FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【神、降臨。】
2006年07月31日 (月) | 編集 |
眠れない午前2時、ときめきがドアを叩く(by「Running to Horizon」小室哲哉)な気分でした(過去形)



闇に爪を立て彷徨っています(まだ引用しますか!!)


そんなこんなで寝不足です。
昨夜は興奮してあまり寝られませんでした(笑)


かく言う昨日の夜中は名古屋地区劇場版舞台挨拶チケット、ネット予約の陣、開幕。


アタイも携帯で参戦しようと思ったら、5日のリンク、出ないんでやんの!!



「こんの役立たずがー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」と己を叱りつつ、姉の動向を待ちます。



出来ることがないのでひとまず姉を応援することにしました。


頑張れ、姉。
頑張れ…!!


念というより怨念です。
ヤバいです。


呪です(何)



だがしかーし!!
とうとうかりめろ姉に、神降臨の知らせが!!



メールが来たのです、姉から!!!!!!!!!!!!!



キタキタキタキタキター!!!!!!!!!!(大興奮)



携帯に燦然と輝く姉からの取れたという一言メール(笑)


素敵過ぎだよ、姉!!
泣き出さないでね、姉!!(アタイもな!!)


手が震えるまま、アタイも返信。
マジでマジでマジで?
これで一枚しか取ってないといわれたらアタイの喜びはぬか喜びに終わるところでした。
だけどアタイのお席もあるって聞いてます。


そんでもって、席の場所とかの書かれたパソ画面の写メをもらい、体の力が抜けました…
だけどその後、極度の興奮状態に!!


「どうしよう、何着ていけばいいんだろう…!!」


そんなわけで、姉がネット予約を見事制してくれました!!


天下統一だね!!(違)
ありがとう、姉!!!!!!!
飲み物でも奢ります!!


ちなみに本日出社してこっそり座席の位置を確認したところ、かなりいい位置でした。


そんな訳で姉に興奮気味でいくつかメールを送ってしまいました。
寧ろ席が取れたことに悶絶して、みっちり一時間ベッドの上で黙って悶絶しながらゴロゴロ転がっていました。

姉に送ったメールにも返信が来ました。
今日のチーフを見て気を落ち着けているとのことで…



…いや、それは落ち着かないだろうよ。



そんなこんなで中々寝付けず、朝になり、出社。
もしネット予約で取れなかったらアタイ、始発のバスで家を出て午前休みを取って劇場に並ぼうと思ってました(笑)


仮病でもなんでも使ってやる気満々でしたよ!!



と言う訳で、週も明けて月曜日。

忙しくないのですが、忙しくなってきました(何)
月曜はやることが多いのですよ…

だけどやることやって、ひとまずポケー。
何やってもポケー(ダメ人間)

時々興奮して、ドキドキドキドキドキドキドキ(し過ぎだから)

このときめき、去年の舞台挨拶以来ですよ…!!
去年は朝から並んで手に入れたっけ…


世の中はとってもとっても楽になったものです。


とりあえず、応援ボード簡易版を作りました…(何やってんだ)

一応サイズも去年よりちょっと大きめ(笑)
シンプル・イズ・ベスト。
高丘に向かって(いや、出合さんにむかって)掲げたいと思います。


タカオカンたるアタイの気持ち、見るがいいッ!!!!!!!!!!!!!!!(何)


【今日のお兄さん達】


JT公式、芦別日記更新(だから違うよ)
いきなりこれも普通に定番化してますけど何か問題でも。

さて酒井くんは7/27付、7/28付で中山くん、7/29付で内富さん分がそれぞれUP。


■酒井くんの日記■

「日直:DAISUKE」にときめきましたー!!!!

日直って、日直って…!!
黒板の下の方に書いてくれませんかね…黒板って懐かしい。
今ならホワイトボードですか。

寧ろ、日直制度を続けてくれても全然いいと思います。
だってさ、日直って可愛くないですか、響きが。

しかも身長のデカイお兄さん達の日替わり当番ですよ。
それを日直と言ってしまう彼がとっても好きです。

すごーく真面目というか、酒井さんって結構真面目な人なのねーという感じの体育会系の文章だったようにも思います(どんなだ)


■中山くんの日記■


何より彼のネタが愛しいです。


「どぉーもー 中山筋○君 でした。」って、もう定番のネタですよね。
いつか吉本ギャグ張りに浸透してほしいものです。

いや、もう浸透してますか。


中山君は普通に根ひょうきんなんじゃないかと思い始めてます。

見た目よりキャラが濃い模様。


濃い上に新鮮です、この手のキャラは今までJTにいなかったようにも思います。


新しい風…!!(何)


ちなみに彼はどこかアタイと似た空気を感じます(何)
見た目よりキャラが濃いところとか、なんかシンパシー…



■内富さんの日記■


とうとう彼の名前が変わりましたね!!
「うっちー」から「トミー」に…!!!(何)


アタイ、この日を待ってたよ!!


そして写真がなまらめんこい…(そこですか)


そして肝心の文章について。

なんだろう、この感じ…、味わい深いな!!


「ん~なるほど~」とか「久々に携帯を開き、メール問い合わせをしたが0件……」とか「あれ? 一日が終わってしまった」とか。


味があるよ、…ものすごい味があるよ、内富さん!!
どうしよう、会社で読んで笑い堪えました。
アタイの笑いのツボをきっちり突いてくれました…


しかし、アタイが一番心惹かれたのはココ。


「グッナイ……zzzzzzzzz(まだ寝れます)」


()内の言葉が最高!!


なんだろう、彼のこのキャラ性。


いい、すごくいい…!!!!(万歳三唱)

日記のカリスマか…!!
(町野さんの日記も大好きだ)
スポンサーサイト



【Task.22…犬とインコとデメキンと。】
2006年07月31日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりませんが、あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


そうそう蒼太。
ますます真墨。
さあさあ暁。



ここまでは公式です。
アタイ的に、これからはコレも付け加えたいと思います。


たかだか高丘!!


えんらこら映士!!



一応挨拶としての使用も考えてます(何)


そう言えば先週の放映を見直していたらいつのまにか蒼太が真墨を名前で呼んでました。


あれ、初めてじゃないですか?(笑)


そんなこんなで、空気を読まない高丘とその全てが美味しすぎたチーフのお話(え?)である今回の感想いってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。チーフ全般(笑)


出ました!!
蒼太と高丘贔屓の我がblogでとうとう出ました。


チーフ全般がときめきどころというこの言葉。


出目金に変えられたチーフ。
出目金から元に戻った時の、あのピチピチポーズ。
それからおもむろに立ち上がって、照れ隠しの咳払い。
炒飯食べる時の拗ねた横顔。


あのピチピチポーズがめちゃめちゃツボでした。
ごめん、夢に見そう…!!

そんでもって特にね、どうしましょう。

あの咳払い!!(何)
いたたまれない気持ちですよ、絶対。


「うわ、めっちゃ恥ずかしかったんだ!!」とTVの前でアタイ大興奮しました(そこですか)


いつもいつも、面白い冒険じゃないか、と色んなことに対して言ってましたが、とうとう自分もそんな面白い冒険してしまったようです。


出目金になるのも面白い冒険ですよね、チーフ?


威厳台無し、チーフのプライドずんだもち
違う、チーフのプライドズッタズタ。


あああ、お気の毒ですがアタイは大爆笑です。


ありがとう、出目金チーフ!!


でもでも前半はカッコ良かったですよねえ。
そう、さくら姐さんを庇ったとこまでは…(遠い目)


しかも、アタイはこの台詞も大好きです。


「屈辱だ!!何故俺が金魚なんだ!!」


金魚ですが、出目金ですよ、チーフ。
金魚すくいでも出目金はちょっとした大物です。

ただの金魚じゃなくてよかったじゃないですか。
ただの金魚だったらちょっと救い様がないですが、一応出目金です。

言わばレアモノです。
大丈夫、チーフ!!元気出して!!

青いヒラヒラのついた金魚鉢泳ぐチーフ。

出目金とチーフの顔がクロスオーバーした時は少し笑ってしまいました、アタイ。

だけどその後の蒼太の台詞も大好きです。
八つ当たられても挫けない彼が大好きです。

でもでも本当によっぽど屈辱だったんですね。
炒飯食ってる顔、めちゃめちゃ不機嫌でしたよ。


その2。「チーフが酸欠です!!」


今回コレがイチバン笑えました…

さくら姐さんの手の平で酸欠寸前でピチピチしてるチーフ…じゃない、出目金。


ちょっとシュール!!!!


そりゃえら呼吸ですもんね、魚類って。
陸上では酸欠ですよ、しかも呼吸困難じゃなくて酸欠!!

実は、チーフが人間に戻っても、えらの辺りを気にしてくれたらいいとちょっと思ったことは秘密です。
一瞬呼吸方法を忘れてしまう、という何かがあったら面白いよなと。


その3。高丘全般。


「よく聞け、俺様は眩き冒険者、ボウケンシィ…」


名乗りは今回一番の名台詞である「チーフが酸欠です!!」に阻まれた高丘。

しかもコケまでありとは!!


スーツアクターさん、GJ!!!!!!!!


「ほーぅ、この指輪がなければその動物軍団はパーって訳か」とソロモンの指輪を何気なく取り上げる、カッコイイ高丘(シルバーですな)
「これが明石!?…菜月、…真墨!?」と驚いた顔をする高丘。
「サガスナイパーがハトの玩具にぃ!?」と驚く高丘。

何もかもがアタイの心をくすぐります。
アタイは高丘の驚いた顔が好きです。

なんだろう、このときめき。


高丘をもっと驚かせてやりたいよ、アタイ(何)


で、極めつけはこちら。


「ある意味羨ましいな、動物になった気分はどうだ?」


高丘、空気を読めェェェェェェェェッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


TVの前で絶叫ツッコミするアタイ。
あんだけ不機嫌な顔の動物組を見ても、自分の言いたいことは言ってしまう高丘。


俺様は俺様のやりたいようにやるだけだ!!というところでしょうか。

もっと協調性を身につけるべきです、シルバー!!(笑)
だけどそのままでいて、高丘…!!(どっちだ)



その4。蒼太全般!!


敵にも愛想がよろしい蒼太!!

挨拶するズカンガミに「あ、どーも☆」と挨拶し返してしまう蒼太。
ズカンガミの手品に「おー、素晴らしい!!」と感嘆する蒼太。

いや、さくら姐さんの怒り、御尤もですから!!(笑)

でもそんな愛想のよろしい蒼太が好きです(告白)

だけどそんなだからズカンガミに「忍犬って知ってる??」と声真似をされてしまう蒼太。
いいんです、アタイはそれでも彼が大好きであります。

あと、インコを大事に大事に両手で持っているのもいいなあ、と。
「アタイもインコになりてえ…」とかうっかり呟いたとかそうでないとか(どっちだ)

で、指輪と言えば蒼太。
誰よりも早くソロモンの指輪をどれどれ、と装着してしまいます。

お腹が減ったというインコのなつきに「種…とかでいい?」と言う辺り。
っていうか、元は人間なのでパンを細かくしたのでもいいんじゃ…

ということはですよ。

ワンコ真墨にはドッグフード、出目金チーフに至っては金魚のエサをそれぞれやったのでしょうか。


それこそ、チーフにとっては「屈辱だ!!」だと思います(笑)


空気を読まない高丘の発言にプチギレしかけたチーフにお茶をいれてあげる蒼太はやっぱり優しい人ですね。
さくら姐さんにコーヒーをいれてあげるのも優しい…!!



「でも場合によってはアドリブも必要ですよ」
「アドリブだったら女の子を口説く時によく使ってますから」




いやいや、蒼太さん。

そのキラキラ笑顔さえあればアドリブなんかなくっても充分口説けます。


少なくともアタイは一撃でコロリです。


必殺の笑顔です。
つまり乙女心を必ず殺す笑顔です(説明せんでよろしい)


寧ろキラースマイル!!


何気に好きなのはこのシーン。
ハトに変えられそうになったピンクを庇って、サガスナイパーを投げたブルー!!


そう。
「サガスナイパーがハトの玩具にィ!?」なシーンです(笑)

そんでそのハトの玩具を腰に付けるボウケンブルー、というあのシーン。

腰の辺りで揺れているであろうハトの玩具のことを思って大爆笑しました。

でも一番ときめいたのはやっぱりこの台詞でしょう。


「僕等は6人揃ってこそ、ボウケンジャーですから」


彼もやっぱり仲間と言うものを大事に思っているんです。
かつてはデータを全て集めてしまわないと誰かを信用することも出来なかった蒼太。

だけど今ではきちんと皆信用してる。

だから真墨のことももう名前で呼べるようになったんです。
その信頼の証が、この台詞に現れているんだと思います。

高丘のことはどうなのか、来週明らかになるんでしょうかね。

その5。戦う、動物たち。

デュアルクラッシャーを真似されて、大ピンチのピンク、ブルー、シルバー。
そこを助けたのはやはり仲間達だった…


インコ、強襲!!
ワンコ、噛み殺し!!


そしてトドメは…



デメキン・スプラーッシュ!!!!!!!!!!!!!!!!!


やっぱ出目金になっても最強だ、チーフ!!(何)

これぞ「チーフはデメキン スプラッシュスター☆」です(プリキュアですか)


ノー・ノー・プロブレーム♪(ふたりはプリキュア・スプラッシュスターのOPより)


最後に一言。
ソロモンの指輪、ハザードレベル低いな!!

