FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【バレー】*去りゆく偉大なるプレイヤー達に*その2*
2007年05月29日 (火) | 編集 |
先の記事に引き続き、勇退された選手について語る記事第二弾です。
こちらの記事はJTサンダーズの苅谷淳司選手について書かせていただきます。


先の記事と同様に思い出話が中心となりそうですが、先の記事とは違い、まだ感情的に整理が付いてない状況です。

支離滅裂な文章、そしてダウナーな状態となりそうですが、退屈でもひと時お付き合いくださいませ。


私がJTサンダーズと出会ったのは、2004年の1月のVリーグ。

当時はワールドカップ後で大層盛り上がっており、私もあの大会を機にファンになったと言っても過言ではない(そもそも大学の頃も好きだったけど離れておりましたので)


この試合で中心に見ていたのは尾上選手だったので(すみません)実は苅谷さんが出ていたのかどうかの記憶は危うい。
そもそもこの時、きちんと名前と顔が一致している選手が少なかったこともあり、JTファンとしてはまだヒヨコならぬ、ヒヨッコであった。


その年のファン感が行われる頃には【特殊能力:ハマると情報がするする頭に入る】を発動し、選手の皆様のプロフィールがガツンと頭に入っていたが。


この年のファン感では、ファッションショーのモデルをされていた苅谷さん。

なんだか個人的には「微妙じゃね?」という感じのコーディネイトであったが(それはファッションアドバイザーさんと自分の趣味が合わなかったからだ)普段と違う姿を見れてキャイキャイしていたのはいい思い出である。

それから接触履歴を思い出してみると、黒鷲2004では確かあまりのアニキオーラに近寄れず(何だ)、サマー決勝では友人が接触するのに便乗してみたり、11thVリーグ開幕イベントで接触を図ったりしてみた。

2006黒鷲ではミラクルどころか、足がガクガクするような緊張っぷりで写真をお願いしたこともいい思い出である。

そしてこの年のサマーでは特に接触はせず(確か)リーグでも話しかけることもままならない会場が多かったので(ガード厳しい)正直無理だった(笑)

今年のファン感では物販ブースにいらっしゃって、宮下さんのTシャツをお買い上げし、お釣りをもらった手は暖かく、調子こいて握手をねだったら優しく応じてくださった

「もう(他に買うものとか)大丈夫ですか?」と聞かれて、「もうないです!!」と空気を読まず(何故苅谷さんのグッズもお買い上げしなかったんだ、自分!!)と言い切ったのは今でも悔やまれる。


ファン感イベント中は伝説に残るくらいのMVPっぷりを見せてくださったのも記憶に明るい。


きっと来年もこうやって、盛り上げて笑わせてくれる。
苅谷さんの熱いプレイがまた見られる。


そう思っていたのだ、何も疑わずに。
寧ろ全く違う方向性で色んなことを疑っていた(ある意味、笑い話だと思う)


「またどこかでお会いしましょう」


ファン感でおっしゃった最後の挨拶は、このことだったんですね…


苅谷選手のデータをきちんと分析する力。
そしてそれをプレイに反映する力、アドバイスの方向性。
チームをまとめ、叱咤激励するその姿勢。
クールなようで熱い、プレイ。


私はプレイヤーであったことがありません。
苅谷さんは技術もさることながら、それを伝え、そして気持ちで戦うプレイヤーであったと思います。

今、そういうプレイをする選手がJTにいるか、ということを考えると、まだいないと思います。
苅谷さんは苅谷さんのやり方で、自分の戦う姿を見せることで後に残る選手達に伝えたかったものを残したのかなと思います。


苅谷さんは「心で戦う」人であり、それをする為に謙虚に努力している方でした。
去年の10月、広島で土手ランニングを見物していた時、誰よりストイックに走る彼の姿を見て本当にそう思いました。


