FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【眉毛はマロ。】
2006年08月30日 (水) | 編集 |
今日、某もにょもにょっち(仮名)にパンをもらいました。
先着お早めに、だったのですが、もらってしまいました。

パイ生地っぽい感じで、中はあんこ。
アタイの隣の席のOさんが「グローブ」と言っていたので形はその通りでゴザイマス。


いや、マジで似てるよ!!


サイズはメリケンサック的な形ですが。
素敵な大きさです、明日のお昼ご飯にでも早速イタダキマス。

で。
なんか、ちょっと見た目可愛かったのでうっかり袋にマジックで顔を書いてみました。


マロ眉毛で、「んー」って感じのまったり風味の顔です。


何やってんだ、アタイ!!!!
子供ですか!!

っていうか、もしかしてアタイ、まったりしたいのかな…


そしてまだアタイは冒険キャラブックを買っていません。
どうしようかな、姉の感想読んでたら欲しくなってきたよ!!


更にアタイはこれを書きながら、更新された遠征日記を読んでました(何)
だからね、仕事したくないんだってば…

ボチボチとまったり進めてるから大丈夫(多分)

新人くん二人の、ちょっと対照的な過ごし方が可愛いぞー!!!
若さ溢れる相部屋具合が羨ましいです。


起床時間1時間前に起床してお洗濯する小川さんと、起床時間ギリギリまでうだうだしている中山さん。


やっぱり内富選手は「トミーさん」と呼ばれているのですね
ご本人の日記には「ウッチー」なのに(ここ重要、試験に出ます)

ほらごらんなさい。
「トミー」普及率だんだんUPしてますよ、内富さん!!(何)

アタイ的にはトミーのが好きです。
タカラトミーみたいですね!!(トミカとか?)

イタリアでの過ごし方も色々みたいですねー。

いいなあ、行ってみたいな、イタリアー!!
イタリアンカラーに心が染まりますよ…(何)

でもアタイ、パスポートすら持ってませんよ…(ダメな人)

本州から出たことすらございません…
だって北海道とか沖縄とか四国とか行ったことないよ…!!
物心ついてから飛行機乗ったこともないよ…!!

一番遠い旅行が修学旅行の九州です。
えーと、新幹線を降りた博多、市内散策した長崎、阿蘇山火口とか。

九州ってミステリアス!!(何)

とりあえず宝くじ当てたら、芦別合宿完全追っかけとかやりますよ。
寧ろ宝くじ当てて、芦別の近くにマンション買うしかないですね。


っていうかね。


今、どの愛が燃え上がってるんだよ、アタイ!!!!!


まあ、どこでもいいですか。
アタイなので、どれも等しく愛しております、押忍。

あー、そう言えばPOPに使うロゴのデータ、まだセットしてくれてないじゃないですかー!!!!


と言っていたらデータをもらいました。
何故背景があるんだよ、メンドクサイだろうがー!!(でもなんとか加工して事なきを得るアタイ)


とりあえず久し振りに【戦国BASARA】プレイ日記。


幸村

謙信(けんしん、と変換して出たのが「剣心」だというこの事実に涙色の虹が見えるよ)

信玄

信長

政宗


こんな感じで天下統一モードをプレイしてきました。
結構動きの早いキャラばっかりでやってたので楽チンです。


そんなこんなで、只今ザビーにて攻略中。

寧ろそんなアタイを笑ってください(何)
「イイから、君もう死んで!!」とかザビーと一緒に言ってます(ヤバイ)


怖いくらい、ザビー降臨!!


昨日は長曾我部元親ステージをクリア。
アニキ大好きなのにごめんね…!!
アニキ大好き故に、うっかりアニキのステージを選んでしまうアタイを許してください。

しまった…
最南端平定戦苦手なのに残ってしまったわ…!!(島津義弘、なんか強くないですか)


えーと、ちなみにアタイのザビー使用方法を少々。

まずは通常攻撃のコンボ、クルクル回って炎出す攻撃ありますけど、あれを軸に戦ってます。

雑魚はその後の突っ込み攻撃(敵の方に真っ直ぐ突っ込んでいく攻撃)も織り交ぜて倒します。
あとは特殊技「炎あれ」で吹っ飛ばす(笑)

ボス戦は通常攻撃(突っ込み攻撃の手前までで止める)→「炎あれ」で吹き飛ばしorバサラ技で吹き飛ばす→通常技(突っ込み攻撃手前で止める)の繰り返しでいけそうです。
いつも何故か苦戦していた今川義元もこれで軽々ぶっ倒しました☆

今日もザビー教の教祖様が降臨です。


「愛なのデース!!!!!」


愛を布教するザビー。
あんまりアップで見たくないな…!!
スポンサーサイト



【コンビニ恋しや。】
2006年08月29日 (火) | 編集 |
いつも月曜日の午後に出るはずのデータが今になっても出ません。


困った…!!


でも出ないとアタイに「あのデータまだ?」と聞かれてるし…
アタイに聞かれても知らないよ!!(涙)
ひとまずシステムに聞いてくださーい。


とりあえずどうにも出来ないのでPOPの手直しでもするかーと、POPを開いてみる。



絶望したー!!!!!!!!!!!!!


↑「さよなら絶望先生」の感じで読んでください。

しかし絶望していても仕方ないので、手直し作業を続けることにします。
もうダメです、読んだこともないコミックのイメージなんてわかないよ…!!


このまま逃げ出したい…!!
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…!!

砂浜でダッシュだ!!
夕日に向かって走ろうぜ!!
グラウンド20周!!(なんか色々混ざってる)


うふふふふふー、遊びましょー(何)


そんな訳でこんな阿呆みたいにPOPに悩むアタイでございます。
脳内は既にカオスの様相を呈しております。

そうそう蒼太。
今日はボウケンジャーのキャラブックの発売と聞いています。


…えーと、会社の近所、売ってないよ?(町の小さな本屋にあったらそれこそミラクル)


午前中、姉から「今日買う予定」とメールが来ましたよ。
…ちなみに昨日の夜も姉とメールしていました


それにしても友達少ないな、アタイ!!


Sたんともメールしてましたよ、ちゃんと。
それから会社の友達に手紙も書きました。

いや、文字で伝わるコミュニケーションもあるってことで!!


「どうせアタイの会社の近所にゃ大きな本屋はないんだよー!!」とスケバン恐子みたいに叫んでみたりするわけで。


ちなみにアタイの勤めてる会社は街の中にあるのですが、大きな本屋は隣の駅にしかありません。
寄り道するのも面倒なので週末に買います(地下鉄の乗り場が遠過ぎる)


ここまで書いてブログのネタがないことに気づきました(遅いよ)
で、公式を開いて日記更新のチェック(アタイ、仕事しようってば!!)



キター!!!!!!!!(゜∀゜)ー!!!!!!!!!!!!!!



思わずこんな↑感じですよ(だから仕事中だってば!!)
思わず大きな声で叫びそうになった…!!


そういうわけで、遠征日記感想。
昨日大量更新されて、町野選手の素敵文才にひとしきり大爆笑したアタイ(仕事中ですよ)


今日は宮下選手です。
宮下選手は芦別日記でもものすごく面白い日記を書いてくれました。


ちなみにやっぱり一人称は「自分」です(まずそこですか)


「自分、不器用ですから」(by高倉健さん)の自分ですよ?


九州男児はやはり硬派に一人称が「自分」なのでしょうか。
クイズ、そこが知りたい(ローカルネタ?)


で、今回はどんなネタを仕掛けてくるのかと思いきや、食生活についてでした。

衣食住、大事ですけど、食生活大事ですよ…
食べ物が美味しいと幸せですもの!!!!!!!!

トマトソース嫌いだとプロフィールに書いてあるのは存じておりました、はい。
嫌いなものを克服しようとするのその姿勢…


尊敬したー!!!!!!!!!!!(上記絶望先生口調でどぞ)


私は嫌いなものはとりあえず見ないフリ、触らない、関らないというタイプで、克服しようと全く思わない人なので、尊敬だ…!!

ただ宮下選手の場合、遠征中の「1日のテンションを左右する」という大事な局面での克服です。

こりゃ、克服しないと遠征の間ずっとブルーでテンション低めになって日記どころじゃなくなります。


それはマジで大変じゃないかー!!!!!!!!!(そうか?)


そんな勝手な解釈は余所に続きにいきましょう。
チーズ、オリーブオイル、色々トマトソースの味をどうにか誤魔化そうとした模様。
トマトの味って結構自己主張激しいですからね

野菜ジュースのトマトベースなんかトマトの味しかしませんし。


トマトを甘く見ちゃなんねえだ…!!(誰だ)


それからOFFの前日には夜更かしをして「2度寝、3度寝と心行くまで寝たいと思います」とあります。


…どっかで聞いたことあるような感じです。

既視感ならぬ、既聴感…(何それ)


そうそう。
芦別日記の内富選手の「まだ寝れます」とかに似てる感じです。


もしや、三年寝太郎…!?(何)


いや、それだけお疲れってことですね!!
ゆっくり休んでください。



そんでもってコンビニが恋しくなってきたという宮下さん。
代わりにアタイが「心行くまで」コンビニ三昧しておきます(関係ないじゃん)




…そうだ。
いつも思うのですが、日記のタイトルも選手の皆さんが考えていらっしゃるのでしょうかね。


そんでもって宮下選手の日記には毎回名前(しかもフルネーム)が入ってます。
そして特徴として沢山書いてくださる。


もしや実は話好きなのでは…?(何)
そしてものすごく実は根ひょうきんなのでは?


やっぱり彼にもS53年の呪いが掛かっているのでしょうか。

―ちなみにS53年の呪いとは、アタイの周囲のS53年生まれは皆面白い程変な人ばっかりなので、その呪いに抗うことが出来ないかのようにS53年生まれは概ね変人であるという呪いのことです。
いや、対:アタイの周囲比ということで!!


普通の全うなS53年生まれさんには謝りますってば!!!!
ご、ごめんなさい…!!


で、タイトルにも個人のセンスがそこに出ていると見ていいのですかねー。


ちなみに大体皆さん、最後が「!」で終わってます、タイトル。
まとめてみると面白いくらい「!」で終わっているのですよ。


めっちゃ張り切ってるなあ!!!!!(何)


ということで。
アタイはタイトルも選手の皆さんが考えているものと勝手に思い込んでおきます。


あー、そういうわけで毎日日記チェックが楽しみだッ!!!!!!!


心はイタリア色に染まります(どんなだ)
【Task.26…今日から「じょ」の付く冒険者。】…2
2006年08月28日 (月) | 編集 |
では張り切って続きにいきましょう。


その5。サイレンビルダーの頭、鷲掴み。

あれはびっくりしましたね…

敵がチューかましてきました。


真墨じゃなくても「どういう趣味してんだ、コイツ!!」と叫びたくなります。


多分相当なマニアです、王子様の正体。


そんでもって「女の敵は許しません!!」と憤る姐さん。
更には「リキッド攻撃を!!」と頭のホース鷲掴みです。


すげえよ、姐さん!!
最強だよ!!

その6。野菜ジュースと、最恐のシンデレラ。

まあ、つまりはEDパートです。


高丘が野菜ジュース飲んでたことが素敵です(そこか)


見たところ、ニンジンベースですね。
アタイは充実野菜を推します、あれは美味しいです。

見た目がグロくなりますが、充実野菜に豆乳を入れても美味いです。


手軽にたんぱく質とビタミンが取れます、お勧め!!!(分離するから見た目はグロいですよ!!)


「さくらさん、何か言ってあげてくださいよ」という蒼太は平和そのものです。
素敵フェイスです、アタイ、惚れ惚れします。

王子様はいると思いますよ(だったかな)とか笑うさくら姐さんに、チーフがこう言います。

「お前も待っているのか、王子様を?」

心底意外そうでした…
でもちょっと失礼ですよ、チーフ!!(笑)

しかし、そこはさくらさん、負けません。

「待ってるなんてしません、自分で捕まえます」

手に持った手グス(かな?)をぴん、と張って構えてます。
どんな罠を張るのでしょうか…(怖いよ!!)

何気に恐れおののいて菜月の腰に抱きついてる高丘が素敵です。

その7。戦隊紹介。

火消しチーフに、消防士高丘。
レスキュー隊BB会。

やけに楽しそうだよ…!!

テンション高めだ…!!


「逮捕しちゃうぞ☆」はサービスカットですかー!!!!!!!!!!!!(何)


その8。次回予告。


「俺は占いなんて信じない!!」


やけに不運なチーフ。
最近、チーフがカッコいいチーフからお笑い担当になりつつあるような気がしないでもないですが、如何でしょうか…!!!!


でも素敵だからいいです、はい。


【今回の真面目な考察。】


■テーマ:シンデレラと王子の呪い。


小さい頃から不思議でした。
魔法が解けてドレスもなくなって、馬車もなくなったのにガラスの靴だけ残ったこと。

同じ魔法から出来てる筈なのに、何故ガラスの靴だけ存在出来たのか。
結局その謎は解けませんでした、今まで。

今回、ガラスの靴は王子の呪いだ、という新説が出ました。
ガラスの靴=脆く危うい物質で出来ているもの。
それに足を入れたら最後、抜けることはない夢の世界に閉じ込められる。

多くの女性が抱くであろうシンデレラ願望。

今の状況は決して夢見ていたそれとは違う、だけどいつか王子様がやってきて、幸せにしてくれる。

その心に付け込んだのが今回の「王子様」です。
だけど、王子は一つ見誤ったことがある。

シンデレラ願望の本当のところはこうなのです。


今は夢見ていた現実とは違うけど、いつか「自分だけの」王子様がやってきて、幸せになれる


王子は言います。

「女の子は誰でもシンデレラになる、王子様をずーっと待っている」

待っているかもしれない。
でも待ってるのはただの王子様じゃない。
「自分だけの王子様」なのです。

クロリンダは最初、そこを見失っていたのです。
偽りの王子に仕え、それでも傍にいることを望んだ。

それも一つの幸せだったのです。
傍にいるだけでいい、自分を見てくれるのは「シンデレラ」を連れてきた時だけ。

「僕といるという幸せをくれてやったのに」という王子の言葉通り、王子の傍にいるということ=幸せだったのです
幾人もの新たなシンデレラの命と、命令されることとの引き換えに手に入れた幸せ。

自分の物にならないなら、それだけでいい。
可愛いシンデレラになれない自分が傍にいるにはそれしかなかった。

私にはその気持ちがよくわかります。
それも幸せだったのでしょう。

自尊心も、自分の本当の心も全て捨てて、ただ王子の傍にいることだけ考えていれば幸せでいられる。
何も気づかないフリをして、何も感じずにいればそれで王子の傍に存在することは出来る。
その想いはどれだけ大事だったか、私にはわかります。

だけどそこに忘れようとしていたことを思い出させる人物が現れた。

王子の物にならないシンデレラ、西堀さくら。
何不自由ない良家に生まれた彼女は自衛隊の特殊部隊に入隊し、そこにボウケンジャーになるよう勧誘に来たチーフと出会ったように。


「誰にでも自分だけの宝がある、それは誰かが与えてくれるものじゃない」


チーフがさくらに言った言葉は彼女に「自分だけの宝」を探そうと思わせるだけの力があった。

彼女が特殊部隊に入ったのもやりたかったから。
つまりきっと自分の目的、自分の生きる道標みたいなものを特殊部隊に求めていたのかなと思います。
それをチーフは悟った。

何不自由ない環境にいたからこそ、自分から何かを求めることに慣れていないさくらを誘った。
勿論、能力的なものもあったんだと思いますが。
自分だけの宝を見つけられていない。
そんなつまらない人生で終わる人物じゃない、そう思ったのかもしれません。


クロリンダにとって、そういう言葉はどれだったのかな、と思いました。

「でもシンデレラになれない女の子が皆不幸せだなんて、誰が決めたんですか」
「幸せは、自分の宝は、自分で見つけます」


クロリンダは自分のことを不幸せだと思っていたんだと思います。
そんな形でしか王子と関われない自分のことも。

だけど王子から離れることを彼女は選べなかった、それも愛情なのです。
そして愛情と同じ量の勇気がなかった。

ずっと王子に与えられるだけだった幸せ。
別になんとも思ってないけどそばにだけはいさせてやる、という歪んだ幸せ。

やっと気づいたのです、それを幸せだと感じていたのも本当だけど。
それを不幸と取っていたかもしれない自分と。

自分では王子とそういう形でしか関われないことを選んだつもりだったということ。
自分でそうすることを選んだのではなく、何も考えずに従っていただけだということ。

彼女の自我はやっとそこで芽生えるのです。
王子の言うまま、幸せだと思ってきたことは自分で掴み取ったものでないことに気づいた。

そこで王子に反旗を翻したのです。
それこそ彼女が初めて選んだことです。

「幸せは誰かに貰うものじゃなく、自分で見つけるもの、この人が教えてくれた」

王子の仮面を狙えといったクロリンダ。

仮面こそがクロリンダを縛っていたものだったのかもしれません。


素顔を見せることの出来ない王子=偽りの王子。


つまり真実の姿を見せることが出来ない王子は幻の幸せ(=偽りの幸せ、見せかけの幸せ)を与え続ける象徴

そんな偽りの王子に縛られ続けてきたクロリンダの魂がやっと、仮面が破壊されることで解放されたのです。
ガラスの靴の呪いと共に、彼女はやっと解放されたのです。

「夢も幸せも宝も、幻ではありません」

だからこそボウケンジャーは、捜し求めるのです。
宝を、夢を、幸せを。
自分だけのたった一つを追い求めるのです。

そしてその姿とその強さに、TVの前にいる子供たちは、そして私達は、夢に向かって生きていこうよ、それは素敵なことだよ、というメッセージを感じ取ることが出来るのだろうと思います。

そうやって考えると、今回はとてもメッセージ性の強いお話だったのかなと思います。
【Task.26…今日から「じょ」の付く冒険者。】…1
2006年08月28日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


とうとう出ました…何がって。



女装ですよ!!!!!!!!!!!!!!!!