13ってありですか!?(笑)

もっと高い数値だと思ってたよ、プレシャスのハザードレベルって…


【今回の真面目な考察。】


■テーマ:さくら姐さんの変化。


何にでも四角四面。
シュミレーションが得意で、戦術面でも有能なさくら姐さん。

決戦前夜も、アドリブが必要になった時はブルーにその役割をお願いしていました。

真面目だからこそ、アドリブが苦手。
苦手と言うよりも、性格上アドリブを言う機会がないと言ったところだと思います。

少しずつその生真面目な性格も緩やかになってきたとは言え、彼女の性格上、敵の罠を分かっている場面で的確なアドリブを出すというのは至難の技でしょう。
だからそれを蒼太に一任しようとした。



ですが、結局今回ズカンガミを撃退できたのはさくら姐さんのアドリブ故。
サイレンビルダーにショベルとドリルを武装させるという判断を下した彼女。


実は轟轟武装できるとは知らなかったけれど、とりあえず言ってみた、みたいな。

これはチーフの影響かもしれないですね。
チーフの閃き型の人間です。
さくらが努力する秀才型なら、チーフは閃きを武器にする天才型。

柔軟な発想力と、的確な判断力に長けたチーフと行動を共にしている内にさくらの中にそういうチーフの閃きみたいなものが根づき始めた。
仲間を助けたい、という気持ちが彼女にそれを与えたなら、影響はチーフからなのかなって。


最初はチーフではなく、蒼太の影響かなって思ったんです。
今回、蒼太とのやり取りの中で直接影響を受けた台詞があったんで。


「でも場合によってはアドリブも必要ですよ」


最後に彼女自身もそれを引用していました。
だけど、どういうアドリブをするかというか、直接的なアドリブの手法的にはチーフのそれに近かった様に思います。

今回のアドリブ的行動(=サイレンビルダーに轟轟武装させる)の原動力はどこにあるのか、に着目したところ、やっぱりチーフの影響かなって思えたのはこういうことです。

犬になった真墨、インコになった菜月、そして出目金になったチーフ。
仲間達を助ける取り引き、それも罠と分かっている取り引きです。

仲間を助けたい。

その想い位を強く強く持っているさくらがチーフの代わりに全指揮権を持っている状態。
彼女としても無意識の内にでもチーフの手法を真似しない訳はありません。

つまり、彼女のサブチーフとしての指揮の執り方はチーフの影響が強い筈。
チーフならどうするか、彼女の判断基準としての柱はそこにあります。

チーフも「面白い冒険だろ」と突拍子もないことをよく提案してくれますよね(笑)
今回もそれと同じことをなぞったのだと思います。

その場にチーフはいたけれども、指示を仰がずに彼女は独断でサイレンビルダーに轟轟武装をするよう提案します。

それが彼女にとっての最初のアドリブ、彼女の冒険です。
不可能かもしれない、何か不都合が起こるかもしれない。
だけど仲間を信じて、彼女は提案した。

それがいい結果を生み、彼女はまた一つ成長した。
ちょっとだけ、その生真面目な性格に通風孔を小さく作るように。

生真面目故に融通がきかなかった自分を少し乗り越えた。
今回の裏テーマはそこにあると思います。
前に菜月と二人で出来る限りの武装をして敵のアジトに乗り込んだ時のように、また一つ彼女は大きない歩を踏み出しました。


これからの彼女がまたどう変わっていくのか、とても楽しみですらあります。

【とりあえず、もう帰ろうかな。】
2006年07月28日 (金) | 編集 |
やることがなくなったので久し振りにぼんやりとミクシイ閲覧。
ぽけーっとしていたら、いきなり上司Nさんに怒られました。


------怒られ内容についての愚痴なので、反転-------


N:「B社にお中元の請求書送った?」
私(以下S):「送りましたけど」
N:「なんで送ったん」
S:「なんでって、送っといてねとY課長に言われたからですが」
N:「(渋い顔)送らんでいいのに…余計なことして」
S:「(知るか、そんなこと)」
N:「で、なんで東京に送ったん?」
S:「一緒に東京の住所を書いた紙があったからですが」
N:「ふーん…」



…これ、アタイに非があるんですかね。


っていうか、出張でおらんかっただろうが!!

しかも!!
請求書、送らなくていいということを、お前言ってたか!?
Y課長が送っといてねって言ってたんだから送っただけだろ!?

何にも指示してないくせに、偉そうに人に言ってんな。


八つ当たりでしょ、それ。


お中元の件数を58件取ってきただけのアンタはいいさ。
しかも送り先のデータもらっただけだもんね。
幼稚園児でも出来るよね。

しかも全部同じ商品だもんね、しかも安い商品でさ。
申込用紙に申し込み内容を書く人のことを考えて、もっと商品名簡単なのにしてくれやいいのにさ。


そう。


それを注文書に転記したのはOさんとアタイだからな!!
それをしないと受注も何もなかったんだからな!!

何もやってないくせに、やかましいわ。
ホント、大概にしてくれ。


全てがアタイの確認ミスだとでも言いたげですが、アタイの知ったことではアリマセン


しかもアタイならミスったらきちんと謝るよ。
アタイは悪くないし、謝らないからな!!!
それにまだ怒ってるんだからな!!


寧ろ、アタイに謝れ!!!!!!!!!!!!!


ということを、とくとくとOさんに聞いてもらいました。
Oさんも言ってたよ、あれはアタイが悪い訳じゃないって。
送ってねって言われたら送るのは当たり前だし、気にしなくていいよって。


Oさん、優しい…!!



-------反転終了--------



あー、すっきりした☆
ということで、バレーのニュースでも。


■高橋慎治選手、NEC入部。


宇佐美選手が松下に移籍して、セッター補強という意味でも双方にとっていい移籍だなと。
合成の高橋選手のトスアップとどんな違いがあるのか、チケットが取れたらサマーで見たいなーとか思ったり。

上手くいけば兄弟対戦が見れるってことですかね。
うわー、楽しみ☆

セッターを中心にバレーが見れたら一人前という、アタイの中で格言があるのですが、未だ達成は出来ず。
どうしてもスパイクを打つ人を見てしまうし、好きだからセンタープレイヤーを見てしまうし。

攻撃の要ですもんね、セッター。
まだまだセッターを見る力は勉強中です。


でもって。
特撮系ニュース。


■劇場版公開記念舞台挨拶情報。


姉から聞いたのですが、公式で出ましたね。
っていうか、去年はこんなギリギリでしたっけ?

もっと早く出してよ…!!


詳しい情報は公式でどぞ。
実はアタイもきちんと知ってるのは名古屋地区だけなのです(笑)


だけどさ…!!


発売日が平日ってなんですかー!!!!!!!!!!!!


ありえへん…!!


ネット販売も夜中だし、どうしようね。
あの、翌日仕事なんですが…

携帯から頑張ろうかな…
一応戦国BASARAを借りたので、夜更かしのお供はあるしね。


がんばろー、おー!!!!(気合)



そんなわけで、戦国BASARA、借りました。
世間様では2が出たので、友人Hちゃんに半強制的に託されました。


「siaちゃんに貸そうと思って持ってきた、っていうか、やれ」


Hちゃん、君の心意気は確かに受け取った!!
月曜には長い長い手紙書いてくるからな!!!!


実はアタイは「戦国BASARA」を土下座してでもHちゃんから借りようかと思っていたのです(笑)

シンフォニャも彼女が貸してくれたので、心苦しかったんですよ…!!


Hちゃん、アンタ天使や…!!!!


アタイの好みのビジュアルは真田幸村、長曾我部元親。
声の好みは明智光秀(笑)


微妙に愛すべき阿呆が沢山出てくるゲームが大好きです。
書けたらプレイ感想も書きます。


今は世間じゃ2だってのに、アタイったら…
いいんです、世間は世間、アタイはアタイです。




15:30追記。


JT公式、芦別日記(違うから!!)が更新されてました。
今回は小川君のお当番。

黒鷲で撮らせていただいたあの奇跡の2ショを見せてくれた子です。
内富さんとの2ショ、今でも大事に眺めていますよ、アタイ!!


【感想】

文章がとってもとっても可愛いです。
夏休みの日記帳を覗いてしまったみたいな感じがする…

懐かしい匂いのする文章です、はい。

それから自分の事を「アキラ」と書いてるのが可愛いです。

町野さんは、町野、としてましたけど、小川君は小川、というよりアキラというイメージです(何)


寧ろそんな小川君が、アタイの胸に目撃ドキュン(何)


初体験の芦別合宿で、初めてのトレーニング方法を体験したりと、なんだか微笑ましくてたまりません。

サマーの決勝でお待ちしてます。
おいでませ、愛知県。

【そうだったんだ…。】
2006年07月27日 (木) | 編集 |
友達との会話でアタイはドSだということがわかりました。

え…そうだったの?!
そうなの?


アタイ、ドSなの!?


ドMだと思ってたよ!!


だってだって、己の追っかけ記を読んでいるとドMとしか思えないし!!
そういうわけで、アタイ、特にブログではドSだと本日判明致しました。


ついでに最近では「ツッコミ専科」だったはずなのに、うっかり「天然ボケ」までマスターしてしまった模様。



時々、己の天然ボケ具合が怖いです。


寄る年波には勝てないということでしょうか。


認知症って訳ではないはずなのですが、天然ボケまで披露できるようになったアタイ…
この先、どうなってしまうんでしょう。


しかも。
「お当番の仕事中だよ」とパソコンに貼っておく紙を全力ウサギで作ったのですが、気づいたら見事に落書きされてました


Oさん!!バレバレだから!!
Iさん!!アイデア出さない!!


全くこのお二人はお茶目さんで困ります。


そんなアタイは会社の中で捻挫未遂でした(何)
脚がカクンってして、足首を捻りました。


危ない、危ない。


昨日の夜、4.5kmも歩いた所為でしょうか。
足腰が弱っているかもしれません
(母に付き合ってというか、ダイエット目的というか、兎に角4.5km歩きました)


早くダイエットせねばなー…どうしよう、体重が恐ろしい数字に!!


とりあえずあかねお姉さまのブログでマイメロくるくるシャッフルのOP「コイ★クル」の替え歌があり、思わず大爆笑しかけました。


あ、アブねえ…!!
アタイ、これ以上不審人物になれない…!!


腰が折れるほどの笑いを堪えるアタイ。
頑張れ、アタイ。


だけど死なばもろとも、と思い、妹にその替え歌を紹介してみました。


妹も笑ってくれました。
忙しい妹の心のオアシスになっちゃいなYO!!と思って送ったのでよかったよかった。
めでたし、めでたし…

その影響で、今日は炎天下でもクリーニング屋さんにおつかいに行く時もこの歌を鼻歌しました。
お姉さま、素敵な歌をありがとうございました…☆
おかげさまで炎天下でも機嫌よく歩けました。

会社のパソコンも劇場版デスノートの壁紙にしてみました。
勿論Lバージョンです。


やっぱいいなあ、松山ケンイチさん。



話題変換。



そうそう、蒼太。
さあさあ、暁。
ますます、真墨。



ということで、映士はなんだろう、と考えました。
どうでもいいことばっかり考えて、何やってんだろう、アタイ。

だけど、一応気になります。
だったらアタイが考えよう、そう思っただけです。
いつか何かで公式発表されないかと思ってはいますが、一応考えてみました。




…くだらないですよ?
苦情はご遠慮ください。







では発表します。







えんやこら、映士。








ダメだ、昭和のテイストに…!!!!!!!!!!



すみません、スルーしてください。
こういうくだらないことを考えるのが大好きなんです。
【夏バテ予備軍。】
2006年07月26日 (水) | 編集 |

社内が無駄に暑いです。


クールビズとかで最低気温が28度。
馬鹿馬鹿しいにも程があります、アタイ達はクールビズには入ってないんだよ…!!

人が多いと絶対に室温が30度越えてます。

こっそり誰かが26度設定にしてくれてますが、それでも暑い…
ちょっと動くと汗ばむってどういうことなんですかね。


おかげさまで夏が来る前に夏バテ…ぎゃふん。


頭はぼんくら作るPOPも精彩を欠き、何だろうこのスランプは!!


なのに今日もPOP作りです。
一体今月はいくつ作ればいいのでしょうか。


もういくつめだよ!!!!!!!!!!!!!


今回は手作り感溢れるPOPにしてみました。
リングに至っては本当に手作りですしね。


でもヘボイのです。
アタイの作るPOPにはセンスが感じられません、残念。




♪リーンーグーにぃー、稲妻はぁーしりー(byキン肉マン)



歌わなくていいから、アタイ!!
キン肉マンは悪魔超人篇が一番好きです。


そんなこんなで、オートシェイブでこじんまりと手作り。
「はじめの一歩」なんて読んだことないよ…!!

仕方がないのでインパクト勝負です。
こじんまりと気づける人にだけ気づける特典的にくっつけてみました。


だがしかし。
インパクトとこじんまりって相反する言葉ですな…



あー、肩凝った…



お久し振りのゲーム記。


【シンフォニャ】

・くちなわに勝てました…!!(Lv74)
・ルインも完全復興。
・アビシオンに勝てない(笑)
・闘技場ではロイドとクラトスがサクっと個人戦制覇。
・パーティ戦上級でメルディ・ウッドロウ・ファラに勝てる気がしない。


只今、ロイド76、クラトス74、ジーニアスとリフィルが75という感じです。

クラトスの技をほぼ全部制覇しました。
頑張って覚えさせたんですよ、アタイ!!(闇の神殿にこもりました)

その他のメンバーは74あたり。
頑張ってレベル上げようっと…


【ネオアン】


ベルナールをクリアしてからやってません(笑)
ベルナール、最高…!!

とりあえずシンフォニャが落ち着いたらジェイドやって、レインやり直して、ルネをクリアして、残りに取り掛かりたいと思います(笑)
いや、本命はニクスなんですけどね!!


さなっぺがやってるという【覚醒】(DSソフト)も気になるし、ペルソナの新作も気になる…
学プリも終わりたいし、プレイ待ちのゲームが多いな、アタイ!!
終わらない前に新しいのを買うから終わらないゲームが多いのです。


わかっちゃいるんだ、止められねえ…!!


それから、学園ヘヴンとGSが返ってきました。
今度きちんとコンプしようっと。

そうそう。
アニメの「学園ヘヴン」は「はむはむヘヴン」が一番面白いです(笑)


GJ、三重テレビ!!


寧ろTV愛知でも放映してください。
第一話は見逃してるんです。


しかーし。
あの双子、かなりムカつくんですが!!

仮に学園ヘヴン2が出ても、あの双子は追加しなくていいと思います(ファンの方すみません)

保健医さんはポニーテールじゃなくていい…そしたらLOVELESSの草灯だよ…!!


ちなみにアタイのオススメキャラは中嶋、臣、ナルナル(成瀬)
妹は王様、しのみー(篠宮)、とんちゃん(岩井卓人、たくと、なので「とんちゃん」)


とんちゃん(=岩井)が笑ったりすると「とんちゃんが笑ったわ!!」とか。
「すまない」とか「ありがとう」と言うと、「とんちゃんはありがとうとすまないしか言わない…!!」とか。


こんなことでお手軽にアタイと妹は騒ぎ出します。
ちなみに妹はパンピーなのに学園ヘヴンが大好きな模様。
それってパンピっていうのかね…どうよ、妹よ。


あああ、もう帰りたい…お昼食べ過ぎておなかが苦しい…


【もういっそ伝説になりたい。】
2006年07月25日 (火) | 編集 |

コミックの登録作業をしていました。
まだ終わってません(早くやろうや)


「るろうに剣心完全版」も登録しました。
…アタイが高校生の頃、流行っていました(多分)


齋藤一と蒼紫が好きだった(懐かしい)


商品名の読み仮名を入力するところを見返して、アタイは自分のミスに気がついたのです。
ああ、いけないいけない。

よくあることです、気にしてはいけません。

しかし。
そこにはこう入力されていたのです。




「るろうにけんしん けんぜんばん」



けんぜんばん…?
かんぜんばん、だろ?


健全版ってなんだー!!!!!!!!!!!!!!!!!
健全って、健康で全うってことなんだよ!!!!
元々そういう作品だろうがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!