そして、苅谷さん勇退の一報を知った時、黒鷲で誰よりチームを盛り上げようとしていた宮下さんのことを思い出しました。


宮下さんはあの時、もう知っていたんだろうなって思いました。

中堅として苅谷さんがしてくれたことを今度は宮下さんが宮下さんなりのやり方で担おうとしていたのかもしれない、今思い起こせばそう思い当たります。

苅谷さんが見せた男の背中を今度は中堅組が担って見せてくれる、私はそう思っています。

苅谷さんが見せてくれた言葉より雄弁な行動と心意気を彼らが背負っていくのです。


まだ発表から一日経過しただけで、感情的に整理出来ていません。
だから先の記事に比べると、感情的にマイナス面が目立つ記事となっております。


中国新聞のサイトによると、社業専念とのことでしたが、私自身はいつかJTのコーチになって戻ってきてくれるんじゃないかとほのかに思っています。


そして苅谷さんの勇退発表メッセージを何度も読み返しました。
苅谷さん自身の言葉だな、としみじみ思いました。


苅谷さんがそのまま語りかけてくれてるような、そんな文章だと思いました。


苅谷さん自身の決定だとすればそれでいいのです。
ただ、中国新聞の記事を見ているとどうにもそのあたり、曖昧なのです。

このあたり、こんなところに書くともうなんていうか…
あちこちに波紋を呼びなので(そんな影響力ないけど)ここでは割愛します。


苅谷さんの勇退を悲しみ、惜しむ声がバレー友達に間でもものすごく聞かれています。私もその一人です。


感情的に整理できたらもう少しまともなことが書けそうですが、これ以上は今は書けそうにありません。


最後に、苅谷淳司様。

その背中と生き様は私の”彩り”でした。
自分も今の苅谷さんくらいの歳になった時、誰かに言葉より背中で語れるような人間でありたいと思います。

今までお疲れ様でした、そしてありがとうございました!!!!
スポンサーサイト



【バレー】*去りゆく偉大なるプレイヤー達に*その1*
2007年05月29日 (火) | 編集 |
今季の勇退者発表で(5/29現在)私の大好きなセンタープレイヤーが二人、選手生活を終えた。


豊田合成トレフェルサの鈴木康晋選手(ブログはこちら
JTサンダーズの苅谷淳司選手。


私の好きな二大チームの、しかもセンター好きの私には衝撃的なニュースだった。


この記事では鈴木選手のことを語らせていただきます。
思い出話なんて興味ない人もいるであろうけれど、ひと時お付き合いくださいませ




私が初めて鈴木選手に出会ったのは、確か2004年のサマーリーグ決勝、春日井総合体育館での試合。
当時JTしか興味なかったというか、その他のチームを知ろうとしていなかった(私が正式にバレーファンになったのは2003年10月のワールドカップ、サマー決勝に行くまでVリーグの試合も1試合しか見たことがなかった)


だから恐らくこの時、初めて豊田合成というチームに出会った。
その時に、ふと目に入ったのが鈴木選手だった。


個人的に好きな顔立ちであったこともあり、カッコいい人だなあ、と思ったことを覚えている。
最前列に座っていたのでガン見していたのもいい思い出である。

歩き方が若干ジャック・スパロウっぽかったように思う(思い込み?)

プレイについては多分バランス型、サーブもフローターで緩く狙ってくるタイプであった。
背が高く、第一印象だけ見れば気の強そうな感じがしたので(思い込み?)そのサーブを見て「フローターか!!」とびっくりしたこともある。


しかし、鈴木選手は私が抱いた、気の強そうな印象とは程遠い、とてもお優しい方だった。


私が初めて鈴木選手に接近したのは11thVリーグ、開幕前日イベントにて。
ダメ人間であるところの自分はこの日会社を休み、朝も早くから府立体育館の前にいた。


始発のバスで出て新幹線に乗り、夕方から始まるイベントに備えて長時間(およそ7、8時間?)並んでいたのである。

呆れるほどの情熱も、大阪に全チーム揃うというこのイベント故。
しかも日帰り強行軍である、老人のクセに無理し過ぎだと思うけれども、29歳になった今もかなり無理をして追っかけをしているのは言うまでもない(笑)


で、イベントは始まり、私はJTの某選手に接近し写真をねだりまくった。

そして、とうとう決意したのである。


「今まで話しかけることもままならなかった鈴木選手とお話するんだ!!!!!!」と。


JTブースを離れ、合成ブースに近寄った。
勝俣さんが素敵にアピっていたこともいい思い出である(どんな)


意を決して鈴木さんにサインとお写真をお願いした。
膝がガクガクした、緊張しすぎだと自分でも思う。

この時、鈴木選手はとても優しかった。
もう何を話していいかよくわからず、結局言えた言葉は「サインとお写真、お願いしてもいいですか」程度だった気がする。


…ダメ過ぎる…!!!!!
気が利かなさ過ぎる…!!!!!!