アタイ、東映さんの次回予告でチラっとは見ていたのでそんなにはダメージ酷くなかったんですけども。
普通に動画で見ると、どっこい何気に(思ってたよりは)イケてます、でびっくりしました(何)


という感じで今週もいってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。寸劇シンデレーラ。

いや、本当に菜月って冒険以外教えてもらってないんだなーとか思ったりしたのは内緒…!!


だってさ、その歳でシンデレラって素敵なお話ねって…!!
いや、菜月っぽくていいんだけどさ!!(笑)

そういや普通の環境で育ってきてない高丘も知らないっぽいよな、と思ってたらおぼろげに知ってましたよ…


その方が超意外…!!!!!


「おとぎばなしでなんかあったよな」とさくらさんとの手がかり捜索時に言ってましたしね。
寧ろ、その「おとぎばなし」を誰に教わったかが謎です

幼き高丘がそんな童話の絵本とかを読む感じしませんもの。
読むとしたら「武道入門」とかそういうやたら格闘技全般の本とかを漢字もろくに読めない頃からお父ちゃんに「読め、映士」とか言われてそうです。


まさか、アシュの監視者であるあのお父ちゃんに読んでもらったとか!?


いや、ま、まさかね…

で、でも!!
そんなアレなことがあってもいいですよね…!!(無理矢理納得)


*配役*

・シンデレラ:菜月
・継母:チーフ
・義理の姉二人:BB会
・王子様:さくら
・執事(だと思う):高丘


いくら菜月の妄想…想像だからといって、王子様がさくら姐さんなあたり、とっても素敵すぎます。


何故男子チームから選ばなかったのか…
寧ろ男子チームより凛々しい素敵王子様、さくら姐さん。


王子様が真墨という展開もありだったはずですが、きっとそれだと残りの配役に困るからというなら、その想像力にGJ!!と言わざるを得ないでしょう。


「二人とも、王子様のハートをゲットするのよ、アタック!!」


これをあのポーズ決めてくれちゃいながら言ってくれた継母チーフ。
しかもちょっと女っぽい感じです。
どこかにいそうなニューハーフのお姉さんみたいでした…


口紅が真っ赤でした…(まずそこか)


ちょっとばかりゴツくてデカイ継母です(正直者)


寧ろこの扮装をしてくれた彼の勇気にGJ!!!!!!!!!


寧ろ最初、これが誰なのかわかりませんでした(正直に懺悔)


で、義理の姉s(複数形)BB会。


何故真墨がガン黒だったのかについて朝まで徹底生討論を要求します(嘘)


いや、でもドレス似合ってたよ…
それにアタイより絶対ウエスト細いです。


なんだかちょっと女として負けたよ、アタイ!!


それから蒼太の義理の姉具合。
ガラスの靴を無理矢理合わせて「ぴったり、ぴったり!!」と言い張るその姿。


アタイの涙を誘いました(笑いの涙)


女装組、もしや全員ノリノリか?!と思わせる勢いでした。


そして王子様の執事、高丘。
くるりんヒゲがナイスチョーイス!!


すごく嬉しそうだけど、違和感ありですけどね!!(禁句)


金髪を一つに結んでます。
あの「もんじゃ写真」(by出合さんブログ)を連想させます。

高丘のキャラとは全然違う「さあ、キミも履いてみるんだ」というあの一言。


「おい、そこのお前。これ、履いてみろ」とか言ってくれてもアタイ的にはオールOK!!(何)


その2。深夜徘徊する高丘。

いや、そんな時間まで出歩かなくていいよ…!!
夜はサージェス本部に帰ろうよ!!

寧ろ皆と一緒に過ごす時間作ろうよ!!


もっとコミ図ろまい!!(コミュニケーション図ろうよ、の意)


ガラスの靴履いて一人で踊ってて気を失った女性に「お姉さん」とか言えるようになった高丘。
「おい、お前、大丈夫か!!」ではレスキューっぽくないからきちんと「お姉さん」と言いなさいと誰かに教育されたのかと心配になります(心配らしいよ)


その3。「シンデレ~ラに呪われ~る」


が、ガジャ様ー!!!!!!!!!!!!!!!!(何)


先週の次回予告で拝見してましたが。
やはりガジャ様が出てくるとアタイ、ちょっとテンション高めに設定される模様。


これって愛かな…(愛だよ)


その4。「何故勝手に靴を履いた」


チーフとさくら姐さんのシーンですね。


「徹夜で靴を調べます」と言った割に眠ってしまった牧野さん。


やっぱりこれも靴の呪いの威力ですかね…
そういうことにしておきましょう。

昏睡状態の女性について調べてるさくらさんにガラスの靴が襲い掛かる(違)

でもさ…
素足にブーツもどうかと…!!


ハイソックス、もしくはストッキングがあった方がブーツも長持ちするし、足の健康にもいいと思う!!という超現実的なツッコミは無しですか。

クロリンダを次回予告で見たアタイの友人が「物真似番組で中森明菜の真似してる人みたい」と言ってから、アタイの中ではクロリンダは大変間違った中森明菜として認定されています(怒らないで…!!)

夢の中で踊り続けるさくら姐さん。
現実では一人で踊り続ける変な人です。

こ、こええ…!!

もしこの状況を人に見られたら、アタイならすげー恥だよ!!

チーフがそれを目撃します。
最初の怪訝そうな顔が「何なりきっちゃってんだ、さくら…」とかだったらもっと恥かも…

そこはチーフなので直ぐにガラスの靴の仕業だと気づいてくれます。


「何故勝手に靴を履いた」
「すみません」
「何があった」


このやりとり、すごい好きです。

何が好きって、最初の「何故勝手に靴を履いた」はただの引っかけ的問いかけに見えるからです。

勝手に履く筈がない、菜月が履きたいと言った時も冷静にそれを留めたさくらが「ガラスの靴を勝手に履く」ということ自体がもう事件だからです

さくらに対してどうなるかわからない状況に軽率に突っ込んでいく人間ではないという信頼を持っているのです。

しかしさくらの性格だと素直にそれを話すと思えない(自分で解決しようとしてしまうから?)

だからそういう噛ませ犬的発言が必要だった。
「何があった」と聞く前に、さくらがそれを履いていたことを自分が知っていると言うことを話した台詞が「何故勝手に履いた」という言葉。
履いてない、心配させるようなことはなかったとさくらに言わせない為に、そのワンクッションを置いた、私はこのやりとりをそう考えています。

チーフの人間性の大きさ。
的確にさくらの性格と傾向をきちんと掴んでいる、仲間の性格を掴んでその各人にあった言葉で話が出来る。
そういう人間としての懐の大きさを垣間見た気がします。


また長くなりそうなので、記事を二つに分けまーす。
【イタリアン・ダイアリー。】
2006年08月25日 (金) | 編集 |
チャオ、バンビーノ!!!!!!!!!(何)



とうとう始まりましたよ、お兄さん達の日記。
イタリア遠征日記ですよ、奥様!!!!!!!!!!(誰だ)

やるかな、やるかなと思っていたら、やりましたね!!
始まりましたね!!(大興奮)

芦別やイタリアに行くお金がないアタイみたいな子にも優しいコンテンツをありがとうございます!!!

既に公式ページに張り付いてます(もうよせ、仕事しようや)
何が更新されてもいいように、ブログを書きながら開いてるアタイです。


ということで、トップバッターは内富選手。


芦別合宿のお写真でしょうか。
タンクから覗く逞しき腕にメロメロです。


海外でも使える携帯…
そう言えばアタイのも使える設定に出来る携帯なのですけども。


「この先ずっと海外に行く予定がない」という根本的な理由につき海外使用設定をしてません。


すみませんね、ボーダさん。
アタイ、別に不要な機能とかつけないタイプなんで…
だって落として拾った人が海外の人で、悪いことに使われたらと思うと夜も眠れないYO!!

で。

メールチェックDEゼロは既にオチとして有効ですか(真剣)


彼の不思議感漂う文章に、うっとりです。
彼のちょっととぼけたような、不思議ちゃんな文章が好きです。
やっぱりいいなあ、そのキャラクター!!


何しろ「それでは チャオ!」とか書いてくれちゃうナイスガイです。


笑顔で手を振ってこう言ってくれたら最高ですかー!!!!


最高デーーーーース!!(にこやかにバンザイ)


でも前回の芦別では「トミー」だったのに、「ウッチー」に戻ってる…!!


これは由々しき問題です。
芦別でのクワガタの生態系くらい討論したい内容です(そうでもない)


それから栗生澤コーチの熱戦レポートも出る模様。
こちらは月曜更新予定!!

ウハウハしちゃいます。
戦評お待ち申し上げる所存。

結果だけは載っていたのですが、結構競ってるところもあったし、なんとか1セット取ってるし…

やっぱ生で見た人の戦評が読みたい、うん。
数字だけじゃ分からないこともある。


そんなわけで。

やっとこさ、次のPOPに手をつけました…
全国的に恥を晒し続けるアタイのPOP。


どこまでやるの、アタイのPOPぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!


イタリア日記で気を紛らわせてもブルーなことに、変わりなし…
ネタもないので、コミックの表紙をイメージして作ることにしました。

そのままやるというのは当たり前ですが出来ないので(笑)あくまでイメージだけお借りします。
でもそっから色々足してみたらものすごくくどくてよろしくないPOPになったりね!!


もうどうなってんだー!!!!!!!
アタイはデザイナーじゃないんだよー!!!!
何度も叫んでいますが、そんな悩みも尽きない訳です(遠い目)


色キチ王、健在!!!!


これは直しようがありませぬ。
もともとのセンスの問題ですからね!!


気を紛らわそうといろいろなことをやってみました。

RさんとMさんに変なメッセを書いたり、新しくミクシ参戦したSさんにマイミク申請してみたり。


あれ、ミクシばっかりじゃん。

いやいや。
全然仕事してないかと言えばそうでもないんですけどね。

いや、なんとかやってますよ?

今日は突然お休みした人の代わりに何気なくお当番を代わってあげたり。
お当番の仕事が何故か被りまくってたり。
お当番で使うパソコンが微妙に調子が悪かったり(昨日に至ってはものすごくフリーズしまくった!!)

それからミラクルなオチを一つ。

頭を撫でると、ランダムで数種類の鳴き声を出す犬のぬいぐるみがあります。

甘えたようなきゅーんという鳴き声やら、ワンワンッ☆という鳴き声やら、はたまた、うー!!!!という唸り声まであるわけです。
ちなみにそのぬいぐるみはアタイのお隣さん、OさんがMDからもらったものです(MDってマーチャンダイザーの略です)

アタイ、そのぬいぐるみを撫でると大抵唸られます(本当)
しかもアタイが撫でると大抵唸るので、皆が笑うわけですよ!!


ちきしょう、犬のぬいぐるみごとき…!!


ままならんとは何事だ!!(誰だ)


今日も数人集まってそれを撫でてました。
誰が撫でても可愛い鳴き声をする犬のぬいぐるみ。

アタイも話の流れで撫でることになる訳です。
そーっと、なでなで…


そこで、オチ炸裂。


「うー!!!!」


アタイが撫でるとやっぱり唸るのです。
その場にいた人、大爆笑です。
同時にアタイ、赤っ恥です。


何故だ、このワンコめが!!

もう帰れ!!(何)


ワンコのぬいぐるみに唸られない方法、誰か教
【視覚的男子。】
2006年08月24日 (木) | 編集 |
姉からのメール及び、出合正幸さんのブログで知りました。


とうとうビジュアルボーイ(以下VB…バレーボールみたい/笑)参戦ですか…!!!!(驚)


いやはや。
アタイ自身、今まで避けて通ってきたVB…えーと、避けてきたというか。


ただ単に「VBを利用すること」を考えないようにしてきただけですけども!!(携帯代も馬鹿にならん)


もしVBに足を突っ込んだら最後。
来る日も来る日も阿呆みたいに通いつめ、携帯を見つめる。

そんな己を思ったらなんだか不憫な気持ちに…!!!!

もうパケ放題なので大丈夫かなーとか思ってますが、9月から申し込んでしまおうか、ちょっとばかり思案中でございます。


そんでもって、真夏のもんじゃ。


アタイはもんじゃは数えるほどしか食べたことがないのですが。
しかもおうちで食べます、おうちDEもんじゃ。


めんたいことチーズと餅のコンボは最強だと思います(きっぱり)


真夏のもんじゃもオツなものですが、真夏のラーメン(冷やし中華に逃げないこの姿勢)などもオツです。
真夏に熱いものを食べて己を追い詰めるこの感じがたまらないモノがあります。

そんなアタイはエアコンがないと生きられない子です。
温度管理バンザイ。
だって、暑いのも寒いのも苦手なの…!!!

真夏にホットミルクティなど、就業中も微妙に我慢大会の様相を呈しているアタイ。

クールビズでも誰かが26度くらいまで会社の室温を下げてくれる模様。
これでまだ生きられるというものです。

暑い暑いと言いながらホットティを嗜むアタイですがパピコが密かなブーム中。
アソートパック(6つくらい入ってる、箱に入ったもの)にはパピコのイチゴ味があるのですけども、それがかなりマイブームです。


うーまーいーぞー!!!!!!!!(ミスター味っ子、味王様的にね)


でもコーヒー味のパピコも美味い…寧ろパピコ最高!!


粉砕!玉砕!!大喝采!!!(これ、元ネタ分かる人いるんですか)


そんな訳でホットミルクティもパピコも同じ線上で愛しているアタイなのです。


そして。
やっぱり長髪は暑いですよね…
アタイも髪が長いので家では結んで、適当にまとめておきます。
もっと酷い時は子連れ狼の「ちゃん」みたいな頭になってます。



「ちゃんっ…」(呼んでるの?)


♪しとしとぴっちゃん、しとぴっちゃん(テーマソング)


「出合さん=高丘映士=金髪&長髪」というイメージの方程式が覆されました。

いや、いい意味で、ですけど。

あのもんじゃのお写真で、ものすごいびっくりしました。
一体どんなもので髪を結んでいたのか気になります。

やっぱり黒とかチョコ茶くらいのヘアゴムかな、とか。
カラフルなヘアクリップみたいので留めてたら冒険だなとか。

勝手に想像するのは至極楽しいものです。


想像も爆発だ、魂の冒険だ(何)


しかももんじゃを目の前にして、挑む男の顔になってます。
言うなれば「力の限り食ってやる」的な感じですかね(どんなですか)


それは、俺達の戦いのロード!!!!(今日はこのネタ多いね)


それにしても腕の筋肉、すごかった…!!
で、ビジュアルボーイの撮影風景のチョイ悪的何か




ビジュアルボーイとしての彼のポジションが行き着く先は一体どこなんだ…!!



とか思いましたが、個人的にはカッコいいというカテゴリの中に入れることにしました(何)



そして一番気になるのはココ。


他のキャストの皆さんと撮影したらしい、暑く眩しい画像はどこへ…!!!!!


…見たいよー…、見たいよー…、見たいよー!!!!(エコー)
皆さんもはやUPされてますよ、出合さーん!!!(笑)

思わずそんなツッコミしたい今日この頃。
この夏の暑すぎる太陽に溶けないようにどうぞご自愛を。







ということで、ツッコミTBおしまい。


ここからはアタイの今日の出来事(ニュースですか)なので興味ない方はここでお別れでございます。



↓平気な方は「追記」をどぞー。

【奥底パラダイス。】
2006年08月23日 (水) | 編集 |
今日は張り切ってちっこい上司Tくん(笑)の残していった宿題を片付けていました。
っていうかね、シュレッダー作業なんて何年振りですかね…

入社もう直ぐ五年目。

ちなみに今はインターンシップの子が来ています。


若いっていいな…(遠い目)

そんなこんなですっかりお局なアタイ。
めんどくさいのでシュレッダー作業を避けてまいりました。

入った頃、一年目くらいしかやってないよ、シュレッダー。
あの頃暇だったし、ネットして遊ぶなんて考えたことなかったよ!!