それとも何か、アングラな「るろうに剣心」でもあるのかー!!!!!!!!!(ないから)


一人ツッコミ、オンパレード。
何やってんだ、アタイ。

…すみません、集英社さん。
ちゃんと修正しておきました。


そんな訳でまた一つ、こっそりと伝説を作ったアタイなのでした。


昨日の東京フレンドパークを見て、オリラジの藤森さんがかっこよかったり(眼鏡取っても素敵でした)「陰陽師2」を見て、野村萬斎さんを見て、その美しさにグラグラしたりで、乙女心は刺激されっ放しです。

どうしよう、もうね、何だろう(何)
陰陽師は1も2も映画館で見たのに、まだ見てしまいますよ。
3やんないかな…

友人Mちゃんが「野村萬斎さんは生まれてくる時代を間違えてしまったのに違いない」と力説します。

そうだよね、彼は平安生まれがぴったりだと思う(誉めてます、ベタ誉めです)


おかげさまで心は平安模様です。
アタイの心が平安です。
おじゃる丸じゃないよ!!(何)


元イヒの南さんが移籍したり、またしても色々ニュースが!!
それにワールドリーグの広島大会にあの大きいお兄さん達がいたらしいこととか。


しかもあのお方が眼鏡かけてたって本当ですか。



め、眼鏡ー!!!!!!!!!!!!(大興奮)



こんなところで大興奮してどうするの、アタイ!!
すみません、トイレいってきます(何)






行けばよかったよ、ワールドリーグ…(もう貧乏だからね…我慢しようよ)


そろそろ溜まってるバトンを消化しようと思います。
と言う訳でだいぶ前に戴いたバトンです。


その名も【シークレットバトン】


*ルール*

●このバトンはメッセージでまわります。
●誰から回ってきたか、と、質問内容は、シークレットです。
●質問の答えのみを、日記に書きます。
●必ず回してください。(止めないで!)
●あなたの知りたい質問を、マイミクさんがどう答えているか、日記でそっとチェックして。


それから、まだ精神的に幼い方がこの下をご覧になると多少気分が悪くなる場合があります。
この回答も冗談半分です。



冗談半分ですよ?











冗談だときちんと分かって楽しんでくださる方向け。


















ちゃんと前置きしましたからね…?












回答、スタート☆







A1.

ゆっくり舐める派ですが、途中で歯を立てちゃうのは口が疲れるのでご愛嬌ということで。
時間が経つと垂れてきちゃうをまた味わうのも一興。

全て美味しく味わわせていただきます☆


A2.

スウィートな後味を味わいたいので、後始末はお任せという意味で無理(笑)


A3.

飲めない。
あんなの、飲む人の気が知れない。


「いいから飲め」というヤツについては「この痴れモノがー!!」と叫びたくなる。


A4.

勿論。
見えないところまで女ですもの。


A5.

ドナドナ(違う)


A6.

Mと思いきや、Sだったりね(笑)


A7.

大きい方がいいなあ♪


A8.

えーと、二時間!!


A9.

お行儀はいい方ですよ?


A10.

後ろ!!


A11.

消す。
真っ暗がいい、落ち着くし、見えないほうがいいものもある(笑)


A12.

悪魔の右手。
すごいよ、早いよ?
結構出来る子だよ?


A13.

洗わないと落ち着かない。
寧ろ、洗おうぜ、皆!!


A14.

三段。


A15.

お楽しみは最後でしょ!!


何々、止めちゃダメ…?


アタイに命令するのは百年早ーいッ!!


欲しい方にはメッセで送りますのでお気軽に(笑)
【Task.21…フレンドリ。】
2006年07月24日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※寝起きで見て、うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


いやああああああ!!!!!


高丘が妙にフレンドリィィィィィィィィィ!!!!!!!!!!


寝起きの頭が一気に覚めるくらいの勢いでした。
なんですか、最初の1分間のやり取りは。

心、鷲掴まれたよ!!!!


そんな訳で、Wヒーローフェスに行った姉から来たメールに仰天事実。
…生チーフを見て泣いたらしい姉。


っていうか、泣くなー!!!!!!!!


アタイも去年、生先生を初めて見た時は泣きそうにはなったけど、泣いてねえぞー!!!!


姉が今号のHV(ヒーローヴィジョン)を2冊買ったんじゃないかと疑いながら、今回の感想、行ってみましょう。


【今週のトキメキ&ツッコミどころ。】


その1。シルバーVSブラック。


「新人のくせに眩し過ぎなんだよ!!」
「黒くて影と見分けがつかないんだよ!!」



何ですか、この二人のやり取り。
小学生以下なんですけど!!(誉めてます)


「この銀色野郎!!」
「黙れ、黒いヤツ!!」



私、先週の次回予告でこれを聞いてから、「黙れ、黒いヤツ!!」が脳内リフレインだったのです(歪んでるぜ、愛情)


早歩き競争だったり、負けず嫌い王決定戦だったり、貸しと借りだったり。
楽しすぎます。

しかもラストですよ、小学生バトルがまだ繰り広げられてます。
寧ろ仲良く喧嘩してます。


君たちはトムとジェリーか。


「お前にはナスをやろう、オタンコナスをな」

…オタンコナスって最近使わないよ、高丘の!!
先々週のガジャ様の「コテンパン」並の死 語 の 世 界 … !!


発言になんだか昭和の匂いがするよ、高丘のー!!


「ちゃんと半分こしてやるから、キュウリを寄越せ」
「お前にはオタンコナスをやろう」



真墨のナイス逆襲!!


高丘の「半分こ」発言にもきゅん(そこか)


…やっぱり生食するならナスよりキュウリの方が美味しいもんね。


だけどナスは生食しないよ!!と言っていたら、母方の祖父は味噌(味噌汁の味噌)をつけてナスを生食していたという情報も。
…いや、アタイはナスは生食しない、無理だ!!

しかもどっから野菜出してるんだよ、高丘の!!
シルバージャケットにはやはり保冷機能が…!?
だって保冷機能でもないと暑くて夏は着てられないように思います。


この似た者な二人に関してはまた後程考察にて触れます。


その2。野菜を配る高丘。

冒頭、さくら姐さんからサージェス、ボウケンジャーについての資料を渡され、説明を受けている高丘。
きゅうりかじってるし、しかもカウチチェアですよ!!

説明くらいちゃんと座って聞きましょうや(笑)

長い話は苦手らしいそうで…そうだよね、そうだよな。
高丘、絶対そういうの真面目に聞かなさそうです。
それでこそ高丘映士です。

欠伸までかましてます。
よし、それでいい(何)

でもね。
自分が所属する組織についての最初の説明くらい聞こうよ、高丘ー!!


だけどそんなマイペースでも高丘が愛しいです(何)


で、説明もそこそこに要するに冒険すればいいんだろうとか言ってますが。
いや、冒険も大事だけどプレシャス確保も大事だよ、映士!!

その後、彼が取り出したのはお野菜。
皆さんの名前を覚えようとする、ちょっと歩み寄りの姿勢を見せます。



ちょっと待て。
妙にフレンドリーじゃないですかー!!!!!!!!!!!!!!!!!


でもでもボウケンジャーは高丘にとって、初めての友達です(違)
そんな友達に、お近付きの印に、と野菜を配ることにした模様。



やっぱりズタ袋!!!!!!!!!!
しかもちょっとミニサイズ!!


前回までの旅支度ズタ袋の中にでも入ってたのかしら、とか考えました。


だとすると、ズタ袋inズタ袋!!


しかも、このミニサイズズタ袋には一体いくつの野菜が…
謎は深まるばかりです(違う)

ちなみに「お近付き」と言う言葉を知っていた、かつて一匹狼だった高丘にも仰天。

よもやこれが「お近付き」という言葉を初めて使ったとかではないでしょうか。
今までお近付きに、とか言いそうにない人生ですもんね。


それよりも。
パプリカにセロリにニンジンにナス。

彼は一体どこまでの野菜を生食するのでしょうか。
つまり、彼の生食の境界線はどこなのでしょうか。


寧ろ「あぁ?野菜ぃ?生で食うのが一番美味いんだぜ、知らねえのか?」とか言って全ての野菜を生食してくれそうな勢いです。


更に予想に反して、皆さんをきちんと名前で呼ぼうとする高丘。
その代わり、ミッション中にコードネームを呼ばなさそうです。

いつかさくら姐さんに「ミッション中はコードネームですよ」と言われて欲しいです。


で、アタイ的には「最上蒼太、よろしく」という、この時の蒼太の笑顔がとっても好きです。


下手に揉めるより仲良くすればいいのに、と別行動中に彼は言ってましたが、腹に一物あるタイプの大人ですね!!(違うよ)

しかも真墨だけは「黒いヤツだな!!」と爽やかに笑って言った高丘。


…真墨に何か恨みでもあるんですか?(小声)


ミスター・ボイスも「なんだこの変な奴」とか言われてました。
ボイスの方も高丘に失礼な奴認定をするものの、レッドくんが選んだならいいけど、となんだか納得してしまったボイス。


チーフすごいな…


上司すらも己の手の内に丸め込んでますよ!!
流石は不滅の牙です(何)


その3。「何様って、俺様は俺様だ」


…ありがとう、高丘の!!

貴方がチーフに負けない天然だとよくわかりました。


その4。断崖絶壁、危機一髪。

俺のことよりプレシャスを確保しろ、と断崖絶壁で危機一髪の映士を助けるか、プレシャスを優先するかで悩む真墨。
仲間とミッションと、どちらも重いんですよね、真墨の中で。

だけど真墨は仲間を選んだ。

きっとボウケンジャーに入ったばかりの頃ならプレシャス確保に向かったでしょうね。
だけどそれをしなかった。

プレシャスは何度でも奪い返せばいい。
仲間は失ったら帰って来ない。

真墨にとって仲間というものの大切さがどういうものか、すごく伝わってきたシーンだったと思います。


その5。変身シーン&名乗り。


映士のゴーゴーチェンジャーに、真墨のアクセルラーを滑らせて変身!!!!!!


キター!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


チーフが前に敵の剣にアクセルラーを滑らせて変身したシーンありましたよね。
あと、蒼太が階段の手すりにアクセルラーを滑らせて変身したり。


そのシーンと同じくらいドキドキしました!!!!!


すごい、すごいカッコイイ!!
心がきゅーんとなった瞬間です。
ヤバイですよ(何が)


あああ、見てて良かった、早起き万歳!!(そこですか)


二人の心に信頼関係が築かれた、それを象徴するシーン。

このシーンまではチームワーク、チームプレイということを理解しきれず、己の戦闘能力のみを頼りに戦ってきました。
しかし、それでは1以上にはならないということを映士は今回の出来事を気づき始めます。


誰かと協力することによって、個々の持ってる1の力は無限大の力になる。


今まで己の力のみで戦い抜いてきた高丘。
しかし、今は仲間が出来た。
仲間が出来たものの、その仲間をどうやって信頼し、共に戦って行けばいいのか分からなかった映士。

だから一人突っ走る行動に出てしまう。
ただ、これは高丘の性格的なものもあるでしょうね。

我が、我が、みたいな性格ですもんねえ…ものすごい自己主張の激しいと言うか、なんというか…ある意味純粋なのでしょう。
それでも今回のことで少しだけ掴めたんでしょうね、仲間というものの本当の意味を。

名乗りもよかったです…!!
力強い名乗りでした。

ヤベエ、後でもう一回見よう。


16:46、思い出したので追記。
(仕事中だろうよ)

最初の戦闘シーンで、サガスナイパーのスナイパーモードで銃乱射で片付けましたよね?


「チェックメイト」(指パチン)


とか勝手にTVの前でアテレコしてたのは私だけでしょうか・


その6。OP変更!!


「た、たいまつー!?」


しかもすごく笑うてるで、高丘の…!!


どうなるか凄く楽しみだったんですよ。
望遠鏡とか気球とか、兎に角冒険に関係あるもので来るじゃないですか。


もう真墨の鞭以上にインパクトあるものじゃないと高丘がじゃないと思ってましたが(どんな思い込みですか)


たいまつですよ、奥様!!!!!!!!


しかも高丘笑ってるし(二度目)
思わずTVの前で大爆笑。


さぞかし家族も不審に思っていたことでしょう。
すみません、恥の多い人生です。


そうそう。
サイレンビルダーもOPにお目見えしてましたね。
サイレンビルダーと言えば、最初は何フォーメーションなのか聞き取れなかったんです。


サイレンフォーメーションって何(小声)



警鐘ですよ、サイレン。
警鐘隊列ってことですよ。


その7。一寸法師サイレンビルダー。

…まあ、見ていたまえ。
こういう戦い方もある(違う)


その8。ニンニンニン。

カクレンジャーと来たらこれしかないと思った。

首巻き(ネッカチーフかよ!!)が各エレメントカラー(違うから)だったことにドキドキ。


蒼太、素敵…!!



【今回の真面目な考察。】


■テーマ:似て非なる闇、映士と真墨。


真墨もかつて、仲間とは決して言えない仲間みたいな人と一緒にいました。
仲間内でも下働き的な役割で、それでもトレジャーハンターとして一人前になる為に歯を食いしばって生き抜いてきた。

幼い頃からそういう環境にいて、だけど菜月に出会ってなんとなく仲間と言うものが分かって、その後、ボウケンジャーとして仲間というもがどれだけ大切かを知った。

影のヤイバ…違う、なんだっけ、あの闇にこだわってた忍びの人(最近出て来てないから忘れちゃったよ!!)と戦った時に、お前の心には闇がある、と言われた真墨。
しかし闇の力に飲み込まれそうになった真墨を信じ、光の力に引き寄せたのは仲間であるチーフだった。


なんだか似てませんか。


父親を失ってから、たった一人でアシュの監視者と戦い続けながらも、アシュのハーフであるが故にアシュを憎み、それ故に己に流れるアシュの血に覚醒しかけた映士。
しかし、アシュとして覚醒しようとしていた映士の中にある光(強さというべきか)を信じたのはチーフだった。


チーフが見出したのは、二人の「光」
その光とは強さ、その心全て。
闇を弾き、光を放つその心のありよう。


二人は似ている、似ているからこそ分かり合える。
チーフは否定していましたが、チーフはなんとなく気づいていたのではないでしょうか。


「買いかぶるな、アイツらが勝手に仲良くなっただけだ」と言いました。


つまり、無理に仲良くさせようとは思わない。
だが仲良くなれる要因はある。
似ているからこそ衝突もするし、逆に分かり合えもする。

チーフは単に「仲良くさせる」為ではなく、本当にただのキッカケとして二人を組ませたのでしょう。

少しだけ互いを知るだけでもチームとして収穫はある。
二人の背中を押しただけ、とでも言いましょうか。

真墨もどこか一匹狼ちっくだったし、映士は言わずもがな。
しかし、真墨と映士の闇はどこか違う。

映士の闇はアシュという己の血、先天的なものが原因で原因故に更なる悲劇(=父親を殺した)を生んだ。
その闇は映士の心を深く閉ざし、巣食う漆黒の闇として彼を孤独と言う贖罪に誘った。

一方、真墨の闇は育ってきた環境によるもの、後天的なもの。
自分が助かる為に共に行動してきたものを犠牲にしたという罪悪感、それが心の奥深く、自分でも自覚していない場所に闇として根づいた。
まだ彼の闇は薄かった、引き返せる位置に闇が巣食っていた、チーフと菜月の心が彼を救った。

彼らの「闇」を切り裂いたのは、信じられる仲間という光。
信じる心は強い光となり、二人の心を闇から脱却させた。

二人は闇と光を内包するもの、しかし違うのは闇の性質。
先天的なものなのか、後天的なものなのか。
闇がどんなものを心にもたらしたのか―真墨には仲間を犠牲にして生き延びるかもしれない恐怖を、映士には仲間を作らないと言う孤独を。


チーフはどっちも持っていたのでしょう。

かつてマサキとキョウコという仲間を結果的には犠牲にして、生き延びて、プレシャスを手に入れた。
もう誰も失いたくないという心。


チーフが二人を救えたのはかつての自分の闇を二人に見たから、なのかもしれない。



…またまとまってないな、考察!!
すみません、誰も読んでないと思うけど一応謝ります。



↓追記にHV感想。
【乙女の主張。】
2006年07月21日 (金) | 編集 |
言いたいことも言えない、こんな世の中じゃー
ポイズーン!!!!!!!!!!!