今思えば「頑張ってください!!」くらい言えばいいのに、と思う。
ちなみに今も気の利いた一言は言えない、何故ならば私がものすごくヘタレだから。


そして2005年のお正月は1/3からお友達と一緒に合成に練習見学に行ったりした。
緊張し過ぎて結局声もかけられなかった、っていうか成長していない、あの頃から…!!!!!!!!


この年の黒鷲旗では薄暗かったけれども一緒にお写真を撮らせていただいた。
今でも大切に持っている。

話は急激に時間を進め、2006年サマーリーグ決勝。
この頃、鈴木選手のブログに個人的な名言となった言葉が登場。


「カンペンでどつき回す」がマイ流行語となった(今でもたまに使っている)


サマーリーグの決勝ではその話をしてみたら、照れたような恥ずかしいようなお顔で笑ってくださったのもいい思い出です。


これが私が接触した主な鈴木選手との思い出である。


私は近いこともあり(名古屋からJRで10分)よく練習見学にも行った。
多い時で月1回くらいは行った。

色々あって会社に行きたくなくて、お休みを取って、一人でポーっと練習を眺めていた。

それだけで元気が出た、鈴木さんが笑ってたり、選手の皆さんが和気藹々としていたり。

それを見るだけでなんだか頑張ろうって思えた。
豊田合成というチームの、その雰囲気が好きで応援しているというのもあって。


練習に参加している時の鈴木さんはものすごく楽しそうだった。
練習の前に色んな選手の方と交流してる姿も印象的です。
練習で上手くいかなくて悔しそうでも楽しそうだった。


バレーが好きなんだっていうのを強く感じる選手が私は好きなので。


鈴木選手のプレイの中で好きなのは、やっぱりブロック。
相手の動きを読もうと目を動かし、少しでも高さをと手を伸ばし、跳んで。
クイックは軽く早く打つタイプかなっていう印象です。


個人的にこの試合の鈴木さんが最高!!というのには出会えなかったけれど、堅実に頑張る姿に励まされてきました。


鈴木選手の、長い選手生活のごく一部を見ていられたということ。
とても幸せでした。


これからもまだ「どんな形であれバレー人を続ける」と言ってくださった鈴木さんに惜しみないエールを贈りたいです。


こちらこそ本当にありがとうございました。
まだ鈴木選手のバレー人としての戦いは続いてるのですね。


きっとどこかで、またあの素敵な笑顔に出会えることを待っています。
そして出来たらブログも続けてくだされば幸いです。


ひとまずお疲れ様でした。


これからも応援しています。

【バレー】*公式レポ、参上*
2007年05月28日 (月) | 編集 |
※サントリーのDAKARAのCMソングのメロディでどうぞ↓




♪今年のファン感謝デイ
普段とキャラが違ってたよ…?

あんなネタに走ってまで
何を狙ったのか…♪






ファン感での宮下さんに捧ぐ、愛の歌(本気)


いや、ファン感での宮下さんは中身がいつもと違っていたから…!!!!!


やっとこさ、公式サイト様でファン感レポが出ました。
苦節2週間(嘘)ものすごく待ち焦がれたものです。


あはははははー、懐かしいなあ…!!!!!!!!!!!!


仕事中にOさんに見せてみたり。


何やってんだ、アタイ!!(仕事せえよ)


こうやって懐かしく振り返ってみると、あの日に時間が戻ってくれないかなとか思ったり。
来年のファン感がものすごく楽しみだったり。


色々ですよ、色々。
だってここ数ヶ月ずっと楽しみにしてたから。


そんなわけでもうしばらく眺めて、思い出に浸ります…



…って、割振表の締め切り明後日ですがな…!!!!!!!!!!!



