FC2ブログ
人呼んで、「一点凝視の視線ストーカー」 私が推すと、重いぜ?
【アイツバトン。】
2006年05月31日 (水) | 編集 |
またまたバトンのお時間がやってまいりました。
今回もミクシイ&某所でお友達のらんなさんからのバトンでございます。

その名も。


【アイツバトン】


アイツ、あんちきしょう、あのお方など「あの人」という意味の言葉は数あれど。

アイツって中々甘酸っぱい響きですな(何)

アタイ、アイツって響きがちょっと好きです。


●アイツの名前を教えて下さい。

→らんなさんとおっしゃる方でございまする。


●ぶっちゃけアイツとはどういう関係?

…それはちょっと言えません♪(アビスの大佐口調でお願いします)


だけど某所でお世話になっております(笑)
ひとまずカテゴリで分けるなら妄想友達、とでも言いましょうか。


●アイツを色で例えると?

心の奥に赤を秘めたグリーン&ブラック(何)

いや、マジで彼女は熱い心の持ち主です。
そしてグリーン&ブラックのあのお方たちのファンでもございます。


●アイツを四文字熟語で例えると?


ジャスト・ア・ミニッツ・プリーズ!!

えーと、何だろう。
タイムリーなのが浮かばない(笑)

と言う訳で、これでどうだ。


同好万歳(そんなのない)


●アイツの良い所一つ教えて?

アタイと心が通じるナイス思考の持ち主にして、そしてシャイガールなところ?(何)

そのシャイな貴女の一面と、観戦中の興奮状態の貴女のギャップが好きです。


●アイツの嫌な所一つ教えて??

もっとこっち来いよー!!!!

もっと一緒に出待ちしようぜー!!
もっとガンガンいこうぜー!!

もっとガンガンいきましょう(アタイが行き過ぎ?)


●アイツに唄わせたい唄は?


「ROSIA」…LUNA SEAですな(というか、スペルあってるのかしら)

愛した君に近づけない、そんな貴女のシャイガールを端的にあらわすとこれ!!(多分)
アタイ、この頃のRYUICHIさんが大好きであります!!


●アイツと遊びに行くならどこ?


→練習見学とか試合観戦?

どこっていうか、そういう目的ならどこでも!!みたいなね。
もしくは夜の居酒屋さんでああいうネタをサカナに飲んだりもOK!!
楽しい夜になりそうだ。


●アイツと一日入れ変われたら何したい?

→もう一回自動車学校いってきまーす(笑)

そして路上教習で教官の先生を恐怖のどん底に突き落としてみせます

アタイは免許取ってから一回も乗ってません。
清く正しいペーパードライバー…もうエンジンの掛け方からして危うい。


●この場を借りてアイツに言ってやりたい事があれば

→いつもありがとうございまする!!(まずはここでしょう)

サマーの決勝、待ってるからおいでなさいませ。
大阪まで行った貴女なら、愛知なんて近いもんです。

さあ、バッチ来い!!


●貴方について答えさせたい、次の回答者、最大五人まで。


→…えーと、最近バトン回し過ぎなんで(笑)


持っていきたい人、アタイのことを語りたい人、ご自由にどぞ!!(いないってばー!!)





と、元気にバトンを答えるアタイですが、別に滅茶苦茶元気とかでもないのです。


だって、そこはかとなーく頑張って仕事をしているのです。
まだ新しい席に慣れなくて、据わりが悪いアタイです。
(常にもぞもぞしている挙動不審)

昨日は席替えと何故か始まっていた大掃除(予め仕組まれていた模様)で一時間ちょい残業…だがしかし、残業手当付ける気満々で今に至ります。
重いものを持ったり、書類を片付けたりして体はガタガタ。


俺の体はボロボロだ!!(橘さん?)とか叫びたい気持ちで昨日は会社を後に致しました。


しかも新しい席は微妙にどこへ行くにも遠いので歩数が増えました。

おまけにトイレも遠い。
ファックスもプリンタもカラープリンタも遠い。
登録作業をする端末も遠い。


昨日までの席が結構色んなものが近かったので、不便極まりない感じで。


ただ一つ利点があるとすれば机の上が広くなり、色々普通に飾れるようになったこと(笑)



そんなアタイの机の上にはあのお方のお写真が燦然と輝いているのでございます。



しかも市川さんのカレンダーやらも飾ってあります。
パっと見ではただのイケメン好きにしか見えません。
(正しいです、その判断)


それはともかく。
最近、博多大吉・華丸のお二人を見るとこれが博多顔なのかしら、と思うアタイ。


寧ろ時々、このお二人があのお方に見えたりします(アタイだけですか)


とうとう末期か、アタイ。


ちょっと似てませんか?
ええ、ちょっとだけ。


写真によっては見えないこともない程度で似てます(それって似てるの?)


多分、カテゴリで分ければ同じ顔です。
だって作りが同じっぽくないですか?



ごめんなさいですが、苦情だけはやめてください…(土下座)


ギャー、石は投げないでー!!!!


テイルズオブシンフォニアをやっていて、ディザイアンという言葉を聞くと中森●菜さんのあの曲を思い出します。



まっさかさーまーにー、おちてディザイアーン(違)



…失礼しました。
スポンサーサイト



【少しずつ、浮上。】
2006年05月30日 (火) | 編集 |
友人Mちゃんにお願いしていた、レディグレイのティーパックが到着。
これでアタイも三上真史さんと同じ紅茶を楽しめるというものです(近所には売ってなかった!!)
レディグレイの爽やかな柑橘系の香りを楽しみながら、少しずつ気分を落ち着かせてみました。



…そんなこんなで少しだけ、復活。



紅茶は美味いね…心に染みるよ。
しかもアールグレイより柑橘風味が強くて、ちょっといいね。

フルーティで夏向け?みたいな。
アイスでも美味そうだ、今度入れてみよう…氷をどうするか、だよな…


そいでもって昨日は色々な人に迷惑をかけてしまいました。
K様、メールの返事がまともにできなくて、本当にすみませんでした。

しかも凹んだ、泣きそう、どうしよう、色々な感情でぐちゃぐちゃなままブログを書きまくってしまいましたし。
不快に思われた方、もしいらしたら申し訳ございませんでした。


いつまでもぐずぐずしててもしょうがないので、ひとまずは本格的な浮上を待つことにします。


最後のファンレター、届くといいな…(やっぱり書いたらしい)


さて。


とうとうイラストレーターをかじりかけてみました。


アタイ、今までPOPはエクセルで作ってました。
阿呆みたいに、色キチなPOPを作り続けて早三ヶ月。
いよいよイラストレーターによるデータ作成に着手しました。


ただ本日習った分に関して言えば、本当にかじったというのもおこがましい、みたいなね。
そんな私をRPGちっくに表現してみましょう。


sia(ジョブ:グータラ・アシスタント)はむにまるさんからイラストレーターの手解きを受けた!!
なんとなく納得した…ような気がした!!(気のせいと紙一重だった)


siaは一人で恐る恐る一口かじってみた!!


なんと毒キノコだった!!


siaは混乱した!!


siaは混乱している!!


siaはいきなり歌い出した!!


「DARK」もしくは「BAD」という単語が入っている曲だった!!(やっぱり凹んでいるらしい)




混乱したsiaは味方に向かってアルテマを唱え始めた!!





…全滅するじゃないのさー!!!!!!!!!!!





むにまるセンセイ。
これからご面倒をかけますが、アタイ、頑張りマス(多分)
物覚えはいい方じゃないので、手数で勝負!!

イラストレーターを教わる前に5分で作ったPOPがあるのですが。
…正直どうよ?な出来具合。


締め切りに間に合わず、タイムアップ!!
そのまま店舗に納品することと相成りました。


もっと頑張れ、自分!!


クリエイティブ方面は文章にしか才能がない模様。
いいの、勢いのある文章が書けるから、いいの!!(自分を納得させるアタイ)

一応国旗を入れているので、ま、いっか、みたいな。


雰囲気だけは出てます、恐らく。
そう、雰囲気だけ。


夕方には席替えだし、その前に先週終わってない定期改正のデータも弄らなければなりません。


ヤベエ、そう言えば先週分マジで手付かずだ!!(早くやろうね)

普通にブログ書いてる場合じゃありません。

さー、仕事するかー。
【嘘、…嘘、嘘だ…ッ!!】
2006年05月29日 (月) | 編集 |
さー、仕事しようかな、とお昼休みを終えたアタイ。

実はブログを書いてる場合じゃない。
絶賛多忙中!!とでも銘打ちたいくらい忙しいって言うのに!!


どうしても書きたいことがあった。
ブログに、書かなければいけないことがあった。


今日のブログは真面目に書きます。
いつもみたいにはっちゃける自信がない。




ダメだと思った人、笑ってやろうと思う人は、引き返してください。



寧ろ、独り言です。
軽く錯乱しています。



書いてることは支離滅裂な上、とっても感傷的です。




だけど書いてしまいます。








ダメな人は、本当に引き返してくださいね?















今年の勇退者が発表された。
毎年この時期はすごくブルーになる。

ちなみに去年は河野さんの勇退でブルーだった。
その後、加藤さんの移籍でびっくりした。

色々考えた。
だからもう私は後悔しないようにしなければ、そう決めていた。



それはともかく、今年もびっくりどっきりな勇退者発表が行われたのである。



とうとう、来るべき時が来てしまったのだ、そう思った。


だけどそれを見た時、思わず叫んだ。




「嘘、嘘だ!!そんなの嘘だ!!」




原秀治コーチ、日高誠選手、飯塚俊彦選手。




…以上が今年勇退される皆様です。



最後の挨拶を読んでいて泣きそうになった。


どうしよう。
もう彼らをコートで見ることが出来ないんだ。


そう思ったら、泣きそうだった。

いけない。
今は会社にいるのだからダメだ。
泣いてはいけない。


そう思って我慢しながらこれを書いている。
気持ちをきちんと吐き出してやらないと、なんだか心の具合が悪くなってしまう。


実はまだ信じられないでいる。
なんだか微妙に何を書けばいいかも分からない。


だけど書くしかない、そう思って私はキーボードを叩いている。


大きな独り言だ。
しかし、独り言にしては微妙に語り口調だ。

…そういうのはクセだから気にしないでください。



で、このお三方、私は黒鷲でお話させていただいているのです。


あれが最後なのか、そう考えると自分で思っていることをもっと伝えておけばよかったと思う。
もっときちんと自分が思っている応援の気持ちを伝えておけばよかった。

何故言えなかったのか。


答えは簡単だ。


私にはまだ次に会えるチャンスがある、頭からそう信じていたからだ。

まだお話させていただけるチャンスが来る。
そう信じていた、そんなところにこの知らせだ。


…嫌な予感が全くなかったとは言わない。


今年の勇退者は誰だろう、と考えていたのだ。しかも予想がある意味当たっていたからもっと嫌だ。


誰が当たっていたかは言わないでおくが、兎に角本当にショックで、今もなんだか放心状態だったりする。


日高選手に至っては、練習見学や試合会場のあちこちでお話させていただいた。
すごく気さくな方で、話しかける時はいつでもにこやかで穏やかだった。

一時期試合やら開幕イベントやら練習見学やらで通いまくってた時期は私の事を覚えてくれたこともあった。

彼はもうきっと私の事など覚えていないと思うが、私は彼を忘れない。

これは一方的な思い出なのだ。
あるいは、感傷に過ぎない。




「名古屋の、金髪の、赤い眼鏡の子」




かつて私のことをそう評してくれたことがあった。
友人づてに聞いた話だ。


私にとって、日高選手との一番の思い出がこの言葉。


だけどもう私はコートにいる彼も、コートの外で他の選手の皆様をサポートしている彼も見ることは出来ない。
勇退するというのはそういうことだ。


原コーチも飯塚選手も黒鷲の会場でお写真を撮らせてくださいと願い出た時、親切に応対してくださった。



あああ、やっぱりこの瞬間が一番ツライ。
勇退者の発表は心を重くする。


どうしよう、本当にどうしよう。



ファンにとって、こういうのが一番ツライ。


引退とか勇退とか。
ある意味、移籍もツライ。



この時期はとてもセンチメンタルだ。



だけどお三方様。
こんな辺境の地のブログなど見ていないと思いますが。



お疲れ様でした。

今まで沢山の感動をありがとうございました。

これからの皆様の行かれる道に、大きな光があることをお祈りしております。


【Task.15…うろ覚えの、以下同文。】
2006年05月29日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファン故に蒼太に偏りがちなのは否めません。
※うろ覚えな内容で感想を書いている為、台詞などにイマイチ正確さはありません。


と言う訳で、うろ覚えシリーズ第二弾
(前回の感想参照)

別に何回も見るのが面倒とかではありません…(多分)
ただ、やることがいっぱいあるのでうろ覚えで書いてしまえ、と思って。



そんなうろ覚えの記録に挑戦!!(何)



日曜にシネプリを見に行ったものの、狙っていた上映時間が売り切れで見られなかったことの悲しみもあったり。


残念すぎる…!!!!!


まあ、それはよしとしましょう。
次に期待です(次って、いつなの)


えーと、これは禁句かもしれませんが。


これ、アフロくんの話に似てませんか(笑)

芳香ちゃんとアフロくんの、あの美しい友情の物語に…
思わず芳香ちゃんの幻が見えましたー!!(ダメじゃん)


懐かしいなあ…(懐かしいってまだ最近のことだよ)


そう言えば、日曜に買い物に出た先で次女の握手会が開催されていたようです。


というわけで、感想いってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。戦隊紹介全般。


「ちゅっ」って、おーーーーーい!!(絶叫)


パンダのパペットに唇を奪われた蒼太(語弊有)
してやったり、な真墨の表情も素敵です。


お主ら、なかなかやってくれるな…!!(小声)


朝からここだけでお腹一杯です。
思わずTVの前で身悶えました。


心の中で大絶叫。
静かな静かな大絶叫です。



ありがとう、真墨!!ありがとう、蒼太!!