いきなり反町隆史さんの「POISON」が心のBGMです。
先日大量にクリーニングに出したかりゆしウェアが本部に戻ってきました。


その数、238枚。



「場所作っとくんで、片付けておいてくださいね」


とにこやかに言い放ち、外出したTくんを恨むのはもう何度目でしょうか。



エアコンも効かないバックスペースの物置で、クリーニングから帰ってきたかりゆしウェアをゴミ袋に詰めました。

汗だくです。
もう既にかりゆしウェアはぐちゃぐちゃです(笑)


いや、もう一応クリーニングしてあるしさ…(言い訳)


っていうか、アタイにこの作業を頼んだ時点でTくんの判断ミスです。
しかも、そのスペースには100枚しか入りませんでした。
(ぐちゃぐちゃにぎゅんぎゅん詰めにして、100枚)


心の奥底で反町さんが歌ってたのです。


「言いたいことも言えないこんな世の中じゃー、ポイズーン…」


ああ、きっとこんな心境なのです。
これぞ心のBGM。


それにこれから59件もギフトの宛名書きをしなければなりません。
申込書に記入するのですが、手書きしないとダメという代物。
書くところいっぱいあります。


いい加減、右手が壊れるよ!!


来週でいいよと言ってましたが、来週のいつまでなのか、言ってませんでした。

っていうか、来週もアタイは忙しいのです。
まだコミックのPOPも、登録も終わってないよ。
そう言えば、お盆時期の発売予定表も作ってない!!(ギャー)


Nさんよ、こんな繁忙期にこんなこと頼むなよ!!と心で泣いてみた。


でも救われない…(何)


アイツ、ドSなんじゃないかな…しかも着うたが「タラコQP」だし。


回る、回るよ、全然違うものが回るよ、タラコー!!!!!!!!!!!!



そんなアタイを見かねたのか、天からの助けがありました。

いつも迷惑をかけてすみません、Oさん…!!!
これでも精一杯です…!!


時間がないので軽く今更なJTニュースについて。


■アントロポフさん、監督就任!!
■新外国人さん、いらっしゃーい。
■元イヒの田村選手、おいでませ。




アントロポフ監督ですか!!(驚愕)
これはちょっと予想外でした…だけど、にこやかに選手の皆様をビシバシしごいてくれそうな感じがいいですね(何)


それから、一回も見れないままゲイブが退部し、新しくマリ選手(でしたっけ?)がいらっさったそうで。
これまた楽しみ。


そして田村選手の入部。
若手のセンター、しかも中央大の方じゃないですかー!!!!!!!!!!!
JTは中央大OB多いですので、先輩後輩のやり取りがどんな風なのか、ものっそい楽しみです(そこか)
今もセンターの選手層は厚いですが、そこにどんな新しい風をもたらしてくれるのか、今から楽しみでなりません。


他のイヒの皆さんも数人か動向が決まっているようで。
でも退社した方も数人いらして、転進とある選手もありましたので、どうなるんだろうとドキドキしながら待っています。

あー、やっと落ち着いてきたんだけどなー…
勇退が終わったら移籍が来るし、まだまだ目が離せないってことですかね…



コメントレスは月曜日にします!!(土下座)
【日々、ワタワタ。】
2006年07月20日 (木) | 編集 |
大変だー!!


先日新システムとやらが導入されました!!
まだそのシステムで稼動している店舗はありませんが、本部では先行導入です(当たり前だ)


しかーし!!
入力も今までのシステムと全然違います。
二時間もその説明会で残業した日からもはや二日経ってますが。



未 だ に 訳 わ か ん ね え … !!



なんだよ、どこをどうすればどこが制御されるんだよ!!
アタイ、訳わかんないですよ!!

発注の制御は本当にここでいいの?
んでもって、煙草の仕入先はここで本当にいいの?
外国煙草だよ?JTでいいの?


もうなんやら訳がわかんないことだらけです。


仕方ないので分かる人にべったりです。
すみません、物覚えの悪い人生です。


そんな中、なんとか仕事のラッシュを終えました。
一番急ぎのは終わりました。
(そこだけですか)

まだまだ仕事は残っています。
でもなんとか片付けられる見通しが立ちました。

今週中にはなんとか色々終われそうだ…それが終わったら今度はコミックス登録地獄が!!


アタイ、どっこい生きてます!!
地獄の果てまで、目指せボウケンジャー!!(違)


しかしながら、微妙に鬱な時に読みたくなる本を出してきたりしています。
それは、よしもとばななさんの「N.P」という作品です。
大学時代、ゼミで扱ってた作品で、姉から借りパクした本です(笑)
ごめんね、姉。
もうボロボロになるまで読んだよ、この本。

で、この「N.P」とは「NORTH POINT」の略だそうなのですが、私にとっては「NEGATIVE POINT」なのです。
アタイのネガティブなところをとっても刺激してくれます。
なんだろ、どっか鬱というか、なんというか。
この本が読みたくなると、自分の精神状態が思わしくないことを自覚します。


自覚のあるだけマシだね、っていうか、自覚ある時点でそうでもないのでしょうか。
ネガティブと言えば。



ネガティブ・シンジケート!!(違)



いつか買ってしまいそうだな、ゴーゴーチェンジャー…
そんでもってゲームもやらずにぼんやりしてたり、ぬいぐるみに高丘と名付けてみたり。


人生も色々です。
男も色々です(島倉千代子?)



会社では斜め前の人がいきなり坊主になってて仰天しました。


何それ!!
どうしちゃったんですか!!


一応話の流れから推測すると、本人曰く「なんとなく」とのことです。


なんとなくで坊主になるのか!!


本当に本当に、人生は仰天の連続です。


ブログに書こうと思っていた内容もいくつかあるのですが、先日からの多忙で忘れてしまいました。
どうも最近、若年性痴呆症のケがあるようです。
体力の衰えどころか、脳みその衰えが深刻問題です。

バトンも答えてる暇が…!!
先週末、あんなに暇だったのに…頑張れ、アタイ!!


そうそう。
「オトコ香るガム」を貰いました(唐突)


「オトコが香るってなんだよ!!」と新商品案内を見た時から思ったものですが。

食べると口の中からバラの香りがします(笑)


だけど味と香りをあわせると、石鹸みたいな味がする…
石鹸食べたことないけど、石鹸みたいな風味が…


こんな味の飲み物、昔飲んだことあるような…
ある意味懐かしいのか、そういうことか!!


早くサマージャンボ、買わないとなー…



今回は脈略のない内容で申し訳ないです。
これがアタイの小宇宙です(小宇宙はコスモと読もう)
【Task.20…脱いじゃ駄目だ!!】…2の巻。
2006年07月18日 (火) | 編集 |
はい、【今週のTVの前でツッコみ隊。】の続きです。



「ゴーゴーチェンジャー・スタート・アップ!!」


エマージェンシー・デカブレイク!!(違うから)
何度見ても、シルバーはステンレスの輝き(違いますから)

っていうか、早く名乗りが見たいです。
いつか名乗りの練習してくれますか、眩き冒険者、ボウケンシルバー!!と(そんな舞台裏、やんないですから)


そんでもって消防車で登場する高丘、いやシルバー。


「ちょっと待て、なんかカンカン言うてるし!!」


いや、消防車だから当たり前だけど!!

しかもなんだかシルエットがやたらとヤッターワンちっく…(平成ベビーの諸君はわかるだろうか…)


車体の横にある取っ手かなんか持って、立ち乗りしてやしないか心配になりました(笑)


「ワンと吠えりゃ、ツー・スリー!!」


思わず歌います、ヤッターマンのOP。
昭和のお友達を舐めてはいけません。


しかも、ありえない無茶な動きをするエイダーとポリス!!
半ば空飛んでるじゃんよ!!!!!!
それにやたら強いじゃん、緊急車両なのに!!


「緊急轟轟合体!!」


一応緊急車両だもんね…それはそうだよねえ。


サイズはきっとデカバイクロボ的だ!!(しつこい)


って、ダイヤル式…!?


ネオパラレルエンジン搭載のくせに、こんなところがアナログ式かよ!!
寧ろ、早く合体しなきゃいけない時に、このダイヤル方式が弱点になればいいと思います。


「あ、次12なのに、13までいっちまったじゃねえか…!!この急いでる時に…!!」とか焦ったら面白いと思う(笑)


「ジャッキアップー!?」



朝からこんなに笑わせないで…腰折れる!!
カエル飛びアッパーだしさ…
ナックルバルカンはガンダムちっくだったと思う(イメージ先行)


「トリプルリキッドボンバー!?」


しかも頭からですよ、放水。
二本だったホースが三本になって放水。


なんだよ、この必殺技!!(笑)


液体でやっつけられるクエスターロボ。
強いのか、弱いのかわからんな!!


いや、いいんですよ!?
でも微妙じゃないですかー!?


そんなこんなでツッコミしながら居間のTVで鑑賞したアタイは勇者だと思います。


ではでは、唯一真面目に書くこのコーナーいってみましょう。


【今回の真面目な考察。】


■テーマ:高丘映士、恐れ、過去、強迫観念。


「憎しみを消すことは出来ない」という映士。
「いつでも一人だった」と彼が語るように、彼は父親を失ってからずっと一人きりで戦ってきた。


自分の所為で誰かが死ぬのはもう嫌だ。
この体に流れる忌まわしいアシュの血が憎い。
「父さんを殺したのは、俺と母親だ」と彼が言うように、アシュを憎むこと=己の中のアシュの血と、その元凶となった母親を憎むこと。

父親を殺してしまったことは、映士にとって一生を賭けても償いきれない罪。
初めてアシュの血が目覚めた映士に父親が言った言葉も信じられなかった。


「母さんはアシュだが、俺は真剣に愛した!!」


尊敬し、共に戦ってきた父親を手に掛けた傷はそれほどに深かった。
父親の言葉を信じられないほどに、彼は傷つき、苦しんだ。

出来れば、忘れてしまいたい過去だった。
半分はアシュであるという事実も目を背けたい現実だった。


しかし彼は過去を捨てることも出来ず、ただ仲間というトラウマを負ったままでもがむしゃらに戦い続けた。
戦うことだけがトラウマを乗り越え、傷を癒し、罪を償う方法だったから。

アシュは許せない存在。
だけど彼にとって一番許せない存在だったのは、自分自身だったのではないでしょうか。
だから使命を全うしたかった。

全てのアシュを滅し、戦うことが自分への罰であり、使命。
償いの意味と弔いの意味、そして何より今生きている自分に意味を与えること。

それが使命。

それだけが高丘が人間として生きる方法だった。

彼を救うのは、逃れられない使命。
使命と同じだけの罪を背負って彼は生きてきた。

誰にも心を開くことなく、アシュの滅亡を、引いては全てのアシュを滅した後、己が滅びることだけが望みだったのではないでしょうか。

己がアシュになってしまう前に、全てのアシュを滅して、それで自分がいなくなれば使命は果たされる。

きっと彼はそんな風に考えていたのではないでしょうか。
使命を果たす日まで、彼は戦い続ける。

それだけが彼を生かす。

アシュの手によって誰かの命を失わせない為に、一人きりの戦いを選んだ。
また、誰かを父親と同じように自分が手に掛けることがないように。

一人で生きていくことを選んだ。
人知れず、一人きりで戦ってきた。

それは逃れられない運命であり、使命であり、それだけが彼を「生」に繋いでいた。
きっとそんな刹那的な何かがあったように思います。


だけど彼の気持ちを開いたのは、自分の意志とは無関係に過去を失ってしまった菜月の言葉。


「憎まずにはいられないさ」
「捨て切れない、この過去も憎しみも」

きっと、この憎しみも過去も完全にアシュになってしまえば捨て切れたでしょう。
アシュとして、殺戮と破壊に身を任せれば、父親を殺した過去も、アシュへの憎しみも感じなくて済む。


だけど彼は人間としての自分を選ぶのです。
それがどれだけ辛いことか、彼自身も分かっている。
彼は逃げることをよしとしない、強い人間だから。

だけど彼は強くもあり、弱くもあった。

アシュへの憎しみを捨てることは、己の中のアシュを認めること。
アシュになることをよしとすること、そう思ったのかもしれません。
それを許すことは、負けることだと思ったのかもしれない。

アシュになるかもしれない恐怖は憎しみに摩り替わった。
アシュを憎むことはアシュと戦う力になった。
しかし皮肉にもその憎しみはアシュの血を目覚めさせる。
そうして少しずつ強くなるアシュの血を恐れる。

悪循環だったのです。
憎しみが血を目覚めさせる、映士の母が言っていたのはこういうことではないでしょうか。


菜月は言いました。

「菜月には、過去がないから…」
「でも、それ(=過去)も菜月の一部だから」
「映ちゃん、冒険ってなんだと思う?それはね、不可能だと思うことに挑戦することなんだよ。だから映ちゃんにとって、初めて仲間を作ることが、冒険なんだよ」


過去を自分の意志と関係なく失って、でも仲間を得て彼女は強く生きている。
菜月が強き冒険者なのは、こういう部分なんだと思います。


いつでも本質を正しく見つめることのできる勇気。
それを伝えることの出来る強さ。


仲間を作ることなど未来永劫不可能だと決めつけていた自分。
それは仲間を失いたくない、自分の所為で失いたくないと言う弱さだったこと。
映士は「もう父親を殺してしまった時のような、あんな想いをしたくない」と思っていた筈です。