それに今まではシュレッダーをやってもちょこっとだけですもの。
でも今回は段ボール箱一箱分。

中身はめっちゃ個人情報だったりするので、ブッチギリでそのまま捨てるなんてしたらそれこそ怒られる代物。

仕方なく、シュレッダーをかけるアタイ。
めんどくせー。

でも丁度同じタイミングで使いたかったみたいなHちゃんが手伝ってくれました☆
ありがとう、Hちゃん!!

君のGRADEはすごすぎるよ!!(byアビス)


寧ろどうやったらそんなに溜まるの。
叩き出したGARDE76って何…!!!!

アタイ、二週目やってた時そんな数字出なかったよ…?
同じハードだよね?でもHちゃんは時々ランクがマニアなんだよね?


っていうか、ボス戦でそんなポイント出るHちゃんにバトルマスターの称号をあげたいぜ!!!!


そんな訳で。
今週やるべきことはほぼ終わったのでモソモソとネットして、ブログ書いて、とやっとる訳です。

いや。
一番めんどくさくて時間がかかることは明日上司に確認しないと出来ないのでござりまするよ。


ともあれイタリア行きの飛行機が墜落したりハイジャックされたりしなくてよかったです(何)


そんなことばっかり心配しているアタイって、心配性ですか。


バトンがまだまだ溜まっているので、ちょっとやっておこうと思います(下記「追記」でどぞー)

いつもらったのか、既に忘却の彼方!!
ごめんなさい…(ブルブルブルブル)


【理想の彼氏・彼女バトン。】from千恵さん。






【スポーツを観る。】
2006年08月22日 (火) | 編集 |
とりあえず、先日世界バスケを見ていて一番びっくりしたこと。
越川選手(バレーの全日本の選手)がCM前の一場面に頑張れコメントを寄せていたことですかね…



いや、マジでびっくりですから!!



偶然見て「ぎょー!?」と叫んだ、奇声の女。


いや、もっと可愛く叫べよ、とそんな己にツッコミしていまします。
越川選手を見たの、久し振りだったんで…!!
週末にやってた「本当にあったアタックNo.1」みたいな番組に青山さんがちょこっとだけ出ていたのもびっくりしましたけど!!



「あ、青山さんだーッ!!」(ガクガクブルブル)




こちらは普通に叫ぶことが出来ました…
あー、びっくりした!!


そんでもってバスケの選手の身長を見てもさほど驚かない自分がいます。
いや、デカイ選手を見慣れているのか、身長の数字に関して感覚が麻痺しているのか。


果たして、どっち。


だってさ、普通に2mとかいるんですもの。
もうそろそろ三年くらいですもんね、バレー見始めてから。
そりゃ見慣れるってもんだよ…、三つ子の魂百まで(何)


で、そこで気になった五十嵐選手のことをちょっと調べてみました。


えーと、なになにー。
こういう時ネットって便利ですなー。


あら。


…中央大の方でしたか。


もうこの辺、まさに一方通行な因縁だとすら思えてなりません。
アタイ、どうも中央大の選手の弱いというジンクスじみたものがあるわけで。

しかもアタイと誕生日近いよ(それ関係ない)


そんな自分のプロフィールの弱点の項目に「中央大卒の人」と書くべきでしょうか。


とりあえず中央大のイベントを諦めて(諦めたんだ?)サマーリーグに行くことにしたアタイ。
いや、新幹線代もバカにならんので諦めましたよ、ええ、諦めましたとも!!


こんな時、首都圏に住んでない己を恨みたい。


でもでも久し振りの観戦(黒鷲から見てませんからね)で心がときめきMAX、踊り食い(心を食ってどうする)


ツッコミどころ満載の新人くん達のプロフに大爆笑したばかりなので(仕事しようや)より心は若干バレー寄り。



あのプロフ、めちゃめちゃツッコミしたい…




ていうか、そのスケジュールって更新したっていう感じなんですか…?
遠征後はお楽しみってことですかね。

で、遠征中は日記はないんですか。
そこんとこどうですか、聞かせてください…!!


それから、10月はもう少しアバウトじゃないスケジュールをお願いします(笑


いや、ものっそい休み取って広島突撃する予定ですんで!!
会社員は休み取るの大変なんだからなー!!!

再来月は平日からドーンとぶっちぎりで休みます。


行くぜ、広島!!
オレを呼んでるぜー!!(呼んでない)


俺は勇者ー、ラムネスー!!(分かる人にしかわかりませんよ、こんな古い歌)


その前に稲沢かな、練習見学しに行こう(笑)


という感じで今日を過ごしているアタイ。
またしてもPOPを作っています。


あのね、一個作ったら次、また作ったら次ってさ…




アタイは自動販売機じゃないんだよ?


7月は確か3枚ほど作りましたが、今月はもっと作りそうです。
コミック2種類、地図1種類…今月はコミック2種類、サービス用1種類、雑誌1種類と沢山控えています。


どうしよう、もうデザインのネタがないよ!!



出るか、POP作成新記録!!!!



いや、いいから!!
そんな記録叩き出さなくていいから!!
【Task.25…使命、視線、幸せ。】
2006年08月21日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


激しい生理痛と女子バレーの強さと(マジ強え!!!!)男子バスケの選手にイケメンを発見したことが頭をぐるぐる掻き混ぜます。


バスケの試合ってTVではよく見るのですが、面白かったです!!…負けちゃったけど。

バレーと違ったスピード感とか、タフな動きとか。
駆け引きとファールとセーフの境界線を見極める感じと言うか。

個人的には見るのは好きです、バスケットボール!!
…バスケが、したいです(わかる人にはわかりますか)


と言う感じで、頭は既にカオス!!
カオスとは混沌なり!!


世界を掻き回すアタイです(何)


と言ったところで今週も感想、いってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。蒼太全般。


高丘メインの回でまずそこに行くのは何故だ、答えろ、sia!!(高丘口調)


そうですね、アタイもそう思いますよ!!
でも今日は蒼太が美味しかった!!素敵でした!!


まずはこの台詞。


「シズカちゃん、ちょっとどいて」


デュアルクラッシャーを手に、まずそれかい!!とツッコミ。

どんな時でも女性に優しい蒼太。
敵にも「ちゃん」付けです。

そんなところにグラグラです。
彼のフェミニストっぷりが存分に出ています。


それから知恵の実を食べたアクタガミがサージェス本部に来て、いきなり蒼太のパソコンのセキュリティを解いてファイルを勝手に見た時。

天才の知恵に勝てなかった蒼太のセキュリティ。
「これは蒼太が悪いんじゃないのよ!!」と何故かTVの前で一生懸命フォローしてしまったアタイ。


何がしたいの、アタイ!!(自分ツッコミ)


そんで、知恵の実をアクタガミから奪おうとしたBB会。
あの知恵の実、奪還するよとでも言いたげな鋭い眼差し、まさに狙う瞳です。


か、カッコイイ…!!!!!


すみません、大好きです(告白)
あのシーンだけは何度瞼の裏に思い返してもドキドキします。

その後、アクタガミに普通にやられましたが、気にしません。
天才なんだもん、しょうがないよね!!(何)


「悪いけど、まだ君を信用できない」


アクタガミを「君」呼ばわり!!

敵であろうとお前呼ばわりしないところが礼儀正しい蒼太です。

何気に美味しいトコ続きだった蒼太にメロメロです。


その2。高丘全般(真面目なプチ考察付き)


うん、わかってる。


こうやって書くの、もう何週目だろうね(自分ツッコミ)


敢えてそこをツッコむのはもうやめようと思ったよ!!
でもとりあえず言っておこうと思っただけ(笑)


高丘は何故かものっそい単独行動ばっかりです。
劇場版で一人だけで行動して以来、嫌がらせのように毎週単独行動です。
どうにかしてあげてください。

寧ろ単独行動で何をしてるんだろう(言ってはいけない疑問?)


寧ろプレシャス探し専門家ですか…?
そうか、サガスナイパーでプレシャス探しですな!!
いいな、楽しそうだぞ!!
これぞ冒険の日々ですね!!


で、知恵の実をつける木を発見して、「すげーな」と感心していたらアクタガミ登場。
サガスナイパー突き刺して、変身です。

一瞬サガスナイパーが錫杖に見えたのはアタイだけですか。

そんな幻を見てしまうくらい錫杖時代が好きですか、アタイ。
いや、今も大好きですよ、高丘の!!


でもアクタガミの弱さに「え…」と一言。


この呆れ顔とかめっさ好きです(愛です)
「なんだ、お前」とか彼の物言いが素敵です。

ある意味、敵味方問わない彼の物言いがいいと思います。


高丘映士、性格に裏表なし!!


で、闇のヤイバと対決。


「高丘流のその技、見せてもらうぞ」
「闇のヤイバ、聞いてるぜ!!中々やるってな!!」



誰に聞いたんですか、真墨ですか、それともチーフですか(素朴過ぎる疑問)


寧ろヤイバとの間に戦いマニア同士の微妙な親近感湧いてませんか、大丈夫ですか。

で、ボウケンジャーの他のメンバーの方にいってしまったヤイバ。


「ヤイバ!!こっちの勝負はまだついてないぜ!!」


…勝負を付けることにやっぱりこだわってしまう高丘の。
彼はやっぱりバトルマニアですか。

白黒付けたいお年頃、高丘映士。

その代わりにあてがわれたグルグルパンチするアクタガミの頭を冷静に抑える高丘。
バトルマニアは戦う気を失ってしまいます。


オラ、強い相手と戦いてえ!!と言ったところですか(違)


「お前なんか倒す気もしねえ、もう帰れ」


帰れとか言ってますが!!
ちょっとこの台詞にときめいた間違ったアタイがいることをここに記します。

アタイ、高丘の呆れ顔、大好きですから…

で、街でアクタガミ(知恵付けた後)と再会。
とりあえず連れて帰ってみる高丘。


捨てられた動物を見ると放っておけない、優しい子ですか(違)


「なんでこんなの連れてきちゃったんだよ」と真墨にツッコミされます。
この台詞、ちょっと好きです(笑)


BB会が無理矢理知恵の実を奪還しようとして人間不振に陥るアクタガミを追いかける高丘。


「ちょっとばかり、責任も感じてるしな」


多分ちょっとばかり、じゃないんだろうなあ…


で、とある屋上みたいなところでアクタガミを見つける高丘。
いつのまにかアクタガミに「高丘殿」とか呼ばれてます。

いつのまにそんなに仲良くなったんだよ!!(ツッコミ)


この場所、スパイダーと戦った場所(マジの24話あたりで次男がマジパンチでスパイダーをやっつけた場所)と違いますかね…
なんか似てるような…違うかな?

地球の環境を捻じ曲げ、ゴミで地球を埋め尽くしてきた人間。
自分達が一番優れた生物だと言わんばかりの人間。

そんな人間達に失望したアクタガミ、高丘のこともゴミで動けなくします。


「確かに、人間はお前には愚かに見えるかもしれない」


アシュとの混血児、高丘映士。
ダークシャドウにも追われ、ネガティブシンジケートでもなく、ボウケンジャーのサイドにつくこともない宙ぶらりんな存在のアクタガミ。

高丘もそうだったのかもしれない。
人間だと思っていても、その身にアシュの血は流れている。

人間でもない、アシュでもない。
それでも高丘は自分の正義を生きてきた。


アクタガミも同じ。
自分の頭脳を活かそうとしただけ。
その結果、ネガティブシンジケートにもボウケンジャーにも付けなくなった。
そうなると、自分の正義に生きるしかなかった。
それ以外に方法がなかった。

だからこそ、わかることがある。

高丘は人間であり、人間でない生物の視線も持っている。
だからこそ、このどっちつかずの存在であるアクタガミのことを理解できるのかもしれないな、と思った訳です。

けれど、もう遅かった。
人間に害をなすことで、アクタガミはボウケンジャーの敵になってしまった。

チーフも高丘の「あいつは人間に幻滅したんだよ」と言う言葉で全てわかったんだと思います。
だけど、チーフはこう命令せざるを得なかった。


「こうなったら必ず知恵の実を回収し、アクタガミを倒す…アタック!!」


高丘の悔しさもわかっているチーフ、それでもチーフはそう言うしかなかった。

そのことは高丘にもわかった、だからこそ反論しなかった。
ゴー・ゴー・チェンジャーから聞こえたミッションを達成すべく走り出した、苦渋の表情を浮かべて。

理解できたのに止められなかった。
これが誰かと関わる難しさなのかもしれない。


他のメンバーが変身しても、変身出来ない高丘。
だけど仲間が倒れ、その迷いも限界に達する。

この時の目を閉じた、あの悔しそうな表情。
震えて、悔しい気持ちを必死に堪えて。

それでも仲間がピンチになって、彼はそれを放っておくことなど出来なかった。
迷っている暇はなかった。

「やめろ!!」

手を広げて、仲間を庇う高丘。
もう戦うしかない、それしかない。

お互いの為に、自分の為に、戦うしかない、そう彼は悟った。
それでもこう言わずにいられなかった。


「どうしてこうなっちまったんだ!!!」


人類を守る戦いをする高丘。
地球の為に、人類を滅ぼすしかないと考えるアクタガミ。
正面からぶつかり合う思想。


「これが拙者の、使命でござる」


使命、それは高丘がかつて乗り越えた言葉。
自分をがんじがらめにしていた言葉。


「使命って何だよ!!誰がそんなこと決めた!!」


使命と言う言葉、彼が自分自身を縛り付けていた言葉。
今は高丘は使命と言う言葉に縛られていた頃の自分と違う。
だからこそ、彼はアクタガミにそう言えたんだと思います。

使命なんてものはない。
使命だと言ってやることに意味はない。


使命なんて言葉は言い訳なのだ、と。


そういうもので自分を縛らないと前に進めなくなってる状態では何かを間違えてしまうんだ、と。
本当に大事なモノを見失ってしまうと。

それよりももっと、自分の考えで、動かなくちゃいけない。
使命じゃなくて、自分がそうしたいと思って、もしもそれで何かに悩み苦しんでも、そういう自分がやりたいと思える道を選ぶことが大切なのだと。

かつてチーフに言われた言葉なのです。
あの時自分が救われたように、今度は同じように使命にがんじがらめになっているアクタガミに言えるのは、同じ状況にいた自分だけ。

高丘はそう思ったのです。
友情の証を託された自分だけがそれを出来る。

でも知恵の実の効果は最早切れ掛かっていた。
分かり合えるかもしれない、そう思った矢先にダークシャドウに操られ、オオガミ変化させられるアクタガミ。


「待て、…俺様が、やる」


静かにチーフを制した高丘。

そもそも今回の出来事の最初のキッカケは自分。
そしてアクタガミがそう望んでいるだろうことを悟った高丘。

友情の証を託された高丘。
その想いに応える為にも高丘は自ら戦うことを望みます。

ホントにね、このシーンすごく良くて泣きそうでした。
多くは語るまい、と思うのですが。


「今更ダークシャドウになんか操られてんじゃねえよ!!」
「俺だ、高丘映士だ!!」



語り掛ける言葉も切ないです。
文字通り最後の切り札として友情の証の札を使ったところ、止めを刺す形になってしまった。


「馬鹿な、…馬鹿な!!」


自己嫌悪、後悔、疑問、憤り。


高丘の心を様々な感情が過ぎります。
助けたいと心から思ったのでしょう。

高丘は優しい人なのです、多分。
それを隠すように普段はああいう性格をしてるのかもしれません。
今回の話でそんなことを思いました。


仲間の元に帰り、「ミッション、完了だな」と力なく言った高丘。
しかし、そこに信じられない奇跡が起こる。

知恵の実の効果が切れたアクタガミがいたのだ。
「お腹減った」というアクタガミにキュウリを差し出す高丘…


…………

………




やっぱりそれかい!!!!!



夏なのにポケットにキュウリ入れてちゃダメよ、高丘の!!

夏は野菜が傷みやすい上に、今は野菜高いのよ!!


野菜、大事に!!!


野菜は野菜室に入れて置こう!!
寧ろ持ち歩くならクーラーバックで!!
…シルバージャケットが保冷機能付きならアタイも何も言わないよ!!

ちなみに土曜日は近所の大手スーパーで3本128円だったけど、日曜日は1本68円とかだったからね!!
日々値段が変動してるのよー!!


野菜の価格は高騰してんだってば!!!!