そうそう、蒼太。
頭にぞうさん(でしたっけ?)載せてる蒼太も可愛かったです。


もうこの戦隊紹介だけで本編の内容が頭から吹っ飛びました。
ヤバイよ、うろ覚えどころの話じゃない(大問題)


その2。「職業病みたいなもんだな」


だったかな…(うろ覚え)

チーフが未知の文明に思いを馳せてノリノリな気持ちになっているところへの真墨の一言。


ということから、アタイはこんなことを考えました。
他聞に漏れず、阿呆なことですので、真面目な方は聞き流してください。


冗談の範囲です。
アタイはこんなことばかり真剣に考えてしまうのです。


で、何を考えたのかというと。

正式書類やアンケートの職業欄を彼らはどう書くのか、ということ。


またそんな微妙なことを考えているあたりで、阿呆加減が知れます。
そうなのです、人生阿呆な方が楽しいのです。


アタイはこう考えた↓
正式書類の職業欄にはこう書く筈!!



職業:冒険者。



アンケートなら会社員とか色々選択肢が出てますよね。
だけど彼らはこう書くのですよ。


職業:その他(冒険者)


…正直微妙!!(笑)


いや、ある意味会社員だと思うんです。

サージェスは何だろう、一応公的機関でもなさそうです。
だけど財団法人、とかでしょうね。


だったらやっぱり会社員っぽいものなのでしょうか。


財団法人だとすると、そこに所属する場合、一体職業的には何になるのでしょうか。


…団体職員とか?


世界の謎だ…!!(意味不明)
それも面白い冒険だな(何)


その3。一人で撃てるもん、デュアルクラッシャー。


ボウケンブルーのデュアルクラッシャー、二回目。
だけど雑魚をあっけなく倒し過ぎて、あの強そうな方の敵に吹っ飛ばされてみたり。

いいの、それでも。
アタイ、それでもボウケンブルーが活躍すればそれでいいの…!!
そうなの、蒼太が好きだからそれでいいのです。


その4。チーフの変身!!


リュウオーンの剣を受け止めて、「レディ・ボウケンジャー・スタートアップ!!」



か、か、か、カッコイイー!!!!!!!!!!!!!!!(絶叫)



今回の名場面はここに尽きるでしょう。


怒りのパワーでチーフが強くなる(ちょっと違うよ)


まるでドラ●ンボールのような展開みたいですが(笑)それはいいのですよ!!


あの変身シーン、今まで色々見てきた戦隊ヒーローの変身シーンで一番カッコ良かった。
私の中で、不動の一位になるかもしれません。

高橋光臣さんの気合というか、あのシーンに賭ける意気込みみたいなのがひしひしと感じたと言うか。


と言う感じで、ときめきどころをお送りしました。

個人的には№10開発の為、三日徹夜した牧野さんを寝かせる真墨と菜月もよかったと思います(笑)


それについて、「ちょっとやり過ぎじゃない?」的に笑っている蒼太とか結構ナイスだったりします。


で、ここからは真面目な感想文。


【今週の真面目な考察】


テーマ:ラギとチーフ。


この二人は似てるところがあると思うのです。
仲間を思う気持ちというのが。

水の民を救おうとして、邪竜一族に身を落としたラギ。
クリスタルを探し、砂の中で朽ち果てようとする一族を救おうとするが故。

だけどリュウオーンにとってラギはプレシャスを奪う為の道具に過ぎなかった。
クリスタルを探す文書を解読させ、いいようにラギを利用しようとした。

しかし、水の民の長によって文章は失われ、ラギもリュウオーンに裏切られてしまう。

ラギは仲間を救いたかった。
だからクリスタルをどうしても探したかった。

だけど1人ではどうにもならず、ひょんなことから出会った(多分)邪竜一族と手を組むことになった。


多分、このあたりがチーフとラギの比較なのかなーと。


チーフが同じ立場なら邪竜一族とは手を組まなかった。
チーフの求める冒険はそういうものじゃないし、探すこと=冒険、冒険の過程を楽しむのも冒険者が大切にするべき資質だと思っているから。
それにそもそも邪竜一族というものを信頼するかどうか、ですよね。


人の資質を見抜くことも、冒険者に必要な資質なのではないのでしょうか。


ラギはクリスタルを探すことに焦り過ぎて人を見る目を曇らせた。
ある意味、弱さに付け込まれたとでも言いましょうか。
邪竜一族にいいように利用されていてもそれに気づけなかった。

ただラギは冒険者ではない。
そこにも違いがあります。

次回予告で、冒険なんかと一緒にするな、みたいなラギの台詞がありましたよね。

如何に彼が仲間を救いたい、クリスタルを探したいと思っているかがわかる台詞です。

しかし、早く救わなければならない、という使命感が彼を焦らせた。
結果的に彼は邪竜一族に追われる身となり、チーフは彼を助けるべく動いた。

チーフは冒険者で、ラギは仲間を救う為に水の民の集落を飛び出した者―そもそもの位置付けは違います。

だけど、何故チーフはラギを助けようとしたのだろうか。


ラギが邪竜一族に裏切られた者だから?(ややもすると同情にも聞こえますね)
長の話を聞いて共感すべきところがあったから?つまり仲間を救おうとするラギの心が理解できるから?(それもあると思う)
クリスタルに興味が湧いたから?(それもあると思うけど、ごく小さい部分でしょう、だからこの場合は理由の主立ったところとしては却下)


いや、私はもっとシンプルに考えます。



目の前にいる困ってる人、傷ついてる人を放っておけない。



言わば、チーフの中にある、何が正しいかを判断する心。
正義というのでもないかもしれません、そういう大仰なものでもないかもしれない。

チーフの中にあるそういう優しさ、偽善かもしれないけど、彼は脊髄反射的にラギを助けようと動いてしまった。
ある意味では本能みたいな感じ。


ストレートにぶつかっていく、チーフの動の部分かなと。
細かい理屈より先に体が動く部分、という感じで。

ちなみに静の部分は仲間を信頼して、仲間の提案に任せる時に「やってみろ」と背中を押すようなところ。

ボウケンジャーのチーフが何故にここまで魅力的なのかを考えた時に思い当たるのはそういうところなのです、
その懐の深さ(静の部分)と、時に危険も顧みずに行動できるところ(仲間を助けに行く時のなりふり構わないそんな部分)の動の部分がきっちり明確だから、だと思うのです。



次週、ラギとチーフは分かり合えるのか。
二人にどんな結末が待っているのか、そこにも期待です。


実はラギが今年の6人目だったら今年はちょっと6人目のジンクスは無しだな、とちょっとだけ思った私。
好きな人はすみません…!!(ヘッドスライディング土下座)


今年の6人目のジンクスはどうなるのか。
個人的にはそこも見ものです。



ちょっとした冒険だな!!(流行ってるの?)

うわん、行かないんだからあんまりドームのイベントの宣伝をアタイに見せないでー!!
うっかり行きたくなってしまうではありませんか!!(本当にうっかりだ)

…だけど、三上くんのBDイベントはちょっと行きたいよ?(切実)

どうしよう、チケット取るべき?!
値段如何によっては行きたいかもよ…(小声)


【カブトプチ感想。】


えーと、加藤和樹さんがカッコ良かった…!!(まずはそこですか)


シェフのコスチュームを付けている彼もカッコイイです。
記憶の戻ったゴンちゃんに、独り言のように別れを告げる大介なんて、もう泣きそうだったってば…!!


だけど彼はもう出てこないとか無しですよ!?(切実)


それでも私、影山くんが大好きであります。


次週、天道2号…違う、なんか俺様キャラが出てくるそうです。


…ぶっちゃけ顔は天道のが好きです(そこですか)
【今日は。】
2006年05月26日 (金) | 編集 |
またしても友人MちゃんとHちゃんと大会開催。
ふた月に一度くらいでしょうか、楽しくマニアックな大会です。


それは、魂のシャウト!!

それは、マニアックなサバト!!

それは、誰も踏み込めないサンクチュアリ!!


…そういう感じの何かがあります。


そんな本日ではありますが、印刷物の山に埋もれ(皆様に手伝ってもらって無事解決)、宅急便を出荷する為にひたすら袋を閉じて、チケットをひたすら数え…



アタイ、頑張りすぎだよ!!


普段働いてないから、微妙にいろんなことが重なるとテンパるの…ッ

お陰で腹痛が3日も続いてるよ!!(実話)
お腹の急降下、誰かアタイの急降下を止めて…!!


正露丸飲めということですか。
(お食事中の方は申し訳ございません)


という何かがありますが(何だ)
今日もsiaは生きてます。


匠の技が生きてます(何の)


来週の席替えで僻地への移動が決まりました。


ありがとう。


アタイ、端っこ星人だから!!


誰も思わないといいなと思いますが、あくまでも端っこ星人です。



恥っ子星人ではありません…!!



確かに恥の多い人生を送ってはおりますけれども。
誰だっけ、このフレーズ。
太宰治だったか、どうだろう。


席替えの話に戻しますが、移動が大変…!!

脇机は重いのよ!!(荷物入れ過ぎ)
そろそろ脇机の中身を整頓しよう。


この妙なテンションに、不機嫌が加わっておかしな気持ちになっています。
MOTHER2ちっくに言うなら、頭にきのこが生えました


もしかして湿気ていますか、アタイ。


先日届いた友人からのファン感写真その2をプリントしてみました。


全121枚中の72枚です(ハンパ…!!)


ギリギリアルバムの空きに収まる枚数なのです。
ギリギリでいつも生きてます(カツンですか)
悪いけど賢くはないです(カツン、再び)


よかった、また百均で買わなくちゃいけないかと思ったよ、アルバム。
(アルバムは百均で買っています、もう何冊目?)

結構いっぱいあります、ファン感写真。
二人とも、ありがとう…!!


眺めて、悦!!
ガン見して、悦!!


腐っても、愛!!(何)


お陰で日々を戦う力になります。



さて。
友人から今日、テイルズオブシンフォニアを借りました。
そんな友人はレジェンディアを購入したところ、スタートボタンが効かないバグに遭遇。

頑張れ、…頑張れ!!
もしなんだったらコントローラ貸してあげるからね…!!


ちなみに「学園祭の王子様」では青春学園に突入。
(攻略終了まで、あと16人…多いな!!)

副部長大石を攻略中です。


【感想】

どこにときめくべきなの…!!アタイに教えて…ッ

中々好意を口に出せない秀一郎にですか!?
それとも、中学生が喫茶店に入るなんて!!というところにですか。


只今、脳内ランキング戦ではこうなってます。


1位:仁王(脇で出てきても、グラシアース!!)
2位:清純(あるイベントでノックアウトされました)
3位:幸村(かなりの鬼畜具合にきゅんとします)


学プリの、趣味が偏る、面子かな(sia心の俳句)


早く手塚に手をつけたいこの頃。
(モチベーションが下がるので、先に好きでないキャラを終わらせる予定)

英二がにゃーにゃー言うのが許せなくなってしまった狭量なアタイ。
(にゃーにゃー言わない、カッコいい英二推奨)

友人Mちゃんが言った、マムシは結構いい、と。
その理由の片鱗が垣間見えた私です。

【讃える薔薇色のエレメント。】
2006年05月24日 (水) | 編集 |
鼻歌が「フレンジャー」だったりする、浮かれ気分の阿呆です。


そうです、今の私は阿呆(しゃらり←擬音)



阿呆の頂点を極めた女、称号はクイーン・オブ・阿呆。




届いたよ、ファン感写真第二弾…!!




Aちゃん、ありがとう!!忙しいのにありがとう!!
先日Sたんから届いていたものも見ていたので、ドキドキも二乗です。


二倍じゃないの、二乗なの!!(相当デカイらしい)


どうしよう、ドキがムネムネする。
ロマンティックが止まらない…!!


切なさも止まらない!!(何)


何にときめいたって、手紙に中にあった番長(内輪ネタ)のやんちゃぶりとかも含めて全て、です。

1ショも2ショもよかった…ファン感中の写真も全部よかった。
給料入ったらプリントしてこよう…!!(只今残りのお小遣い800円…100枚以上あるのに、現像出来ないYO!!)


Aちゃん、貴女やっぱりハンターだよ…すごいハンターだ。



素敵過ぎるよ、大旦那!!(内輪ネタ)



Sたんの写真と交互に眺めて一人で悦入ってました。



どうしようね、猫まっしぐら。
寧ろ一点集中の勢い。
このまま念が飛ぶかもよ(どんなだ)



…ややもすると、魔法が宿りそうでした。



というわけで、昨日は妹が録画したマイメロを見ていました。
相変わらずクロミちゃんは可愛いです。

クロミちゃんの健康サンダル、買いますから!!
(もうチャーミィキティの健康サンダルがボロボロだ)


マイメロのパパがおっきーだと知って、びっくり驚愕したのは秘密。


そんなヘンなテンションのまま、先日から再開した「学園祭の王子様」に着手。

不動峰、六角、ルドルフ、山吹が終了しており、そろそろ立海の攻略が終わります。
でも微妙に柳のスチルが集まっていないので(どうも好感度を99以下にする必要があるらしい…そんな罠ありかよ!!)柳ももう一度らしいです。

柳、切原、丸井が終わっていたところで中断していたのですが(アビスにぞっこんだった)テンションをあげる為&感覚を掴む為に仁王をターゲットに。



【感想】


…ヤバイ、いいよ…!!
ペテン師が、ペテン師が…(動揺)

全編ときめきっぱなし、ドキドキ急上昇。



35人という攻略人数にげんなりした時、本命でないキャラを攻略しテンションが下がった時に攻略すると効果更にUP(だと思う)

仁王、マジ好きだ!!
とにかく叫びたくなるくらいときめきを覚えました。


で、次はたるんどる、もとい、真田副部長。


【感想】


こんな15歳いねえよ…!!