だけど、それは逃げてるだけだったのかもしれない。

仲間を作ることなど、出来ないと決めつけていた自分。
差し伸べられた手を取ることが出来なかったのは、過去に捕らわれていたから。

過去を背負って生きていくことが罪滅ぼしだと思っていた映士に、真逆の方法を示した、それが菜月。

過去を背負っても、前に進むことを忘れてはいけない。
過去を責め、自分を罰し続けても失ったものは還らない。
彼はそう思っていた。

だけどそれは前に進むことを拒んでいるだけで、それでは何も変わらない。
何かに挑む気持ちを忘れてしまったんじゃないか。
自分の為に、そして失ってしまった人の為にも、もう誰も失わないように、自分の為、そして誰かの為に、そんな未来を作れるのではないか。


高丘はそのことに、やっと気がついたのです。


そして母の残したティアドロップ型のクリスタルに、母の魂を見つける高丘。
母の眼差しに、自分を愛し、父を愛したその想いを感じ、彼はやっと気づくのです。


「アンタと父さんは本当に愛し合った。そして俺は生まれた、そうなんだな?俺の中のアシュの血は、その証」


死んだ父の残した想いと、見守り続けた母の想いが重なった瞬間。
彼はやっと己の中のアシュの血を憎しみの対象でなく、父と母の愛の証として受け止めることが出来た。
自分への憎しみを、乗り越えることが出来たのです。

ただ、全てのわだかまりが失われた訳ではないでしょう。
父親を殺してしまった過去は消えない。


だけど、それ以上に新しい一歩を踏み出すことができる。
過去を背負っていても、出来ることはあるのです。


父親が母親と息子である映士を愛したように、彼も自分の為に、誰かと信じ合い、戦うことが出来る。


「使命だからじゃない」
「アイツらと一緒に、冒険してみたいからだ!!」


もはや使命という鎖は、解き放たれたのです。
憎しみと言う足枷は彼の中で解かれた。

アシュの監視者としての使命の為に、己を憎みながら生きてきた高丘映士。
それでもチーフは彼をボウケンジャーとして、仲間として受け入れようとした。

彼を苛み、戒め続けた呪縛はやっと解かれたのです。




書いてる内に訳わかんなくなってきた!!
今回の考察、ちょっとつじつま合ってないです(多分)
だけど、高丘の自罰の思いがやっと昇華されたのだと思います―菜月の言葉で。


ホントすごい子だなあ、菜月…

【Task.20…脱いじゃ駄目だ!!】…1の巻。
2006年07月18日 (火) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンだったくせに、高丘にその想いを根こそぎ魂滅された模様。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


siaのボウケンジャー視聴歴史上初の寝坊をしましたー!!!!!!!!


ありえん!!
こんなに楽しみにしてたのに、何故だッ!!

ちなみに寝過ごした私をママが起こしてくれました…7時35分に(笑)
だけど後で録画したのを見たところ、最初の五分で美味しいところがいっぱいあったことが判明。


録画しててよかった…!!

ではいってみましょ。
まずはこちらから☆


【今週のトキメキどころ。】


その1。次回予告全般。


まずはここだろ!!
私は隣に父がいたのに、思わず呟きましたね。


「黙れ、黒いヤツ!!」


ヤベエ…!!
ヤベエよ、高丘の!!


真墨と早歩き競争してるよ!!


お前ら、小学生かよ!!


それでもいいけどさー!!
寧ろそこがいいけどさー!!(笑)


っていうか、どっちが「キング・オブ・負けず嫌い」か競争だろ、これ!!


きゅんとしました、本気で。
後で妹の部屋でもう一回見た時に、ここときめかない?と聞いたら「おかしい」と言われました。


いいんです、アタイはここでときめいたもん!!


前々から絶対名前とか呼ばないと思ってたんですよ、彼は!!


アタイ的に考えた、高丘的チーフ以外の呼称。
(チーフだけは「明石」と呼びそうです)


さくら姐さん=偉そうな桃色。
蒼太=青いタラシ。
真墨=目つきの悪い黒いの。
菜月=お人好しの黄色。


あと、絶対にカタカナを使わないと思います!!
だってアシュの監視者だから(関係ない)


ピンクなんて発音するのも恥じらいそうです。


「ぴ、ピン…ク、だと!!桃色だろうが!!そんな女子供の色、桃色で十分だ!!」とか絶対に言うと思います。


あと、真墨以外の4人が野菜食ってましたね。


蒼太、セロリ…!!(何)


かじってるよ、セロリかじってるよ!!と何故かアタイは大興奮。


どうしてくれよう、高丘の!!



その野菜は早速サージェス本部の中庭で栽培したものですか(違)
来週、どんな経緯であの野菜が彼らの手に渡るのかを見届けるまで、想像力を働かせてみたいと思います。


ジャージにスニーカーでビニールハウスで野菜栽培に精を出す高丘とか、見たいけど怖いよ!!(想像し過ぎ)


その2。戦隊紹介。

爽やかに「今日のスーパー戦隊は?!」とか言ってる高丘にきゅん。
というか、カンフースーツですよ、奥様!!(誰)

「はッ!!」と決め顔の蒼太にきゅん…
どうしよう、ときめくよ!!

その視線にKOだってばよ!!



…だけど一番最初に目が行ったのは高丘だということをここに白状します。
マジですみません。
しかも女性陣が二人してチャイナだと言うことに全く気づきませんでした(駄目すぎる)


何回見ても、高丘と蒼太に目が…!!


ちなみにやはり姉はチーフの二段蹴りにきゅんきゅんだったとか。


その3。菜月と映ちゃん。

菜月と映士が二人で話してるシーンはすごく感動的でした。
その後の映士が過去と己の中のアシュの血を乗り越えるシーンもとても感動!!

ここについては【考察】の方で詳しく書きたいと思います。


その4。シルバージャケット。


ついに黒コートを脱ぐ日がやってきた…

いやいや、脱がなくていいよ!!
シルバージャケットを着ないでくれ!!とTVの前で祈り続けるアタイ。


「しょーがねえだろ、俺様がいないと戦えないんだろ」


と彼は言いましたが、来週にはパラレルエンジンがバージョンアップ完了してそうです。

だって一週間って言ってたし…(小声)

「どうしよう、彼のアイデンティティが!!」と既に今から弱体化への心の準備を進めてみるアタイ!!


6人目のジンクスも三年目に突入すると、弱体化への心の準備を進めておかないと、という気持ちが先行してしまうのです(笑)



ちなみにその後の「まいったな、こりゃ」という蒼太に昭和の匂いを感じました。



っていうか、そんな蒼太からはデカのジャスミンの匂いがしたよ!!


その路線、アタイ的にはOKだ!!


「プレゼント」と言ってシルバージャケットを差し出した菜月に一瞬笑ったものの、あからさまに怪訝そうな、そして嫌そうな顔をアタイは見逃しません。


差し出されたのがあれでは、いくらアタイでもちょっと嫌です。


だってデザインが微妙…(超小声)


それに、あからさまにサウナスーツです。
熱いぜ!!(違)
これからの季節にはちょっと暑そうです。


頑張れ、シルバー!!


コートを放り投げ、シルバージャケットを羽織る高丘。


…腕がたくましい(きゅん)
背中フェチにはたまらない背中してる(きゅん)


きゅんきゅんポイントが高すぎて、プレシャス認定してしまいたくなりました。


ありがとう、高丘の!!


ちなみにあのコートは、さくら姐さんか菜月がそっと拾って、高丘に返してあげて欲しいと思います。
だって父との思い出がいっぱいの品だからね…



トキメキどころはこんなところでしょうか。
じゃあ、少しずつ思い出せるところを書いていきます。


【今週のTVの前でツッコみ隊。】


「ガガドム」(?)を「ダサい名前」呼ばわりされたガジャ様。


しかーし!!


「クエスターロボ」はもっとダサいと思う…(小声)


高丘映士の勧誘理由が「面白いヤツだからだ」ってさ。


面白きゃなんでもいいのか!!(笑)


「面白い」の基準がそもそもチーフの基準だから、きっと普通の面白さじゃないんだな、これが。
冒険馬鹿なチーフの心を震わせる、それが面白味!!


っていうか、そんなチーフが一番面白いよ!!


まあ、味のある奴ってことでしょうけどね。
面白いだけであっちこっちからヘッドハンティングしてきちゃいそうですよ、チーフ。


子供時代の映士。
まだコート着てないけど、ズタ袋は持っている映士。


年季入ってるのね、ズタ袋!!

ズタ袋使用歴何年ですか!!


寧ろ何年ものですか!!


しかも、見方によってはカッコよく、見方によっては微妙なトコまでそのままかよ、子供時代!!


声はちょっと橋本あっちゃん(魁ちん)に似てたような…声変わりする前はこんな感じ?みたいな。

そんでもって高丘父の「離すなよー…」にときめいたのはアタイだけですか。


なんかね、父の愛がね…こう、胸にね…きゅんとしたわけです。


今回は激しく長くなってしまうので、二個に記事を分けます。
以下、ツッコミどころは次の記事でどうぞ。

【新入り。】
2006年07月16日 (日) | 編集 |
20060716173554


【新入り。】

ドーム前イオンにてゲットした新入り。

平和そうに可愛く寝ているが、角度によっては、ややブサなこのにゃんこ…

タカオカと名付けてみました。

見れば見るほど高丘映士に見えてくるから不思議です(笑)

今日の放映の感想は火曜にUP予定。

「黙れ、黒いの」

いいぞ、高丘…!!
真墨と負けず嫌い対決ですか!!

正直ときめいた…(*´▽`*)

【「DEATH NOTE」観てきました。】
2006年07月14日 (金) | 編集 |
どうもこんにちは、なんだか忙しくなってきました。
何故だ!!!!!


「ネオアンジェ」でうっかり何かをすっ飛ばしてしまったらしく、レインの攻略が不可能になったことをEDまであと30分くらいの時点で気がつきました。


リカバー不能かよ!!(それの1つ前のデータは2時間以上前のデータ)


何があったんだ、レイン!!


仕方ないので、女王EDと陽だまり邸EDを見て2週目に入りました。

最初からは面倒なので、途中で取って置いたレイン、ルネ、ベルナール、ジェイド攻略用のデータを使用。
で、またしてもやらかしていたのか、ルネとベルナールを同時に攻略してデータを分けようと思ってたら。


ルネが攻略不可能に…!!!!!!!


君の正体は分かっているが、なんだよ、アタイが何をしたって言うんだい!!
なので、ベルナールを攻略しています。


この人、マジでいいよ…!!


「小さなアンジェ」呼ばわりにときめいたアタイって阿呆ですか。


そんな嘆きと感嘆の神様なアタイですが、どっこい生きてるリアルなエモーション


微妙に仕事の〆切に追われ、息絶え絶えですが、余所事ばっかりやってます。


ウイイレ侍動画とか見てましたよ。
余裕ねえのに!!

そんなことばっかりしてるから、東京のTさんにボケた発言かまして怒られるんだよ…!!


ということで、前置きは非常に長いですが、「DEATH NOTE前編」見てきました。




ここから下はネタバレしてます。
















以下、ご用心。









めちゃめちゃネタバレですよ?





























































ということで【DEATH NOTE】感想。


キャストに関しては言うことないです(笑)

主人公夜神月(やがみ・らいと)は藤原竜也さん。

聡明な大学生だった彼がひょんなことからデスノートを手にし、己の正義を信じながら、無意識のうちに狂気の殺人鬼へと変貌していきます。

原作では完璧な高校生から大学生、警視庁へと少しずつ成長していきますが、大学生という固定設定の模様。
そんでもって原作だと己の正義と才能に任せて人間関係も何もかもが彼の計算通りになっていく、世界を操るパペットマスターみたいなところがありまりますが、映画だとなんて言うんだろう…デスノートに取り憑かれていく感じがしました。

最初のバスケの賭け試合をしてるところとか見てても、月を取り巻く人間関係は月の計算によって成り立ってるのかなと。
どうすれば好かれるのか、周りに人が集まるのかそういうことを計算しつくした虚像の元で大学生活を過ごしている感じがします。


だけど、バスケやってる月、かっこよかったけどなんか違和感が…!!

そんでもって見た目は個人的には文句なし!!
月そのもの、という感じだったと思います。


惜しまれるべくは字があまり綺麗じゃないこと…(ごめんなさい)
ご本人様も気にされていたようですが、あまり上手とは言えない…でもある意味味があっていいかも。


ちなみに一緒に見に行った母親は「あんなに綺麗な顔で、演技も上手いのにねえ…天はやっぱり全てを与えないんだね」と言ってました(笑)


で、月の父親、夜神総一郎は鹿賀丈史さん!!


アタイ、大好きなんですよ、このお方。


映画を観るまでは、ちょっと若すぎるし、綺麗過ぎるかなっては思ってたんですよ。


いやいや、侮るなかれ。
ぴったりでした(笑)


で、アタイ的ヒットはこのお方。
L役松山ケンイチさん。


友人曰く、コスプレ俳優な彼(NANAでもベーシスト役だったそうで、格好が奇抜なイメージがあるそうです/笑)


Lの感じが良く出てるんですよ、抑揚のない感情のない喋り方とか仕草全般。


お菓子を汚いものみたいに摘み上げる指先の綺麗なことと言ったら!!
チョコとか食べたくなりましたね、角砂糖積み上げもやってみたい(笑)



それと、寝顔、超可愛かった…


それから、ワタリ役の藤村俊二さんがツボ過ぎて困りました。
どうしよう、あの人以外ぴったりな方いませんよ…!!


一番がっかりしたのは瀬戸朝香さんこと、南空ナオミ。


恋人のレイ(響鬼さん…違う、細川茂樹さんでした)が殺されてからのナオミ、なんか木曜22時のドラマみたいじゃないですか…?
怨念というか、情念というか。

なんだろう、悲しみに暮れながらも強く事件を追っていた原作のナオミ像とは少し違っていて、なんか違和感が!!
レイに甘える仕草とか見たくなかったですねえ…ナオミのそういうところは別に出さなくても良かったような。
もっとカッコいい女というか、クールな大人の女、プロフェッショナルな女という感じにして欲しかったです(涙)

詩織を使って月を呼び出した時のライダースジャケットと皮パンツの彼女はちょっとムチムチ過ぎなような…


兎に角、このキャスティングだけは疑問符!!