なーんて、主婦の目線で語るアタイ。
といいつつ、アタイ主婦じゃないですけどね。


でも最後に涙ですよ。


「よかったんだよな、これで、よかったんだよな…さよなら、アクタガミ」


消えてしまった友への語る言葉。
アクタガミに「全く、頭がいいぜ」と言ったあの笑顔とは対照的な静かな笑顔が少し切ないです。


背を向けて、仲間達のところに戻る高丘。

今回は高丘が人間的に一歩成長した物語だと思いました。


その3。シズカとアクタガミ。

ツッコミと天然で非常にいいコンビだと思います。
寧ろアクタガミの「えーと、どんぶりでー、ごはんがー、5杯食べられます!!」は名言だと思ったよ…


その4。邪竜一族。

「陛下の作戦はいつも行き当たりばったりなんですよ」

…ご意見、ご尤も。
そして労働条件、悪そうだよね…邪竜一族って。


うちの会社とどっちが酷いですか(真剣)


その5。戦隊紹介。

チーフと高丘の「炎の出るカメハメ波」(違)


黒コゲになるBB会


黒コゲBB会、すげえいいよ!!
でもこのネタ、何回目…


もっとやってくれていい!!!!(愛、歪みっぱなし)



真面目な考察に書こうと思っていたことを高丘の項目で書いてしまったので割愛。
だから使命、というキーワードを大事に書いたつもり…(あくまでつもり)

次回はちょっと姐さんがカッコよくて綺麗でした。
シンデレラ…ガラスの靴ですね。

友人Mちゃんからのメールに、物真似大会で中森明菜のネタをやってそうな人が次回予告にいた、とありましたが、アタイにもそう見えます。

ナイスツッコミ、Mちゃん!!

高丘の魅力を君にわかってもらう為にビデオ貸したるけん!!

とくと見よ!!

【嗚呼、無情。】
2006年08月18日 (金) | 編集 |
母が倒れたので、大変でした…

既に看護じゃなくて介護の気分です。


たいしたことはしてませんが、大変でした。
もう復活したみたいだけど無理しないといいですが。


介護業界に身を置いて働いている人を尊敬するよ、アタイは…
そしてこの先介護業界のお仕事に就こうと思っている人を見ると、ありがたくて涙出るよ…


すみません、アタイ、そういうの無理なんで!!
教員になるというのすら無理と悟った今、人の役に立つ仕事なんて無理だと思うわけですよ!!



漢字検定でも受けて、役に立たないかもしれない無駄な知識でも増やそうかなー…



と言う訳で、何故か見てしまった「ウーマン・ウォーズ―不信のとき―」(だったっけ?)
有吉佐和子原作で、米倉涼子と松下由樹が出てるアレです。


所謂、本妻と愛人の対決劇。


木曜10時って、こういうドロドロとしたのが似合うね…
つまり大人の時間ってことですか。


こういうドラマは子供は見ないでいいから、とっとと寝る!!(お昼をご一緒させていただいてる方のお子様Yちゃんに捧ぐ言葉)


見ていると石黒賢さんにイライラし、米倉涼子さんにイライラし、松下由樹さんに軽く怯えることが出来ます。
杉田かおるさんもいい味出してます。
石黒賢さんの母親役の人にもちょっとイライラしてしまいます。

おかげさまでこのドラマのテーマ曲「ああ、無情」が頭をエンドレス。
サングラス外したら吹き出しちゃうほど優しい目をしてる、とかのアレです(歌詞うろ覚え)


というわけで、このドラマに関しては一言。
展開早ッとかもっと色々言うことはあると思うのですが)



小泉孝太郎、カッコよすぎだ!!(そこですか)



眼鏡がツボ!!
これぞまさに眼鏡男子(何)

演技については言及しますまい(演技自体は否定しません)
ホントものっそいカッコいいですね、惚れました。



アタイ自身が元々眼鏡男子に弱いので、しょうがないです。



この辺、寧ろ本能レベルですから!!(何)




で。
最近またしても「おいでよどうぶつの森」をやり始めました。


「戦国BASARA」もまったり進めています。
只今織田信長が終わって、伊達政宗で挑戦中。
伊達軍OPで度肝を抜かれました。


欧米か!!(気に入ってるらしい)


もとい、暴走族か!!
でも好きです。



それは置いといて。
「おい森」は夏が楽しいですな…


魚も虫も多くていいね!!
今週末の虫取り大会に向けて大きな虫を探す毎日です。


あみ持ってる時は、タランチュラとサソリに注意!!!!!(刺されたら気絶するよ!!)


ちなみに今度は男の子でキャラを作ってみました。
前回の村は消してしまったので、一から出直しです。


「ああ、たぬき商店懐かし~☆」とか呟きつつ、釣りと虫取りに励む毎日です。


村メロ、「ああ、無情」にしたい…(無理)


先日、マリオ家具の一部をゲットしたので部屋も少しずつ賑やかになりました。
本日アタイの村ではコンビニからスーパーへと改装中です。



そんなこんなで、アタイの村は今日も平和です。




今日はおやつに「松風」をもらったり(熊本銘菓?)あまつさえ松風を食べきるのに二時間かかったり(事実)、昨日「博多通りもん」(福岡銘菓)をもらっていたのに配り忘れたり(事実)色々です。

メールを送るべき相手の会社のメールサーバが一杯という悲しい事実により大事なデータを送ることが出来なかったりと、人生も色々です。


あのー!!これ、大事なデータなんですが!!
ある意味、この先の実績に関るんですよ!!
頼みますよ…送らせてくださいよ!!!!!


でも「博多通りもん」は美味いですよー。
アタイ、基本的に銘菓ってあんまり美味しくないものなんじゃないかとつくづく思うのですけど。
「博多通りもん」だけは正直マジで美味いと思います!!!


通りもん、最高!!!!!!!!!!(バンザイ)


味はなごやんよりもっとまろやか、しっとり(比べるなよ)
皮も薄くてしっとり。

でもお腹いっぱいだから後で食べよう…


頭寝てるなー…もうダメだ、今日はぽえーん(どせいさん)としています。
いつもですか、そうですか。



今日から女子バレーのワールドグランプリが開幕だそうですね。
Kitty GYMという山Pの新しいユニット(期間限定?)がお目見えですね。



でもその曲名どうよ…(正直者)



ご、ごめんなさい…!!
女子は全く分かりません…!!(土下座)

ちなみにコートネームとか実はよくわかんない…!!
誰が今全日本なのかも実はよく知らな(ブルブル)


それにしても女子は色々特集があっていいな…
男子も特集してくれたっていいのになー(切実)
【善行に励む。】
2006年08月17日 (木) | 編集 |
ついにお盆休みが終わってしまいました。

あー、つまんない…

誰よりお休みが大好きなアタイなのです。
ダラダラしたい欲求が人より堅固です。


このお盆休み中は一回だけ(しかも15分程度)出勤しましたが、それ以外はのんびり5日間のロングバケーション(対:アタイ比)


お正月でもないのにこんなに休んで大丈夫なんでしょうか。
ちなみに本日出勤したアタイはお休みのOさんに頼まれたこと、お当番の仕事以外に急ぎの仕事がありませぬ。


まったりやろう…(休みボケ中)


朝、母が体調不良で寝込んだので、代わりに風呂掃除をしたら汗だくになりました。

でもそのまま出勤!!(迷惑)

化粧も取れましたー!!
でもさほど塗ってないので支障はなさそうです。
塗っても塗らなくてもたいしたことないのは同じですから…(と言って己を励ますアタイ)


そんでもってこのお盆休みの総括。


■12日■

早朝(5時前)に恐ろしいほどの豪雨&雷、しかもマンションの避雷針に落雷
うぎゃー、怖いよ、怖いよー!!!!(すごい音でした)
停電(すぐに復旧)&断水(14時過ぎまで続きました)でトイレもままならず、外出を余儀なくされる。
おい森ミュージアムに立ち寄ったが、妹がDSを忘れ、限定家具ゲットならず。
TV塔の前で話題のマンゴーカキ氷を食べる、美味かった。


■13日■

家でまったり。
ボウケンジャーを見て大爆笑、カブト見たけど内容覚えてないよ!!
おい森を再び始めたので一日興じる。


■14日■

パルコのおい森ミュージアムへリベンジ。
丁度たぬき商店の改装中でメッセージボトルを二つしか持ってなかった。
スターとピクミンをゲット、部屋に飾ったら可愛かった。


■15日■

何やってたっけ…あー、そうそう。
師崎まで魚を買いに行った(いや、ドライブか)
海は見るものです、泳げるけど泳ぎません。
もう大人だから日焼けはちょっとね!!
エビフライをいただいた、美味かった、大きかった!!


■16日■

妹と父が出勤、アタイは母と家でお留守番。
一日まったりして、やっとこさボウケンジャーの感想を書く。
テンションが低いんだか高いんだか分からない感想文になった。



普通にどうでもいい過ごし方してますね…
ちなみに今日はヘンな夢を見ました。

お兄さん達が出てきました。
目が覚めた時顔が笑ってました。


夜中に夢の内容を携帯のメモに残したのですが…
後で読み返しても内容がさっぱり思い出せません。


以下、その内容。


■夢を書き留めたメモの内容■


・伊達眼鏡のお方様。
・高身長なのに、ジャージのサイズは小さいケンケン。
・トミとアキラ(が何とかは書いてない)
・キョドってるRさん(某マイミクさんのこと/笑)




いやはや、アタイの夢の中に出てくるとは、さすがですな、Rさん。


…それにしても一体何の夢だったんだろう。
ジャージが小さいって何…?



教えて、午前一時の私!!!!!!




そんな大いなる謎を抱えているアタイですが。
リアルラックを高める為に、只今善行に励んでいます。


今日もお休みの人がお当番を代わってなかったので代わりにやってあげました。


一日一善、終了!!


そしていつも出してる実績の資料に信じられない数字が炸裂。

ものすごい実績です(対:アタイ比)
大丈夫、あってるの!?

その信じられない数字をたたき出した原因が分かったものの、原因が分かるまで素直に喜ぶことが出来なくなっている疑心暗鬼なアタイ達。


いや、結局一週前倒しってことですが、それにしても数字がONし過ぎじゃないですかね(まだ疑ってるのかい、アタイ)


どうしてこうも疑い深いんだろうね…
やっぱりアタイが一回資料作り間違ってた所為ですか…!!


ぬか喜びはしたくなくてよ!!
【Task.24…クマとパンダと遠足と。】
2006年08月17日 (木) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


ということで遅れ馳せながらTask.24の感想だったりします。


遅すぎるよ!!!!!!


いや、お盆休みで出勤してなかったんで(笑)UPが遅くなっただけです、はい。
寧ろ夏休みでまったりのんびりしてたんでパソコンに向かう感じになってなかったりもして!!(コラコラ)

今もパソコンに向かって文章書いてるのがちょっと不思議というかね…(何)

とりあえず誰も期待してないだろうからひっそりUPっつーことで!!
ほな、いってみましょかー。


【今週のトキメキどころ。】


その1。戦隊紹介。


ここにときめかずしてどこにときめけと言うのだ(正直過ぎますかしら?)


とうとう来ました、制服シリーズ第三弾(回数うろ覚え)


とうとう制服が夏服に!!

そして高丘が!!


制服初披露!!!!!!!!!!!


なんかパソコン教わっても駄目な風味の高丘。
菜月より使えてないらしく、ダメダメ風味も更に(誉めてます)


当然です。
ちょっと前までは錫杖振り回してアシュと戦ってたんですから。


近代化の波に乗ってパソコンを使うなんてこと、したことないに決まってます!!(偏見)


もしもこれでパソコン完璧だったらアタイが許さないよ!!

そんな近代化の波に乗った高丘なら、セロリ生噛りとかしないはずですもの!!(何)

セロリ生噛りして錫杖振り回してても好きだ、高丘の!!

シルバージャケットのままパンダさんになってても大好きだ、高丘の!!
(着ぐるみする時は脱いだ方が涼しいよ?)


その2。蒼太、色々。


いや、今回何気にチーフが美味しいと思うのですが。
普通はそっちですよね、でもね!!


アタイ的には蒼太が素敵でした☆☆


例えば最初のガジャ様達との戦闘シーンでプレシャスを奪って、受け取るとこ。


「はいはーい☆」


…思わずテニプリの菊ちゃんかと思いました。
クルっと空中一回転。


これぞ「にゃんぱらりー」(古いなー、知ってる人いますかね、にゃんこ先生なんて)


さくら姐さんとプレシャスを神社に返しに行ってくれと言われた時の「りょーかい☆」とか、初音の鼓が空を飛んだ時の「うそッ」というあの顔とか好きです(マニアック)

初音の鼓が木の葉をカーズ(でしたっけ?)とかダークシャドウとかジャリュウに変えた時の「キツネかタヌキだね、全く」のくだりとか。

飛んでる初音の鼓に飛びつこうとして届かなかったり「さー、逃がさないよー」と追い詰めてみたり。

今週の蒼太は何気に素敵な台詞、シーンがいっぱいです。
アタイは細かい芝居が大好きなのですよ!!

そんな細かいところにトキメキどころがいっぱいな訳です。


その3。パパか保護者か、それともチーフか。


と言う訳で、チーフの素敵さも書いておくべきことがいっぱいです。
まずはこちら。


「まるで母親だな」
「お前はそろそろ子離れしないとな」


そんなことを真墨に言うチーフです。
お茶目です、彼なりのジョークです、でも多分本気です。


欧米か!!(そこ違うよ)


もとい。

ママか!!


真墨は菜月のママなのか、チーフ!!

そんなチーフも立派なパパじゃないのかとアタイは思う訳ですよ。
理想のパパというのは息子達に自立を促し、娘をちょっと甘やかしてしまうパパ!!(対:アタイ比)


■アタイのボウケンジャーにおける家族的認識■

・秘密は多いが、自立していて手の掛からない長男蒼太。
・しっかりモノで面倒見の良い、でもちょっぴりパパっ子長女さくら。
・単独行動と野菜と俺様が主な構成物質である次男映士。
・ただいま反抗期を乗り越え大人になる途中の三男真墨。
・次女というかペットと言うか、天真爛漫天然娘、次女菜月。

そして!!
子供たちと一家を支える大黒柱、頼れるスーパー無敵チーフ、パパ暁。

かくして、菜月の自立作戦は始まった。
心配性のママ真墨をお留守番にして、パパ・チーフが影で見守る中、菜月の大冒険は始まった。
でもね。

支度がまるっきり遠足でした…おやつに棒付きキャンディ持ってましたよ!!

おやつは500円までです(多分)

それにしても、あの曲…TVで聞く羽目になるとは…!!
おかげで「好きな言葉は冒険♪」と歌い出しそうです(危険だから)

そして菜月、いきなりナンパにあってます。
パパ・チーフの助け方がちょっと怖い人のようです。


「やー、悪いねー、送ってくれるんだ?」


肩をガシィッと組んで、にこやかに睨みを利かせるところはパパでした…

うちの娘に何してくれとるんじゃ、ゴルァ的何かを感じました(笑)

そんでもって。

「このミッションに限って、チーフはお前だ」とかもうね、カッコイイですよ。

チーフって立場に変なおごりとかないから言える言葉なんだろうなーて。

だから菜月の言葉に「了解、チーフ」って笑って言えるんですよ!!

カッコイイ、カッコイイよ、チーフ!!

で、人にぶつかっても謝らない菜月に「お前が謝れ!!」とか焦ったり、子供二人を抱きかかえながら荷物を持って階段登ったり。

挙げ句の果てに、来ましたよ…

チーフ動物化第二弾
その名も(勝手に名付けてみた)



クマさん、降臨!!!!!!!!!!!!!!!!!


金魚に続いて第二弾ですよ。
今度は着ぐるみですよ、奥様!!(何)
ミッションを続行する菜月を見送るべく、手を振るチーフの憮然とした表情。

素敵すぎます。
「しっかり持つんだよー」と声を掛けながら風船を配っているところに高丘、登場。


どこ行ってたんだよ、高丘のー!!!


しかもここはショッピングモールだろー!!!
何してたんだよー!!!!!
ショッピングかー!!!!!!


と謎だらけですが、この際置いておきましょう。
それでもいいんです。

いきなり着ぐるみのクマに「いいところに来た、映士、手伝ってくれ」と言われて「はぁ!?」と驚く高丘の表情が好きです(マニアック)


この驚き顔、毎週あってもいいくらいです。

この後、パンダになった高丘。
彼はチーフの命令に逆らえなかったんでしょうか。


「映士、手伝ってくれ、あのパンダの着ぐるみを着て、風船を配るんだ」
「はぁ?!めんどくせえ、断る」
「これは命令だ」
「おい、明石!!卑怯だぞ!!」
「早くしろ、俺は二度も同じ命令は言わない」
「ちきしょう、貸しにしとくからな!!」


とか言う遣り取りがあればいいのに、とか思いましたが如何でしょうか。
チラシを配って、パンダのまま手を振っていた高丘が愛しかったことは言うまでもありません。

で、やっとこさ皆さんと合流して戦います。

「派手なことになってるなー」と高丘は言いますが、アタイはボウケンシルバー姿の方がもっと派手だと思います、と思ったことは秘密!!