だけど笑える、山吹の亜久津くらい爆笑出来る。
2回目デートは抱腹絶倒。

ただし、アタイがヒロインならこの場合副部長ではなく仁王に惚れる、間違いない。


序盤、話しかける度に「たるんどる!!」と怒られ続けた所為か、「たるんどる!!」と言われ隊を名乗るほどに「たるんどる!!」ジャンキーになってしまった私。
好感度が上がると、別に意味で「たるんどる!!」と言われますが、序盤の「たるんどる!!」のがときめきます。


アタイ、ドMなのかよ…!!



で、昨日は柳生比呂士を攻略。


【感想】


そんな貴方はジェントルメン(何)

たるんどる、の後だったのでさっぱり風味が色濃い。
やっと落としたぞ的達成感というよりは、回り道しちゃったね、てへ☆な甘酸っぱさが味わえた。


ED見ながら、あー、甘酸っぺーなあ…とか呟いた私。
ダメですか。

だけど最後まで眼鏡の奥の瞳が気になってしょうがなかった。
仁王くんとそんなに似てるんですか?

たるんどる!!と言われ続けたアタイは、優しくされると涙が出ちゃうの…!!


とうとう、立海を全員落としたので。




siaは幸村を攻略する扉の鍵を手に入れた!!


精市に愛を叫んだ!!
立海への愛が1上がった。



みたいな感じです。


今日はいきますよー!!
幸村を落とします。


次は青学かな…氷帝は最後に取っておこう。
(寧ろ跡部は最後です)


【めんそーれ、絶望先生。】
2006年05月23日 (火) | 編集 |
土曜日に買い物に出た時、ふらりと立ち寄った某デパートで催されていた沖縄フェア。



そこで驚愕の事実発覚!!



沖縄って、停留所で手を上げてアピールしないとバス止まらないってホントですか!!!!!


…Tシャツ売ってた兄さんにそう教わったのですが。


マジすか?
騙されてますか、私と妹。
あのお兄さん、超面白かったんですけど(関係ない)


名古屋では停留所にいればバス止まりますが、沖縄では手を振ってアピールしないと止まらないらしいのです。



真偽の程や、いかに…!!



そんでもって昨日のやらかしに凹むお年頃だったりします。



加工した後、間違えて上書きしちゃったんだってば…(土下座)



「はうわー!!」と叫んでみました…それから軽く日本海溝レベルまで凹みました。

あわわ…もうね、びっくり。
しかも皆使うデータなんですよ。


こんな低レベルのやらかし、久し振り…!!


お腹がキリキリ痛むしね…
私、気が小さいんですよ!!(本当です)
誰も信じてくれないけど気が小さいんです。


イッツ・マイ・ノミの心臓。
それは、チキン・ハート。


イノシシになれるのはあのお兄さん達の前だけだ…(迷惑好意←誤字にあらず)


でも無事に復旧した模様…あー、焦った!!!
だけどさすがに自分で自分に絶望したよ!!


絶望したー!!!!!!!!!!!

しかもPOPを作ったコミックス、微妙に発売日がずれていた。
矢印で補強して、微妙に事無きを得たけど。


アレは激ダサだろう…?


最近、ちょっくら会社が暑いので(ハンパない暑さ)頭がボーっとします。
ヤバイ、ぼーっとしてる場合じゃない。

今日もやらねば、様々な作業が遅れている…(ブログ書いてる場合じゃないよ)

寧ろメール、返せてない…!!(早く返さないと友達失くすよ…?)


それなのに友人から借りた「さよなら、絶望先生」という漫画に癒されてたり。
(これで癒される辺りでもうダメだ)

面白過ぎる…!!
感動モノみたいなタイトルしてるのに、中身はギャグ漫画。


大好きだ、こういうの!!
ありがとう、Mちゃん!!


あと、妹が買った「全力ウサギ」って本ですね。ツボったー!!!!
公式サイトもあるのでどぞ→公式サイト様(恐らくPCオンリ)

アタイのお気に入りはオジョウとエイギョウさん。


寧ろ全力恋わずらい中!!ということでよろしくお願いします(何)


そんでもって、大塚愛の「フレンジャー」を口ずさみながら、雨の中郵便局へおつかい。
(何故かダウンロードしてしまった…何でだ)


ミッション名:超急ぎの請求書を速達出荷。


あのさ、なんで今月中に出すべきものをこんな日付までほっとくのさ…!!
しかもこんな日付に出すのに、今月中に振込みって…


アンタ、鬼だ…!!!!!


元郵便局で電話番してたオイラ的には「あー、配達回数がちょこっと増えるだけなのに、速達で350円か…それもどうよ」的な何かがありますが。
(今はどうなんですかね、かれこれ4年以上前ですので)


さーて、雑誌のカットとチケットチェックでもするか…
【Task.14…うろ覚えの記憶だけで感想が書けるのか。】
2006年05月22日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファン故に蒼太に偏りがちなのは否めません。


はーい、タイトル通りです(笑)

いつもなら朝見て、夕方にもう一回見て感想を書くのですが、今日は用事があるので朝見た記憶だけで書いてみます!!



今年もそんなオチかー!!!!!!!!!!!!!



と叫んだのは私だけでしょうか(笑)
※参考資料:昨年のオチ。


いや、あれより全然いいです、私的に。
寧ろ微笑ましかった…うん。



…てな訳で今週も感想、いってみよ。


【今週のトキメキどころ。】

その1。巨大化した真墨(笑)



真墨、巨大化!!


今までありそでなかった(と思う)そんなまさかのミステリー!!!!!!


大笑いしちゃったよ…お尻ぺんぺんって!!
しかも菜月のあの一言が最高です。


「あんな大きいの、真墨じゃないよ、やっちゃえー」


…確かにそうだけど、ちょっとは躊躇しようや!!(笑)


そんなことを思ったり思わなかったりしたけど、これは最高!!


間違いなく今週の踊るヒット賞モノ。


その2。GJです、と言ったさくらの横で、うんうんと頷いて笑ってる蒼太


いや、今回蒼ちゃん出番少なかったしね…(笑)
でもアタイ、映ってる時は蒼太ばっかり見てました。


駄目人間ですみませぬ!!


その3。戦隊紹介での柔道着のチーフ!!

これ!!似合い過ぎ!!

か、カッコええ…!!とか思わず叫んだ。
しかも板割ったりとかしてます、あれをもしも本気でやったのならすごいぞ。

多分予め割れ目が入ってたんだろうけど。


それでもカッコイイ…痺れた


しかも次回はチーフメインだよ!!ひゃっほう☆


その4。「お前が可愛かったからだ!!」及びその後の自己嫌悪。


…はーい、ごちそうさまー(笑)


そんな真墨が可愛いんじゃ…と思った人、手ぇ挙げて!!



はいっ!!(またこのオチですか)


これもまさかのミステリー!!!!!!!!!!(流行ってるの?)


いや、もっと深い理由があると見ていた私の考察をすっぱりへし折ってくれちゃってさ…残念!!

あの自己嫌悪がよかったです。
すげえ髪を振り乱してたところにときめきを感じずにいられません。

あの髪、直してあげたかった…(何)

そして可愛かったからだと叫んだ彼もよかったです。


その5。「変身して、サバイバスターでここを撃て!!」

これ、マジで泣きそうに感動!!
真墨、超カッコイイです。

俺がそんな人間に見えるなら、殺せ。
そうしてお前の復讐を遂げればいい。

普段はクールだけど、本当に熱い時は熱い。
彼の感情はわかりやすいのもあるけど、齋藤ヤスカくんの演技がとてもよかったと思います。

間違いなく、私の中の名場面に挙げたいと思います。


…と言う感じが今週のトキメキどころでしょうか。


ではでは感想をば。

今日はフラダンスで疲れたので、あまり頭が働いておりませんけど書きますよ。


【今週の真面目な考察。】


テーマ:菜月と真墨、信頼と憎しみと過去と現在。


菜月の前に現れた、妹だと名乗るミリル。
過去の記憶の手がかりとしてたった一つ残されていたブレスレットが決め手となり、ミリルの言葉を鵜呑みにしてしまう菜月。


ただ、ミリルの話にあった設定もどうかと思いましたけどね(笑)
父親に連れられて、家族全員で遺跡探しって!!


ありえなーいとか思ったのは秘密です。


よっぽど遺跡が大好きだったとかですかね。
私なら過去の記憶がなくても「うっそだー」とか言っちゃいます(笑)
しかもいきなりトレジャーハンターが現れて、家族を殺したって!!
そんなちょっと突飛だなーとか思ったりもしましたが。

で、話を戻して。
菜月はどうしても過去を取り戻したい、そういう気持ちを持っていたことになります。

だから目の前に吊るされた「過去にまつわる詳細な話」というのがすごく魅力的で。
菜月にとって、現在と過去の天秤は過去に重きがあった、そういうことだったみたいです。

しかも現在は仲間、過去には家族が関わること。

菜月のその天秤の傾きはある意味では当然だったかもしれないなって思います。
過去を失っているから本当のところは分からないけど、家族の手がかりをみつけた。
過去を取り戻したいと願っているからこそ、ミリルの話は余計に魅力的だった。

過去は過去、現在を大事にしたい。
そういう気持ちも菜月の中にはあったかもしれない。

それでも、失った過去を取り戻したい、過去には家族のことも含まれている。
失ったものを取り戻すこと、それはトレジャーハンターの本能みたいなものかもしれないなあと少し思います。

かつて失われた(現在は居場所が分からない)大事な宝を探す。
トレジャーハンターとはそういう人達のこと。

真墨と行動を共にしたことで菜月の中にそういうトレジャーハンターとしての本能が宿ったのだとしたら、と考えても面白いかもとか思ったり。


で、ミリルの話によって仲間だった真墨が家族の仇だと知る(勿論、嘘)


川に落ちた時、ココアをいれてくれた真墨。
助け合って、信じ合ってきた人が仇。


菜月の心が揺れ動き、その隙を付け込まれるようにどんどん「妹」だと名乗る人物(実はダークシャドウ)に操られていく。


菜月の中にあった真墨への好感(恋愛感情でもないような気がします)
真墨の中にも菜月への好感があって。


好きだからこそ許せなかった。

自分に優しくして、助けて、それは自分を利用する為だったんだ、と菜月は怒る(誤解ですけど)
真墨は捏造されていない今までの二人の間に起こった出来事を知っているから、菜月の憤りに訳がわからなくて。

ただ操られただけではあそこまでの憎しみに変わらないと思うんです。

家族の仇である真墨、自分を利用しようとした真墨。
菜月の心の中にあった真墨への信頼と好感が真反対の感情、憎悪と怒りに変わった。
感情は直ぐに色々なものに摩り替わる、生きていればそういうことを実感するものだし。


だから菜月をこうして操るのはダークシャドウにとっては簡単だったのかなとか思ったりして。
過去と言うキーポイントがあるから余計に。


真墨は菜月を助けた理由を言いたがらなかった。
ただ恥ずかしいから、きっとそんな理由です。
だけど、菜月を助ける為にそれを言葉にした。

結果的に自己嫌悪に陥る真墨がGJです(何)

自分がそんなに信じられないなら殺せばいい、心臓を狙え、と言った彼は凄くカッコよかった。

菜月を信じている、だから自分のことも信じて欲しい。
誰かの言葉で信じられなくなったのなら、それで仇だと思うなら殺されてやる。

体を張った真墨の言葉。

真墨は真っ直ぐな人間ですよね、ひねくれてるというか、クールと言うかそういう風に見えますけども。
本当はものすごく真っ直ぐ、菜月に関しては特にそう、みたいな。

今ではココアは菜月の方が上手にいれるようになったというエピソードは真墨の台詞で語られますが、とてもいいエピソードだなあと思いました。
二人の関係がすごく密だというのが伝わるような気がして。

助け合ってきた、支え合ってきた。

落ち込んだり元気をなくした菜月にココアをいれてあげる真墨の優しさ。
そんな優しさに触れて、今では菜月はその優しさに明るさを添えて皆にココアを振る舞うようになった菜月。

ココアはそんな優しさと二人の絆を示すもの、みたいな気がします。


…なんか何が言いたいのかよくわかんないですが、そんなことを考えたり。


だけど、今回プレシャスの存在とかすっごい薄くないですか(笑)
実は名前すら覚えてなかったりします…回収したんだっけ?とか真剣に思ったり。
確か回収してたような…ですよね?


そんでもって、今回もキャラを魅せる回ってことなんですかね?
いや、すっごいよかったですよ、真墨と菜月の関係性。

だけどあんまり主軸をおざなりにしないで欲しいなあというのも正直な感想だったり。
そんで話が終わって、今回プレシャスなんだっけ?とか思うのはどうかと…!!

ま、大きいお友達である私はキャラもしっかり見せて欲しいのがまずあるんでいいのですが。
お話としても納得できて、面白いっていうのが見たいなーと。

お話が面白いなあって見始めたのもあるんで、そのあたりを今後期待したいところ。
キャラも魅せつつ、お話も楽しませつつ、みたいなの希望!!