疑問符と言えば、ミサミサも疑問…


…なんであんな声低いんですかね、ミサミサ。


もっとキャピキャピした阿呆っぽいけど元気で健気な子の方がよかったような…
詩織に至っては、キスしていいよ?と言ったあの時にげんなり。


女性が軒並み「ちょっとなあ…」と思った分、余計に男性キャストがよく見えました(笑)


ストーリーは、原作できちんと予習しておく方がいい感じでした。
観てないと置いてけぼりな感じがあるかも。

原作本を読んでいる母と妹は「眠気と面白さが交互にやってきた」らしく(笑)時々眠そうな顔をしてました。

だけど面白かったですよ?
原作を頭でなぞりながら、それを補いながら見れましたし。
結構忠実に作ってありつつも、オリジナル要素があって、面白かったです。


原作のストーリーのキモである、L対キラという構図はあんまりババーンと出てなくて、顔合わせ的なところで終わってます。

キラに対するLの考察もあっさり、Lに敵対心を持つのもあっさり。
2時間で収まるように作ろうと思うとこうなる、みたいな。
漫画原作でキャスティングにがっかりしないで済んだのは個人的には奇跡的だと思いますしね。


でも、最後のポテチ齧りながら出てきたところは、鳥肌でしたね。


お前の行動はお見通し、自分の推論が正しいならばキラはやっぱりお前だという宣戦布告みたいな。


L、カッコいい…!!!!!


ラスト近くで、恋人だった女性を月は殺します。
(ものすごいネタバレだな)
しかもデスノートのルールを最大限に生かした殺し方で。


その事実が明らかになった時、本当に彼女を恋人だと思ってたのかなって思いました。


感想の最初に書いたんですけど、「どうすれば好かれるのか、周りに人が集まるのかそういうことを計算しつくした虚像」の月には、聡明な彼女が必要だったんじゃないでしょうか。
法に対する熱意に溢れ、真っ直ぐな信念を持ち、聡明な女性というのが。

夜神月という人間を飾るアクセサリーとして、彼女が必要だったのかな、と。

だけど、彼女を殺す選択を彼は選びました。
最終的にLとの勝負に勝つ為の最初の布石として、彼女を捨て駒にします。


彼女が死んだ時の涙と、その後の「これで捜査本部に入りたいと言っても誰も反対しないだろう」という言葉。
どっちが本当だったのかと言われたら、やっぱり後者で。


これもデスノートという狂気に取り憑かれたからなのかな、と思ったり。


月の中で、月の知らない間に何かが変わっていく。
それがデスノートの恐ろしいところなのかなと。
ノートが持つ殺人能力より怖いですよ。
命の尊厳という人間として何より大切なものを失っていくのですから。


これが不幸の始まりなのです、多分。
思い通りに人が殺せる、そんな能力を手に入れて、彼は神に成り代わろうとする。

狂気に取り憑かれた悪魔になっていく己に気づかない。
それがデスノートを使ったものは幸せになれない所以、そんな気がしました。


後編も観に行きますよ!!
勿論一番の目当てはLですけど(笑)

誰も知らない結末とやら、観てみようじゃないの!!
【叫べ、愛の言葉。】
2006年07月12日 (水) | 編集 |
ア メ イ ジ ン グ … !!



すみません、ネオアンのやり過ぎです。
だってこうやって言うんだもん、赤い髪で銀のメッシュが入った人がさー!!!!!!
しかも高橋広樹さんだよ…!!


だけど、正直ありえない!!

そんな誉め方ありかよ、ルビー・パーティさんよー!!
それでももう一度。



ア メ イ ジ ン グ … !!



そんなわけで、奇跡が起きました。
別に女王の卵が世界に降誕したとかではありません。
1行も出来てなかったのに、奇跡的に間に合いました。



暇 万 歳 !!



だけど、来週までに遊戯王の割振りしないといけないし、今週の雑誌データもまだだというこの微妙なやる気のなさ。


いつもですが、何か問題でも。


あー、もうダメだ、今日。
全然ぐったりまったりだ。

ちなみに昨日も暇だったので、妹に「中嶋ヘヴン」のことを聞かされた私は思わず替え歌作って送ってしまいました。


ありがとう、BBC!!


ちなみに妹は悩みながらも買ってきました。

しかもこの本、友人のMちゃんも持ってました。
旦那に買わせてきたというつわものの弓です(プレシャスだよ)


BBCと言ってもブラインド・カーボン・コピーのことじゃないよ!!(知ってるよ)
で、送ったら送ったで、案の定怒られました。


だって「中嶋ヘヴン」だったらOPから作り変えるべきでしょうが…!!


そんな阿呆なことばっかりしているアタイ。
なんだかトラブル?と思いながら素通りしようとしたところ、呼び止められ、とあるあたりくじの最終保管先を聞かれました。
知らないので知ってそうな立場の方に聞いてみたところ。


「わかんないなー…siaさん、持ってて(笑)」


なぬー!!!!!!!!!!!!!
意味わかんないってばー!!!!!
(笑)じゃないでしょー!!


でもマネージャー命令なので、ひとまずスゴスゴと自分の席に戻って、机の上に置いてみました(地位が低いアタイ)


ですが、激しく邪魔。


袋に入ってる中身の量が多くて、ひどくかさばるのです。

こんなのが今後いっぱい来ようものなら、ただでさえ片付いてないアタイの机が雪崩を起こして、今度こそ人死にが出てしまいます。
危険です.

雪崩注意報発令です。

なんとしても最終的な行先を調べなければ!!と思い、手近にいたバイヤーさんにも聞いてみました。


「それ、基本的に営業企画室じゃない?室長のところに置いちゃえば?」



ナーイス・アイデーア!!



その1分後、抜き足差し足で無人の室長の机に忍び寄り、そーっと封筒を置いておきましたとさ。
とりあえず色んな人にアタイが置いたことを口止めしておこうと思います。


後々面倒の種にならないとも限りませんからね…


明日はお休みだ…☆
デスノ映画いってきまーす。

【洗濯物みたいよ。】
2006年07月11日 (火) | 編集 |
合成の鈴木選手のブログに書いてあった誕生パーティ企画。


参加したいよ!!とかイジイジしてました(どんなだ)


ですが、最初にきちんと読んでなくて、浜松で開催だと思い込んでたー!!!!!!!!!!!


名古屋だったんだ…(小声)


運はアタイの味方の模様。
どうしよう、参加すべきか、アタイ!!


そんなわけで、今日はまず溜まってるバトンを一つ消化!!

kanappeさんよりいただきましたバトン。
今が旬のあの方でお送りしましょう。


その名もズバリ!!


【キャラ妄想バトン】



妄想は、得意なんです、ブレ●ディー(違)



テーマはずばり、高丘映士!!!!!!(キター!!!!!!!!!)


■朝、起きたら「高丘映士」が隣に寝てました。
 さてどうする?


こ、怖いやんか…!!(ガタガタブルブル)
一応エクステを引っ張ってみようと思います。

それから錫杖を持って寝てるか確認。
寝る時も肌身離さず!!って感じだしね…


錫杖にしがみつくように寝てたら、めさめさ素敵だと思います(真剣)


外に出れば7人の敵がいるからね!!

ただし錫杖持って寝てたら、間違いなく目が覚めたその瞬間に魂滅されることでしょう。


■そんなことをしていると「高丘映士」が目覚めた!
 どうする?



すごい勢いで後ずさる(笑)


ズザーッ!!!!!!っていうよ、ズザーッって。


それから一応ご挨拶をば。


「お、おはよーございまーす…あの、アシュの監視者の、高丘映士さんですよね?なんでウチに…っていうか、ここに…?」


だって理由も分からず一晩同衾したってちょっと…!!
同衾という表現もどうかと思うけど。


同衾は同衾だッ!!


■「高丘映士」に作ってあげたい自慢料理は?


えーと、カレーライス?(笑)


でもカレー食べる高丘なんて見たくない…!!
寧ろ美味そうにカレーを食べる高丘なんてもっと嫌だ…ッ

思いの外美味く作れてて、おかわり、とか言われたらもっと嫌かもよ!!

だけど一応一番上手に作れそう&無難な料理なのです、はい。


■「高丘映士」とドライブ、どこに行く?


えー、アタイが運転するの!?
ペーパーだから無理だよ!!(リアルでダメだ)


チャリンコ2ケツとか!! (もっと嫌)


■「高丘映士」があなたのために歌ってくれるって


う、う、う…う、歌えるの?(超小声&超失礼)


えーと、じゃあ「マジカル・フォース~呪文降臨~」を振りつきで…とか言ったら殺されそう!!


ヒカル先生ばりのロボットダンスを期待したいところですが「はぁ?!お前、舐めてんのか!!」とか言われそうです。


ごめんね、高丘(何)


■「高丘映士」があなたになにかひとつしてくれるって!
 時間は5分。



アタイの煩悩を魂滅してください(超本気)


生で「高丘流、アシュ魂滅!!」とやってください的な感じですが。


アタイは本気だよー!!!!!(恐子口調)


■あなたが「高丘映士」に一つだけ何かしてあげれます。
 時間は5分。



じゃあ、髪の毛のブラッシングでも…いや、触ってみたいじゃないですか、マジで。
自分のとどっちがサラサラか、確かめてみたい…同じような色なら、髪の触り心地で勝負だ、高丘の!!

で、丁寧に梳いて、つやつやサラサラにしますよ。
いい仕事しますよ、アタイ!!


■次に回す人を5人までどうぞ!人物指定つきで。


かりめろ姉:明石暁で!!(笑)
あさみん:最上蒼太で☆
SPDさん:姶良鉄幹もしくは小津翼で!!
さなっぺ:ヒカルせんせー♪


以上、お時間のある時にでもかまいません。
見てないならそれでいいしね…(小声)

お暇ならやってあげてください(笑)





ということで、今日もビシバシお仕事ハンター。

家に帰れば、衰退世界と繁栄世界を救う勇者にして、オーブハンター!!



後者は何かと聞かれたら。



…「ネオアンジェリーク」買ってしまいましたことよ!!



人生に行き詰まりを見せているのか、siaさん…
(人生に行き詰ると乙女ゲームが欲しくなります)

うっかり買ったネオアンジェは、こともあろうに「限定版BOX仕様」でした(笑)
いらないよ、プロローグコミックとかポストカードセットとかさ!!
CDも入ってたな、再生してないけど。


しかもこれ、中古だよ!?


コーエーさん、ごめんなさい!!アタイ、貧乏だから中古買ってても見逃してください!!
寧ろツッコミすべきはここですか。



誰だよ、限定版BOXを売るヤツ!!(爆)


で、やってみました。

声優さんは知らない人が多いですが、そこそこいい感じです。


しかしながら、ゼロスを殺してしまった所為か(byシンフォニャ)小野坂さんが出ているのを見て、ごめんなさい、ごめんなさいと謝る始末。

メインターゲットは高橋広樹さん(中の人で言うなよ)…ちょっと粗暴っぽいけど優しい知的キャラ(只今攻略中)
その他、胡散臭い眼鏡(大本命なので最後に攻略します)、南国系フェミニスト無口な元騎士(しかも和風)などなど。

今のところ出会ってる人では唯一常識人っぽいのが新聞記者。
ただし外見は好みなはずなのに、イマイチパンチが効いてない様な…アタイだけ?


でも一周してみますよ、とりあえず様子見で。
それからシンフォニャに戻ろう、押忍!!


そう言えば、アタイblog書いてる場合じゃないような気がする…
どうしよう、一行も出来てない…!!



そして越川選手の日記を覗いた時のアタイのツッコミ。


キモンは「危門」じゃなくて、「鬼門」だよー!!!!!




鬼門を使いこなせる20代になってくださいね♪
若いって素敵(何)


以上、秘密の独り言でした。
【Task.19…宇宙刑事、降臨。】
2006年07月10日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファンでありつつも映士ファンらしく故にこの二人に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えなまま内容を思い返して感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


あばよ、なーみだ、ギャバーン!!(何)


昭和の子供を舐めるなよー!!!!!!!!


アタイが小学生だった頃、流行ってました(地域限定かも)


「宇宙刑事ギャバン」


警察手帳みたいなのを見せるポーズをしながら「第一条…」とか言ってた同じ町内会のTくんのことを思い出します。
彼は元気なのでしょうか(遠い目)


ボウケンシルバーを見て、宇宙刑事シリーズを思い出したのはアタイだけではないと信じています。
そんなわけで今週も元気に行ってみましょう。


【今週のキュン死ポイント。】


その1。高丘映士全般(またか)


いや、マジですよ!!
アタイは本気だっ!!

出合正幸さんって、本当にアクション上手いですねえ。
初登場の時から思ってたけど、アクションのキレが違います。
今まであんなキレのある人、見たことないかもよ…!!

アシュの血が目覚めた時の、獣っぽい動きもすごかったなあと。
変身しちゃうし、怯えちゃうし、逃げちゃうし、迷っちゃうし。


もう今回は「高丘盛りだくさん!!!!!!」って感じでした。

戦隊紹介でも初登場!!!!!!!!
寧ろもっとネタ的に登場してくれてもいい。


彼のついては徹底的に考察で書きますのでここでは割愛。


その2。ガジャ様。


「随分久しぶりだな、ガジャ!!」とチーフにまで言われてしまうガジャ様!!


見てるアタイもそう思ってるよ!!
チーフ、ナイスツッコミ!!


そして何より「コテンパン」が最高!!


今、そんな言葉使わないよ!!(笑)とかツッコミしつつ、ガジャ様が愛しい…(末期)

アンチパラレルエンジンのネタバレを自分でしてしまうガジャ様。


クエスターのお二人に完全にシカトされるガジャ様。



憎めないです、ガジャ様!!!!!!!!!!!!


その3。「戦え、映士!!!!」


寧ろチーフ全般が最高。
最後まで高丘を信じているチーフ。


いつの間に名前を呼ぶような仲になっていたのかは謎ですが。


誰もが高丘が完全にアシュに目覚めてしまったと思っていても、チーフだけは信じていた。
彼ならアシュになってしまうという恐怖と、アシュへの憎しみを乗り越え、抑え切れると信じた。


チーフの人を信じる心、そして人を見る確かな目が表現されていました。


チーフ、カッコイイ…!!



今週はそんなにときめきどころは少なかったですな…(笑)


でも!!

一つ一つのトキメキが、キュン死寸前!!!!!!!!
つまり、一つ一つがディープ・キュンキュン(何)


ヤバイよ、死因がキュン死!!萌え死!!



い、いやあああああ!!
しかも高丘にキュン死なんて、アタイは認めない!!!!


Task.18を先日もう一回見直して、ますます高丘にときめいただなんて死んでも口に出来ない…(してるやんか)


冒頭の高丘なんてツッコミ満載ですよ?
ということで、新コーナー。


【高丘さんに、ツッコミ道場。】



錫杖にズタ袋ぉぉぉぉぉぉぉ!?

しかもそれ、旅支度ですって?!
その中に色々入ってるんですか!!


着替えとか、色々ってことですよね?
しかもまたパプリカ食ってるし!!