あと、今週忘れちゃいけないときめきどころはここですね。


「俺達は最近、ハザードレベルの数字だけでプレシャスを判断し過ぎていたんじゃないか」


チーフ、カッコイイ!!

当たり前すぎて気づかなかったこと。
いつのまにかプレシャスをハザードレベルだけで見てしまっていたこと。
ハザードレベルが低くても、誰かにとってのプレシャスなのに。
(今回は源九郎狐のプレシャス)

本来ボウケンジャーには危険なプレシャスの保護という任務があるので、ハザードレベルが低かろうと危険があれば回収しなければならないというのはあると思うんですが。
ハザードレベルの低い危険でないプレシャスは実は任務にそれほど関係ないことなのかもしれませんけど。

それでも宝を区別してることには変わりない、ということなのかもしれません。


その4。真墨とさくら姐さん。


アタイ的にお勧めなのはここ!!
倒しても倒しても復活する雑魚敵に言った真墨の一言に反応したさくら姐さんの遣り取り。


「どーなってんだよ!!」
「わかりません!!」


劇場版見てからというもの、この二人の遣り取りがちょっと好きです(笑)


その5。ダイボウケン、そしてその武器の正しい使い方。


誰もが挙げるであろう、内股で走るダイボウケン。

イッツ・シュール!!

そしてスコップとつるはしの正しい使い方講座。
寧ろアルティメットダイボウケンに合体する必要があったのか教えてくれ…!!

でも「飛びます☆」が可愛かったから不問に付す。


それにしてもボウケンイエローで操縦するより生身のが強え!!とかはツッコミしないでおきますけど気になりますね!!(笑)


その6。蒼太と高丘。

プレシャスの解説をしようとした蒼太。
だけど映士に台詞を取られてました。


…何気に好きです、このシーン。





今回は真面目に考察すると面白味がないし、ネタもないので割愛。

その代わり源九郎狐と源義経について。
義経の幼名なのかわかりませんが、源九郎義経と言います。
そこに源九郎と掛けたのかなーと思うのですが、どうなんでしょ。


来週は高丘がセロリにまみれてましたけど、どうなってんのー!?
【電話攻撃。】
2006年08月11日 (金) | 編集 |
■お知らせ■


明日から8/16までお留守にします。


ミクシもブログもお留守にします。
冒険感想も8/17UP予定。

ブログは携帯からネタがあればぽちぽち更新するかもですが、基本はお休みです。

ちなみにミクシのメッセ、通常のメールもお休みです。
いないと思いますが急ぎ御用の方、知ってる方は携帯または生扉アドまでどぞー。



以上、特に問題のないお知らせでした。




そんなこんなで疲れました…(いきなりかよ)


電話攻撃です。
いや、イタ電じゃなくって…!!

伝言しなくちゃいけないことがあったので11店舗に電話しまくりました。
(ほぼ全部同じ内容)

おかげさまで顔が痛い。
にこやかな声を出すにはにこやかな顔、にこやかな顔は筋肉を酷使します。


顔、いてえ…!!


なんだったっけ、ブログに書こうと思っていたことがあったのですが、忘れました。
ダメじゃん、今日テンション低いじゃん。


そうよ、アタイはリアルラック低いからね!!(まだ言ってるよ)



とりあえずお盆休みは借りてきた「天使禁猟区」と「戦国BASARA」のコミックを読破しようと思います(目標低め)

ちなみに少し前まで天使禁猟区の作者の方と、アンジェリークのキャライラストを書いてる方のお名前をごちゃごちゃにして覚えてました…
いや、前者はマイネリーベだと分かっていたはずなのに!!

どこで間違えたんだろう…

それからもう一つ目標。
BASARAもなるべく色んな人をクリアする!!
「難しい」もなんとかクリアする!!(目標は飽くまで低めがいいらしい)


別にどっか行く予定もないですしねえ…
妹もお休みなので、二人でまったりするとかになるんでしょうか。


アタイ達、友達少ないもんな…


でもお盆どっこも行かなくていいから、来月中央大に行きたい(超具体的)


一応交通手段を見てみたら、やったらめったら乗換えが多くて死にそうなんですが!!

ちょっと待て。
ものっそい不便なトコにありませんか?


…いや、検索してみただけだよ、検索してみただけ!!(言い訳)


そうだよ。
まだ行くとは言っていないよ(棒読み)

行きたいよ、行きたいけどね…!!
無理だよ、きっと無理だよ…!!
でも行きたいなあ…


そんなわけで、もんもんもーんとしている訳です。
もんもんもーん…(煩悶)


今日はPOPを作りながら(コミックのPOP)そんな悶々とした思いを持て余していた訳です。


しかも色キチ具合を見事に発揮しているこのPOP。
ダメじゃん、アタイ。

でももうデザイン、ネタがないよ!!
頑張れ、アタイ!!と己を励ましながらなんとか作り上げました。



テンションも下がるはずだよ、コンチキショー!!!!!!!!



明日からお盆休みだから、ということで九州のお偉いさん達は就業時間中だというのに帰りやがりました。

正社員なのにいいのか、それ!!
ま、いない方がいいですがね…(遠い目)


ということで。


禁断の二杯目の紅茶を淹れました。
一日一杯と決めていますが、やる気も出ないので(それはいつも)ニ杯目を淹れてしまいました。
しかもミルクを勝手に失敬してみました。


はー、お茶がおいし☆(マイメロ口調)



さーて、JT公式でも見ますかー…



更新されちょるー!!!!!!!!!!!(やかましい)



と言う訳で、まずは芦別日記最終回

「密かにリベロの座を狙っている」(←ココ最高)津布久トレーナーと、栗生澤コーチの日記。

栗生澤コーチの日記のラストにトクさんの正解発表があり、最後の最後で笑いました。

素敵です、トクさん!!
そしてお気の毒様でした、西山さん。


ボール当たると痛いですよね、めっちゃ痛いですよね!!


それから「GABAクールウォーターの試飲会」レポート。


全員の集合写真…町野さんが最高です、得意げです。


アタイのハート鷲掴みだよ、町野さん!!


キャップのシャイな笑顔は永遠です(何)
苅谷さんの微妙な笑顔にキューン(超誉めてます)
アイドル的だと思える、小川君(なまらめんこい)
なんか凛々しいのとかわいいのが半々なヘイタさん(斜に構えたカメラ目線?)
ジョン氏の笑顔はめっさ全開です(足が素敵だ!!)
飲んじゃってるよ内富さん(脚閉じてー!!!!!!←すみません)
照れてるのかな、中山君…(シャイボーイ!!)
あれ、すごく普通じゃないですか、宮下さん(小顔だ!!)
おすましっぽい笑顔の前田さん(素敵だ)
トクさん、なんか似合い過ぎです(首の角度にキュン)
酒井くん、ハンパなガッツポーズが素敵です(ちょっと凛々しい)


密かに中山くんのアンケート用紙を覗き込む小川君が超めんこいです。
冷静な飲み比べをしているらしき、伏し目がちな笑顔の宮下さんが素敵でした。


芦別合宿中某日のタイムスケジュールというのもあって、見学に行けなかった分、今年は日記あり、レポートありでかなりよかったなあと思いました。

ありがとう、JTさん!!

来年もやってくれるといいなあ、なんて思ったり。
日記は特にお願いしたいものです(笑)
【リアルラック低迷期】
2006年08月10日 (木) | 編集 |
溜まっています、貰い物バトン。
貰い物は好きなのですが、如何せん書きたいこと優先なので、実は回答が遅いバトン。


これ、いつもらったんだっけ?
思い出せないくらい前ってどういうことですか、アタイ!!


てなわけで、さくっといきましょう!!


【携帯変換バトン】fromらんなさん。


■お題は「JT(じぇいてぃ)」


お兄さん達のチームです(いきなりなんですか)
寧ろサンダーズでも面白かったのではあるまいか…(禁句?)


Q1・あなたの【じ】の変換候補上位5位は?


自賛
実は
人生
自省
ジェラシィ


なんだ、自賛って!!(阿呆)
誰も誉めてくれないから、アタイは自分で自分を誉める子です。
そして人生と自省…


アタイの人生、反省ばっかみたいじゃないですか。


反省と後悔と残業とボランティアはお断りです。



Q2・あなたの【え】の変換候補上位5位は?



映士
Σ(´Д`;)
L
映画


そりゃもう、「映士」は入りますよ。
だってさ、今、頭の八割が映士ですからね(多過ぎる)

高丘、と打てば予測変換で映士が出てきます(実話)


Q3・あなたの【い】の変換候補上位5位は?


市川
生きて
イメージ

いる


市川洋介さんが好きなので!!
常に上位を占めてます。

実は「み」とか「と」とか「け」も変換上位は好きな人の名前です(関係ない)

いまそかり、とか出て来たら面白いのに。


Q4・あなたの【て】の変換候補上位5位は?


天然

手を

程度


最近、己がツッコミから天然ボケになりつつある…
これも認知症の一部でしょうか。

…はよく使います。
~的とかもよく言います。


アタイの言葉は断定少なめ。


Q5・あなたの【い】の変換候補上位5位は?


市川
生きて
イメージ

いる


さっきと同じですから!!!!!


Q6・1位の文字を使って文章を作るッッ!!!


天然市川さん、自賛の手。


文章じゃない!!(笑)


Q7・次のお題、ひらがなで5文字程度でお願いします。


出したい人、どぞー。
お題のテンプレはこちら↓


------お題のテンプレ--------

次のお題は【】
Q1~5の【】に1文字ずつ使っちゃってください。
小文字は大文字でOKです。


------以上をコピペでどぞ----


Q8・バトンを回す5人を決めちゃってくださいッッ!!!


いっつもアンカーですみません!!(土下座)





と言う訳で。



アタイのリアルラックが著しく低迷していることが本日判明しました(超今更)




いや、今までに色々ありましたよ?


テニプリ実写映画が見たかった日に見れなかったりサマー決勝の指定席チケットが取れなかったり(あ、まだ引き換えてない!!)、いつもなら酷くは靴擦れしないサンダルで靴擦れしたり(しかもものすごく酷い靴擦れ)


あとなんだっけ…


まあ、色々です。



その極めつけが本日判明しました…



某選手のブログで告知されてた例のお誕生日会、外したよ…!!(ギャー!!!!!!!)



ほぼ5割の確率だったのに外したよ…!!
そして本日外したぞというが判明しました(しょぼーん)




「ニャー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(猫ひろし?)




いや、会社を仮病で遅刻して、この手紙を受け取ってきたのですが、それで判明。
家に着くと非常に厄介な事態になりそうだったので(母の機嫌が悪くなる)郵便局に問い合わせてみたんですがね。
幸運にも郵便局にあったんで受け取ってきました(この辺はラッキー?)




「はーずーしーたー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(絶叫)





やはり先日のミラクルラックが原因ですか。
姉がたたき出したあのミラクルチケット(最前列真ん中)が原因ですか!!


やっぱりアレでリアルラックを使い果たしたか、アタイ!!

そうか、そういうことか!!


とりあえずこのままでは不運続きになりそうなので、地道に一日一善に励もうと思います。


やっぱいいことしないとね!!
善行を積めばきっと、いつかきっと…!!(何)


でもね、手書きのお返事だったの…うひょー。
アタイ、それだけでいいや、とか思いました。

何人も何人も手書きでさー、大変だったと思うんですよ、マジで。
練習もあるのに、手書きですよ、それがルーズリーフでも嬉しいんですよ。


パソコンで作ってコピーして、署名だけすればいいのに。
それをしなかった彼に感動。

寧ろめちゃめちゃ感動!!
外れても感動ですよ。

ありがとうございます!!
これからも練習見学行きます!!

そっとそっと見ています。
観覧席に来たボールもガンガン拾います。




そんでもって、JT芦別日記最終回。
もっとやってくれてもいい、全然やってくれていい。

寧ろもっとやってくれ…!!


松下マネージャーが締め括ってくれました。


…ポフ監督(略しすぎ)がやってくれると思ったのにぃ。
だって初めて覚えた日本語が「人間国宝」だし(M選手は語る)


ぷちダイエットを目標に掲げた松下マネ。
結果がどうだったのかは非常に気になるところです。


>体育館控室での密会

密会って!!(笑)
しかも「某陽一選手&某タム選手」ってバレバレだけど、面白い…!!

どうしてこのチームのお兄さん達及びスタッフの皆様はこうも面白いのでしょうか。
素敵過ぎます、チームJT(何)

そしてヒゲ雑誌ですよ。
ヒゲ雑誌ってあるんですかー!!!!
そしてそれを感心しつつコソコソ見る松下マネ。

なんかいい…!!


>露天風呂での出来事。


キャップー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(絶叫)
素敵です、クワガタと共に夢を追いかけてください(何)


>ゴキブリ分布図。


愛知にもゴロっと太ったヤツがいます。
ちなみにアタイにとっての一番のゴキ恐怖体験は、開いた辞書のそのページに「ゴキ野郎」(チームの顔、某選手の記述より)がいたことです


びっくりしてそのまま辞書を閉じてしまいまいした(当然圧死)
その辞書は未だにアタイの部屋にあります。
【レッツ・ビギン・ザ・キリング・ターイム♪】
2006年08月09日 (水) | 編集 |
ららららららー、ジェノサイドー!!(何)



そんな歌を口ずさみながらこんにちはー!!!!
この歌はお友達のHちゃんとMちゃんが教えてくれました。

アタイの中では「ジェノサイドの歌」として記憶されています。
タイトル知らないんだもの。


戦国BASARAプレイ中は概ねこんな感じです。
いや、今は就業中ですがね。


テンション崩壊。
ローテンションとハイテンションを行き来しています。


疲れました、ご注意ください。


とりあえず、妹の会社にタカオカさんという人がいて、その人がものすごく礼儀正しい腰の低い人だということが判明。


寧ろそれはタカオカさんというよりも、出合さんではあるまいか。


最近特撮ネタが多かったので、ゲームネタでも。


【戦国BASARAプレイ記】


■第三章:天下布武、織田信長がゆく!!…に至るまで


その前に、三回ほどやらかしています。
自由合戦の「難しい」でアイテム集めをしようと思ったアタイ。


まずは動きが早くて使いやすい上杉謙信(Lv.10)でチャレンジ一年生(何)
場所はそれこそ大好きなザビー城


余談ですが、アタイはザビー城をプレイするとものすごく独り言を言います。


「愛の為に死にナサーイ!!」
「私の可愛い仔羊たち!!」



あたかも自分がザビーであるかのように喋ります。
何でだろう、降臨しちゃうんですよね。

でもさすがに「難しい」は難しかった…無理なんですが!!
寧ろアタイがヘタレだからですか!!

そうです、途中で死にました(涙)

ボスまで行かずに倒れました…
敗戦を振り返るアタイ。
過去の苦い思い出を糧にするアタイ、上昇志向です。
向上心です。


多分攻撃力は高いけど、防御と体力ゲージに問題があるのね!!
よし、体力ゲージと防御がそこそこある幸村(Lv10)で再チャレンジだ!!


そして再び自由合戦、ザビー城、難しいでスタート!!
おー、順調順調、いけるいける。

…ん、ヤバいよ、体力ゲージ少なくなってきたな。
踏ん張れアタイ。


どすこい、アタイ!!(何)


ボス戦、ボス戦来た!!
…あ、もうヤバイ!!
メカザビー、マジウゼエ!!!!


…ふふふふふふ、やられた。



再び敗戦を振り返るアタイ。

やっぱいいところまでいくよね、体力ゲージがあるとさ。
若干普通より固くなってる敵がいるってことはですよ、攻撃力も大事?
体力ゲージがあって、攻撃もそこそこ出来て、ってことはですよ。


こうなったら信玄?(Lv11)


移動遅いけどさ!!
きっといけるよ、いけるよ!!(自己暗示)


三度目の正直、「難しい」ザビー城、スタート。
余裕、余裕!!マジ余裕なんですが!!

さっさとボス戦突入。
さくっと周りの武将を倒し、メカザビー&ザビーへ特攻。
特殊技「早きこと風の如し」(だったかな)を織り交ぜて、ふっ飛ばしながら戦います。

ザビーを6割、メカザビーを8割削ったところで再びバサラ技、メカザビー撃破!!
こっちの体力はもう8割切ってますが、この先、サシで勝負ならいける、いけるぞー!!!!!!!!!!






なぬー!!!!!!!!!!!
またしてもメカザビーぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!?