どっちつかずになるのは勘弁してくださいね☆


次回はチーフメイン!!
チーフ!!チーフ!!チーフ!!(連呼)


【余談。】


影山くんがいいですね、カブト。

最近自分の中で熱いです、彼。


負け犬っぷりというか、捨てないで光線が出てるところもいいです(笑)

「かげやまーん!!」(私の中での影山くんのあだ名)と叫んだら、妹に誰のことだよ、とツッコミされましたがいいのです。

【雨降りとPOP作りは。 】
2006年05月19日 (金) | 編集 |
嫌いじゃないけど、苦手だ…!!!!!!!



コミックス発売のPOPを作ったのですが、どうにもどこを直すべきか分からず、妹に助けを求めました。


添削してもらいましたー!!!!!!!!!


赤ペン先生です。
私の心の赤ペン先生です。


…ん、進●ゼミ?



兎に角ありがとう、助かったよ!!


半日POP作りで潰れました。
もうネタがありません。


毎月毎月同じようなPOPを貼らされる店舗の皆様、すみません。



アタイ、センスがないの…!!!(壊滅的)



反省はここまでにしましょう。
過去はあまり顧みないタイプです。


前を向いて歩くタイプです、多分。


今日は友人Mちゃんのお誕生日。

捧げモノが間に合わなかったので(笑)カードを渡しました。
しかもアランジ・アロンゾのワルモノのカードです。

可愛いと大好評。

それよりも早く捧げモノを仕上げなければ…!!
Mちゃん、アタイ頑張るよ、JLも!!


今日のおやつは「かすたどん」…嘘みたいですが、本当です。
誰かのもらい物でしょうか。


「かすたどんをsia(仮名)どん、食べるどん」


というのをむにまるさん(仮名)が考案しました。
とりあえずオチは「うまいどん」だとTくんが言ったのでそう言うことにしようと思います。



続きまして、我が社(我が部署)の二大馬鹿の片方が私だと本日わかりました(sia調べ)



アタイは馬鹿じゃなくて、阿呆だよー!!!!!(スケバン恐子風味で)




…ここまで色々書いた記事がどうにもどうでもいい内容だと今気がつきました。
遅いよ!!


アルバムに整頓したファン感写真やら、その他の写真をボンヤリ眺めています。
やっぱりいいね、マジで。

素敵です、うっとりです。
どうしよう、心がミシミシ言ってるよ…!!(また軋んでる)


最近体がJT不足気味です。
どうしよう、寧ろ二週間くらい前に見たばっかりなのに…


今は愛がこっちに移っている模様。

ヤバいよ、移り気だよ。

女心と秋の空?秋じゃないのに…!!


実は7月の東京ドームでのボウケンイベントも不参加予定。

だってさ、先立つものがないんだよ、ぱとらっしゅ。
お金がないよ…ぱとらっしゅ!!(何)


新幹線に乗れないよ…!!(切実過ぎる)


陽気な貧乏をする私。
清く正しく、貧乏生活。


ファイトー、オー!!


アタイに幸あれ…
【欲望渦巻く。】
2006年05月18日 (木) | 編集 |
大々的にブログに「誕生日なんです!!」と書くと、人の優しさに触れることが出来ると分かりました…siaでございます。


コメントで祝ってくれた皆様、ありがとうございます!!
いるかどうかは知りませんが、画面の前で祝ってくれた方もありがとうございます!!



今日もどっこい生きております、28歳。
頑張ってます、それでも生きてます。


そんなこんなで、昨日写真が届きました。


不参加を激しく後悔しているファン感の写真です☆(自虐?)


Sたんありがと~う!!


その他の試合写真とかもあったので、更にドキドキしました…☆


グリアリ写真がヤバいよ!!(そこですか)



あれはヤバいよ!!
あの2ショはヤバいよ!!
寧ろ、ありがとうだよ…!!



そんな感じでドキドキJTフェスティバル開催中!!(無期限)



あのお方の写真を眺めたり、ファッションショーのモデルさん達(笑)の見事な着こなしを見つめたり。

正直問題があるほど興奮しています。

ただ、一緒にお昼を食べてる人に写真を見せてあげながら、この人私より年下なんだよー、と教えたところ(どの選手かはナイショにしておきます)



「嘘でしょ?」



と言われましたー!!


いや、本当ですよ!!
嘘ついて、何か私にいいことありますか!!


あと、某選手を指差して「この人、女の人?」と聞かれました。




れっきとした男の人ですよーー!!!!!!!!!!!!!!!!




知らない人というのは何を言い出すかわからないので反応が面白いので写真を見せるのが楽しいです(笑)


…そんな間違え方する人、初めてですよ?


だけど、どの人も背が高くてかっこいいねー、と言ってました。


そうですよ、そうですよ!!
じゃないと全国津々浦々に飛びませんよ!!


そんな風ではありますが、生きてます。
トレーディングカード発売のPOPとか作ってみちゃいました。

プリントアウトしてみたら結構いいと誉められました。
あー、そう言えば来週にはもうコミックのPOPを作らねば…


それ故にいろんなことがどうしましょう。
様々なことがお留守なことに気づきました。



主にブログとメールがお留守がちです(だけどミクシイには結構いる/笑)



仕事が忙しくなっています。
ご注意ください(何)



珍しく私が仕事をきちんとしているから雨が降るんでしょうか。



最近結構真面目に仕事をしています。
安穏としている場合ではないことに気づきました。

タバコのカットも今週中にあと少し頑張らないといけない模様。
(すごく頑張ってあと少しまでたどり着いた)

だって早くしないと怖いよ、Nさんが!!
そろそろ怒っちゃうよ!!

来週はもっと忙しいみたいです。
雑誌のカットもやんなきゃならないし、ギフトのこともあるらしく、おまけにコミックの登録作業とかあります。


…どうするの!!


兎に角中部は自分一人でやるよ!!
他の地区はどうするのー!!!!!!!!!



オレのことかー!!!!!!!!(何)



…ぶっちゃけどうしましょうね。


わさび味のたこせんべい、美味い…わさび大好きー!!
【Happy birthday to 自分。】
2006年05月16日 (火) | 編集 |
さほど目出度くはないが、本日、ワタクシのお誕生日でございます。



毎年毎年思うことだが、これ以上年齢は取りたくない(笑)

それでも去年からアンケートなどで年齢を書く時に間違えて28とか書いてる時点で、自分の年齢に興味を無理矢理失った模様。


そんなこんなで、今か今かのあの人よりも数ヶ月だけ先に年を取ることになりました。


お待ちしてますよ、カモン・28の世界。


そんでもって、色んな人からプレゼントもらってしまいました!!
Hちゃん、Mちゃん、Kさん、それからむにまる(仮名)さん!!


あ り が と う !!


お祝いの言葉をくれたかりめろ姉、そして妹繋がりで間接的にお知り合いなOさん(今度シネプリ行きましょうね☆)、Sたん!!



あ り が と う !!



今年も私は力の限り生きてやります。


それこそ力の限り叫びます(五月蝿い)



この声が、枯れる位に叫びます(by青いベンチ?)



「リボンのあのお方ー!!」(ちゃんと呼びましょうや)



…どうしてそんなに楽しそうに付けてるんですか(笑)
個人的にツボリ過ぎてちょっと瀕死になりました。



「蒼太ぁぁぁ!!寧ろ三上真史さーん!!」



もっとウィンクかましちゃってください…!!
喜ぶやつがとりあえずここに一人います!!



これも、愛。
きっと、愛。





そんなわけで。
先日、自分達宛の誕生日ケーキを自分達で予約してしまいました(寒いよ)

お金は母に払ってもらいました。



ちゃんとメッセージ入りです!!(痛いよ)



だけどローソクだけは遠慮してみました。
さすがに二人合わせて40数本は恥ずかしいし、いらないし!!



阿呆なことほどするのが楽しいんですよ!!




ちなみに今日の帰りに自分達で取りに行きます(笑)
複数形なのは…私と妹が同時に誕生日だからです。


そう、我等は双子なのです。
正真正銘同じ誕生日、同じ生年月日。



というわけで、おめでとう、うくれれちゃん。



誕生日の話題はここまでにしましょう。





ファン感、行けばよかったよ…!!!!!!!!!!!!orz



…といきなりの後悔。
しかも激しく深い後悔です。


日本海溝の一番深いところにいる感じです。
息が続かなくなる前に浮上しよう…窒息死しては話にならん。




あああああ、行けばよかった、行けばよかった…!!(涙)


こうなることは予想が出来たのに。
出来てたのに…!!


我慢が裏目に出るとは…!!


あちこちのJTサイトさんを見ては、あああ、ヤバいよ(仕事しようや)とか、どうしよう、ときめく、とか。
色々呟いてしまうお年頃な訳ですよ(怖いってば)



まさに、後悔先に立たず…!!!!!!(ガビーン)



でもファン感に参加したAちゃんとSたんがファン感写真のデータを届けてくれるということなので我慢します!!(笑)



バッチ来い、カモーン・ナウ!!(何)



全身全霊、お待ちしております!!(笑)


あたいが撮った黒鷲のデータもCDに落としてあげないとね(まだプリントアウトしてないのが沢山あるし)
だけどプリントアウトしてないのはブレブレで、ダメダメだからだと言うのを忘れてました。

ごめんね。
あのお方ばっかり撮ってるよ。

時々あの子を撮っています、思い出したように(笑)


だけどブレブレ…!!(打ちひしがれる)



時々幽霊じみた写真とかあるけど気にしないで欲しいです。
デジカメ、買い直したい…!!


あ、去年の黒鷲とかもまだ残ってたっけ。
あれはまだマシだった…そしてアップゾーンが近かった…(近過ぎてヤバかった)
微妙なショットが多いけど、気にしないでね。


ついでにデータにしてあげよっかなー。
2ショ集とかもあるからそっちもついでに(いらんですよ)


2、3年前くらいに撮ってたフィルムの分ってどうなったっけ?
確かCDが郵便事故で全部紛失してからネガ、全く触ってないはず。

確かまだネガが残ってると思うんだけど。
兎に角探さないと!!


少なくともフィルムの分はフィルムがダメになる前にデータにしよう、押忍。



そして今日もヘンなサンプルを食べました。




ドリアン・チップス。




味ないです、匂いも特にはしない。
だけど。



後味がおかしい…ありえない!!



これ、280円?!
仮に100円だったとしても、一回買っておしまいだよ!!




不味くないけど、美味しくない!!



これが感想だよ…
【八城あかねお姉様!!さなっぺ!!あさみん!!かりめろ姉!!むにまる(仮名)さん!!】
2006年05月15日 (月) | 編集 |
ミクシイで回ってきたバトンです。
らんなさん、さんきうです。



■変態バトン■


えーと。



なんちゅー名前のバトンですか…(率直な感想)




私、自分で自分のことは変態だと思いますけど、如何に変態かがバレると大変なのでほどほどでいいですか?(誰に確認してますか)

だけど回答は存外真面目。

一応これも本気です。

嘘はないですよー!!!!


じゃ、いきましょか。


1)回してくれた方の印象をどうぞ。


えーと、大阪でお会いして思ったことをば。



「大胆なシャイガール」



矛盾ですか!!そうですか!!(自分で納得してますか)

でも出待ち時は本当に彼女はシャイガールなんです。

ごめんなさい。
暴走機関車みたいな私がいると大層疲れたでしょう?
それに押さえ込むのは大変だったですよね?


だけど、試合観戦時はとっても大胆発言をしてくれます(笑)

つまり。
私とかなり気の合う見方をしてくれます、はい☆

一緒に見てて楽しかったです。

外見的にはとある私の友人にとっても似ていて、かなり最初から親近感がありました(笑)

とても可愛い方です、スタイルも細くて羨ましいです!!


2)周りから見た自分はどんな子だと思われていますか。5つ述べてください。


…5つ?5つもないよ!!


■年甲斐のない服装。

これで27だと言ったら微妙に驚かれる(またはドン引きされる)服装。
いい歳してギャル服、派手。

だけど化粧は地味!!(アイタタタ)

■弾丸トーク。

兎に角よく喋ります。

私は誰にも信じてもらえませんけど人見知りなので、よく知らない人といる時は「ヤバイ、喋らないと間がもたない!!」と思って喋りまくります。
時々、よく知らない人といる時でも疲れてると喋りませんが(どっちだ)

ノリツッコミも軽やかにこなしますが、時々ものすごいボケをかますらしくツッコミされます、徹底的に。

■マニアック。

会話内容も、脳内世界もマニアック。
会社の机を見てもマニアックぶり炸裂(笑)

おかげさまで男っけ一つない、浮世離れした女扱いです。

■明るい変人、時々猪突猛進。

オタクだからと言って暗い訳ではありません(笑)

人並みに可愛い格好もするし、それなりに外見に気を遣っています(そう見えないけど)
話し方もなるべく明るく、だけど変人オーラが滲んでいるのでどうも苦手に思う人は徹底的に私が駄目みたいです。

変わってるね、とよく言われますが、私はいたって普通の変人です(多分)


ただ好きなことにはかなり猪突猛進。
イノシシをも跳ね飛ばす、微妙な勢いでいけそうです。


曲がれません、要注意。


避ける時は90度に避けましょう、安全です。

■怠け者。

兎に角楽をするのが好きで、働きません(笑)
翌日休む為ならどんな手を使うことも厭わない、微妙に鬼畜な私。


合言葉は「仕事に全力は出さない、そんなことに使うのは労力がもったいない」


趣味の分野では手を抜きませんが仕事は昼行灯が基準。

昼行灯万歳。

それで仕事が片付くので今のところは問題もないです。

暇さえあればネットをし、ブログ更新、ネタ探し。
席から離れるのが嫌だったり。

だけどおつかいは大好き。


探せば5つあったけど、ロクな人間じゃないことが今ここに暴かれた…


siaのレベルが上がった、自分探し能力が1UP!!