とりあえずズタ袋(しかも縦長)が旅支度だと納得しますよ。
あの黒い上着にはポケットがなさそうです。
間違ってもズボンの後ろポケットとかに財布を入れそうにありません。


とすると、財布はあのズタ袋の中ということになりそうです。


買い物する時、すごくお財布を取り出すのに苦労するのでは…!?
パプリカを買う時も、お財布を取り出すのに苦労して焦ってる高丘とか想像してしまって大笑いしました。


アタイ、駄目人間だから…!!


だけどクエスターの二人と戦って、あのズタ袋はどこへいってしまったのでしょうか
サージェスに運び込んだ時に誰かがきちんと回収してくれたのかどうかが気に掛かりました。


仲間にならないか、と誘われて、はあ?とたまげた高丘。
若干キャラがフレンドリーに思えたのは気のせいでしょうか。


真墨に「あんな俺様野郎」とか言われてましたが、だいぶ打ち解けてきた模様。


もしかして、極度の人見知りですか。
俺様という一人称はそれを隠す仮面ですか。


ペルソナ…!!(何)


そんなツッコミどころ盛りだくさんの高丘さんを真面目に考えるこのコーナー、いってみましょう。


【今回の真面目な考察。】


■テーマ:揺れ動く心、その闇と光。


高丘映士のことを、先週の感想で「アシュとのハーフだったりして(笑)」と書いたら、その通りでびっくりしたりがっかりしたのですが(アタイが先を読めるようではまだまだよ…!!)

アシュである母親のケイと、人間である父親。
ケイはこう語りました。


「アシュに目覚めてしまうのは血の所為だけではない」


彼のアシュを憎む心がアシュを目覚めさせるのだと。

アシュの監視者たる高丘家に生まれた、ハーフの映士

下手をすると一族から疎まれたかもしれない。
自分達が滅し、滅ぼすべき相手の血が自分にも流れてる。

それを心の底から憎んでいる映士。
そして錫杖がなければ人間を失ってしまうというこの恐怖。

つまり、錫杖だけが人間としての自分を繋ぎ止めるものだった。
彼の心が依存していた存在であり、人間としての自分を失うかもしれない恐怖と不安を取り除くたった一つの道具だった錫杖。

彼の孤高を支えていたのがあの錫杖だったのです。


その錫杖が壊れた時の映士の表情。
失われゆく人間としての「高丘映士」の全てに対する恐怖と不安。
それが全て現れていました。


彼が強く、孤高を貫き、戦ってこれたのは使命を果たす武器としての錫杖に、自分という存在を繋ぎ止めてくれるという役割があったから。


逃れることの出来ない使命を背負って、彼は己のアシュを押え込んできた。
その錫杖が壊れ、彼は己の自身の源を失った。


戦うことに怯え、アシュとしての自分を抑え切れなくなった高丘映士に光を与えたのは、明石暁、チーフだった。


たった一人、彼は高丘映士の強さ、何物にも依存しない、戦うことが出来ると信じたチーフ。
前回、心の闇を象徴するようなマサキの言葉に己の戦う理由を見失った彼が、高丘の言葉で自分の戦う理由を取り戻したように、彼もまた同じように彼を救いたいという気持ちがあった。


「アシュと戦うことが使命だとお前は言った」
「ならば、自分の中のアシュの血と戦ってみろ」


彼は小さな嘘(錫杖と同じ機能がサガスナイパーにあるという嘘)と共に、その場に高丘を残し出動した。


私はサガスナイパーには複数の暗喩があると考えます。


「探す」という言葉(クエスターが探索者である以上、探索するという能力は必要)は直ぐ分かります。


もう一つは、サガ、つまり「性」じゃないかなって思うんです。

「サガ」とは、生まれ持った性質
アシュとしてのサガと人間としてのサガの狭間に迷う高丘。
その二つのサガを統べる者、そういう意味合いがあるんじゃないかと。

そして、SAGA、物語というような意味合いのサガ。

これは今まで一人で戦ってきた高丘映士が仲間を得て戦うという新しい高丘映士の物語。
そういう意味じゃないかなって、少し思いました。


アシュとしての己に負けた高丘に語り掛けるチーフ。


「お前の使命は何だ!!」


高丘の家に生まれた宿命として逃れられない使命を背負ってきた映士。
それが戦う理由だった。

アシュを滅ぼす、その為だけに戦う。
アシュを滅すれば己の血にもケリをつけられる。
そう思ったのかもしれない。


アシュを滅ぼすことが、己に流れる忌まわしいアシュの血を浄化するたった一つの方法だと信じていたのではないでしょうか。


その為に戦ってきたならば、錫杖を失い、己を見失うまでに怯えることは容易に想像がつく筈。


「戦え、映士!!」


戦うことが高丘としての使命なら、そしてアシュを滅ぼすことがその使命なら、己の中にあるアシュをも乗り越えてみせろ。


チーフはそう言ったのです。
そしてそれに応えた彼はこう叫びます。


「俺様は、高丘の!!アシュの監視者!!!」


アシュを滅する高丘としてのプライドと使命、そして何より彼の強さが己のアシュを捕らえ、滅ぼした瞬間です。


「俺はアシュになどならない!!俺は人間だ!!」


今までは錫杖でアシュとしての自分を押え込んで戦ってきた高丘が、自分の手でアシュの血を抑え、戦う。
錫杖に頼らずとも、もう自分で自分を御することが出来る。

彼は自分の中の忌まわしい血に勝ったのです。
自分の手で、キッカケはチーフの言葉だったかもしれない。
そういう意味では初めて、高丘にとって誰かの言葉に背中を押してもらうという体験だったのかも知れませんね。


そして眩き冒険者、ボウケンシルバーが誕生した。

アシュになるかもしれないという憎しみと恐怖に打ち克ったのもつかの間。
彼の闇は一つではなかったことが発覚。


それは、仲間と言うトラウマ


父を失ったことが原因であると思われますが、詳しくは分かりません。
恐らく、自分の所為で父親を失ったのでしょう。
もしくは、自分の手で父親を失わせざるを得ない状況だった、そんなところでしょう。

多分、彼はもう自分の所為で誰かを失いたくないのでしょう。


ある意味チーフと似ているのかもしれない。
だからチーフは彼の痛みが分かる、誰より理解できる、そういう位置づけになりそうな予感。



来週も目が離せないね、こりゃ。
【七夕って雨降りしか記憶ないですけど、いかがなものか。】
2006年07月07日 (金) | 編集 |
今日もビシバシ、曇り空!!


…何、このテンション。
おかしいですよ、siaさん。


ブログにいっぱい書きたいことが!!
だけど何を書こうか忘れてしまったこともあるので覚えてるだけの内容をずらっと箇条書き。


■甲斐選手、合成移籍!!


「マジでー!!!!!!!!!!」と叫んだ、就業中だった先日のアタイ。

だってびっくりしたんですもの。
どこに移籍するのかなっては思ってましたけど、ちょっと個人的にはすごく意外な移籍先でした。


…ということは稲沢に行けば逢えるんですよ?


うわ、マジで!!(何)

あんまりお話したことがないので、遠巻きに眺めてきますけど!!
ちょっと近いうちにいってみる価値あるかもよ…!!


■越川選手、プロ契約!!


しかもホリプロ!!!!!!!!!!!!!!!!!(そこですか)


あー、びっくりした。
昨日の新聞及び公式サイト様で知ったのですけども。
寧ろ新聞に写真つきで掲載されてたことがびっくり(そこか)


朝から新聞読んでて、叫びましたさ(よく叫ぶ人です)


若者よ、大志を抱け…!!


サントリーを退社して、サントリーとプロ契約。
マネージメントはホリプロ。
ホリプロが云々って言うか、ホリプロってアイドルとかお笑いとかそんなイメージも…
いや、いいけども。


■宇佐美選手、松下移籍。


何がびっくりしたって、…なんだろう。

何故移籍?と思ったのです。
彼の目指すバレーがNの作ろうとしているバレーと違うのかとかそういうレベルなのかなと思ってみたり。

「この度松下に移籍してきました」なメッセージもなかったので、なんか松下でどんなバレーがしたいのかとか知りたいなって思ってしまいました。




だいたいこんなところか。
バリボ絡みでいっぱいニュースがあったのに、ブログも更新できなかったアタイ。


昨日は忙しかったんですよね…珍しく。
新システムの講習会あったし。
しかもその新システムが糞みたいに使い勝手が悪い。


喧嘩売ってんのか、ゴルァ!!!!


何故ウチが吸収合併した会社のシステムを使わなくちゃいけないのか。
ありえへん…!!

5日後のデータ反映ってなんだよ…!!
最速中1日ってなんだよ…!!
遅すぎるよ!!
こんなん使えるかー!!


…血圧上がる…!!
やっぱうちの上層部は阿呆ばっかりです、しかもその吸収合併された会社から赴任してきたのがトップだからダメです。


大概にしとけやー!!!!!!!!!!!




そんでもって勇退ラッシュが終わったと思いきや、今度はニュースラッシュです。

何、このせわしさってば!!
ショックに浸る暇もくれよ…(十分ショックに暮れたでしょうに)


それよかサマーの決勝のチケット、情報くださいよ…!!(そこが本音)


そんでもって、どこがやられたのかよくわからないのですが、下を向くと眩暈がします。
寝ている時に寝返りを打っても眩暈するし、もうヤバイですよ、体調がー!!


アタイに何が起こったのか!!


どうしよう、どこが悪いんだろう(頭と顔とスタイルですよ)
ていうか、三半規管かな…それなら元々弱いし、気にするほどでもないかもしれないので放置してみよう。


本格的にダメそうだったら病院行きます。


新しいデジカメ欲しいなあと思いつつ、結局買えないアタイ。
価格.comとかで下調べ中です。
(仕事しなさいってば)


被写体ブレをそこそこ抑えてくれて、シャッタースピードが速くて、600万画素以上で3万くらいのヤツってなんかないですかね…
(ないよ)


LUMIXの一個前の型を買おうかと悩んでますが、どうなんだろう。
FINEPIXとかのがいいのかな、でもIXYもいいなあ…


ていうか、デジカメって銘柄いっぱい過ぎやしませんか…!!


いっぱいと言えば。
バトンも溜まってるなあー、溜め込んでるじゃん、アタイ!!


・【キャラ妄想バトン】
・【シークレットバトン】
・バトンじゃないけど、姉んとこの冒険質問集その3。


…確かこの3つは確実。
他にあったっけ…?

もし回したのに、お前忘れてるだろ!!ってのがあったらよろしくお願いします。
【バトン三連発】/2
2006年07月04日 (火) | 編集 |
Q9.個人・グループ別などで曲指定などしてますか?誰(どのグループ)が何の曲ですか?

分けてるけど…家族、バレ友、特撮友達あたり?
でもどれをどうしてるかはよく覚えてない(笑)

Q10.電話帳登録件数は?

133、らしい。
だけど使ってるのは20もないくらい。

だってー、友達少ないし(笑)

Q11.一日の通話時間とメールの送受信数は?

電話はほぼ0!!
掛けない、掛かってこない、掛かってきても出ない(笑)

メールは時と場合によって、20通の時もあれば、0もよくある。
…ていうか、最近は携帯自体使ってない(ダメだ)


Q12.待ち受け画像は何ですか?


あのお方…(小声)

聞くなー、聞かないでくれ!!
ツッコミ禁止!!

これは乙女心の象徴です!!


Q13.ストラップはつけてますか?(いくつ?どんなの?)

JTさんのネックストラップ購入。
もうすぐ到着予定。

あとはご当地キティをいくつかだったり、この前まではサマンサ・ベガのストラップをつけてました。
いつも多めにつけてシャラシャラ言わせてます。

Q14.電車の中などマナーモードにしなければならない所で着信音がなるとついその人を見てしまう?

見てしまいます。
寧ろヘンな着信音とかだとガン見します。


Q15.お疲れ様でした。最後にこのバトンを回す5名を指定してください。


その携帯の恥を晒して見せるがいい。
そんなわけでかりめろ姉に(鬼)



【結婚バトン。】


もういっちょバトンfromらんなさん。
お笑い系の回答をご所望とのことなのですが…それを念頭に!!と思ったけど。


狙うと全然面白くないんだよ!!
素でとぼけろ、アタイ!!と思っても無理だったよ!!


1.結婚したい?

ていうか、誰かアタイを養って…!!(切実)

寧ろお嫁さんをもらってもいいとすら思う。
誰か嫁に来ませんか?


2.何歳で結婚したい?


お嫁さんでもお婿さんでも。
運命のお相手様、慎んでお待ちしております。


3.結婚相手に求めるものは?


あのお方的何か(何)


だって理想です。

そんなアタイは九州男児は苦手だけどもね!!
(トラウマになりそうなほど苦手だ)

もうちょっと現実的に言えば、きちんとお勤めしてる人がいいな。
組合保険のある会社がいい…国民年金・国民保険とか、一年更新とかの仕事では話にならん。


明日をも知れぬ職業ではちょっとねえ…(超リアリスト?)


4.子供は何人くらい欲しい?


アタイは自分の遺伝子を未来に残すつもりはござんせん。

この人の子供が欲しいとか思ったことないなー…
それに産むのって大変だし、育てるの大変じゃないですか!!

それにアタイの子供なんて言ったら、半分はアタイですよ?

こんな阿呆を世の中にこれ以上増やしてはいけませぬ。
これは世界を守る為にも必要な決断です。


寧ろ英断か…!!


かあちゃん、とうちゃん、ごめんよ…
アタイに孫は期待してないでおくれ。

1+1をゼロにする、それがアタイです。


5.相手の浮気が発覚!どうする?


さー、慰謝料どれだけふんだくれるかなーっと計算しましょう。

寧ろ相手の女性にも慰謝料を求めます☆


チキショー、訴訟モンだぜ!!

女のプライドを傷つけたその罪は償っていただく!!



お金で買えない価値がある。
買えるものはマ●ターカードで(笑)


それにね、浮気はバレないようにするのが礼儀ってモンです。
それが出来ないならするなー!!
(過去になんかあったんですか…)


6.夫婦円満の秘訣は何だと思う?


妥協と歩み寄りと適当を見極める力!!


間違ってもうちのかあちゃんみたいになってはいけない。
アタイはああならないぞ、絶対に。

7.結婚したら仕事は、辞める?


辞めまーす。


目 標 寿 退 社!!

少なくともうちの会社は辞める!!

辞めて小説家として働く!!
パジャマでリビングで出来るお仕事希望☆


8.結婚生活に求めるものは?


あのお方の愛…☆(帰れ)


9.新婚旅行は何処へ行きたい?


広島!!
練習見学し放題&宮島の旅。

あのフェリーというか短い船の旅とか好きなんで(笑)

寧ろ挙式はあの体育館でどうよ?


10.将来自分は結婚してると思いますか?


