお待ちください」くらい言ってくれたらね…!

だったら誰か売り子さんを補填しておくれ…!

そうして待たされること5分弱。
後ろから見れば私がもたついてるように思えるでしょう。
違います…!私じゃないよ…!
売り子さんがいないんだよ…!

すったもんだしましたが、なんとか買えました。

そんでもって、その間に色々準備して(お察しください)開場。
ここからが長かった。

ひたすら待たされる理由が
「最終リハーサルが押してます」(お前ら昼間何してたの)
「場内の最終チェックしてます」(リハ中にやっとけよ)

ホント一体それ以外の言葉がなかった件。

で、やっと開場(30分押し?)
最前ドセン辺りに来れた。
まいまい、本当にありがとう!!!!!!

後ろの人の荷物を踏んでしまったり色々ありましたが(私の荷物はキンブレを出せば小さなショルダーのみで超コンパクト)
多分少々遅れて開演。

実は入れてない人がいることなど場内アナウンスは無しで全く分からず。

バリで撮影した写真集は2パターンあって、
コメディとクール?だったかな。
DVD同時発売、新曲のPVもバリで撮影とのこと。

暗にバリへの渡航費用の回収があることを匂わされてる気持ちでしたw

ハイハイ頑張るね!!!(半ばやけっぱち)
DVDの一部になるのかな、一部映像が公開されましたが中々よさげな感じ。

※セットリスト(思い出した順番)
新曲
Voyger
常夏オーライ
サマキス(全員で)

まこちゃんメドレー(夢カタ、ラブモン、R×R)
ヤンキーメドレー(バリヤン、ヤンソレ、シャウッティーナ)


ファンファーレ
チョコレートプリンス
なごやめしのうた
ヤンファイロックンロール
F&F
変わらないstory
Stand hard
We never give up
CFC(バラードバージョン)
※アンコール
AoS
スタースター


あと何だったっけ…!
全然思い出せない(おい)

新衣装(ハーフパンツ!!!)、和学ラン、サムライロック衣装、(まこちゃんのみセーラー服JK扮装/コントの衣装)、白衣装(去年のツアーだったかなんだかの白いジャケットとTシャツ、白パンツ衣装)、ツアーTシャツ(アンコール)という衣装チェンジだったかと(抜けてたらスマソ)

まさるちゃんの毛がないすねを見て密かに興奮したことや、
まさるちゃんのすねがもしかすると毛剃りのカミソリ負け?みたいな痕があったこととか、
まさるちゃんが「接触」という言葉を正確に使えていたことや、
まさみちゃんにまた会えたことや(感動)
織田信長のはずが織田ゆーちゃむだったことが印象的。

で、ゆーちゃむは地上に降りた天使的なことを自称したときに、
「堕天使」とか言われててワロタw

私もそう思います(真顔)

何かの曲でまさるちゃんがボクシングの振り付けもしてたし、
リズムヘッドの三人が集まった時にバンド演奏みたいな動作もしてたよ。

コントではまこちゃんたちが自分を推すJKになってた。
かわい過ぎかよ!!!!!しか言えないのだけど、
弄り方が尋常じゃなく的確で、
土田:顔が長いとか、
だでぃちゃん:なんでもできてそつがないからキャラに深みがないとかw

会場内ではけんちゃんに「可愛い!!!」が横行しておりましたが、
田中さんとかが「あれはない!」と言い切るなど中々にすごいものがあった。

でもけんちゃんみたいなJK、普通にいるよなって思ってた。
で、土田さんはずっと腹を見せっぱなしで(腕を胸の辺りに置いてそれで裾が捲れてた)へそ!へそ!ってずっと思ってガン見してたのは謝りたい。

JKの勇翔子ちゃん(ゆうこって呼ばれてたけど)のあんよがすね毛ぼーぼーだったことは衝撃的だったし、
雅斗子ちゃん(まさこって呼ばれてた)の唇がグロスでぷるぷるだったとか、
全体的にこんな女子いるっていう印象過ぎて、
女として負けた感半端無かったw

ヤンキーのコントはバディーズの圭介と英夫、サムロクの信長、家康、正巳がCMオーディションを受けに来た設定だった。
圭介と英夫がキャッチフレーズ付きの自己紹介をして、
信長(だけどほぼゆーちゃむ)が「愛情たっぷりんv」とかやってたし、
正巳ちゃんが織田ゆーちゃむを見る顔が半端なくアイドルじゃない顔だったり、
家康もちょっと田中竹千代だった件。

このコントでヒマラヤの話題とか出て、
コミュファ光ダンス踊ったりしててクッソかわいかったw
「生きてて良かった」とか真顔で思った件。

知事も出てきてエンターテイメント大使任命式とかあったし、
あとなんだっけ。

今回は衣装チェンジが多くて、裏は裸の男達が走り回っていたとかそんな話題もあったような。
進撃の巨人の話題の時だったかな。
勇翔くんとしゅんさんが女形の巨人のポーズとかしだして、その時。
「女形の巨人!」とかいってあのファイティングポーズするしゅんさんときたら(可愛すぎか)


あと、ヤンキーちゃんだけでMCの時にわちゃわちゃしすぎて、
「ストップ!はい、こっからバリの話!」とか言って無理に話を進めようとしたまさるちゃん、かっこいい(おい)

ヤンキーちゃんのまとまりのなさ、プライスレス。

F&Fでは辻ちゃんが無理にアレンジ入れようとして失敗したり、
タムさんのキス音が完全に舌打ちだったり、
それで曲が終わった後にまさるちゃんに「おい、田村。あれなんだ」と怒られてましたw

個人的にはチョコプリ嬉しかったなあ。
去年の夏フェスもやってたけどやっぱりあの曲かわい過ぎかよって思ったし、
ゆーちゃむが「変身!」ってやったり、
つじちゃんが「まーかん!」したりしてて可愛かった-!!