3)自分の好きな人間性について5つ述べてください。

■気の合う人。

こればっかりは波長の問題。

同じ趣味を持つ人でも駄目な人、すごい大好きな人、色々。
如何に自分を理解してくれるか、理解してもらおうと努力したくなるか、そんなところでしょうか。

何かの趣味で共通の話題がある人、共通の話題でなくてもこれが好き!!ってまっすぐな一本気な人とか好きです。
寧ろ同じ波長を求めるタイプです。


■賢い人。

成績ではありません。
頭の回転の問題です。

ツーと言えば、カーと望む答えが返ってくる。

もしくはツーと言えば、スリーとか言ってしまう機転が利く人

そういう人が大好きです。

■聞き上手。

自分が良く喋るからでしょうか、聞き上手な人が好きです。

聞き上手は一方的に聞くだけでは駄目です。
自分の意見も織り交ぜつつ、上手く話を引き出してくれる人のこと。

なかなかいないんですよねえ、こういう人。

求む、聞き上手!!

■何か一つ秀でた人。

何もかも出来る人という器用な人より、何か一つ突出した人が好きです。
才能をそこに一点集中してる、そういう何かに突出した能力の持ち主の方とはすごく波長が合います。

特に文才方面で「あー、この人の書くもの好きだなあ」と思うと無条件降伏。
そう思ってしまうとすっかりお友達になりたい光線を出してしまいます。

MACKさんと大阪でお話した時に、そういうのを自分で勝手に感じていたことをここに告白します。

■天才肌の人。

上と被るかもしれないけど、天才肌の人が好き!!
天才って響きも好き、20過ぎればただの人とかでもいいんです。


天才って特別な響きなんですよ!!


実は私も天才肌らしい(あくまで推定)
…ただそれを応用する範囲を間違えたという、能力の無駄遣いをしてしまっているらしい人、だそうです。

よく言われるんだよね。
勉強にその能力を惜しげもなく使ってれば東大入れたよって…勉強、興味なかったからなあ(笑)

だから天才系のキャラとかも結構好き。
ただし努力の天才とかも大好き。

4)では反対に嫌いなタイプは?

■接客がなってない販売員。

意味ねえからやめろ!!って思います(笑)

申し訳ありません、ありがとうございます、が言えない販売員!!(いるんですよ!!)

5秒立ち止まるだけで声を掛けてくる販売員!!(私のことは放っておいて!!と言いたい、しかも立ち止まる度に違う人が来る)


売りたいのは分かるけど、もう少し考えて欲しい…

■席代われ光線を出す老人。

私も仕事で疲れてるんです!!と言いたい(笑)

ひどいのになると、勝手に人の前に連れ立って来て、こう言う。

老人A:「あんた代わってもらったら?」
老人B:「あんた代わってもらいなさいよー、私はいいって」


…あたいは代わるなんて一言も言っていないでしょうが!!(怒)


うちの近所はロクなのがいない…名古屋には老人パスという便利なものがありますが、早く廃止してくださいといつも思っています。

■よくわからない地雷がある人。

…母も含めて(小声)

何が地雷かわかんないから困る。
寧ろ更年期ですか、そうなんですか。

■コダワリのない人、コダワリ過ぎな人。

こだわってない人ってつまんないと思う。
逆にこだわりすぎてるとちょっと困ります。

これっていう一本筋のない人とはこっちがどんなに話をしても、反応が薄いような気がする。
一本でいいから芯を持ってる人がいいです、ふらふらしてるとかふにゃふにゃしてる人は面白くないので好きじゃないです。

5)自分のことを慕ってくれる人に叫んでください。


バトン、受け取ってぇぇぇぇぇ!!友達少ないのー!!!!!!!(切実!!)


6)そんな大好きな人にバトンタッチ5名!!(一言付き)

・八城あかねお姉様。

尊敬すべき、私のカリスマ!!

文才だけでなくそのお人柄、間違いなく私への影響力大。
その恐るべき破壊力を誇る文章前にただ忠誠を誓ってしまったのは私だけではないはず!!

いつまでもついていきます、例え迷惑でも!!

だけど美しきファイターなお姉様も姪っ子あずさちゃんにひれ伏してしまう模様。
あずさちゃんのことを書くお姉様の文章はとってもマイルド、優しい愛が半端ねえぜ!!

…ということは、お姉様。
実は最強の称号はあずさちゃんのものですか?(笑)

・さなっぺ。

市川さん繋がりの仲良しさん。
一時期私が凹んだ時、ものっそい励ましてくれた命の恩人。
ありがとう、君がいたから今も私はこうしてブログ続けてるよ。

お元気娘は今日も行く、その正体は愛をその胸に抱き、世界の中心で愛を歌う女

その歌は私の今日も笑わせる、いけいけさなっぺ!!(何)
あ。
…チーフも好きならいっそ歌ってしまえばいいじゃない?

・あさみん。

市川さん繋がりの仲良しさん。
彼女の心の世界は広く、傷つきやすく、だけど強き母親の顔を持つ。
時々ものすごいハイテンションで書かれるブログにワタクシ、大笑いでしてよ。

彼女とはハマるものがかなり似ている…実は遠い親戚とかじゃない?ってオチはなし?

今年は蒼太だよね、あさみん!!

今年は蒼太が熱いよね!!

・かりめろ姉。

映画、特撮、天野浩成さん、最近はチーフですか。
好きなものは数知れず、実の姉にして、節操無しに感想を書き綴るブロガー。
コレクターの血が騒ぐのか、ハマリモノのコレクションがどんどん増えて家の床が抜けやしないか心配です。

…お姉ちゃんは一体何になりたいんやろ。

妹は未だその謎を解き明かせず。


・むにまるさん(仮名)

会社にいる、変わった人としての共通波動を勝手に感じてしまうそのお人柄。
時々あたいのブログも読んでる模様なのでここに名前を載せておきます(笑)

モブログ中心なのに、ごめんなさいね?

恨むなら、あたいよりもあたいのブログに関ってしまったことを恨もう☆

いや、やっぱりあれは2Bだよ(内輪ネタ)


7)タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください。

…あたいもびっくりしてこのバトン、やったんですよ。


さあ、びっくりするがいい!!
そしてこの記事を見て驚くがいい!!


…って誰だよ!!(ツッコミ)



いや、わかってますよ。
ちょっと気色悪いですね?


ドン引きしちゃいやん。


回答が面白くないっていうツッコミも飲み込んでください。


*TBさせていただきました*

あさみん

【Task.13…女タラシの裏側に迫れ。】
2006年05月15日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファン故に蒼太に偏りがちなのは否めません。


買い物に行ったお店の店員さんの接客の悪さに思わず買った商品をそのまま返品してきてしまいました。
買うには買ったけど、店員さんの態度に納得できなくて買うの止めてしまいました。
お金払ったんですが、その場で取り消してもらいましたー!!

そんな機嫌悪さを吹っ飛ばせ的に参りましょう。

蒼太のウィンクはまさに最終兵器だった、今回のこのコーナー。

Just do it!!


【今週のトキメキどころ。】


その1。「あ、美人」

美人に目がない蒼太。
目ざとく見つけてしまうその審美眼の素早さと正確さに脱帽。

その2。「だってあんな美人と出会えたんだからね」

その1と同じく、美人に目がないと見せかける蒼太。
この時点では蒼太はただの女タラシです(笑)

だけどこの台詞を言ってからの恍惚な表情がツボでした。

その3。挑戦状を差し出す牧野さん。

これですよ!!今回の隠れた名場面は!!
ちょっと時代劇がかった風に胸元から挑戦状を出すのです。

まさに「皆の者、控えおろう!!」とでも印篭を出す助さんみたいでした。

個人的にはイチバンお気に入りの場面だったり。

その4。「また会えて嬉しいよ、ミス・セレネー」



ぷ、プリンスー!?(いきなり絶叫)



まさにプリンスな一礼なのです。
王子様です、私の王子様降臨!!

変身後もどこからか花は出すわ、この人のプリンスっぷりにはドキドキさせられっぱなしです。


これが恋なのか、そうなのか!!

寧ろ乙女心か!!

そうだな、そうなんだな!?(誰に確認してるの))

その5。「美人の悲しむ顔は見たくないから、かな」

↑あの人差し指を立てるポーズで読んでください。

やっぱりね、この王子キャラっぷりはね、見ててどうしようって感じですよ。

siaさん、やられっぱなしです。
TVの近くには母がいたのに朝っぱらからときめきっぱなしです。

母に私の変態っぷりの片鱗が見られたかと思うとドキドキしますが、それでも乙女心は止まりません。


どうしよう、ノンストップだよ!!


広島まで止まりません(何)


…って、新幹線かよ!!

その6。「さすが、チーフの目だけは誤魔化せなかったみたいですね」

チーフがね、カッコイイよ(そこか!!)
理想の上司です。

真墨が「女好きもここまで来ると救いがないな」とか言って呆れてますが、チーフはみんなお見通し。


「全部お見通しだ!!」(今、名古屋ではTRICKの再放送やってるんで、つい)


その7。「果て無き冒険スピリッツ!!」


この台詞を蒼太バージョンで聞ける日が来るとは…!!(感涙)


あとデュアルクラッシャーを撃つ蒼太とか、もう感激しまくりました。

でもやっぱりチーフの「アタック!!」にもときめいてしまうお年頃。



えーと、いくつかピックアップしましたが。
ときめきましたよ、確かにときめきました。


だけど、ちょっと色々考えている訳で。


【今週の真面目な考察。】

今回は率直に言ってちょっと消化不良かなーとか思ってます。

蒼太の女好きはただの女好き、女タラシではなく、実は狙いがあると言うこと。
つまり、一見軽そうに見える彼の行動には元スパイ的裏側があるということ。
それについては後述。

かぐや姫であるセレネー、これは月にまつわる言葉ですね。

☆2006.5.15PM14:30追記。
どうもセレネーというのは月の女神「セレネ」から来た言葉な模様。
調べてみました(笑)

月の地形の名前の「晴れの海」なら「マーレ・セレニタティス」か何かって言いますよね。

つまりセレネーはかぐや姫の帰る場所、月からもじった言葉のはず。

そして今回のプレシャスは二つ、羽衣と不死の薬。
竹取物語を絡めた展開は良かったと思います。


だけど最後のシーンはね、ありゃいただけないっすよ。

いくらなんでもベタ過ぎませんか…(禁句)

個人的にはもっと、なんていうんだろう。
あそこまでかぐや姫っぽくしなくても良かったように思います。

あれはいくらなんでもベタ過ぎちゃって、笑ってしまいました。


台無しにしてんじゃないよー!!!!!!!(スケバン恐子口調で)



最後にお尻のポケットから少しはみ出ていた羽衣。
それがふわっと風に舞って、彼女が金色の光に包まれる。

少しだけ振り返った彼女とかぐや姫がクロスオーバーする、みたいな演出とかね。

なんか月に昇っていくなんて、微妙すぎるよ!!とか思ってしまいました。

結局羽衣が欲しくてセレネーは宝を集めていただけなので、不死の薬は竹取物語そのままに地上に置いていく訳ですけども。


その辺、ちょっと考えてやっと分かった私(遅いよ)
なんかわかりにくいというか、伝わりにくいというか。

今回、ちょっと脚本に違和感あるんですよねえ…うん。

で、今回そういう竹取物語にまつわるプレシャスに邪竜一族を話に絡めてはいますが、まるで噛ませ犬みたいだなあ、って。

最初のあたりの戦闘でもそうなんです。

セレネーを追ってたはずの邪竜一族はボウケンジャーを見つけるや否や、いきなりボウケンジャーと戦闘を始めた。
別にボウケンジャーが彼女を追っているかどうかも確かめもせず、です。

邪竜一族=誇り高き一族、戦闘能力の高い一族という位置づけの筈がなんだか無駄にボウケンジャーと張り合っていると言うか、出会ったらすぐにでも戦闘したがるというか。
誇り高い感じがなかったです。


そこに気づいた時、ちょっと「ありゃ?」って思いました。
だから次に邪竜一族が出る時にはもう少し「誇り高き」戦闘民族的に書いてもらえると嬉しいなあとか思う訳です。


で、蒼太のキャラ性。

女タラシ、だけどただの女タラシではない。(これ重要、テストに出ます)

燕の子安貝をセレネーに預けて、泳がせた。
口説きついでにやったみたいなところもありますがね(笑)

だけど、ただ泳がせるだけではない。
彼女が行きそうな場所の情報を得て分析し、導き出した上で、というその策士ぶりがすごくよかったです。

ただ、彼が女の子を口説くのはいつも本気なのだろうなって思います。

女の子は可愛い、好きになったらそれを恥ずかしげもなく言葉にする。

そういう意味ではすごく正直な人、真っ直ぐな人。

だけど、その裏側に同じように存在する「策士」の一面。

この策士の一面は元スパイであるという部分に由来するのかなと思います。
スパイとしてのミッションを成功させるのは綿密な作戦と情報収集能力と分析能力が問われます。
それを無意識にやってのける、自分に不利なことは絶対に口にしない、そんな蒼太自身も気づいていないであろう元スパイとしての能力というかクセのようなものなのかもしれません。


いち早く5つの宝に隠された謎を解き明かしたのは、彼の元スパイとしての能力でもあり、冒険者としての能力でもあります。

自分のミッションに対する誇りも、女の子を好きだと思う心もどちらも大事。


今回の蒼太はその自分の中にある半分ずつある思いを両方形にしているのかな、と思いました。


だからセレネーに利用されていると分かっていても、彼女を助けるし、また彼女を泳がせるように宝を預ける。
彼女が「私は貴方達を利用していたのにどうして助けるの」と聞いた時も、冗談めかしたように「君みたいな美人が悲しむ顔を見たくないって」と言いますが。


実は自分もわざとセレネーに宝を預けて泳がせていたことは言わないでいます。


それが彼の「策士」の部分。


だけど、悲しむ顔を見たくなかったのも本当。
ある面では正直、ある意味では秘密主義。

蒼太がただの女タラシでないことをそういうセリフ回しでもわかるような気がしました。


…以上、真面目な考察おしまい。


今回の蒼太はすごく台詞が面白かったですよね。

「しょせんトカゲか、レディのエスコートがなってないな」
「あげるよ、ただし僕と付き合ってくれ」
「お近付きの印ってことで」

なんかね、どこの王子様だよ!!とかツッコミまくってしまいました(笑)


だけどすっかりときめいたよ!!
乙女心が疼いたよ!!