…さよなら、アタイ。
そして「難しい」三連敗を記録。

よもや日本新記録ではありませぬか(そんな記録取ってないですよ)



気を取り直して、織田信長で天下統一でもやろう…(諦めが早い)

織田信長はBASARAではヘンテコ衣装で戦う、トンチキキャラ。
このゲームにトンチキでないキャラがいるかと言われたら、いませんけどね!!

白い鎧、赤いマント…銃と刀を片手ずつ。
ビジュアルからしてトンチキです。


しかも自分のことを、魔王とか言ってしまってるあたりで危険です。


今日からマのつく織田信長!!(ヲイ)


移動速度は普通、武器の振りの早さも普通。
攻撃力と体力ゲージが上がりやすい感じです。

個人的には使いやすいなーというタイプ。
信玄より実はこっちのが使いやすいです、アタイには。
でもそんなに信玄と使いやすさと差はありません。
お好みでどぞって感じですかね。

部下に顔グラはあるものの、豊臣秀吉(場合によっては羽柴秀吉)がいます。
でもイマイチ目立ちません(お気の毒)


濃姫も使ってみたのですが、イマイチ体力が少なくて死にやすい…(ヘボイ)
しかし、それはアタイが漢勝負好きな故に、濃姫だろうとなんだろうと近距離で戦うからかと思われます。


ご利用は計画的に!!
タイプに見合った戦い方を!!


只今天下統一織田信長篇、長曾我部、今川、信玄を撃破。


長曾我部大好きや…!!


「あ、あ、あ、アニキー!!!!!!!!!!!!」(絶叫)


初めて会ったアニキに、アタイ感動しました。
乙女、元親に感動(パスタかよ!!)


腹出し、眼帯、アニキ、俺様、鬼(最後のはちょっと違う)


かなり心はきゅんとします。


アニキのイケメンっぷりにグッジョブ、カプ●ン!!


ちなみに今川義元はある意味ツボ、ザビー城と同じ匂いがしました。



「おじゃー、おじゃー、おじゃー!!!!!!!!!!」



このステージでは何故かアタイもおじゃおじゃ言ってしまうという事態に。


何が起こったの、アタイ!!
いや、ちょっと楽しいから…(そうですか)


今日も頑張ってBASARAやります。

自由合戦で結構ぼんやり遊んでいたのであと2戦くらいを残してLv9あたりをウロウロしています(あんまり石高稼いでないなあ…)


今日もザビー城と元親の根城に愛に行くか!!
否、会いに行くとするか!!



【デメキン注意報】
2006年08月08日 (火) | 編集 |
もしかすると、アタイと年代が近い人しかわかんないかもしれませんよ…


「きんぎょ注意報!」



…っていきなり何だって話ですよ。
なんだっていきなり「きんぎょ注意報!」とか言っちゃってるんだよ。



はいはい、ごもっともです。
アタイも先日まで思い出しもしませんでした(笑)


でも、とあることがあって、頭の中は「きんぎょ注意報!」なのです。


そっこっのー、だーれかさーん、準備そろそろOK?みたいな風に歌いだしてしまいそうです。
アニメのOP好きだったなあ…


というのも。


アタイは清く正しきミク市民。
君のハートに接近中(何)



とあるコミュにアタイも参加させていただいておるのです。


Task.22で見事な金魚っぷりを見せてくれたチーフ。
そのデメキンチーフをこよなく愛するコミュニティに参加しております。


そんでもって、こんなデメキンチーフだったらちょっと嫌だよね、的トピがあるのです。
アタイ、そのトピを見てからずっと、どう書き込みしたらウケるかなあ、と思ってたわけですよ。



金魚、デメキン…何かないかな。



お風呂でそんなことを考える20代黄昏近くのアタイ。
他にもっと考えるべきことがあるだろうに。


と言う訳で、ピキーンと思い浮かんだわけです。
くだらないことばっかり考え付くのは、アタイの長所です(多分)


「きんぎょ注意報だー!!!!!!!!!!!!!」(開眼)


あれも折り良くデメキンです。
そうだ、これだよ、これでいこう!!

ネタが被らないうちに書き込みしなくちゃ!!(をい)
早速お風呂上りに携帯から書き込みしようと思いました。



…が、しかし。



「あのデメキン、何て名前だっけ…」




己の記憶力には限界があり、アタイの中から消え去っていました。

折角思いついたのに!!
名前がわからんなんて、何故だ!!


仕方ないので、手近にいた妹に聞いてみました。



「ねえ、うくれれちゃん…きんぎょ注意報のデメキンの名前ってなんだっけ?」



とってもくだらない質問です。
彼女はアタイより漫画に詳しくないので当然覚えてません。
しかもアタイの方が余計なことまで覚えてました。


妹に聞くことを諦めたアタイは、検索することにしました。
ミク市民でよかった!!!!!
ミクシでコミュニティを検索したら出てきました。



「わかったー!!!!!!ぎょぴちゃんだー!!!!!!!!!!!!!」




やれやれ、すっきり(爽快)


そんな訳で早速書き込み。
トピに書き込みしたところ、思いのほか反応があり、びっくり。


皆、懐かしいの知ってるんだね!!


そんでもって本日、そのコミュの管理人さんの日記がその話題だったので、お邪魔してみました。
その管理人さんが、蒼太をしゅうちゃん、あおいちゃんを真墨、わぴこを菜月、千歳をさくら姐さんで置き換えてたんです。

おー、ナイスキャスティング!!とか思うわけですよ。
そしたらやっぱり足跡残したくなるので、コメントを下記の趣旨で残してしまいました。



「だとすると、高丘は不良牛ですか?(真剣)」




アタイ、なんてこと書いてるんだよ!!!!!!!!!!!!!!!
人様の日記のコメントに阿呆丸出しで恥ずかしい子…!!

アタイ、阿呆なんです、阿呆なんです…!!
でも不良牛でぴったりとか思ってるあたりでダメですか…!?

だって、だって、他にいいキャスティングが浮かばなかったんですよ…!!!!!


これでも高丘が好きなんです!!!(誰に言い訳してるのやら)



…おやつに萩の調(萩の月のチョコバージョン)とサンプルで余った肉まんを食べたら気持ち悪くなってきました…!!



あ、食べ過ぎなだけですか?


あと食べ合わせの問題ですか?



でも美味かったです。
でもちょっと胃に大打撃…!!


肉まんはこんもりとしていて、中身の肉が肉肉としていました

具も結構しっかりしてて、多分オリジナルのちょっと高いヤツとして売り出すのかなーとか考えてました。


やっぱ中華まんは肉まんだね。
アタイは肉まん大好きです(だって肉食だもん)
【Task.23.…前へ進む、生きていく強さ。】/2
2006年08月07日 (月) | 編集 |
ということで、続き。



それにしてもアタイが阿呆だからでしょうか。
蒼太のクセであり、鳥羽のクセでもある、指輪を触ること。

これはどっちが最初なのかなーと。

鳥羽のクセを真似したのか、鳥羽が蒼太のクセを真似したのか。
私は前者だと思っているのですが、どうでしょうか。


スパイ時代の相棒であり、師匠だと思うのですよ、鳥羽は。
鳥羽に対して丁寧語だったのもあるんですけど(いや、常に丁寧語と言われたらそれまでですが)

鳥羽は常に蒼太に対して、上からモノを言ってますよね。

だから蒼太も相棒、と言いつつ、最高のパートナー(=相棒)であり敬愛すべき師匠だったように思うんです。
その辺り、なんかもうちょっとフォローが欲しかったような、このままでいいような…!!
それともアタイが阿呆だからですかね?

で、話を戻しましょう。
鳥羽が自分のスパイの技術を教えてくれている時に見た、鳥羽のクセを無意識の内に覚えて、自分のクセになった。

ある意味では、彼が自分の過去を忘れない為の無意識の楔なのかなとも思います。

アタイの中ではこう解釈されています。
反論は要りませんが、あってるのかしらん…

そうそう、ギターのことですよ。
もう話があっちこっちしてますね、すみません。

今回の曲は優しい穏やかなメロディ、過去との折り合いをつけて、罪を背負って、それでも笑って生きている、彼の心の曲。
蒼太の優しさと強さのメロディなのかな。



…なーんて思ったり思わなかったり。


で、その前のシーンもいいですね!!
ミスター・ボイスにプレシャスの保管場所として教えてあった場所は実は偽情報だったと聞かされたところ。


「俺達は協力してやってかなきゃいけねえんじゃねえの!?」みたいに文句垂れる高丘!!



協力!!
協力と言う言葉を使えるようになったのね、高丘!!(既に母親気分?)
すごいわ、高丘!!

進歩したのね、高丘!!(言い過ぎ)


チーフでなくとも、「お前がそう言うとはな」とツッコミたい気分です。



その5。戦隊紹介。


「カーァァァァァァァァレンジャー!!」


伸ばし過ぎ!!(爆笑)
っていうか、これがときめきました。


「戦う交通安全」


意味わかんねえー!!
でもインパクトある!!

そして、アタイの中で流行りそうです、「戦う交通安全」


黄色い旗を持ってる高丘も、万歳してる蒼太も愛しいです。


【今回の真面目な考察。】


■テーマ:現在と過去を繋ぐもの。


「いつまでも過去にこだわるな!!」
「アシュのことだけは、俺一人でカタつけなきゃなんねえんだ、どうしても!!」
「過去を帳消しにしてるつもりか?」
「過去への言い訳だ、自己満足だ」
「過去にはきっちり決着付けなきゃなんねえんだ!!」
「いつまでも同じトコにはいないってこった」
「わかってんだ、俺様だって前に進むしかねえ!!」
「お前を助けたのは、ただの自己満足か」


以上が私の思うキーワードです。
過去という罪、ということでしょうか、大まかに分けてみるとそういうことだと思います。

さて。
蒼太と高丘、関わりが薄かった二人に、対比と言う構図が浮かび上がりました。


蒼太:かつてスパイだった頃、10歳のプリンセスを国から追わせたこと、そしてその涙。
高丘:アシュの血に負けて、父親を死なせることになったこと。


蒼太はトキメキどころで書いたように、自己満足でも構わない、それでも背負っていくべき罪だと言って決着を付けないで前へ進む(=これからも生きていく)ことを選んだ。
高丘はその逆で、背負っていくにしても決着を付けねば前へは進めない、前へ進む為には決着を付けたい、そう思っています。


過去に止まった時間、それに決着を付けても止まった時間を動かすことが出来るのは自分の分の過去の時間だけ。
他人の過去の時間に関与することは出来ない。

蒼太はこう考えたのではないでしょうか。

本当は最初、「帳消し」(=償い)とか「言い訳」という為に、ボウケンジャーの道を選んだのかもしれません。

しかし、ある時、過去に決着を付けても救われるのは自分だけ、傷つけた相手の悲しみは癒されない
ふとそのことに気がついた、あるいは気づいていたけど気がつかないフリをしていたのかもしれない。

なら決着を付けることに意味はあるのか、蒼太の中に新たな疑問が浮かびます。

その答えはこう。

だったら、自分を救うよりももっと辛いこと、罪を丸ごと受け止めて生きていく。

永遠に決着を付けることをせず、そのまま罪を受け止める。

「過去の涙を背負って」生きていく、現在の自分を生きていく。

蒼太はきっとその道を選んだのです。
だからボウケンジャーとして生きている。

こんな過去を背負っていても、彼は任務を遂行する。
10歳のプリンセスの為でもない。
ましてや自分の為でもない。

誰かの為ではないのかもしれない。
悲しみの涙を増やさない為、とでも言ってもいいかもしれない。

それこそキレイゴトかもしれない。
だけど彼にとってのボウケンジャーの任務はそういう一面を含んでいるのかもしれない。

過去の自分を戒める為。
ボウケンジャーの任務を遂行すればするほど彼は自分の罪を自覚し、それでも笑って生きてきた。


本当は罪を忘れない為なのかもしれません。


だけど彼は彼の冒険をしている。
彼の冒険の目的は何でしょう。
彼の探しているプレシャス、それは悲しみの涙を増やさないこと。

自分がそういう罪を犯したからこそ、彼の傷痕は癒えることなくずっと胸の奥にある。
彼がそれを望んでいるのです。

過去に誰かを傷つけた、それを償うことなんて出来ないのかもしれない、償うというその行為すら自己満足かもしれない。
償っても止まってしまった相手の時間は戻らない、返ってこない。

だから背負って生きる、それしか出来ない。
ただし、絶対に忘れてはいけない。

自戒として、罪として背負っていくしかない。
それすらも自己満足かもしれないけれど。

でも、彼は彼で冒険を楽しむ心を持っています。
自戒と共に、それは仲間達への信頼という光。

罪と言う闇に対し、Task.8で感じた仲間への信頼、彼の光。
彼はそういう光があるからこそ戦える、強くなれる。

スパイとして疑い深く生きてきた蒼太。
誰も信用できなかった蒼太。


その心を開いた仲間達。
本気でぶつかってくるからこそ本気で返せる、そういう関係の素晴らしさ。


罪を背負っていても笑っていられる自分の居場所。
暖かい光があるからこそ、闇に飲み込まれずに彼は光と闇の均衡を取れている。

自分にやれることがある。

そこに償いの意味はなく、仲間達と戦うことを選んだ自分の成すべきことであり、ボウケンジャーとしてのアイデンティティ。

なんかよくわからない文章ですが、蒼太の心を支える仲間、守りたいと思える場所。
彼を支える原動力と戦う意味の光と闇。

言い訳も償いも、自己満足でも構わない。
彼はそうやって前に進んで生きていく。


そういうモノを感じました。


一方、高丘映士。


決着にこだわるのは救われたい自分がいるからなのかもしれないな、と思いました。

逃げたくないと思いながら、決着を付けて前に進まなければならない。
前に進みたいと思いながらも過去に拘ってしまうのは、そこに父を殺したと言う負い目が潜んでいるから。


自分自身で過去に決着を付ける、そうする為には方法は選ばない。


だけど蒼太の生き方、罪を背負って生きてでも前へ進む、その姿を見て、彼は過去の罪について考えます。
決着を付けることにこだわり続けた理由、どうして決着を付けることばかりに躍起になったのか。


止まってしまっていた自分の時間、動いていた筈の時間。
それでも、彼の中の時間の中心、世界の中心はその負い目だったのかもしれない。

ボウケンジャーとして冒険してみたい気持ちも本当。
けれど、ガイとレイとの決着を付けられる方法もそれしかなかった。

仲間と一緒に冒険してみたい、それは本当です。
彼の真実だと思います。

それでも彼が過去に拘り続けたのはアシュの監視者として生きてきた時間。
アシュの監視者として生きてきた時間はまさに贖罪なのだろうと思います。

父を殺したアシュ、そして己の中に流れるアシュの血。

それを根絶やしにしてやっと彼の贖罪は終わる。

そうやって生きてきた人に、いきなり決着を付けるより大事なことがあると言ってもわかりにくいだろうとも思います。

けれど、誰しもやっぱり「前へ進む」のです。

蒼太がそうであり、鳥羽がそうであり、ガイとレイもしかり。
皆前へ進むのです、決着を付けるより大事なこと、前へ進むことだけを見つめて。


彼のこだわり続けた償い、贖罪の想い。
それが彼の時間を止めていたもの。


彼自身の手で止めていた彼の時間。


彼の止まったいた時間はやっと動き出した。
わかってても歩き出せなかった高丘。
歩みを止めていたものを吹っ切って、背負った罪ごと自分自身なのだと少しだけ気づいたのかもしれない。

それが彼の新しい一歩。


だから高丘は言えたんじゃないかな。
「俺達は協力してやるんじゃねえのか」と。


今まで自分と言うのを強く押し出していた高丘だったら言わなかったであろう言葉、協力。




いやあ、それにしても今回のお話はすごくよかったです!!
今度もう一回見よう…!!


DVD買うぞ、チキショウ!!(何)
【Task.23…前へ進む、生きていく強さ。】/1
2006年08月07日 (月) | 編集 |
※今回、めっちゃ真面目です(阿呆な感想が書けないくらい感動しました)
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


土曜日は舞台挨拶。
今日は大好きな二人がメインのボウケンジャー。


今週末はボウケンホリデー!!!!!!!!!!!!(何)


と言う訳で、幸せな興奮状態で見ました。

今回最高!!!!!


じゃ、いってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。蒼太全部!!


すみません、全部です(多いな!!)


突如行方不明になった蒼太、かつての相棒、鳥羽によって拘束されていたのですが。
両手は手錠、両脚縛られて座らされてます。

しかも終始にこやか。

この余裕、流石です。
伊達にスパイ時代に修羅場をくぐり抜けてないぜ、的な何かでしょうか。
(ここは幽遊白書アニメ版「伊達にあの世は見てねえぜ!!」口調でお願いします)


まずはその余裕にときめきを感じました…!!