アンコールのAoSは実は生で聴いたの初めてで、
振りとかさっぱりわからなかったけどノリでなんとかした件。

CFCのバラードバージョンとか反則だった…!
正直「このタイミングだったらcandorかな」って思ってたのもあって、
そこでCFCのバラードバージョンとか!(いい意味で)反則!って感じでした。

ライブの前はぶっちゃけていうと、
いつもと大きくセットリストは変えてこないで置きに行く感じだろうなって思ってました。
大体同じ展開だし、今回もそうだろうと思ってました。

今回は曲の合間のコントあって面白かったし、
それで輝くメンバーもいたりして、
メドレーも少し変えてきてたし、いっぱい楽しませたいという思いが伝わってきました。

スタースターは実はまだ聞いたことがなくて(CD持ってるのに)
でも直接聞いたらすごくよくて、DLしようを決めました(CD使えよ)

ありがとうっていう気持ちをメンバーとファンが互いに言い合えるような、
そんなライブだったと思います。

だからこそ、終わった後で知ったことを思うと、
とても複雑な思いはあります。
ですが、私は与えられた機会の中で楽しんだ、
その気持ちを大切にしたいと思ってこの記事を書きました。

本来ならば(会場内で起きたこと思えば)手放しで「楽しかった!」と書くべきでもないかも知れないし、
問題提起もしなければならないと思う。
ファンの在り方、運営の雑さ。

でも、目の前で見たメンバーの輝きを少しでも伝えたい、そんな気持ちです。

私は流れ流れた情報をつなぎ合わせたことしかわかりません。

ライブを全部見られなかった人がいる、
そのことで悲しんだ人が大勢いる。
私が楽しんでいた時にそういう悲しい思いをした人がいる。
だからこのことも書いておこうと思います。

楽しかった人だけじゃない、
悲しかった人がいる。

今年の夏フェスはそういう波乱を含んで始まりました。
東京大阪公演ではそういうことがないよう、
運営側もファンも気をつけていたいものだなと思いました。

つか客が入りきれてないのにライブ始めるのやめよ?!
入れてないならちゃんと「もっと詰めて-!」ってスタッフさんも声出してよ!!!
(そういうの全く聞こえなかったし、なかった)

あと、大きな荷物持って入る人がいたってマジ?
アホなのしぬの?!
あと盛り髪してる人はバカなの?(信じられないけどいた)
私、流石に気を遣ってちっちやいショルダーだけにしたんだけど!
(キンブレは別袋に入れてたけど、キンブレ出したらカバンに袋をしまった)
ロッカーだってあるのに、アホかよおおおおお!
【雑記】*喉の不調*
2015年07月03日 (金) | 編集 |
■なんとしてでも。

7/5の夏フェスに向けて喉を治さねば!ということで、
トローチ、喉スプレー、うがい、
ありとあらゆる方法を使って治そうとしていますw

あとはプロポリススプレーくらいかな!どこに売ってるのかな。
というか夏フェスに間に合うのかな…!

声が出ないというだけで至って健康なのですが、
声が出ない=意思伝達が難しいという。

だからなんか突発的に言いたいことがあっても掠れ声になるし、
音量もさほど出ないから伝わらないw

仕事に障り出まくりで、真面目に困ってます。

真面目に喉スプレー飲む勢いで噴射しています。
やり過ぎると体に悪影響があるのかな。
でも数日くらいだったら関係ないないー!(気楽)

2日間ほどで半分くらいなくなりました。
週末までに使い切る予感…!
そうなったら2本目を買いますよ、喉スプレーこそ我が命綱!

この調子でいけばなんとか間に合うんじゃないかなとか思っていますが、
なんとか治った→夏フェスで騒ぐ→再び悪化という悪循環な気がしてます。

おおよそ予想通りになりそうですが、気のせいです(小声)

そんな感じですが、どっこい生きてます。
扁桃腺からの声帯異常、皆さんも気をつけてください。
今年だけで何回目だよ…!
声が枯れると私の生命線が途切れるも同然なんだよ!

そんな感じで夏フェスです。
どうやら当日は雨予報ですが、てるてる坊主でも作るかな!とか思ってます。

着ていく服は推し色にしよう!と思っていたのに、
全く違う色を注文時に指定してしまった私は馬鹿だとしか…!知ってる…!

その話をうくちゃんとまいまいにしたところ、
爆笑の渦だった。

うん、知ってる(真顔)

笑ってくれてありがとう!!!
ネタが一つ出来たよ!って今は思ってるw

こんな調子ですが、週末は夏フェス名古屋を楽しんで来ます!