期待しただけにちょっと肩透かし?
ときめきは多いにあったけれども、微妙に消化不良?


そんな感じでした、はい。


*TBさせていただきましたー*

さなっぺ
【似てたよ!! 】
2006年05月12日 (金) | 編集 |
今、とある運送業者さんが来ました…


大好きなあの選手にめちゃめちゃ似てたー!!!!!!!!!!!!!


マジでヤバイほど似てました。


声は似てませんでしたが、本当に似てましたー!!!!!!!!!!


一人で密かにドキドキしてたsiaでございます。
(寧ろ興奮していた…)


乙女心で千里を走った気持ちです。

フルマラソンよりドキドキするよ!!(どんな比較だろうか)


マジで似てたなー…!!
うわー、びっくりした。


そんな午前中のドッキリと、お昼を食べ過ぎてお腹が苦しい…しかも眠い。


お昼が肉々してました(にーく、にーく!!)


どうするの、やる気ないね、siaさん。


そんでもってやろうと思っていた作業も進まず。
どうしましょう。


何故かおやつも食べてます。
オーガニックポテチ(正式名称知らず、一袋500円也)を一つもらったり、鉛筆味の(チリペッパー味かなんかのポテチ)を食べたり。


お茶を淹れたりしてみました、ホージー茶。


只今、眼鏡をかけたヨン様ちっく市川さんがパソコンの壁紙なのですけどね。
とある地区オフィスの人から、電話がかかってきてこう言われました。

地区の人:「ちょっと聞いていいか?」
私:「なんスか?」
地区の人:「お前、壁紙、ぺなの?


…違うよ。
似てるけど違うよ!!


私:「ぺに似てるけど違いますってば、マジレンジャーに出てた市川洋介さんっていう183センチのイケメンです、若い俳優さんです」
地区の人:「皆がぺだって言うけど、そんなに似てんの?」
私:「眼鏡かけて、マフラー巻いて、あのポーズしてたらぺでしょ?」
地区の人:「そだな


その電話の後しばらくしてから、違う人から社内メールが来て(社内LANを使って社内に送るメール、若干経済的)「『イチカワヨウイチ』?!『184cmだって?』って言われた~、わたしゃてっきり韓国人だと思ってた…失礼しましたー(笑)」と書いてありました。


もしや会社の皆さん私のこと、ぺさんのファンだと思ってやしませんか(素朴な疑問)


あんだけバレー好きだ、市川さん好きだ、ボウケンジャー好きだ、三上真史さんが大好きだ…!!!!!!!!!!と言っているのに。
もっと叫んじゃうぞ?(やめとけ)


それからしばらくして、さっき喋ってた地区オフィスの人からまた電話がかかってきたので訂正しておきました。


私:「ヨウイチじゃなくてヨウスケだよ」
地区の人:「どっちでも一緒じゃん」
私:「一緒じゃないですよー、しかも身長は183ですよ!!」
地区の人:「どっちでも同じじゃん…」
私:「まあそうですけど」


地区の人とこんな会話ができる、お局な私。
長くいるとこんな風になってしまうのです、気をつけよう。




そう言えば。


今日は尾上選手のお誕生日です。

ハッピバースデー!!おめでとうございます、28歳!!


これからもブロックに、クイックに、狙いのいいサーブでバシバシ活躍してください☆



とこんな辺境の地で叫んでも伝わらないので、とりあえずファンレターでも書きますか…(またか)





ちなみに私も4日後に同い年になります(関係ない)

とうとう28になってしまいますよ…だけど、去年から間違えて27なのに28とか年齢間違えて書いてたりもしますが。
いや、28だろーが27だろーが、そう多くは変わりませんしね(笑)
【ツワモノどもが、夢の跡。】
2006年05月11日 (木) | 編集 |
市川洋介さんのブログにTBしております。



誰しもそうだと思いますが、画像にまず目が行きました。



ヒカル先生の抜け殻…違う、もう誰も袖を通すことのない衣装。


半年間、頑張ってこられた市川さんを体現する衣装。
汗染み、化粧染みのついたシャツの襟元、何度も切れてしまったチェーン、ボロボロになった靴。

ヒカル先生、という役にまつわる色々な物事を共有してきた、言わば相棒のような存在です。
(「相棒って言うな!!」byホージーを思い出す私/笑)


もう誰もヒカル先生になることはないんだなって思ったら少し切なくて。
どんなものにもこういう日は来るんだって思うと、また余計に。



ヒカル先生の衣装に、心から「お疲れ様」を。

何より市川さんに、「半年間ありがとう」を。

これからも頑張ってください」を。




心から、ありがとう…







なんだかめざましTVのサンキュープロジェクトみたいですね!!(オチはそこか)



…そんな感じで、微妙にセンチメンタルかましてみたりしてみました。



引用されているミスチルの曲「星になれたら」という曲がすっごく好きなんです、私。

「Replay」も好きなのですが、桜井さんの優しい言葉遣いがとても好きです。




と言う訳で。


※ここから先は少し文章の書き方に若干の温度差があります。
ご注意ください。



毎日が「戦闘システム展開!!」みたいな雰囲気でございます(LOVELESS?)

半日頭を悩ませた返金データが実は要らなかったみたいなストレスもありまして。

算数は苦手なのに、と言いながら計算し、表を一生懸命作ったのです。
数字とにらめっこ、元々頭が痛いのに割れるように痛むまで頑張った。


ああ、頑張ってないなんて誰が言えるか!!(本音)


それなのに、あ、債権の関係で必要ないらしいです、と言われたらにっこり笑って「ドチキショウ」な気持ちになったりします。



チキショー、戦ってやりますよ!!


毎日がバトルフィールドだ!!(何)



しかもパソコンがぶっ壊れて(当番の仕事で必要なパソコン)くれました。

…メンテナンスの人によるとハードが壊れたらしく、他の機械で今のところの処置として代用することになりました。
で、御当番の仕事をやってみたらエラーが出まくりました…


直ぐに修正してもらいましたが、一人オロオロしてました。
別の当番の仕事をしている時に「この機械は処理中だから触らないでね☆」的張り紙にサンダーボーイを書いてみました(絵心皆無なのに)


見事に落書きされました(笑)

サンダーボーイなのに、リボンとかついちゃってます。
睫毛が描き足されています。
絵心のある人がいっぱいいるね、うちの部署。


皆してお茶目さんめ!!


そんなある種微笑ましい出来事やらストレス爆弾なこともありつつ、本日を心穏やかに過ごしている、siaなのでした…




…って、今日のワンコか!!(今日のオチは全般的にめざましTVらしい)

【日本語、不思議ネ。】
2006年05月10日 (水) | 編集 |

今日知ったこと。



「愚の骨頂」という言葉はあまり使わない。




今日とあることで使ったらTくんに「その言葉、初めて知りました」と言われる始末。


え、し、知らないの!?
…そんなにマイナーなんですか?
ていうか、使いませんか?


どうやら、私はあまり使わない言葉を使ってしまうらしいことが発覚。
「如何せん」とか普通に使うけど、妹は使わないって言うし。




俺とお前の戦いのロード!!
ふん、凡骨デュエリストが。
笑止千万。
この俺が叩き潰してくれる!!



滅びのバーストストリーム!!!!



それから時々、siaさんは遊戯王の海馬くんみたいに喋るらしいよ(一年に数回)
…一体どういう日常会話がなされているというのか、甚だ謎ではございますが。


それにつけても日本語は不思議です。
知らない言葉が多いです。
寧ろ知らないこともいっぱいだ。


日本語、難シイネ!!
あははははははは(壊)



世界中がミステリアース!!



なーんて、色々言ってみる。
だけど、一応は暇じゃねえんだ!!


休みすぎて仕事溜まってるよ!!
ぼちぼち片付けてますってば!!


お願い、もうちょっと待って…(土下座)


今は忙しいので怒ってる場合じゃないけれども、とあるとっても「些細なこと」で怒られてご立腹中(笑)



だけど今日の私は寛大です(どこがですか)



三上さんのブログにTBが飛んだからね!!(そんなことですか)
久し振りだよ!!

もう10回くらいはチャレンジして、きちんと反映されたのが今回で2回目



…もっと頑張れ…!!(念を込めてみる)


今日はおやつを色々もらったし、そろそろ普通の精神状態に戻りなさい。


いい加減、目覚めなさい(女王の教室?)



「お姫様かっちゅーの!!」(byテイルズ・オブ・ジ・アビス)



とりあえずミクシイで見つけたもの。

ミクシイ、楽しいですねえ。
あんまりちゃんと発言したりしてないですけれども(ダメじゃないですか)

ちょこちょこ色んなコミュニティに出没してます。


構ってあげてください、本当は淋しがりなの…!!



siaの64%は『俺の名を言ってみろ』が含まれています
siaの27%は芋長の芋羊羹が含まれています
siaの7%は勇気の魔法が含まれています
siaの2%は気力ボンバーが含まれています



【スーパー戦隊成分解析】より。


気力ボンバーって何だ!!
「俺の名を言ってみろ」って何ですか!!


…もしかして、知識としてまだまだだねって感じ?



勇気の魔法か…寧ろ、勇気が魔法に変わってるよ!!


私の勇気は魔法に変わるよ!!
愛あるモノに魔力は宿る!!


マジカル・フォー!!!!!!!!(久し振り)
【ロー○ン。】
2006年05月09日 (火) | 編集 |
近所のロー○ンでゲット(≧▽≦)ノ

クロミ、大好きだ!
悪そうで、時々乙女なクロミちゃん。

おやつはぼちぼち食べるとするかー…そーいや、じゃがりこなんて久しぶり。

ジャーマンポテトじゃー!!

会社でPOP作ってたなー。

ガルボも大好き☆サクサクしてて、うまー!!!
【Task.12…BB会、檻の中。】
2006年05月08日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは須らく書いておりません。
あしからずご了承ください。
※当方、蒼太ファン故に蒼太に偏りがちなのは否めません。


奇跡的にTBが飛んだので(笑)三上真史さんのブログにTBしています。


次回予告での蒼太のウィンクに完全KO負けしていた司綾です。


完敗です、寧ろ乾杯です。


ゴチになります!!!!!!!!(意味不明)


そんなこんなで今回の感想、いってみましょ。
まずはこのコーナー。


【今週のトキメキどころ。】


その1。「でも、ちょっと手伝ってくんない?」


OP早々に落っこちたBB会、だけど危機一髪。

それにしてもアクセルラーって色んな機能があるんですねえ、すごいです。
通信機能は勿論、ハザードレベル測定、望遠鏡的機能、ワイヤー発射、変身機能などなどなど。

しかも壊れても2時間足らずで(推定)修理完了。


機能の割に作りがシンプルなのでしょうか(真剣)


寧ろリアルで作ってくれたら機種変更します。
ブルー仕様モデルでよろしく。


で、落っこちたと思いきや助かってた(当たり前です、そうでないと今回重傷で出番がありません)ブルー&ブラックの場面は好きです。

結構楽勝で助かったと思いきや、これが限界ギリギリかも的なところがいいです。

自力で上がるところまで想定してなかったあたりがいいです。

GJ、二人とも!!


その2。消毒される真墨。


タンクトップ姿で肘あたりを消毒されています。

あんまり消毒されても痛くなさそうな程度の小さな傷ですが、消毒されて「イテ!!」とか言ってます。

寧ろ1年前に負った私の傷の消毒の時の方が痛そうだったよ!!
(医者に通ったおかげでほとんど目立ちませんが、かなりの擦過傷でした)


あんな小さい傷の消毒で声を上げちゃダメだぞ!!(笑)
あんな小さい傷ごとき、全然大丈夫です。


寧ろ、消毒無しでも大丈夫なはず!!(無茶言うな)



その時蒼太はカウチチェアでギター片手にリラックスしてましたけども。


蒼太さんは消毒無しですか(本気で聞いてますか?)


その3。グリンピース入り過ぎじゃないですか?


グリンピースを取り分けている真墨。
気にせずぱくぱく食べてる蒼太と途中でグリンピース避けに協力する菜月。


ていうか、その炒飯。



グリンピース、入り過ぎじゃない…?(禁句)



そんなに炒飯にグリンピースって入ってるモンですか?
彩り程度ですよねえ?(誰に聞いてるの)

それともグリンピースがメインの炒飯なんですか(真剣)
だとすると、完全にオーダーミスです、気をつけましょう。


スープと炒飯を完食して、「ぷはー☆美味かったー!!」という顔をしていた蒼太が好きです(本気)


その4。チーフ、名誉の負傷。


さくらと菜月をかばって名誉の負傷をしたチーフ!!
仲間思いの素敵なチーフ。

ジャケットの背中が破れるほどの衝撃と、頭からの出血。
だけどジャケットだけが破れて、中身のTシャツが無事なのはどうして…


あのジャケットはかなり丈夫な生地で作られていると見ていいですか。


余談おしまい。
きっとチーフは頭より先に行動してああなったんだろうなあって。

冷静なチーフですが、仲間のピンチに急に沸点に辿り着くんです。
その切り替えというかメリハリがチーフをより素敵に見せてると言うか。


そんなことを思ったら余計にきゅんとなります。

地が天然でもいいです(何)
チーフ自体が若干空気読まない人でもいいです。


でもどんなチーフでもカッコ良く見えるのは私だけですか…!!!!!!