間に合うとイイナ☆
【ショックすぎて気持ちだけどこかへ。】
2007年05月23日 (水) | 編集 |
お友達から聞き、深呼吸して落ち着けてから合成のサイトと鈴木選手のブログを拝見。




…ちゃんと心積もりしておいても、ショックはやっぱりショックなんだと思い知る




まだ鈴木選手のブログには公式発表が出たとだけあるきり。
近いうちにブログでそれを語ってくれるんだろうなあって、今は待つことしか出来ず。


写真は去年のサマー決勝にて。
きちんとした写真が今、パソコンに入ってないのでこれだけ。





鈴木選手。






これからの鈴木選手の進む道を応援したいと思います。


あー、やっぱショックだ…!!!!!!!!!
この時期、この手の話題が多くなるので余計に。


とりあえず、今言える言葉は「お疲れ様でした」。
そして「ありがとうございます」。


勇退じゃないってわかっただけでも、よかったと思ってます。

勇退じゃない、退団ってことは別の進路((ex.移籍・どこかのコーチへの転身)があるってことだから。

バレーを辞めるんじゃなくて続けるんだって、思ってていいですか。

ゆく道に、幸あれ!!!
【バレー】*ファン感には神が降臨しました*
2007年05月16日 (水) | 編集 |
はい、こちらでは遅くなりましたが、ファン感にいってきましたー!!!
寧ろ危険な状況でした(何が)


実は今日、アタイ誕生日ですしね(関係ない)


前日には飲んだくれていて半ば二日酔いという素晴らしい悪条件の中、頑張りました。


ではでは、どぞー。



*ファン感レポじゃないし、寧ろ感想というか色々垂れ流し*


・受付:小川くんが整理番号、中山くんがJT特製手提げ←ミカサ製。、後藤くんがドリンク。
・開場前に受付する後藤くんが座っていて、行列していたドアの向こうの私は冗談で(笑)色々叫んでみた←阿呆丸出し。
・するとアキラはこっち向いて「あ、はいどもー」みたいに頷いた(笑)
・超恥ずかしかった…
・整理券を受け取る時、顔が見れませんでした
・アタイの馬鹿馬鹿!!!!

・臺さんと直弘さんはいませんでした、残念…!

・まずはスティングレー←JT社内バンド。登場。
・ハネウマライダー、宙船などを熱唱。
・実は好きな曲だったので嬉しかったり
・続きましてゲストライブ。

・内富さんです、眼鏡です、眼鏡男子です↓





眼鏡男子





・興奮した…!
・髪型がアシンメトリーなカットになっていました
・っていうか、カッコ良すぎました
・曲紹介で「アイスマン、じゃない、えとDragon Ashのアイスマンという曲です」
・例年よりは緊張してなさげでした
・歌かなり上手くなってました、寧ろ素敵です
・続きましてお客さんを指名して内富さんとスティングレーさんとお客さんで応援歌

・ここで内富さんは退場
・行かないでくれ…!←心の叫び(笑)

・スティングレーさんがもう少し歌い、ファン感スタート

・ゼッケン順に登場
・あんなに暗くされたらカメラ使いにくいんだけどな…←本音。

・前田さんが転がしたボールがこっちに来た!
・しかし町野さんがそれを拾う
・「えー、それ拾っちゃう!?」←心の叫び(欲しかったんだもん)
・転がしたボールを巡り、町野さんと前田さんいきなり乱闘騒ぎ?
・かと思いきやいきなり固く抱き合う二人
・やっぱりネタでしたか!(笑)

・三年前に似たようなことを宮下さんと前田さんが紅白戦でしていたな…
・あの時は宮下さんが前田さんを抱っこしてぐるぐる回してましたよね

・紅白戦は罰ゲームあります、とアナウンサーからの宣告
「えー、聞いてねーよー!」とネタでぼやき続ける町野さん
・そんな町野さんに乾杯

・苅谷チームと平野チームに分かれました
・チーム分けはウロ覚えですが、苅谷チームの尾上さんはリベロやったり、町野さんがセッターやったり、平野チームは内富さんがセッターしたり宮下さんがバックアタックしたり
・でもなかなかバックアタック決まらなかったのもご愛嬌

・イエローカードで全身着ぐるみの刑
・平野チームの酒井くんが牛、苅谷チームの中山くんが金太郎、後藤くんがマツケンサンバな着物
・何故か平野さんが自主的に大仏を被る↓





大仏






・酒井君は再三町野さんに乳絞りをされていた(笑)
尻尾プルプルで可愛かったですよ!!!