「残念ながら、今日はフリーです」


今日は!!今日はですよ!!
「は」をきっちり強調しておきましょう!!

今日は!!(しつこい)


「相棒なら、僕が喋ると思ってないでしょう?」


かつて相棒として活動していた(?)二人。

お互いをよく知っているだけに、無駄なことはしない、そういうこともあるでしょうが、鳥羽にとって今回は相棒ではなく、情報源。
でもやすやすと聞き出せると思ってない。、そのこともお見通し、お互いの手の内は、相棒だった故にお見通し、そういうことなのです。

でも鳥羽さんってば、人を一人監禁してる割に、携帯を弄り過ぎですよねえ(笑)


あ、一番ときめいた台詞は、その2に書きます。
その1では大まかにときめいたところをまとめておきます。


今回の鳥羽とのやり取り、すごくすごく好きです。
トキメキどころから真面目に書くことなんてほっとんどないのですが(我がblogは阿呆と真面目は比率7:3)今回は言わせてください。


三上さん自身のやりたかったことが全部シナリオに反映していたんだと思います。

三上さんが思い描く、蒼太自身の過去と現在の折り合いのつけ方、というのを示してくれたような気がします。


この辺も後述の【真面目な考察】で書きますが、高丘と蒼太、二人の過去に対する考え方、そういう対比が今回はすごいなあ、と思う訳です。


まあ、こうやって真面目には書きましたが、先回次回予告で見た縛られてる蒼太に「うひょー!!!!!!!!!」とか叫んじゃった阿呆なアタイですが、それよりもシナリオ面、役者の皆さんの熱意に感動しました。


本当に感動した…!!(二回目)


記憶を探られて、女の子の顔を次々思い浮かべる蒼太。
タラシにもほどがありますが、そこが好きだよ、最上蒼太!!(何)


フェミニストとタラシは紙一重。

アタイはなんだかそんなことを考えてました。
その比率や、如何に。


まあ、その後の鳥羽さんの「俺が仕込んだだけあって、女の趣味はいいな」という言葉に、先輩はそんなことまで教えたんですか!!とツッコミしたのはアタイだけはあるまい。

スパイ術とかも叩き込んだのかもしれませんが、正直女の選び方まで教えるとはどうだろう…!!

でもスパイは女の子もメロメロにしないといけません。
情報源が女の子の場合もありますからね。


そうか、そういうことか!!(開眼)


ちなみにボウケンメンバーを思い浮かべた時、女子チーム、チーフ&真墨という4人だけでした。


あのー…、高丘は…?(小声)


いや、一緒にプール行ってないから記憶に入ってないだけですよね!!
そうですよね!?そういうことにしておきます。


深くは追及するまい。



で、手錠の鍵をいつのまにか奪い取っていて、脚の縄も隠していたナイフで切って、軽やかに反撃に転じる蒼太!!


思わず「スリまで出来るのか、スパイって!!」とかツッコミしてしまいました。


すみません、スパイって何でも出来るんですか…ある意味オールマイティ?


実は戦闘能力高いんだよ、きっと!!(何)


そうそう、忘れてはいけないのがこのシーン。
かつてスパイだった頃、蒼太の所為で国を追われたプリンセスがいた。
まだ10歳の子供だった、涙を流して蒼太を見ていた。

その涙に、蒼太の心が揺れる。
どんな尋問も飄々とかわしていた蒼太の、一番の心の傷。
彼が背負ってきた過去の象徴、それが当時10歳だったプリンセスの涙。


「人の涙が多いほど、報酬は多かった…お前はスパイ生活が楽しかったんだ」


気丈だった蒼太の心が揺れる。

トラウマ、過去への痛み、後悔、繰り返しフラッシュバックする記憶。


この時の蒼太の表情、すごくすごく辛くて。
あー、いい演技してるなあとどっかで思ってても、見てるこっちまで悲しくなるような、そんな表情でした。


その2。蒼太の本当の気持ち。


なんか抽象的&上と同じような内容ですが、この台詞が一番ときめきました。


「僕は過去に決着を付けるつもりも、言い訳をするつもりもない」
自己満足でも構わない。
生きている以上、前に進むしかなくて、僕は笑ってる
一生過去の涙を背負って、世界を守る!!!
そう、決めたんです」



すみませーん、台詞うろ覚えです!!(土下座)
でも、絶対にここ、蒼太ファンなら来ますよね!!


っていうか、来ました、ずきゅんと。


あまり感情的にならない蒼太。
そんな彼の素直な気持ちが曝け出された、何物にも誤魔化されていない、100%正直な気持ち、それがこの台詞です。


この台詞が彼のボウケンジャーとしての根源なんだろうなって、そう思います。


その後の、「スタート・アップ!!」の掛け声!!


今回、アタイ、蒼太にメロメロです。
どうしよう、動悸が、息切れが!!


その3。高丘全部!!


またか!!
今週もか!!
何週間それを言い続けるんだ!!


そう思う方、スタンドアップ。
いや、本当に立たなくていいですけど。

蒼太が行方不明で、真墨と菜月が聞き込みしてても、参加しない高丘。
しかも「どうせどっかでサボってんだろ」と呆れ顔。


もうこの辺りが高丘具合全開(何)


なのにいきなり、地面に手をつけて、ぴくぴくしてる高丘。
「何やってんの、高丘!!」とツッコミしたの、アタイだけですか。

アシュの気配を探る高丘。
実はアシュの血が疼いてるのかと思いました、アタイ(コラ)

偽のボウケンチップを使って、真墨と菜月を追っ払う高丘のこともチーフはお見通し。


チーフ、すごすぎる…!!


「アイツらだけは、この俺様が倒さなきゃならない」という高丘に、チーフはこう言います。


「いつまでも過去にこだわるな!!」


これは今回のキーワードです。
最後まで見てそれがわかりました(笑)

過去へのこだわり、過去との決着、過去との折り合い。

チーフ自身も乗り越えてきた過去がある。
過去に拘るより先にやることがあるだろう、と言いたかったのかもしれない。

だけど高丘にとっては、過去との決着は最優先されるべきこと、自分の為にも、決着を付けなければならない。

クエスターはネガティブシンジケートであり、つまりボウケンジャーの敵でもある。
一緒に倒そうというチーフの言葉も受け入れることが出来ない高丘。

考察にて後述しますが、この考え、悪くないと思うんですよ。
過去に拘るのは、過去に拘るだけに理由がある。
前へ進む為には、必要なことだった、そう考えるのが間違いじゃないと思うんです。

そんでもって、チーフの腹に拳一発。


…い、いたそー…(そこか)


まともに食らってすぐダメージを回復できるチーフも流石です!!
鍛えてますね、チーフ!!

で、決着を付けようとしている高丘のこの台詞がアタイの心に効きました。


「なんだよ、…どいつもこいつも前に進むんじゃねえよ…俺様だけ、馬鹿みたいじゃねえか」

彼が躍起になっていた過去への決着。
真っ直ぐな性分故に他の選択肢を見つけられないでいた高丘の心に、前へ進むことという意義が追加された瞬間です。
彼の世界がまた一つ、ここで広がったのです。


彼の世界はあまりに狭かった。
アシュと戦うことだけを使命として、生きる意味として生きてきた。
そしてボウケンジャーとして戦うことになった。

少しずつ広がる高丘の世界、それが高丘の冒険なのです。


その4。ED前のシーン。



キター!!!!!!!!!!!!!!!!!



…じゃなくて、ギターですね(笑)

あ、これ前に使いましたね、Task.8で。
(何度でも使います、ギターが来る限り何度でも)

でもギターがきました、ギターが!!
やっぱり蒼太メインはこれがなくっちゃ!!と思う訳です、はい。


「食えないところは、スパイ並だね」


これは蒼太が元スパイだからこそ言える言葉。
「スパイってな、疑い深くてね」という鳥羽の言葉。
これは鳥羽に教わったことでもあり、蒼太自身の経験にもよる言葉。

かつて二人は繋がっていた、指輪に触るクセと同じように。
二人のパートナーシップはこの言葉と指輪に触るクセによって表現されてるのかな、と。


言葉じゃない絆、それがあったかつての二人。
だけど今は道を違えても、過去は消せない。
罪と同じように、そこにあった。


存在自体に意味がある。
そして過去と現在を繋ぐ楔である。


蒼太にとっての鳥羽はそういう存在なのかも知れません。



長いので二つに分けます。
次の記事に続きます。
【最終兵器にゃんこ…名古屋舞台挨拶感想】
2006年08月07日 (月) | 編集 |
いってきました。
劇場版公開初日舞台挨拶in名古屋!!


殊の外お席がヤバかったのです


もう時効だと思うのでバラしますが、最前列でした。


しかもほぼ目の前に高丘が…!!!!!!!!!(気絶寸前)


映画が始まる前から姉と二人してドキドキ。
緊張して足が震えるアタイ達。
しかも映画が終わったら終わったで、あまりの近さに胃が痛くなるアタイ達。




そんな訳で興奮状態です。
そういうノリについていける人のみ、追記を開いてください。


【サマー決勝】
2006年08月05日 (土) | 編集 |
チケ争奪戦結果。

見事惨敗(´▽`*;

45分かかってやっとかかったと思ったら、もう自由席しかなかったよ(:_;)

いっそ行くのやめよーかと思いましたが、後悔するのもアレなんで、9日だけ参戦予定(笑)

…日曜の朝はボウケンジャーって決めてるしな←ヲイ。

舞台挨拶、いっちきます。
【さよなら、逃亡先生。】
2006年08月04日 (金) | 編集 |
一緒にお昼を食べている人が言った名言を記しておきます。


「さよなら逃亡先生」


「さよなら絶望先生」という漫画のタイトルを言い間違えた彼女に栄光あれ。

いつも彼女はこういう素敵な言い間違いをしてくれます。
ちなみに聞き間違いも多いです。




「絶望したぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!」(何)



♪ザビザビザビザビ~♪(ザビー教のテーマ/違)


今日はこういうテンションなので気にしないでください。


…大丈夫、むやみやたらには噛み付かないから(穏やかな笑顔)


明日はいよいよ舞台挨拶です。
しまった、姉とまだ待ち合わせ決めてない…!!
後でメールします>姉。


舞台挨拶の前はチケット争奪戦です。


いや、お盆のイベントじゃないですよ?
サマーリーグ決勝のチケット発売日です。


いい席をふんだくる為にも、今から英気を養います(どんなですか)


遠いところからやってくるRさん、仕事があるというSたん、健闘を祈る。


そんな訳で一日落ち着かず、仕事も手につかず(それはいつも)、ネットしてブログかいてるあたりでもうダメっぽい感じです。
Pコードも確認したし、やることがありません(仕事しようよ)
電話番号はこれでいいのかな、これしか知らないよ…!!


…ヤバイ。
だんだん、緊張し過ぎて具合が悪くなってきました。

紅茶飲んでも落ち着きません。
しかもじんましん出てきました(ダメ過ぎる)


目の前が薄暗いよ…!!

動悸、息切れ、ときめき症候群(何)

ときめきGS2、欲しいな…!!(関連性なし)
来月、おかわりが廉価版で出る…!!(もっと関係ない)


ちなみにBASARAで信玄、クリアしました。
二度ほどまつと利家にボコられてゲームオーバーになりましたが。


そんなこんなで、いきなりニヤニヤしたり、ドキドキしたり、ぼんやりしたり、溜息ついたり。

警察来たらまず職質されます。
もしかするとその職質すらきちんと答えられないかもしれません…


どうしよう、VIVA不審人物、yeah!!(昨日と同じネタ)


しまった、お金下ろしてない!!
お財布にお金が入ってないと大変なことに!!
舞台挨拶の前に決勝のチケットを引き換える予定なので、お金必要!!お金必要!!(取れる前提)


何をしたらいいのか、本当に分からなくなってきました。
いや、仕事するべきなのはわかってますけども!!


ドキドキして、落ち着かないんですってば…!!(やっぱりそこで堂々巡り)


そんな訳で、何故かJT公式に何度か意味なく飛んでいます。
日記のコーナーを何度か読んでますが、既に暗誦出来そうな気すらします。


読みすぎだから、アタイ!!


そして今日も更新されましたー!!!!!!!
更新早いですね、JTさーん!!


えーと、昨日更新されたのが前田さん。
丹山ジョンさんとの2ショが眩しい笑顔でした。

前田さんの日記は、えーと…写真ばっかり見てたアタイ(すみません)

そうそう、ボクシングの亀田選手のことが書いてましたね。
…アタイ、あんまりボクシングは興味ないんですが、キャラ濃いですよね、亀田選手(関係ない)

そして、亀田さんちはお父さんが教祖様みたいな気すらします(亀田家お父さん教?)

で、苅谷選手の日記。

もう9年目なんですね、となんだか遠い目で思うアタイ。
苅谷選手はセンターのポジションなのですが、とってもクールでクレバーなんですけど、熱いんですよね。


クールで熱いって変かもしれないんですけど、そう見える選手です。
で、日記の内容も大人でやんちゃ、みたいな感じです。


すごく真面目なことを書いている直ぐ後で「~取り組まなくっちゃ!」とか可愛い口調が出てくるので、やんちゃだ!!とか思ってしまったり(笑)


でも「環境や組織に依存するんじゃなく、自立した精神で取り組まなくっちゃ」と言いきれる彼がすごいなあと思います。
組織や環境に依存して生きている私達、だけど自分を向上させるのに必要なことは環境や組織を整えると共に、向上しようと決めて行動することが出来る自分自身が根本にあること、なんだと私も思います。



…真面目だな、アタイ!!


そんなこんなでどうしたらいいか、本当にもう分からなくなってきました。


「絶望したぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!」


さよなら絶望先生、大人買いしたいです。
【戦場は笑いの渦、混沌の雫。】
2006年08月03日 (木) | 編集 |
相変わらず「戦国BASARA」をやっております。
昨日初めてザビー城を攻略しました。


何、あのトンチキ城!!


寧ろ歓迎って何!!
熱烈歓迎って暑苦しいな!!


レッツ・トンチキー!!!!!!!


メカザビーに腹がよじれるほど大笑いして、そのままのテンションでザクザク斬り進んでいたところ、危うく最終ボス戦(ザビー、メカザビー×2体)で死にそうになりました。


VIVA、ヘタレ、自分、yeah!!(政宗みたいね)


ちなみに信玄で天下を取りにかかってます。
ザビー城に乗り込んだのも信玄です…違和感モリモリ!!(笑)
天下統一モード武田信玄篇も残すところ、裸族を倒すだけです。
(つまりザビー城はラスト一つ前なのです)


で、ザビー城戦にまつわるあまりの楽しさ故に、こんな替え歌を作ってしまいました。
「魔法使いサリー」の替え歌で。



「愛の教祖ザビー」


愛ゆえ 改心 シマバラヤンヤンヤン
両腕 大砲 シマバラヤンヤンヤン


南蛮の地からやってきた
ちょっとイカレた 教祖様


ザビー ザビー
改心叫んで勧誘デス。
愛と破壊は紙一重



ザビー ザビー

愛の教祖 ザビー




黒船に乗ってやってきた
若干壊れた教祖様

ザビー ザビー
愛は最後に勝つのデス。
愛は貴方を救いマス。


ザビー ザビー

ザビー教のザビー





…こんなことばっかり考えてるから、加盟店請求にくっつける書類の請求項目名を間違えるのです(実話)


危なかった…
いつもなら気づいてもらえないかもしれない程度のミスでしたが、ちっこい上司が気づいてくれました。
あー、よかった。


第二章:天下統一までの道、上杉謙信&武田信玄篇。


謙信とかすがとの出逢いは、まるでマイネリーベのようでした…(分かる人は笑ってください)


二人が出会ったその瞬間、恋の花咲くこともある。


あたかもメロメロフィルターにラブラブフィルターのようです(byマイネリーベ)

薔薇の花全開!!咲き乱れてます!!
いや、薔薇っていうよりコスモス?アネモネ?

ヤバいです、その後のVS武田軍でのアニメーションでは一昔前のラブコメディみたいな何かがあります。



両手を広げて、捕まえてあげるよ、ハニー的何かな上杉謙信…

い、いやああああああああああ!!


上杉謙信もトンチキ…!!


そうそう。
特に何かあったわけではありませんが、上杉謙信での天下統一モードで初めて裸族と戦いました。


いや、裸族としか表現しようが…!!
本田忠勝がメカだったので、もう何を見ても驚くまいと思っていました。
ですが。

裸族で阿呆、ちょっとヘタレ…合戦中でも腹減った、まつぅ…というヘタレ具合。

なんだろう、この子。
ちょっと足りなくて愛しい(歪んでる)

ちなみに裸族とは前田利家のことです。
この時、前田利家・まつ夫妻のステージに初めて入ったのですが。


上半身裸なのです、利家。
ええ、世にも見事な裸族っぷりです


VIVA裸族!!!!