「私もああやってかばわれたい…」


と思った人、はい、手ぇ上げて!!



「ハイ!!」(早速挙手してるし)


その5。BB会、檻の中。


「…檻、ちっせえなあ…」


と思ったのは私だけですか!!
二人が入って丁度ぴったりサイズでしたよね?

二人が捕まることは想定内だったんでしょうか。

もしくはすっごく計画が上手く行って五人とも捕まえた時はあの小さい檻に5人全部を入れるつもりだったのかな。
それともあの檻はもっとたくさんあって、それに小分けするつもりだったとか。


考え始めるとキリがないのでこのへんでやめときます。


寧ろ、「あの檻ごと持って帰りたい…」とか思っていたのは秘密ですよ。(全然秘密になってない)

もしくは風のシズカのポジションで眺めたいとかも思いました。

いいなあ。
至近距離でガン見出来ちゃうんですよ?
だから「私が見張るよ!!」的なことも考えたことをここに告白し、懺悔します。

捕まってすぐに後悔してる二人も良かったですねえ。

その6。次回予告。


「女好きもあそこまでいくと救い様がないな…」という真墨の台詞もよかったですが(そうそう、蒼太!!と私も思います)


何よりときめいたのは「蒼太のウィンク」!!



「はうあッ!!!!!」


司綾さん、完全KOです。
1RKO負けです


ゲストで女キャラが出てくるっていうのに「ヤキモチ焼かないで、そっちかよ!!」と妹に呆れられる位のときめきっぷりです。


だって、だって…!!!!!!!(すごい興奮状態)


ウィンクですよ、ウィンク!!


はろうぇー、はろうぇー♪(それはWinkです、「淋しい熱帯魚」)


パチン、もしくは、パッチン☆的な擬音が聞こえる見事なウィンクです。


来週が待ちきれないくらい楽しみです。
どうしよう、しかもこんなアップでウィンクなんてさ!!(どうもしない)


さてさて。
ときめきどころを書いたところでその他の感想をば。


アクセルラーが壊れて、菜月が丸腰で真墨と蒼太を助けようとして、ピンチになったところに武器を持ったさくらが登場、というシーン。


「じゅ、銃刀法違反では!?」


とか思いましたが、「昔のツテ」という言葉で色々誤魔化しが効きそうなのでこれ以上はツッコミしないことにしましょう。

そして髪をポニーテールにまとめ、機関銃を持って菜月と共に突入するさくら姉さん。



「ポニーテールは振り向かない…」



古いネタで恐縮ですが、私も詳細は知りません(笑)


修理完了したアクセルラーを持って登場したチーフに、妹が一言。


「って、あなたの修理は?!」


だよね(笑)GJ、我が妹!!

点滴打って寝てたのにいきなり変身して来ちゃってます。


チーフ!!
いくら軽傷だからって回復早過ぎじゃない?!


チーフは皆が思っているより頑丈に出来てそうです。


【今週の真面目な考察】


正しいこと、無謀なこと、感情的なこと、理性的なこと。


理性的に正しい判断の元、常に状況を解析して行動するさくら。
自身に結構無謀なところがありつつも、さくらのその冷静さと状況判断力、理性的な姿勢に一目置くチーフ。

この二人はある意味ボウケンジャーの中で理性的なチーム、と言っていいのかなと。


理性はあまりなく(笑)感情的な判断を基準に行動する菜月(さくらの対極的ポジション)
その菜月の行動を理解しつつ、ある程度は冷静に行動するものの、一度スイッチが入ると無謀な行動もなんのそのな真墨(チーフと似ているけどまだ少し考え方が幼い)

この二人がボウケンジャーの無謀チームでしょう。


この5人の中で一番中庸なのは、蒼太。
元々が情報分析専門で、情報を仕入れてから一番的確な方法で行動する、理性的チームにどちらかというと近いタイプだと思うんですけど、実は真墨に近いところもある(ような気がする)
そういう意味でもどっちの要素も持っていて、きっとどちらにも賛成する要素はあるんだろうなと思います。

尤も、今回蒼太は「女の子が危険な目に遭うのを黙って見てられない」という理由で無謀チームに参戦していますがね。

さくらにとって、無茶はしない、無謀なことはしないというのがモットーなのに、今回は一見無茶な行動をしています。
さくら自身、「80%の安全を確保」しつつ、「シズカを放置する時間を短縮する」目的で蒼太と真墨を救出しに来たと言います。

だけど逆に言えば、菜月曰く「20%は危険だった」ということでもその行動を起こした。

菜月からしたら、その「20%の危険」=「無謀な冒険」にも見える訳です。
そんな無謀なことをあのさくらさんがした、というのです。
だけどさくらは「80%の安全」と見ている。

この対比が面白かったなあと。

もしかしたらさくらの中には少しだけ楽観的な見方もあるのかなと思えました。

それまで、菜月の中ではさくらは100%の確率を重んじるタイプ、そう見えていたのかもしれません。
だけどそうじゃなかった。
さくらの中にも自分達と同じように熱い一面があるということ、それがなかなか見えにくいだけで確かにそれがあると言うこと、さくらの中にクールなだけでない一面を見つけることによってより一層尊敬の念を強めた。


今回は女の子二人の本当の意味での和解、言葉を変えれば認め合ったというお話なのでしょうね。


さくらの表面上のクールな一面と、内面にある(さくら自身も実は気づいていないかもしれないような)熱さ。
正しいことだけでは駄目だと分かっている、クールでお堅いイメージのさくらが今回、実はものすごい柔軟性のある思考で動いていることが分かりました。

チーフもさくらのそういう柔軟性のある一面を認めているからこそ、クールさばかりが表面化するさくらを評して「間違っていない」というのでしょうね。
いざと言う時の判断力は自分以上だともチーフは認めています。

チーフとサブチーフの信頼性みたいなものも垣間見えたと言えましょう。


そういう意味では結構重要な話だったのかなと思います。
メンバーそれぞれに対する、個々への感じ方、そういうのをもっとこれから見てみたいなあと思ったりして。

よろしく頼みますよ、脚本家さん。


…考察、おしまい。


今回はさくらと菜月のお話かと思いきや。
大好きなBB会のお二人がいっぱい見れて幸せでした!!(チーフも大好きです、マジで)

来週は蒼太メイン!!!!


感想、どこまで長くなるかな…(最長記録に挑戦しようかしら)
【出待ちの奇跡。】
2006年05月08日 (月) | 編集 |
ここから下は、出待ち記。


出待ちに対して否定的な方の閲覧をお断りします。

お願いです。
切によろしくお願いします。



↓大丈夫な人はここをクリック・プリーズ☆
【黒鷲旗感想。】
2006年05月08日 (月) | 編集 |
2日と3日、観戦してまいりました。
グループ戦です、毎年グループ戦ばっか見てるような気がします。
(黒鷲観戦3年目、微妙にグループ戦しかほぼ見たことない)


※すみませんが、男子のことばっかりです。
※女子はよく知りません(笑)
※基本的にCコートの試合しか見てません。
※AとBコートで男子がやってる時はちらっと見てました。


まず注目すべきはパンフレット。
何気においしいですよ、JTさん。

見る度に微笑ましい、内富さんの密やかなVサイン


パンフレットの写真なのに、どうしてVサインしちゃってるんですか!!!


出待ちした時に聞けば良かった…(遭遇してますもんね…)


☆両日ともに思ったこと☆


・筑波大学、強ぇぇぇ!!!!!!

V1チームに食い付いて、最終的に勝ってましたもん。
見応えありましたねえ(その割にちらっとしか見えてないですが)なんか安定感あるし、底力がありました。
それからユニフォームが緑なのが一番気になりました(笑)

・旭化成の皆さん。

特に鈴木孝政選手(大好きです)がキラキラしてました・・・!!!!
3日の試合に1セット目途中から出てらしたんですが、もうね、涙で前が見えないくらいときめきました。

レシーブもすごいよかったです。
試合に出る前のアップでレシーブの特訓ちっくなのをされてて、その成果ですか、とか思ったり。

この大会で廃部になることが決まっている旭化成。
私は外国人選手を入れずに頑張ってきたこのチームのことが凄く好きでした。

試合が終わって会場前にいた時に、とあるファンの方から署名を頼まれ、書きました。
旭化成の旗に名前を書いてください、と言われたのです。

企業の中のチームだから企業の決定には逆らえません。
願わくば、どこか譲渡先が見つかれば良かったのですけどね。

それが駄目なら、個々の選手が別のチームでもいいからプレイを続けてくれることを望みます。
まだ年若い選手もいる、まだまだ健在のプレイで貢献できるベテランもいる。

彼らをこの旭化成というチームで見ることが出来るのが最後。
そう思ったらやっぱり切なかったです、すごく。

・豊田合成の皆さん。

地元チームであることもあって、大好きなチームです!!

2日のリベロは森くん、3日は勝俣さんでした。
私、勝俣さん大好きなんですよ!!!!

練習見学に行くと必ず彼に客席に飛んできたボールを投げ返している私。


だって好きだから…!!(告白?)


あと好きな選手いっぱいいますよー。
鈴木さん、島野さん、高橋幸造くん、福島くんなどなどなど。

鈴木さんは練習見学で何度か一緒にお写真を撮らせていただいてますが。


未だにものっそい緊張してしまいます。


マジで好きだとこうなるらしい私。

だけど勝俣さんはそのお人柄のこともあって(ものっそい明るい方です)気楽に話せる…

いや、断じて鈴木さんが喋りにくいとは言ってませんよ!!
ただ自分が緊張し過ぎて駄目になるんです。


言わば、乙女心の所為だよ!!


ではJTさんのお話に戻りましょう。


■5月2日、VS東亜大学、3-0でJTの勝ち


スタメン:宮下さん、直弘さん、加藤さん、臺さん、徳元さん、苅谷さん、リベロ・酒井さん。


セッターとOPの2枚替え(2、3セット目には直弘さんと臺さんに変えて前田さんと飯塚さんが入りました)徳元さんと平野さんのレシーブ力の強いエースの使い分け(3セット目だったかな、徳元さんから平野さんに交代)などなどJTらしい選手交代劇が見れました。

3セット目では加藤さんに変わって新人の小川さんが出場。
同じく新人の中山さんは黒鷲デビューとなりませんでしたが、中山さんのデビューも待ちたいと思います☆

えーと。
この試合は3セット目がとっても接戦で、最後はデュースにもつれるものの、あっさりと勝った訳です。

宮下さんが大好きですので、彼に偏った観戦レポですが。
彼のクイックやらブロックが冴えていたように思います。


先ごろのリーグではブロック決定率、何気に4位ですもんね、宮下さん。

ガッツポーズも出てたし、とってもとっても素敵でした☆


で、彼の持ち味であるサーブについて。
狙ってくるサーブも好きなんですが、ドカーンと本気で打って来るサーブが好きです。


あのスピード感っていうか、サービスエース取った時の爽快感っていうんですかね、それがすごい見てるこっちも感じられるんです。


デュースにもつれた時は、どうしよう!!って思いましたが、あっさり勝ってくれてよかったです(笑)


■5月3日、VS法政大学、3-0でJTの勝ち

スタメン:尾上さん、直弘さん、加藤さん、苅谷さん、徳元さん、臺さん、リベロ・酒井さん。


久しぶりの尾上さんだ!!!と思いきや、1セット目途中で宮下さんと交代(笑)

もっと見たかったなあ、とちょっと思ったり。
だけど彼の狙ってくるフローターサーブや、高さのあるブロックが好きです。


この試合で一番冴えてたのは、文句無しに前田さんのサーブ!!


緩急つけて狙ってくるんですよ、バシーンと打ったかと思いきや、狙う緩いサーブとか。

サービスエース何本だったかな、かなり取ってました。


あとはまた途中から新人の小川さんが出場しましたが、かなりやってくれました!!
とってもすごかったので、出待ちしてお話させていただいた時に「すごかったです!!」と興奮気味に伝えると言う始末。

やっぱりこの日もとってもJTらしかったと思います。
拾って繋ぐ、決める人が決める、安定感のあるチームという感じでした。


…の割に翌日負けちゃいましたけども(苦笑)


両日ともに選手の皆さんがコートのモップ掛けをしていたんですが。


身長のデカイ皆さんがモップを持って小走りでモップ掛けしてるのってなんか可愛い(笑)とか思ったり。

尾上さんや平野さん(妙に嬉しそうだった)と言うベテランから飯塚さんや新人の小川さんまで幅広い年代の人のモップ掛けを見ることが出来ました。

平野さんのモップ掛けは曲がる時、妙に角度が直角だった…(きゅっと曲がるのです)



観戦が一年ぶりだったのでどこに注目してみるかを決めてなかったのでうろうろした感想ですみません。
【お疲れ、自分。】
2006年05月03日 (水) | 編集 |
20060503184100


【お疲れ、自分。】

大阪から新幹線に乗車。

お子様ランチなお弁当購入☆

GW限定らしくて、つい(笑)

先割れスプーンでイタダキマス。

なかなか美味い、うん。

今日は2ショ日和だったー(≧▽≦)ノ

【眠いのに。】
2006年05月02日 (火) | 編集 |
in大阪の夜は更けて。

本日、出待ちミラクルを起こした私。

「なに背伸びしてるんスか!」

今回の流行語です(コラ)

本日のミラクルは後輩が先輩にツッコミを入れる図を撮影することに成功したミラクルです(笑)

ホテルの浴室の電球が切れかかってて、取り替えてもらったりとそんな微妙なこともありつつ、ミラクルで帳消しです。

眠いのに←前日緊張のあまり寝れなくて、3時間半しか寝てません(笑)何故かBS2でアニメ夜話を見ています。

【ヤッターマン】だよ!!