・監督が責任を問われ、苅谷さんも仮装
・東急ハンズとかで売ってそうなボンテージ風ノースリーブにミニスカ
・極めつけはこの台詞

「女王様とお呼び」↓






女王様








・女王様…!!!!(感涙)
・そこから苅谷さんは神になりました…

・宮下さんも危険なくらいにテンションが高いです
・交代待ちで試合に出てない選手は解説を担当
・注意すべき選手はと聞かれ、宮下さんはこう言った
「あのちっさいのですかね」
・後藤くんですか!(笑)
・ちなみに審判にクレームつけにいく時、奥のベンチにいても誰より早いくせに着ぐるみを着るまでのイエローカードな行動をしない宮下さん
・ナイスバランス感覚(笑)

・ちなみに町野さんと前田さんと宮下さんがオチ担当だった(笑)
・各出し物の後ろでやたら張り切ってオチをつけてた…!
・テンションたけえな!!(笑)みたいな( ̄▽ ̄;
・着ぐるみの着替え中、記念撮影をする皆様
酒井君のブログでどぞー(笑)

・ちなみにその逆サイドから撮ったもの↓






記念撮影







・負けた苅谷さんチームはやたら嬉しそうにたらこの被り物
・ちなみに町野さんの心残りは音楽と自分らの踊りが合わなかったことらしい(笑)

・紅白戦の後はじゃんけんゲーム
・私のの座ってるあたりは丹山さんの持ち場
・隠れてシャッター切る私に何故か気付いてピースをくれました↓





丹ちゃん





・ありがとうございます!
・おかげさまで二回勝てました(笑)

・次は若手、中堅、ベテランに別れてレシーブしたボールを背中にしょった籠に入れて成功した数を競うゲーム
・ベテランはやっぱりすごい…
・チームベテラン、苅谷さん、平野さん、前田さん、徳元さん、加藤さん
・チーム中堅、尾上さん、宮下さん、町野さん、内富さん、丹山さん
・チーム若手、酒井くん、田村さん、小川くん、中山くん、後藤くん
・そして流れ弾に襲われた私(笑)
・ネタ的においしいな、アタイ!!!!

・次はワンフレーズカラオケ
・第一回戦、前田さんvs平野さん、曲は桜坂、前田ウさんは上手い、平野さんは普通?(笑)、決勝に出たくない平野さん、泣きでなんとか敗北を勝ち取る
・第二回戦、苅谷さんvs尾上さん、曲は明日があるさ、尾上さんは…ノーコメント(笑)苅谷さんは普通に上手です
・ホントはこの対戦、尾上さんと後藤くんだったのですが、とある事情により苅谷さんが代打することに
・もし後藤君と尾上さんだったらすごい身長差だな…!!!

「心で歌います」by苅谷さん(名言)

・決勝は前田さんvs苅谷さん、曲は涙そうそう
・ちなみに前田さんが歌った2曲とも前田さんの2曲しかないレパートリーの2曲らしい(本人談)

・オチ担当組はここでも真価を発揮
・前田さんの出番前には前田さんを町野さんと宮下さんが二人でマッサージしたり↓






マッサージ






・勝った前田さんを胴上げしようとして失敗して宮下さんが転がったり
・決勝の結果を待つ時、前田さんと宮下さんが寄り添って、フィギュアの選手が得点を待つような仕草をずっとしてました

・続いてファッションショー
・小川くんと中山くん、田村さんが変身
・詳しくは公式サイトでどぞー(近々UPされるんでは?)

・ファッションショー中ずっと等身大着ぐるみサンダーボーイがウロウロしていた
・誰かは分かってたけどさ!!(笑)
・オチ担当として見逃せなかったのか、やたらサンダーボーイに握手を求めたり、手を引いたりしていた宮下さん↓
・そんなに嬉しかったのですか、ミヤシタサーン!!!!

・会場内をぐるりとするとき、田村さんに「田村さん素敵です!」と声をかけたら照れながら「ありがとうございます」と答えて貰ったり
・で、フォークダンス、閉会の挨拶で締め
・今年からフリータイムがなくなりました…!
・マジでか!!!!!!!!!!

・代わりにお出口でハイタッチとお見送りのサービス
・後から出て来てファンサービスをしてくれたのは宮下さん、内富さん、苅谷さん

・しかし私はハイタッチがよっぽど嬉しかったのか、ハイタッチした後に一気に指先から血の気引いて体温怖いくらい下がってました…何故!