まつは別に普通(対:利家比)ですが、前田利家軍は皆してまつのおにぎりのファンだそうです。



大丈夫か、そんなことで。
天下は取れるのか、利家!!


まつと利家の再会をなんとか阻止する為に戦場を駆け巡り、まつを先にぶった切りました。


チョロイぜ、甘いぜ、チョロ甘ですね(ゲーム違うから!!)


特に上杉謙信は何かピンチだったりはなかったです。

私は元々スピード系キャラが得意なので、この手のキャラの扱いは好きです(笑)


得意ではアリマセン、好きなのです(ここ試験に出ます)


基本は神烈を中心に通常技を織り交ぜる、ゲージが溜まればBASARA技、ボス戦はそれを1クールにして、神烈でゲージを溜めてBASARA技、そんな感じです。


で、EDもやっぱりかすがとの愛の生活でした。
ちょっとした宝塚だと思えたアタイはおかしいのでしょうか。


次は武田信玄。
微妙にのそのそ歩きますが、攻撃範囲が広い&体力ゲージが長いので使いやすかったです。
意外に振りも遅くないので、なんとか使いこなせそう…


いつき、上杉、伊達、徳川、織田と斬り進み、やっと来ました。


ザビー城…ザビー城については一番最初に書いてますので、そっちでどぞ。


徳川家康のステージでは、本田忠勝に執拗に追い回され(何故か行く先々にヤツがいる)



一人恐怖の渦に飲み込まれてました…!!!!!!!!!!



助けてくれよ、忠勝の攻撃で死にそうだったんだよ!!
一振りで体力ゲージも沢山減ります。
実はフリーモードでは死んだよ、本田忠勝に挑んで死んだよ…!!


咲いて散るのが恋の花(何)


忠勝にメッタ斬りにされ、ゲームオーバーを経験しました(確か二度目、最初は幸村でした)

忠勝は危ない、ヤツは危ない…!!


しかも歩いたり走ったりしません、ジェットエンジンついてますからね、忠勝!!

すげえスピードで追ってくる…怖い、怖いよー!!
あんなヤツ、倒せっこないよ…!!


だから天下統一モードでは忠勝から逃げ回りました(笑)

アタイが操ると、とっても逃げ腰な武田信玄…
「助けて、助けてぇぇぇぇぇぇ」とテレビの前で大絶叫。

中の人はアタイですから許してください。


そんな訳で、今夜は裸族をやっつけて、次に行きたいと思います。
そろそろ女の人も使ってみたいなあ…

【キター(゜∀゜)キター!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!】
2006年08月02日 (水) | 編集 |
芦別日記(たまに間違えて登別、と言ってしまう、それは温泉地ですから!!)を見て、思わず叫びました。




「キター!!!!!!!(゜∀゜)キター!!!!!!!!!!」




アタイの大好きなあのお方がやっとこさ登場です。

タイトルの横にある、透過してある(?)薄い画像がちょっとだけスーパーサイヤ人ちっくに見えるのはアタイだけでしょうか。

それはともかく、どんな日記を書くのか、楽しみにしすぎて、ここんとこ数日で首が5ミリは伸びました(嘘)

ぱっと見、あんまり文章を沢山書くタイプじゃないよなーと思っていましたが、長い長い日記を書いてくださった模様。

ちなみに長い、長いと二回繰り返すとこの本のタイトルを思い出します。


「ながいながいペンギンの話」


内容は知りません(笑)
このタイトルが小学生の頃から気になっているだけです。


で、話を戻しましょう。
面白くいこの日記には、ファンとして感涙、なんていうか、号泣?
もうダメだ、アタイ。



涙で前が見えないよ!!(何)



まず一人称が「自分」なのです。


微妙にぴったりです、流石九州男児(因果関係不明)

とりあえず今日はアタイも自分のことを「自分」と言ってみようと思います。
ということで、試しにこの先は一人称を自分、で書いてみます。




--------アタイから自分へ切り替え中----------




この日記の中に書かれていた、「鬼のパンツ」について自分も調べてみました。
フニクリ・フニクラの替え歌だそうです、色々替え歌の歌詞はあるようですが、寧ろフニクリ・フニクラの替え歌は鬼のパンツ以外にも色々ありそうです。

結構替え歌作りやすいですよね、この歌。
リズムがはっきりきっぱりしているので、言葉も載せやすいのです。

自分も小さい頃、歌っていたかもしれません、鬼のパンツ。
ちっちゃい頃のことなので、イマイチ覚えがありませんが。
デッカイ声で歌を歌うのが好きな子供だったので、鬼のパンツを歌ってても別段不都合はなさそうです。

そして通訳の西山さんが色々報告したというその負けん気の強さに拍手。
おかげさまで自分も色々調べてしまいました。


恐るべし、西山マジック(違う)


この日記で、宮下選手の言語センスが垣間見られたように思います。

いい、面白くていい!!
味があります。

やはりこれは昭和53年の呪いなのでしょうか。
自分の会社にいる昭和53年生まれは皆言語センスが独特です(自分も含めて)

寧ろ「夜は暇をもてあそぶことになります」とあるのですが。
暇をもてあそぶって、なんだか暇を掌で転がしてるイメージですね(笑)


持て余すではなく、もてあそぶ!!


自分も使ってみようと思います。
会社で暇をもてあそぶ!!(給料泥棒?)



しかも町野選手が先輩を立てるために書いたと思われる箇所の訂正記事も訂正されてます。


>「ゲームで返り討ちにあった」と書いていましたが、本当は町野君にコテンパンにされたのが事実です。
>(あー! 勝ちたい!!!!!!!)


寧ろ潔いな…!!!!!!!!!


「あー! 勝ちたい!!!!!!!」というこの「!」の数が何かを物語っています。


素晴らしい闘志です、ブラボー!!(何)


燃える炎のエレメントです(違う)


いつかコテンパンにのせることをお祈りしております。
だけど大きなお兄さん達がゲームの勝敗で負けず嫌いを発動したり、コテンパンにのして面白がったりしている様は想像するだけでちょっと面白いです。


それゆけ、バレー部PSP同好会(何)



さて。
更にどうでもいいことですが、自分のパソコンでは宮下さん、と変換すると一番最初に「ミヤシタサン」と出ます。

何故カタカナなんだろう、会社用のパソコンなのに!!
(何に使ってるんですか、自分)


パソコンと言えば、宮下選手も「近代化の波に乗って購入した」そうです。


近代化の波にはPSPだけでも十分乗っていると自分は思うのですが、どうでしょうか。
自分はDSしか持ってませんからね。


で、そのパソ子ちゃんも専らDVD&CD専用機な模様。

いいのです、人それぞれ色々三井●命です(古)
自分のPS2が最近「BASARA」専用機になっているように、皆違って皆いいのです(金子みすず?)

しかもスターウォーズですか、DVD。
自分はカタカナが苦手なので、洋画をいっぱい見れる人は半ば尊敬モノです(ダメダメ感モリモリ)


そして先日、内富選手の日記にもありましたがコンビニが遠いということ。
山奥だそうですね、自分は芦別に行ったことがないのでよくわかんないのですが。

コンビニがないと、不便です。

寧ろ自分はコンビニの本社勤めなので、コンビニがパート社員としての自分の生活の基盤です。

お昼買うのもコンビニ、飲み物買うのもコンビニ。
コンビニ最高、コンビニ大好き!!な自分なのです。


それはともかく。



「都会のオアシス」って、「都会のオアシス」って…!!



あのー、ちょっとよろしいですかぁ?(富豪刑事?)
都会って今、あんまり言いませんが、どうでしょう、宮下選手。


これも宮下言語マジックなのでしょうか(真剣)


ついでに、コテンパンも実はあまり使わないのでちょっと新鮮でした…



>そろそろ1日の最後の日課であるスケジュール表の今日の欄にマジックで×印を書いて眠りにつきたいと思います。


ま、マジックで、×印…!!!!!!!!!!!!!!


至極古典的だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!


本当に彼が自分と同い年の人なのかだんだん疑わしくなってきました。
どうなんでしょう、そこんとこ。




自分、自分と書いていたらテンションが低めに設定された模様。
やっぱりアタイに戻しましょう。



---------自分からアタイへ切り替え中-----------


宮下選手の日記へのツッコミだけでこんなに書いてますが、加藤選手への日記は「あああ、大人の日記だ…!!」と感嘆したことをここに告白します。


模範的な大人の日記ですよ!!(誉めてます)
アタイにはこんな大人の文章は書けないよ…!!


ブラッボー!!!!!!!!!!


丹山選手の日記の最後の署名が、「丹山ジョン」だったりで、寧ろそこにばっかり目が行って、内容をきちんと読んでも最後の「丹山ジョン」に全て持っていかれたりしています。

実は前に聞いたことがあるのです。
某選手(笑)に「丹山選手はなんでジョンっていうんですか?」と。



今なら本人に聞けよ!!と思うのですが、アタイは阿呆だったのこととその時にお話させていただいてたのがあだ名の話の流れだったこともあり、ついうっかり聞いてしまったのです。



そして阿呆なアタイの質問の所為で生まれた名言もあります。

正直それを聞いて、アタイ感動しました…!!
もうこれだけで十分でした(笑)


そんな訳で、ジョンと聞くと人一倍反応してしまうアタイなのでした。


酒井選手がプロ契約したり、芦別の次は国体予選で、その次がイタリア遠征だったり。
ニュースも色々ですが、それはまたの機会に。
【戦場を駆け巡れ。】
2006年08月01日 (火) | 編集 |
そんな訳で【戦国BASARA】生活満喫中。

あかねお姉さまも買ってしまったというネタゲー、戦国BASARA。
どうやら期待していただいているようなので(笑)書きます、プレイレポート。

その前にとりあえずどんなゲームなのかをご紹介。
以下、アタイがミクシで書いたレビューに手を加えたもの↓


【戦国BASARA】


簡単に言うと「世にも稀有なるバカゲー」


いや、バカは誉め言葉です。


バカ最高!!
愛すべき阿呆最高!!


出てくるキャラのほとんどが、変態か愛すべき阿呆かドS。


まともなキャラがほっとんど出てきません(メチャメチャ誉めてます!!)
…佐助くらいはまともカテゴリに入れてもいいと思いますが(でもたたずむ方法が木に膝でぶら下がるor空気椅子)



一家に一本、備えるべし、戦国BASARA!!



友人に借りてプレイしてますが、いつか買ってしまいそうな己がいます。
2も出てますので、一緒に如何ですか(商売人?)

プレイしているといつの間にか己の中からストレスが綺麗に消えていくのを感じます。


愛すべき阿呆という癒し効果は計り知れないスケールです。


時々処理落ちが気になるものの、吹っ飛んだキャラ性でなんとなく帳消しになります。


☆吹っ飛んでるキャラの例☆

・本田忠勝がメカ
・伊達政宗が6刀流&英語でオーイエー!!
・上杉謙信が全部ひらがなで喋る…貴方は彼の台詞の中にある単語をいくつ漢字変換できますか(笑)
・武田信玄と真田幸村の暑苦しい師弟愛←絶叫愛?
・変態ドS明智光秀(最高)
・屋根の上で空気椅子風味にたたずむ猿飛佐助


寧ろここまで一貫してスタイリッシュにバカを貫いてくれると、それだけで爽快。

ちなみに部隊の隊長を倒すとへっぴり腰の逃げ腰になる雑兵などある意味とってもリアルです。

個人的にネタゲーをお腹いっぱい楽しめる人向け。
真面目に戦国武将が好きな人は止めておいた方がいいかと思います。




こんなゲームです。
ひとまず本日現段階で幸村と謙信をクリア。


■第一章:真田幸村、天下への道。


真田幸村、武田信玄を人生の師匠と仰ぐ暑苦しいまでの熱血漢。
何かってーと「おぅやかたさまぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!(漢字変換すると、お館様)」と叫びまくる。

お館様命な、ある意味熱狂的な信玄ファン。
つまり、顔は普通にカッコいいのに、性格が信玄至上主義。というわけです。


そんな絶叫も、やかましいわ、とアタイなら一掃しますがが、信玄も信玄で「ワシが見ておるぞ、幸村」と言っています。


人を呪わば穴二つ…違う、お前ら、同じ穴のムジナか!!(ツッコミ)


そんな訳で爆笑モノの武田軍OPを経て、いざ、出陣。
(アタイはこのOPが大好きです)

お館様に抱きつこうとして、鉄拳食らわされる幸村。
なんだろう、この師弟愛。


トンチキ過ぎだ!!!!!!!!(誉めてます)


でもどのステージからやるべきか、さっぱりわかんなかったので、適当に選びました。
まずはvs伊達政宗。


…え、イングリッシュー!?


party、の発音がかなりの巻き舌です(笑)
彼の英語混じりの日本語もトンチキ!!

かかってきな、とか言うのでサクっとやっつけました。


でもさ。
その後逃げるんですよ、馬で。


アタイもバカ正直に馬で追いかけました。

馬に乗ったまま攻撃するのって、なんか難しくないかね…?
なんだかんだで結局訳わかんなくなってきたのでそこで馬を降りるアタイ。

しょうがないので追うのを諦めた模様(笑)
とりあえずミッションはクリアできずとも、と思い、全部の武将と拠点隊長をぶっ潰しました。


そして再び政宗を相見えるアタイ。


…あ、危なかった。
ちょっと死にそうだったよ…!!
アクション、ヘタですからね。


そのまま最北端一揆鎮圧戦になだれ込み。

このステージのボスはいつき。
ツインテールの三つ編みに、デッカイハンマー振り回す少女キャラ。


なるほど、萌え担当ですか。


それにしても体が小さくて、攻撃当てにくいな…!!
しかもハンマーが武器のクセに速度速いよ、この子。

だけどこちとら槍を二本持ってます。
スピードはないけど、間合いで勝負だ!!


結構楽勝。


そんでもってとりあえず上杉謙信もサクっとぶった切り、徳川家康の待つステージへ。



危ないよ、本田忠勝さん!!(でもメカ)


目ぇ、光ってるで、赤いですよ、目が!!!!!!!!!!



もしや真・三国無双2で言うところの、呂布ですか…!!
ヤツが来る、ヤバい、ヤツが追ってくる…!!


忠勝、起動!!と表示が出ますが、やっぱりトンチキ!!


命からがら逃げつつ、他の武将を片付けつつ、背後にいつの間にか忍び寄る忠勝!!
怖いよー、怖いよーと泣きながらアタイはステージを駆け巡ります。

「本田忠勝は無視して先に進め」と誰かが言ったので本当にそうしたのです。


いや、倒せると思ってないから…!!(マジ)
だって無駄死にしたくないもん。


最後は島津義弘の待つ、最南端平定戦…
ここ、ボス戦までは好きなんですよ、敵いっぱい出てくるし、ザクザク切り殺して進めるし。


だけどね。
島津義弘がね…


強すぎないですか…?(小声)



Lv10まで上げて臨めば、必ず体力ゲージあと3mm程度の僅差で勝つことになります。
ちなみに後に使うことになる上杉謙信(LV8あたり)でも同じような状況でしか勝てません。


教えて、必勝法…!!(何)
どうせ弱いさ、アタイは弱いさ!!!

アクションヘタですよ!!
未だにガードが出来ません…(てへ)

しかもステップとか使ったことありません…!!(ダメだ)


男は黙って、漢勝負!!(おとこしょうぶ、と読みましょう)
武器をふるって攻撃してナンボ、防御なんざやってられっか。



攻撃こそ、最大の防御よ!!!!!!(誰だ)


とりあえず手に入った武器は二段階くらいのヤツまで…
あんまりいいアイテム出なかったのは、アタイのリアルラックが低すぎたからでしょうか(笑)


その後出現したのがザビー。
ザビエル風髪形の、デカイヤツです。
両腕にバズーカ嵌めて、やたらめったら愛、愛、愛と叫びまくる。




コイツこそメカっぽいよ…!!




まさに、キング・オブ・トンチキ。

早速使ってみました。
ステージは川中島…だったかな、上杉謙信が色々策略してくれるステージです。



「改心、改心、改ぃぃぃぃぃぃぃ心ッ」
「最後に、愛は勝つのデース」



この人の言動、何これ!!爆笑!!
ヤバいよ、ザビー教に入りたいかもしれないよ!!


トンチキで最高!!!!!!!!!!!


戦闘面では移動もモーションも遅くてどうしようかと思いましたが、キャラのぶっ飛び感だけでお腹いっぱい。
なんとなく漂うアタイには扱えない感じも、愛でカバーできそうなイメージです。


だけど特殊技を駆使してなんとかクリア。
…大変だった。
この人、頑丈でよかった…


そんな訳で、BASARA生活楽しんでます。
近々、上杉謙信篇レポ大公開(マジで?)