タイムボカンシリーズは再放送で見てました。

でも【逆転イッパツマン】が好き~…

ヤッターマンって今見ても面白いわ~。

こうやって話を聞くとよく出来たアニメだったんだなーと。

しまった…カメラの充電器、違うの持って来ちゃった(笑)

しかたない、普通の電池で代用すっかー。
【暴れる人。】
2006年05月01日 (月) | 編集 |
♪ハッピバースデー、市川洋介さーん♪


これから一年が正念場だと思います。
市川さんにとって役者として飛躍できる一年になりますように。


そんな訳で、お祝いの言葉をこんな辺境の土地で叫んでも伝わりませんが、一応お祝いをば。


では日記に戻りましょう。
(そんだけ?)
今日は久し振りに暴れました(笑)
いや、ちょっとムカついたんで。



全くいつもと仕事の流れが違うならそうおっしゃいな!!



最近友人から美輪明宏さんの本を借りて、ちょっと言葉遣いを実行してみたいお年頃なのです。



とりあえずムカついたので、トイレで暴れてそのまま閉じこもってました…ダメじゃん!!


明日から大阪に出張ります。
一泊二日、試合観戦以外何もしない旅行です。
夜くらいは美味しいもの食べたいなあ。


ダメ人間っぽい旅行で素敵過ぎます。


しかも観戦は丁度一年ぶりでして。
もう直ぐ開会式が始まりますわ。



あー、なんか懐かしい…(遠い目)



今からなんだか興奮してます(笑)
私は遠足前は必ず鼻血を出すタイプです。


この人に話しかけられたらいいなとか、あの人の写真が撮れたらいいなとか、色々考え始めたら心臓が痛いよ!!!!!



どうしよう、今すっごく心がメキメキしてる!!(また軋んでるよ!!)



しかもやっぱりファン感行きたかったなあとか思うわけですよ。
あらかじめ座席が指定されてるなら行けばよかった…!!!!!!!!!
(早朝から並ぶのは怖いし、寒いし、とっても切ない)



だけど行かなかったのは、前回のリーグの試合をきちんと見てないのに参加するのは失礼だと思ったから。



だから我慢、我慢だ、私…!!!!!!


あー、早く明日にならないかな。
明日になれば生で見れる、見れるぞー!!!

生で見るスポーツって本当にハマる…
抜け出せなくなる…!!


今年も追っかけ魂が熱い模様。


【業務連絡】


GW期間中、ブログをお留守にしますので、よろしくお願いいたします。

同じ日程で大阪に行かれる方、私の携帯アドレスを知ってる方(笑)お気軽にメールください。



「MOTHER3」をクリアしました!!
なんかかなり感動しちゃいましたけど、どうしましょう!!!!
レビューはまた後日にでも(書くのか?)


思わず勢いで「MOTHER2」を妹に借りてやってます。
面白い、面白いぞー!!!!!!


GW中は結構忙しいな。
シネプリのメイキングも見たいし(借りてまだ見てないんですか)ぼーっとしたいし、仕事持って帰るし(間に合ってない)


ガンバロー。

【Task.11…少年の目をした冒険馬鹿。】
2006年05月01日 (月) | 編集 |
※当blogでは感想にあらすじは書いておりません。
すべからくネタバレ風味、あしからずご了承ください。


チーフ自身がボウケンジャーの宝物であることが分かりました(笑)

確かにプレシャスです。

チーフ!!

チーフからハザードレベル120を計測しました!!(誰だ)


そのハザードレベルが示すものは、チーフが少年の目をした「冒険馬鹿」であることでしょうか。


冒険馬鹿だよ、チーフ!!


だけどそんなチーフが大好きだよ!!
(告白ですか)

そんなチーフへの滾る思いを綴りつつ、素晴らしき冒険ストーリーの感想、いってみましょ。


【今週のトキメキどころ。】


その1。「ちょっとした冒険だな、でしょ?」


間違いなく今週の「マイ・フェイバリット・ブルー」です!!(自信有)


スーパーフォーメーションをぶっつけ本番で試すことに対するチーフの台詞を奪うブルーくんの台詞です。


「…寧ろ、ぶっつけ本番じゃなかったのは変身くらいじゃない?」




…そんなことを思った私は駄目ですか。


だけど、そんな冒険スピリッツに溢れる彼らが大好きであります!!


それと同時に、蒼太のチーフに対する気持ちのわだかまりのなさを表現しているようにも受け取れました。

つまり、チーフが自分達を思いやってくれたことに対しての蒼太なりのユーモアに溢れた気持ちの表現だとも思います。

先週チーフが自分達を裏切るようなことをしたのを見て(実際は仲間を守る為ともう一つの目的の為)、そのことに対し、強い怒りを露にした蒼太。

チーフが残した人形と地図を手がかりにチーフの居場所を調べていく内に、そのわだかまりは完全に解けたものの、この台詞の前にそれをチーフには直接言い表さなかったと記憶しています。
(菜月は謝りましたよね、ひどいこと言ってごめんなさい、と)


この台詞で、蒼太は自分の中にあったチーフへの憤りを消し去ったことを表現しているようにも思いました。


単なる蒼太なりのユーモラスかもしれませんが、そうやってユーモアに紛れて自分の想いを伝えているのかなーと、そんなことを思いました。


その2。「了解!!」の時のボウケンブルー。


皆ボウケンドライバーのステアリングを握ってますが、一人だけ人差し指を上に向けて、「了解♪」的にしちゃってます。


可愛いぞ、ボウケンブルー!!!!!!


そんなお茶目なブルーが好きであります…


その3。プレシャスを見る時の少年のような瞳…


チーフにしても、蒼太にしても、真墨にしても…


コンチキショー、可愛いぞ、この野郎!!的な何かがありました(笑)


特にチーフ。
いそいそと箱を開ける時のあの表情!!
岩に座る時もちょっとぴょんってジャンプしたりして。


可愛い…!!(溺愛よろしく)


そしてプレシャスであるスケッチブックをめくる時のあの表情、トレジャーハンター時代の血が騒ぐ!!という表情でした。


素敵過ぎ!!


流石は皆の宝物であるチーフです(違うよ)


蒼太も真墨も奪い合うようにして見てて、滅茶苦茶可愛かったです。


冒険野郎達が皆して少年のような目をしてました…悦。


その4。祝・冒険馬鹿認定。


チーフがこの度「冒険馬鹿」の称号を手に入れました。

宝の在処を示す地図を見て、血が騒いだ模様。
そんでもって、いそいそとダイボウケンに残って、宝捜しをしたというのです。


…チーフ、命大事に!!(ドラクエですか)



真墨に「本当にコイツは冒険馬鹿だ」みたいなツッコミまで貰ってます。


誰もが思ったことです、ナイス・ツッコミ!!!!


「ホント、アンタの牙から逃れられる獲物はないな」とまで言ってますが。



一応その「獲物」の中には君も入ってますよ、真墨くん。



私は忘れない…Task.1でチーフが言った言葉。


「お前は俺の獲物だ」


そんでもってそんなチーフに負けてボウケンジャー入ってるじゃないですか(笑)



だから真墨自身も獲物な訳です。
ご愁傷様です。


だけど、それはチーフのGJだと私は思います(真剣)


あと、さくら姉さんから鳩尾に一発拳を貰って、「これは、効いたぞ…」と崩れ落ちるところもナイスです。


その5。ガジャ様(笑)


「私に今時の機械について、聞くな!!」


名台詞だと思います、はい。
ガジャ様、GJ!!



それから、とうとうやってきました。
新ロボット、というか、新形態。
寧ろ新フォーメーションでしょうか。



その名も「スーパーダイボウケン」!!



ね、ネーミングセンス、どうにかなりませんか…(小声)



9台のマシンが無茶合体…いやいや、見事に合体したエキセントリックなロボットです。


個人的にはあの必殺技がいただけません(笑)


だってまず、頭突きしてたよ!!
それからドリルとショベルで(でしたっけ?)ガシンガシンとぶん殴ってます。


♪パッチンパッチン、ガシンガシン…(それは「アルゴリズム体操」byピタゴラスイッチ)



ダブルアームクラッシュ?(技の名前またしてもうろ覚え)


痛そうだ…(そこですか)


そうそう。
ダブルワームクラッシュだと天道くんの天然ボケになりますね。(今回の〆もとってもツボでした)


しかもロボットの頭にクレーンの先がついてるよ!!とか素でびっくり。
なんていうか、昔のロボットの手みたいな感じのが頭に付いてるんです。


正直微妙!!って思ったの、私だけ?(君だけです)


でも、無茶合体(違)登場で玩具の売れ行きも上がると、イイナ…(マイメロ?)


それから、チーフのいる島を探す蒼太もカッコ良かった…☆
パソコンを操る指先やら真剣な眼差しやら。



心がメキメキした…!!(軋んでるじゃん)




【今週のちょっと真面目な考察】


チーフの心の中のことを先週考察しました。
仲間を守る為、ということについては今週の放映でほぼ当たっていたことがわかり、ちょっと安心。


んでもって、仲間に対して何故自分が単身乗り込んだのかについては「冒険スピリッツが疼いたから」(違)と説明しました。


一種の照れ隠しでもあったのかなーとも私は思いましたが、どうでしょう?

人形を取り返す時に「俺の仲間が悲しむからな」と言ったチーフの心はやはり、仲間を危険に晒す訳にいかないという使命感もあったように思います。


だけど仲間に対してそれをストレートに出すには、ちょっと気恥ずかしかったのかなとも思いました。


チーフもお年頃ですからね(多分)


「冒険は命令されてするものじゃない」


チーフはそう言いました。

チーフの望みがいくつか組み合わさって、今回のような行動になったように思います。


つまり。

ミッションを共に遂行する仲間達に冒険を楽しんで欲しいということ。
自分は冒険するということで命令に背き、場合によってはサージェスを敵に回すかもしれないし、危険に遭うかもしれない、それでも仲間達は守りたいということ。
そして宝を求める気持ちを抑えられなかったと言うこと。


チーフの中に渦巻いた様々な思い、願いが、今回の単身での冒険になったように思います。


冒険に対する思いも、宝に対する衝動も人一倍強い。
何より仲間を守りたい思いも誰より強い。


そんなチーフだからこそ、自分の所属する組織よりも自分の想い、個人の探求心と使命感を優先した行動をとることになったのだと思います。
組織からすれば、実は危険因子にもなり得る存在でもありますよね。
命令違反を犯してでも、秘密にしておきたいプレシャスを探しにいくんですから。

それはともかく、今回のプレシャスに眠る秘密を知れば、サージェスから追われることになるかもしれない。


だけど彼には信じる仲間がいる。
そしてサージェスを信じている(多分)


自分の元に必ず仲間達はやってくる。
些細なヒントを紐解き、冒険をしてここにやってくる。

彼の信じる思いは仲間達を彼の元に呼び寄せた。
同時にチーフの無事を信じて、自分達も駆けつけるべく最善を尽くす仲間達。


未だ未完成ではあるけれど、強い絆を互いに持つ5人。


ボウケンジャーの本当のテーマはそういうことではないでしょうか。


何より尊い宝は人の絆、思い。
彼らは冒険を通してそれを手に入れていく、少しずつ、確実に。


今回その5人の思いの力で9台のマシンを見事合体させ、リュウオーンとガジャを退けた。

出動する前にさくら姉さんが「奇跡じゃありません、思いの力です」みたいなことを言いましたよね。


つまりはそういうことなんだと思います。


今回リュウオーンとガジャが組み、一度はボウケンジャーに勝利したけれど、結果的に敗北した。


ボウケンジャーにあり、リュウオーンとガジャにないもの。

それが

マジレンジャーで家族の絆を描いたものの、私にはかなり物足りない、悪い言い方をすれば賛同できない描き方でした。
(家族以外のものを排他するような、間違った絆の描き方に見えました、だから私はこの作品に関しては第二部までが本編だと思います)

マジレンジャーが好きな方、ごめんなさい。
悪口ではありません。
あくまで私個人で感じたことです。


で。
今回は家族という鎖を解き放った、人の絆を描いています。


まあ、今回はちょっと無茶かな程度に納得できないところもあったのですが。
※つまり、チーフの行動の理由の結論的なところが、宝への欲求と仲間への思い、どっちに重きが置かれているのかというところです。
今回、割と全般的に後者で描いていたけど、宝の地図があったから探したかったとも言ってて、結局どっちよ?的なところがあったので。
個人的にはそのどっちもだったと結論づけてはいます、はい。


今回の冒険を通して、五人の絆はまた強まりました。
一人一人の役者さんの顔付きがまた、頼もしくなったようにも思います。

これからの冒険に期待したいと思いつつ、来週を楽しみにしている私です。



今週の戦隊紹介!!!!!!!!!!


超電子バイオマン!!!!



OP、完璧に歌えるぞー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



昨日は一日中、口ずさんでたよ…




君のーここーろにーしるしはーあるかー!!!!