覚えてるだけを箇条書にしたのでわかりにくいレポですみません(笑)でも楽しくてあっという間でした。


宮下さんの座ってるソファの近くで床に座ったまま、内富さんがジャージを子供みたいに履いていたり↓








一人でできるもん。






中山くんの中山きんにくんが出たり。
オチ組がテンション危なかったり↓




オチ組





フォークダンスのお手本練習で内富さんと平野さんが踊ってたり←女の子役は内富さん。
(その後、自信がなかったのか田村さんも内冨さんと練習してました)

前田さんと町野さんがその間に変なダンスしてたり。




なんつーか色々でした(笑)
そんなこんなのファン感謝デー。


選手の皆様、チームの皆様。
現地でお会いした全ての方に。


ありがとうございました☆
【留守告知】
2007年05月11日 (金) | 編集 |
明日から広島に旅立ちます。


寧ろ早起きして行きますが、微妙に起きれるかどうか心配です(苦笑)


朝からアルコールを摂取してまいります。
新幹線ってつい飲んでしまいます。


ダメな大人って感じの自分に乾杯。


ファン感に参加される皆様、一緒に楽しみましょう☆
そしてきっと一際阿呆に磨きが掛かったアタクシですが、暖かい目で見てあげてください。


戻ってくるのは月曜日の夜です(予定)
きっと帰って来たら社会復帰は絶望的になりそうな予感。


三月からのアタイはファン感の為に働いてましたからね…
帰って来たら妹と誕生日プレゼントを買いに行こう。
何が欲しいのだろう、あの子は。



ワールドリーグに行くお金くらいは貯めておかないとなー。
でも小牧なので近いです。俺ってラッキー(千石くん風味)


さー。
あと一時間だ、ぼーっとしよう(仕事しなさい)
【うん、がんばるよ】
2007年05月09日 (水) | 編集 |
そんな感じの日常ですが、いかがお過ごしでしょうか。
寧ろ最近の自分の脳内分布図は下記の状態です。


90%…JTファン感
6%…ペルソナ3+モンスターハンター2nd
3%…お友達
1%…仕事


仕事の割合少なッ!!!!!!!!


寧ろ仕事のことは0.5%くらいかもしれません。
やることを次から次へと忘れます。

時々とんでもないやらかしが発見されます。
部門間違えるってどうよ…!!!!!!!!!


先日頑張って遠征してきた黒鷲旗も終わり、貯金の残高も減り、どうしましょとか思ってるのにやらかした。


とうとう「モンスターハンター2nd」買ってしまった…!!!!!!


我がキャラはオナゴ、名前はHNそのままでsia。
よかった、名前が半角英数字のみで入力で。

ギャルちっくな化粧をしている子です。
目の下の白いハイライトに共感を覚えました。
あんなにアタイは色黒くないけどなー。
髪の毛は緑色、あのチームの色です。


思いのほか楽しくて、妹からPSPを奪って(すまん)やってます。

君は苦労かけるのぅ…
アタイ、そのうち買うから待っててなー。

「ペルソナ3FES」と同時進行で頑張る所存です。
まだ基礎演習をやってます。


肉を焼くのが楽しすぎます。
「おいしく焼けましたー☆」の暢気さが好きです。
ペットの子豚ちゃんにもストライプのお洋服を着せてます。

…お洋服っていつか増えるのかな。

アイルー(にゃんこ)も一匹だけ雇えるようになりました。
あの子、可愛い…!!!!!

踊ったりしてるんですよ、めっさ可愛いです。
にゃーにゃー言ってます、可愛い、可愛い~!!!!!!!

茶トラのジンジャーというアイルーを、見た目だけで雇用したのですが、ときめきまくりです。

本来の名前は「ジンジャー」ですが、脳内では「チャトラン」です


そうそう。
FESは只今レベル58あたり、確か四つ目か五つ目の扉だったよーな…


途中から扉を数えてません(えー)


メティスがガンガン強くなり、パーティは美鶴、真田、メティスで固定。


マリンカリン問題がかなり深刻化しています


いや、いいから…!!!!!
マリンカリン→テンタラフーのコンボよして…!!!
メティスもマリンカリンばっか使わないの…!!!!



TVの前でツッコミまくりです。
ボス戦も時々3連続ゲームオーバーで流石に投げたくなりましたが、地道な努力の結果、真田先輩と美鶴先輩の中学校時代のエピソードがもうたまらなくツボでした。


ありがとう、アトラス!!!!!!