いやはや、本日はお日柄も良く…ってお見合い?
父にも心配されてるよ!!

お見合いするか?と聞かれ、いいけど最低でも身長が173以上ないと嫌だと言ったら父に笑われました。


何故!!


11.どんな家に住みたい?

マンション最上階、端っこの部屋。
一戸建てよりマンションがいいなー。

立地条件は猫田から徒歩10分以内で。
寧ろ目の前でお願いします。
スーパーが近いと尚いいね!!


12.どんなプロポーズされてみたい、してみたい?


「俺のジャンサを受けてくれ」(嘘)


ものすごく限定…!!

もしくは「俺がお前にたかる虫をブロックしてやる」とか。

ダメだろ!!
夢見れてない…!!


13.どんな結婚式がしたい?


だから猫田で…!!

あの螺旋階段みたいな階段を下りて登場とか。
とりあえず、教会風の祭壇はあつらえてください(マジで?)

結婚式はしたいタイプですよ。
だって結婚式、出席してばっかりでお祝儀を取り戻したいの…!!


14.結婚と恋愛は別物だと思う?

別!!

恋は掛け算、愛は足し算って大学で習ったもん。


15.次に結婚について聞きたい5人は?

いや、俺、アンカーなんで!!(笑)
【バトン三連発。】/1
2006年07月04日 (火) | 編集 |
ミクシイで回ってきたバトンがいっぱい溜まってます(笑)

一つ目は、気になって質問内容を聞いてしまったアタイが自ら拾ってきたバトンfromらんな嬢。


人間、寄る年波と好奇心には勝てないのです(笑)


【マイミクシークレットバトン。】


ではでは、ルールのご確認を。


【ルール】


☆閲覧者には質問内容を見せない。
☆気になる人はメールすれば内容を教えてもらえる。
☆ただし内容を聞いた人は、絶対にそのバトンを拾わなければならない。


でもマイミクということでミクシイやってる人限定ですよねえ…ま、それはともかくいってみましょ。


Q1:千恵さん。
Q2:ミニーさん。
Q3:ご、ごめんなさい…MACKさん(笑)いや、凛々しいですもん。
Q4:あさみん♪
Q5:らんなさん(笑)
Q6:会ったことはないですが、八城あかねお姉さま!!
Q7:むにまるさん。
Q8:えーと、妹分なのでらんなさん(笑)
Q9:千恵さんしかいないでしょう!!
Q10:千恵さん、らんなさん、あさみん。
Q11:んーと、サンミロさん!!
Q12:八城あかねお姉さま、MACKさん。
Q13:あかねお姉さま。守ってくれそう。
Q14:むにまるさん。
Q15:MACKさん。
Q16:あかねお姉さま、MACKさん、モョさん、ベイシーさん(色んな意味で) 
Q17:サンミロさん、モョさん、ベイシーさん、らんなさん、kanappeさん。
Q18:知らないよ…!!
Q19:モョさん、ベイシーさん、あかねお姉さま。
Q20:誰だろ、むにまるさん(笑)
Q21:皆さんそうですよー。
Q22:モョさん。
Q23:えー、誰だー!!わかんない!!
Q24:うーん、あさみんとか千恵さんかなー。
Q25:高丘コミュのお二人(笑)
Q26:それはむしろアタイだ!!
Q27:それもアタイだ!!
Q28:それも(以下同文)らんなさん、あさみんはアタイと同じ匂いがするからここに名前を入れますよ!!
Q29:ミニーさん!!(めっちゃ可愛いし)
Q30:…誰だろう、らんなさん(笑)
Q31:アタイ以外の女の子マイミクは皆アタイよりそうだと思う。
Q32:あさみん、お姉さま。
Q33:わかんないですよ!!
Q34:千恵さん(職業的に)
Q35:アタイ!!(何)嘘です、千恵さん、イメージでkanappeさん。
Q36:色々追っかけてるからという理由でサンミロさん(笑)
Q37:アタイにとっては女の子は皆そうです(自分を除く)
Q38:らんなさん(笑)サンミロさん、モョさん(お二人ともすみません)
Q39:やっぱここもMACKさんでしょうかね。
Q40:それってアタイの事では…!!
Q41:イメージ的に千恵さん、モョさん。
Q42:あさみん(笑)
Q43:あかねお姉さま、らんなさん、むにまるさん、あさみん、モョさん、ベイシーさん(笑)
Q44:ミニーさん。
Q45:千恵さんかなー。
Q46:MACKさん…(土下座)
Q47:ミニーさん、めんこいし(笑)
Q48:知らないですってば。
Q49:MACKさん!!憧れてるんで(笑)
Q50:んー…いるのかな?
Q51:らんなさん(ダメ?)
Q52:あかねお姉さま、モョさん、ベイシーさん。
Q53:イメージ的にあかねお姉さまかなと。
Q54:皆そうですよ、はい。
Q55:あかねお姉さま、モョさん、ベイシーさん、サンミロさん、kanappeさん。
Q56:いない(笑)
Q57:誰だよ、いるんですか!! 
Q58:らんなさんはあのお方の前では絶対にそうなれそうな勢いなので。
Q59:えー、わかんね…
Q60:アタイが一番そうだと思うので割愛。
Q61:皆そうだよ、きっと(笑)
Q62:現役ということであさみん、それから職業的に千恵さん。
Q63:MACKさんとかあかねお姉さま。
Q64:そりゃあかねお姉さまですよ。
Q65:それ、アタイの事でしょ…!!でもごめん、らんなさんはアタイの妹だから!!(何)
Q66:千恵さん?人がよさそうだから(笑)
Q67:同じ匂いがするかららんなさん、モョさん、ベイシーさん。
Q68:らんなさん!!だって妹分だから☆
Q69:うーん…あさみんかな。



【携帯バトン。】

こちらは千恵さんから回ってきましたー!!
アタイの携帯の知られざる…寧ろバレバレな趣味にまみれた携帯についてのバトンでございます。


Q1.携帯の機種は?

ボーダの903SH、真っ赤なボディは熱き冒険者の証(嘘)
他の色だと前持ってた機種と被るからパスしましたー。

いっつも選ぶのはシルバー系か、白系。

だから今回は結構自分の中では突飛な色を選んだつもり。
ポリシーとしては黒は持たない、オッサンっぽくなるから(笑)

Q2.今の携帯の使用期間は?

一年に一台買い換える人ですから短いです。
8ヶ月くらい?…ていうかもう何台目ですか、アタイ。
一台、もう使ってない携帯にあのお方からサインをもらったことはあります。

部屋に飾ってます、ホコリかぶらないように毎週拭き掃除してます。


Q3.電話派?メール派?


web派!!(爆)


最近あんまり使ってない…ダメじゃん、アタイ。
だって電脳的引きこもりじゃけん…話してると母が五月蝿いので、専らメール。

Q4.1ヶ月の携帯料金は?


パケ放題と基本料金で1万いかないくらい。
普通?多過ぎ?


Q5.絵文字は使いますか??

メンドクサイから使いません(笑)
顔文字は使いますが、絵文字はメンドクサイ。
その代わり自分ツッコミ多用。

Q6.ぶっちゃけ怒ってると絵文字なし?

…寧ろいつも使ってないってば…!!
ということは常に怒ってるのか、アタイ!!

だけど怒ってるとすぐわかります。
自ツッコミすらなくなります。

Q7.特定の人にだけ使う絵文字などがありますか?

だーかーらー、使わないってば!!

Q8.携帯に入ってる着うたと着メロを教えてください。


【着うた】

・BANZAI(パラパラの曲)
・バイマイメロディー(平井堅)
・Real Face(KAT-TUN)
・カルマ(BUMPの曲、アビスのテーマ曲)
・GLORIA(KAT-TUN)
・絆(亀梨君のソロ曲)
・青春アミーゴ(修二と彰)

この辺は個人趣味です、単に。


【着メロ】

使いません(笑)


【着うたフル】

・SAKURA(いきものがかり)
・メランコリニスタ(YUKI)
・フレンジャー(大塚愛)
・プラネタリウム(大塚愛)
・バイマイメロディー(平井堅)
・魔弾(TMR)
・全力少年(スキマスイッチ)
・COLORS(宇多田ヒカル)
・cherish(大塚愛)
・REAL EMOTION(倖田來未)
・BANZAI(パラパラの曲)

フルは基本的に気に入ったけどCD買うほどでも…というのをダウンロード。

ボイスもいくつかあります。
ときドラとか頂き物とか色々。
この辺、マジでお宝☆

【探偵とか、そういうのも。】
2006年07月03日 (月) | 編集 |
まあ、予選最終日にJTがスト負けとかでもいいです。
決勝に来てさえくれたらそれでかまいやしません。


ショックの谷底に落ちたかと言えば、そうでもないのです(笑)
これくらいなんでもないです、大丈夫、大きな問題ではない。


これが決勝に来ないとかだったら大騒ぎしますけど、そうじゃないならOKということで!!


寧ろアタイを谷底に突き落としたのは鈴木孝政選手のご勇退


イヒの公式で見た時は、嘘だッ!!とか思ったわけです。
黒鷲予選グループ戦でもあんなにご活躍してらしたプリンス。
移籍して、またあのキラキラした彼を見ることが出来るとハナっから信じていた私には相当のショックだったのです。


もう見られないんだと思うと、切なくて切なくて。
今期の勇退は色々ショックが大きくて。
なんだかとてもこの時期独特の淋しさとか、虚無感とかありますね…


鈴木選手に、心からのお疲れ様でした、そしてありがとうございましたを捧げます。



ということで、土曜日出勤して昨日はバーゲンを回って。

疲れがピークを超えました。

もう若くありません。

アタイはもうダメです。


しかも朝起きたら軽くでした…
ダメだ、人と喋るのが億劫、とか思っていたりもしますが、会社なので普通に振舞います。

頑張れ、アタイ。
今日はもう少しでお仕舞いだ!!

鬱は一ヵ月、我慢しないで、と言いますが。




そんなことを言っていたらアタイは確実に引きこもってしまいます(笑)


這いずってでも出て来い、アタイ!!
これが心意気だよ!!(何)


いや、そんなテンションどこにもないけれども。


で、そんな疲れた頭にちょっとときめきを補ったのが土曜日の夜に放映していた「探偵学園Q」



神木隆之介くん、めさめさ可愛いですね!!
演技も上手いし、なんていうかあの可愛いヘタレっぷりにときめきが溢れました。


あと弘道お兄さん!!
先生、素敵ッ!!

私にとって彼はイチジョウマンですが(教育テレビを見ましょう)体育の先生というのはイメージぴったりです。

それから、着流しの要潤。
しかもなんていうか、絶対に高校生設定には見えないけれども、人情家なところとか、刺青(水性インクだった…)があったりとかのポイントがよかったです。
皆で川の字になって寝るところとか、もう彼の良さ爆発。

それからクールなリュウ役の山田涼介君!!(でしたっけ?)

なんですか、あの子!!
先に見始めていた妹が「かわいい子がいるよ、ほら、この子」と言ったので見てみたのですが。


か、カワエエ…!!(雷に打たれたよ、この感じ!!)


彼を一目見て、なんだかフォーリンラブだったのでそのままズルズルと最後まで見てしまいました(笑)

どうやら彼はジャニJr.さんだったのですが、滅茶苦茶可愛いです。
ツボ過ぎました。

あどけない顔で最初はクールで感じが悪かったのですが、ちょっとずつキュウ(=神木君)達に慣れて、仲良くなっていくところとか。

笑顔がだんだん増えるんですよ、最初はむすっとしてホント感じ悪かったのに(笑)
あのエンディングのあたりの笑顔で私はすっかりメロメロです。


「次の次のクールあたりで連続ドラマに!!」と妹と切実に思ったものです。


エンディングも連続ドラマにするかもね的な終わり方でしたので、きっとなると思いますが。
だけどそんな風に二人でときめきを共有していた私と妹ですけども、、たった一箇所だけあわないところがあるということが発覚(笑)


兎に角、冬のクールでは亀梨くんの「金田一少年の事件簿」を、その次のクールでこの「探偵学園Q」を連続ドラマでお願いします、日テレさん!!
寧ろ毎週見ますから!!よろしくお願いしますよ!!

【たまにゃこんな日も。】
2006年07月01日 (土) | 編集 |
本日はものすごく暇です(笑)
上司が夜勤明けでお休みなので、何も仕事がないアタイ。


脳みそが溶けてなくなってしまいそう…


そんなこんなでぼんやりしてネットして、フラッシュをインストールして(コラ)、もそもそと色々やっていたらこんな時間に。

色々の内容は聞かないでsください、色々ったら色々です。


そんなフラッシュインストールのおかげさまで、某選手の公式サイトが見れるようになりました(笑)


相変わらず、おおよそ同い年とは思いにくい日記で味わいがございます。


なんだか微妙な勢いでインストールしたフラッシュですが、どうやらそこそこ使える模様(だって正式に終わってなかったもん)


よかった、これでフラッシュで弾かれないで済むよ…


結構不便なんですよねえ。フラッシュがなくて弾かれて見れないっていうのが。
というのも、毎月毎月コミックスのあらすじを探してるんですが、これで某社のコミック公式に入れます!!
POPを作るのも結構苦労しますが、POPに入れるあらすじを探すのも一苦労でございます…


そんなこんなで適当にフラッシュを入れたところ。
実はときドラも出来るようになってしまったのです、マジで!!(爆)


試してみたら奇声を上げてしまいそうだったので、慌てて閉じました。


ヤベエ、ヤベエよ!!
あー、びっくりしたッ!!
これは今度漫画喫茶でゆっくりやります。


目指せ、コンプリート!!


ちなみに本日の土曜出勤について。
我が部署で出勤してるパートさん、派遣さんはアタイだけです。
正社員さんは女性の方は主に来てらっしゃいます。
男性の方の大半は前日の夜勤でいらしてません。


なら休むべきでしょ、siaさんよ!!


こんなことでは土曜日は休むほどの用事もなく暇です、とアピールしてるようなものです。
違うんです、根が真面目なんです!!とアピールしたいお年頃。


そう、やることいっぱいあるかと思って来たのに、ないじゃんかー!!!!!!



こんなことならサマーの予選いっとけばよかったよ…!!


しょうがないので、お留守番がてらネックストラップも買ってみました。
代金のお支払いに行かないと…カモナ・ポストオフィス!!


チキショウ、当てが外れました。
いっそ全品OFF価格でお願いしたいところです。


何でですかー、JTさーん!!
貧乏人にも優しくしてください。


そうこうしてるうちにもうすぐ終業。
今日も一日お疲れちゃん、アタイ!!

そして、今日のブログには高丘という言葉が出てこなかったね!!
よくやった、siaさん!!
いつか監視者に魂滅されても今日のブログは生き残れそうです。


さーて、帰るかー。
今日はパパンが駅まで迎えに来てくれるからね…よかったよかった。