寧ろもう一本ペルソナ3FESみたいなのを作ってくれるなら、このあたりのエピソードを希望します。


よろしくお願いします、アトラス様。

ヘアバンドの美鶴も、バンソコの位置が違う真田も最高に素敵でした。
ここを見る為に、僕はFESをやっていたのかもしれない…


主力ペルソナはトール(受胎しているので)、ティターニア(神々の加護最高、ブフ系ガル系要員)、オオクニヌシ(アギ系)、クー・フーリン(そもそも好みだから)



そんなわけで、会社のPSPを持ち込んでお昼休みに肉焼き演習でもやりますか。
【黒鷲旗…5/2の巻】
2007年05月03日 (木) | 編集 |
行ってきました、黒鷲旗。
寧ろときめきいっぱい黒鷲旗。


ヤバイよ、てかヤベエよ…!!!!!←お前がな。




落ち着いて思い出そうとすればする程記憶が怪しくなります(笑)



近鉄に乗り、アルコール片手に揺れる車内でファンレターをしたためてみたり。しかも酔っ払いだから微妙な支離滅裂具合…

で、難波にたどり着いたのは11時6分、そこから駆け抜けて16分には府立体育館にいました。

ダッシュしました、心臓破裂するかと思った…アルコールが効いてます

で、体育館前には人、人、人…多分少しずつ入れていたのだろうと思いますが、とりあえず11時30分より前には入れたかと。平日なんでまだそんなに人だかりではない模様。

で、スタンド席への階段がわからず右往左往するも、Aコート付近のスタンドを散策、エンド側前寄りはそこそこ埋まっていたけど、サイド側←コート半分しか見えない。だと微妙にガラガラだったのでエンドライン寄りJT側に腰を下ろしたアタイ。


…ん、なんか今変な幻見えたヨ…?


ふっと左を向くと、いたんです。てか荷物がいっぱいあって、ぽつんと座ってる人が。

…あら、内富さんじゃありませんか。


「ギャー!!!!!!!」



とりあえず携帯を取り出し、あちこちにメールを打つアタイ。てか近いよ、JTが陣取ってるすぐ横じゃねえかよ…!!!!

焦るアタイ、不審な独り言をブツブツつぶやくアタイ。
早い話が錯乱してます(笑)



たーすーけーてー!!!!



この時ほどマイミクさん達がいりゃいいのに、と思ったことはありません(笑)

その後も妹に電話をしたりして不審っぷりヒートアップ。

ちなみにベンチ入りは宮下さん、小川さん、加藤さん、丹山さん、平野さん。
スタメンは町野さん、前田さん、直弘さん、徳元さん、尾上さん、マリさん、リベロは酒井さん。

公式練習中で目立つ宮下さんの奇声ならぬ高音ボイス、高いだけに目立ちます。

平野さんとだったかな、ペア。直弘さんは酒井さんとでした。

で、試合開始。
ぶっちゃけあんま覚えてません(笑)だってコート半分しか見えなかったし…

1セット目はまあまああってたのかなー、みたいな。2セット目は途中何度かリードされつつ、小川さんが徳元さんの代わりに出て、サーブで盛り上げてくれました。直弘さんが小川さんをイイコイイコしてたのが可愛かったです(笑)

3セット目はそのまま小川さんをスタメンにしていました。

流れ的にはどうだろう、たまーにもたつくところがありましたが、尾上さんのブロック決まってましたし、直弘さんやマリさんもいいスパイク見せてくれましたし、前田さんのツーに惚れました(笑)

で、試合が終わり、アタイにさらなる試練が。

JTさん達戻ってきたよ…
横向いて顔を何故か背けていたアタイ…←何故。

で、宮下さんがJT席←勝手に命名。に戻ってきてお留守番の内富さんと手をパチンと軽く合わせていたり。


もうダメだ、ここから逃げてえよ…←ヘタレ。


すると神の助けが。黒鷲にはお楽しみ抽選会なるものがあり、当選番号発表が。


…見事に当たりました(笑)


本日、某占いで最下位だったのにツイてる…そこでいそいそと引き換えにいくことに。
階段で「JTヤベエよ、近すぎる」とか呟きながら呼吸を整えていたら後ろから来た赤いユニの人とぶつかりました…

sia:「ギャっ」←色気のない悲鳴。
赤い人:「っと、すいません!」
sia:「いえ、すみませんでした…」


酒井さん、ごめんなさい…orz


てかクジひいたら日本文化出版のTシャツで、「うわ、いらね、別のがいい、てかいらねーから返すよ…」とか言ったのはアタイです←すみません。


てかマジでそんなんいらね…←本音。


クジを終えて席に戻ると、内富さんがバナナ食ってました…

この時点でもう正気を失いかけてました(笑)

目の前のコートにゃ三好←小川さん大好き。
隣にゃJTがいて…


まさにこの世のパラダイス…!!!!!!
偶然とはいえ、どうしたらいいの…!!!


なんかJTさんらは昼飯のお金徴収していて、直弘さんが集めていた後藤くんから金を取り上げて遊んでました←お茶目過ぎだ。

そんなこんなしてたら宮下さんがお召し替えから戻ってきました。

ハーフパンツから伸びたナイスなおみ足です、椅子を跨いで降りようとしてぶつけてましたけど(笑)

小川くんは何故か裸足でした…←靴はいつのまにか履いていた。
しかも「あっつー!」と暑がる小川くん。

アタイは顔が熱いよ、あなたたちのせいでな、と思いましたがツッコミせず(当たり前だよ)

てか尾上さんも着替えた後裸足だったよーな。

JTさんらが解散だと言うのでアタイも席を立ちました…てかもう平常心で三好見るとかできねえよ…


出口で張り込み、遠巻きに宮下さんを見るアタイ←怪しい。


とりあえず数人がアタックし終えたとこでアタイもアタック!


酩酊状態で書いたファンレター←しかも列車の揺れでかなり乱筆。とカロリーメイトを差し出すアタイ…つまんないものですが、とお詫びしてみたり。

で、写メらせてもらったのですが。

…ミヤシタサンが笑ってるー!!!!!(どんな喜び方だよ、自分)



超優しかったよ…
ニコニコでした。

来てよかった!!
生きててよかった…←大袈裟。


でも写メはかなりソフトフォーカス気味でしたがね(笑)
後の判明したのは、レンズが汚れてたのもあったってことですが。


アタイはまた興奮のままにあちこちに電話していたら前田さんと宮下さんが歩いてきて、前田さんファンの方がなんとアタイの真横で呼び止めるではありませんか。

やめて…!!!
何故ここで呼び止めるの…!←何故か逃げの体勢


前田さんが呼び止められている時、宮下さんのことを呼ぶ人がいました。

田村さん小川くん町野さん、あと誰かいたけどわからず。

彼らは叫びました、「ミヤシタサーン!!!」

一度目、気付かず。



「ミヤシタサーン!」



宮下さん、振り向きました。

「先帰るよー」と誰かが言って、宮下さんが「わかった~」みたいに合図してました。

しばらく後に宮下さんと前田さんが歩いていくのを見送りました(笑)



帰りの切符取ったりして難波をうろうろしてたら何故かたどりついたのは日本橋…ここどこ!みたいな(早い話が迷子だ)



そんな長い一日でありました…
【行ってきます~】
2007年05月02日 (水) | 編集 |
20070502090145
例によりお供はアルコール、ハイボールレモン(まだまだ甘いよ)

とりあえず出くわせるかわかりませんが、差し入れも買いました。

てか、第一試合しか見れないのにアタイったら。

では、近鉄でいちきまーす。
【バレー】*緊急参戦!!*
2007年05月01日 (火) | 編集 |
こんな時だってのに。
なんか連休前で忙しいってのに。


うっかりやった、寧ろやっちまった。



黒鷲日帰り参戦決~定!!!!!!!!(ダメ人間)


っていうかやっちまいましたよ。

しかも往復近鉄特急ですよ。
時間掛かるってのに!!!

寧ろ今日出さないといけない資料があるのに、まだ元データ来てないです。
金曜によろしく頼むって言っておいたのに、しかも電話かけたら打ち合わせ中とか言われたりして…


頼むぜ、おい…


っていうかもう知りませんけどね!!!(ダメだー)
知るか、コンチキショー!!!!

アタイは休み届け出してしまいましたからね…
アタイがやらなくても、きっとあの子がやってくれるよ…


とりあえず明日はスタンドで観戦して、第一試合見て帰りマース!!!
寧ろそんなスケジュールでないと怪しまれる方向で。

家族にナイショで会社サボりますからね…てへ。